人気ブログランキング |

<   2019年 06月 ( 32 )   > この月の画像一覧

密教1069 祈祷行脚③

霊的愚行は、今も昔も繰り返されて居る。
特に土地にまつわる事は、数えられ無いほどある。
正に、霊的無知から発生するのだが、昨今の行状は目に余るものがある。

実例を紹介しよう。
池を単純に埋め立て【土壌改良もしない】消費者に宅地分譲する。
事故物件を平気で売る【カラクリあり】。
e0392772_19083414.jpg
私は二級だが、建築士の資格も有している。
ただ関係性の無いものには、言う権利も無い。

霊的に言えば上記のような販売者は、自らの魂を穢す行為を好んでやって居るのである
e0392772_19092222.jpg
土砂加持、地鎮祭は、伊達ではない。
e0392772_17065347.jpg
e0392772_17110732.jpg
その土地を浄化し、産土神と折衷し居住する人々が、安穏に暮らし安心立命を実現する為に行う加持祈祷である。
e0392772_17094063.gif
日本の土地で、因縁の無い土地は少ないが、悪質な土地と因縁の土地とは違う事を分かって頂きたい。

これから買おうとお考えの方々は、くれぐれもご注意をして下さい。
次回は、今回の題材に関する事例を体験談でお話し致します。
ご期待下さい。


by kongousan-akafudo | 2019-06-30 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教1148 祈祷行脚②

依頼を受け伺ったお宅は、初夏の頃でありながら異様に寒かった。
ご家族は長年、様々な異変と病気に苦しんでおられました。
その家は古い家で依頼者は十年前に購入され、その前の事は分からないと言う。
e0392772_23214785.jpg
私は、近くにある寺に行き、この家の由来を伺いました。
寺のご住職は良い人で、お話しを伺う事が出来ました。
その家は、戦後すぐに建てられた家だそうである。
しかしその土地は、戦時中に亡くなられた方々を荼毘にふして居た場所だったのである。
今なら土地の浄化法を修してから家を建てるが、戦後住む家を失った人が溢れて居た時代、そんな事をやって居る余裕もなかったので在ろう。

依頼者の家に戻り祈祷を始めた時、私にはある声が聞こえてきた。
祈祷を終え依頼者にその事を告げると、自分も家の中のある場所に立つと声の様なものが聞こえてくると言うのである。
古い家なので床下は、昔ながらの土である。
床下に動物でも、潜り込んで来たのかと依頼者は思っていた。
しかし私には、ハッキリと分かって居た。
私は、依頼者に提案した。
床下を調べてみては、如何でしょうか?
e0392772_12344822.jpg

その日はそれで終わり、それからひと月が過ぎた頃、依頼者から電話を頂き全てが解りました。
依頼者は、友達数人の手を借りて床下を調べてみると土の下から骨が出て来たので驚いて警察に電話し、
警察が調査したところ、古い遺骨で火葬された遺骨なので事件性は、無いと判断されたそうである。

しかし家族は怖がり、この家にはもう住みたく無いと言うので、今は別の場所に住んで居ると言う。
全てを綺麗にするには、家を解体し土を入れ替え土砂加持をしなくては、ならない。
全てをやるには高額な費用が必要なので,依頼者は別の場所に居を構える事を選択したのである。
家にまつわる話は、書ききれ無いほどあるが、一生に一度の大きな買い物、慎重に選ぶ事をお勧めします。
e0392772_12442040.jpg
e0392772_23293324.jpg


by kongousan-akafudo | 2019-06-29 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教1147 祈祷行脚

私が若い頃は、師僧に同行し様々な加持祈祷を経験し、學ばさせて頂きました。
そのおかげで、現在があるのである。
以下は、その頃の経験談である。

経験談①憑依と除霊

時は、十月のまだ暑さを感じる頃、とある場所からの依頼を受け伺った時の経験談である。
依頼者家族が待っておられ、状況を伺いました。

十八歳の娘さんの異変である
一見しても、何ら普通の娘さんである。
しかし祈祷が始まり暫くすると、形相が変わり怒鳴り意味不明な言葉を発し暴力的になった娘さんを親御さんが抑え、
師僧の読経にも力が入って来たのを感じた瞬間、娘さんは、親御さんの手を振り切り四つん這いに成り、そのままの姿勢で1メートル位飛び上がって、
部屋の中を飛び回り始めました。
そして祈祷が佳境に入った時、娘さんはその場に倒れ込んだ。
親御さんは、娘さんを抱く様にして、その後も祈祷は続きました。

そして加持祈祷は、終了し師僧の話しが始まりました。
娘さんは、何らかの原因で動物霊に憑依され、もう少し遅ければ完全憑依に落ち入り、
その後は、特別な病棟で暮らす事になって居たで有ろうと親御さんに伝えました。
そして師僧が指指した場所には【依頼者の自宅は、古くからの旧家で敷地も広いお宅である】、朽ちかけた祠がありました。
e0392772_21531062.jpg
依頼者に聴いてみると自分の子供の頃には、彼岸、盆にはお酒やお供物を捧げて居たが自分の代には、やって居ないと言うのである。
e0392772_22344028.jpg
師僧は、依頼者にあの祠を建て替え昔の様に供養しなさいと教えました。
e0392772_22061714.jpg

しかしその後、連絡は途絶えその家がどうなったかは、知る由も無い。
先祖がやって居た、供養を辞めるも自由である。
墓を始末するも、自由である。
誰にもとやかく言う事は、出来ません。
しかし生ずる事だけに対処しても、それは対処法に終わる事を知って貰いたいのである。
e0392772_22352108.jpg


by kongousan-akafudo | 2019-06-28 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教1146 除霊

当院は、祈祷専門の単立寺院なので多いのが除霊である。
しかし、自身の思い込みである場合も多くあります。
e0392772_21194543.jpg
以下、一例である

例えば、暗示を掛けられ自分は憑依されて居る。
自分は呪われて居ると思い込んで居る場合、なんでも無いのに体調不良や幻聴、幻覚に悩まされる事があります。
何故、上記の様な事が起こるのか?
力の無い術者ほど、暗示に掛けようとする。
【暗示の掛けかたは様々ですが模倣を避ける為、解説は割愛する】
e0392772_21181405.jpg

過度の暗示にかかって、私の言う事も聞かずにオカルトに固執する方は、全て御断りして居ります。
何故か不思議思考の人は、理性より不思議を優先する傾向が強いので、暗示に掛かり易いと考えます。
e0392772_21221367.jpg
その逆に真剣に除霊しなくては、危ない事例も存在する事は、事実である。
先ずは理性的に事象を精査し、その上で専門家を選んでも遅くはありません。


by kongousan-akafudo | 2019-06-27 06:00 | ◎赤不動明王院通信

【千体仏永代供養】象頭双身歓喜自在天大勧進

大変長らくお待たせ致しました。
聖天尊千体仏永代供養本格募集を開始致します。
皆様の勧進をお待ち申し上げます。

御仏は、あなたが信仰心に目覚める事を待ち望んでおられます。
自分の家には、仏壇も神棚も無いから出来無い。
また、家族が反対するので出来無い。
様々な状況や立場で、やりたくても出来なかった方々に朗報です。

この機会に、あなた様だけの聖天尊像を特別製聖天厨子の中に鎮座して頂きましょう。

d0359990_14384050.jpg

写真は、木曽檜の一枚板を使って製作された御厨子です。
扉には、聖天尊梵字を漆で拝しました。
左が聖天尊単体のギヤク、右が聖天尊双身のギヤクギヤクの梵字です。
上には、法輪を拝し《真鍮製》ております。


d0359990_14402402.jpg

お厨子の扉を開けると、このようになっております。
ひとつのお厨子に100体の聖天さまが安置されます。

みなさまが勧進された聖天さまには、マス目内に名札を貼ります。
浴油をご希望の際には、あなたさまの聖天さまを間違いなくご供養申し上げます。


d0359990_11053955.jpg

■はじめに■
千体仏供養は、赤不動明王院院主、阿闍梨永作優三輝と30年前から親交があるチベット密教の僧侶《ラマ僧》の協力によって実現したものであります。

【聖天さまについてのお話】
そもそも聖天尊は、インドのガネーシャ神が日本に数百年前に渡来して依り、福徳円満、夫婦和合の秘仏として信仰されて参りました。
他の仏が聞き届けてくれない難問も、慈悲の心でお聴きくださる御仏としても有名であります。
尊像は一般では入手が困難であり、入手出来たとしても、尊像に対する俗説に畏怖を覚える方も少なくありません。

しかし、聖天尊は俗説にあるような御仏ではありません。
信仰する人に、この世の幸多かれと御守護してくださる有り難い仏様なのであります。

【千体仏供養についてのお話】
昔から、千体仏供養は最高の供養法として謹修されて参りましたが、費用が高額に成る事もあって世にはあまり知られておりませんでした。

当院の千体仏供養は、あなたの仏像を特別製の厨子に安置して、毎日御供養申し上げます。
一体一体に開眼供養をさせて頂き、厨子の中には施主様の名札を入れます。
《台帳に記載もします》

千体仏が鎮座する特別製の厨子は総檜製《木曽檜の一枚板》です。
内部の桝目の中に、一体一体が独立して安置出来る様に製作されております。
あなたの願意成就をご祈念申し上げ、聖天尊が如何に慈悲に溢れた御仏かを実感して頂ければ幸いです。
御縁日にお申込みがあれば、貴家の尊像を厨子よりお出になって頂き、浴油法を謹修させて頂くことも可能です。




d0359990_15295499.jpg
【聖天尊千体仏永代供養の返礼品】
返礼品の写仏セットの原画は、仏画師の先生の作品を転写させて頂き、この聖天童子の仏画をご用意させて頂きました。
《先生の許諾済》
申し込み者の方々に贈る仏画《日本画家謹書》聖天童子像が写仏手本となって贈られます。
写仏をされた後、当院で御供養させて頂く事も可能であり、またご自身で額に入れて飾って頂く事も出来ます。
これは、あくまでも返礼品です。
聖天尊千体供養勧進を申し込まれた方々にのみ、お送り致します


【聖天童子についてのお話】

聖天童子は凄まじい力を有し、御本尊の命に《命令》忠実であります。
本尊が鎮座する周りに悪意を持ったものが近づけば、瞬時に動き、これを撃破する勇猛さを持って居るのです。

赤不動明王院の聖天童子尊像です。

d0359990_14384286.jpg

d0359990_14384418.jpg


聖天尊千体仏永代供養を記念し、皆さまへ公開致します。

>>勧請された方々より、喜びのご報告を頂いております

【聖天尊千体仏永代供養お申込みにつきまして】

・お申込みは「一人一仏」となります。
たとえば、お申込み者さまご本人の他、ご家族で配偶者さまやお子さまがご希望される場合、ご希望者さまごとのお申込みが必要です。
何体でもお申込み頂く事が可能です。

・お名前と生年月日をお知ら下さい。
お申込み者さま以外の方の聖天さまをご希望の場合は、それぞれの方のお名前とご生年月日を必ずコメント欄にご記入下さい。

・お申込み者さまの願意をコメント欄にご記入下さい。
「開運」「病気平癒」「学業成就」「商売繁盛」等。

・お申し込み後、ご希望であれば毎月、謹修しております聖天さまの浴油供養をお受け頂く事が可能となります。
別途お申込み下さい。(ブログ、メルマガにて案内致しております)

・返礼品の写仏の開眼及びお焚き上げを承ります
写仏に関する詳細は別途、下記に纏めてございます。

≪聖天尊千体仏永代供養≫
1仏15,000円(返礼品としての聖天童子写仏セット及び発送料を含む)

お申込みは、赤不動明王院オーダーフォームよりお願い致します。
自動返信にて、振込先口座が案内されますのでそちらへお振込み下さい。
お振込みの確認を持ちまして、正式受付となります。
ご了承くださいませ。


■ 写仏についての疑問質問■

Q:写仏って難しい?
A:いえ、難しくはありません。
手本を見て、いちから自分で仏さまの御姿を描くならば、自分には絵心がないからダメだ…と諦めてしまわれる方も多い事でしょう。
でも大丈夫です。
このセットには、あらかじめ下絵が入っていますから、なぞり描きをするだけで御本尊さまのお姿を誰でも優しく描く事が出来ます。

Q:特別な道具が必要?
A:いいえ。筆ペンが1本あれば、誰でも簡単に始められます。

Q:途中で失敗したら、その紙はどうすればいいですか?
A:台所の流しに白い皿か灰皿を置き、その上で燃やして下さい。
完全に燃やし切り、塩少々を振りかけて割りばしなどで粉々に砕きます。
洗面器一杯程度の水で流して下さい。
※ただし、トイレに流すのだけはいけません。
ご自身で燃やして粉々に割り箸などで砕いて塩を振りかけ、水に流して下さい。

Q:病気平癒や諸難除去の祈りを込めて写仏しましたが、お焚き上げは可能ですか?
A:はい、可能です。赤不動明王院へお送りください。
その場合、お焚き上げ料として3,000円を頂戴出来れば幸いです。
もし、アパートなどにお住まいで、書き損じをご自身で燃やすことが出来ない方は赤不動明王院へ「お焚き上げ」としてお送りください。
お焚き上げの料金は上記同様と致します。

Q:描き上げた絵を親へ送りたいのですが、開眼して頂く事は可能ですか?
A:お申込み者さまとご家族さまが描き上げた絵に限り、1枚8,000円にて開眼供養を承ります。
その場合の手順は以下の通りです。

➀写仏を濡れたり折れたり傷んだりしないよう、クリアファイル等に入れます。
②返信用のレターパックライトをご用意ください。
それにあなたさまの住所氏名電話番号をご記入下さい。
③1と2を封筒に入れて、赤不動明王院へお送りください。
④開眼供養料を赤不動明王院へお支払い下さい。

詳しい写仏のやり方は、セットの中に入っていますので、どうぞご安心ください。






by kongousan-akafudo | 2019-06-26 21:00 | ★赤不動明王院メニュー

密教1145 表裏一体

物事には、表と裏が存在する。
例えば、愛の裏返しは無関心の様に、私達人間に永遠の命は存在しない。

では限りあるから、好き勝手に生きるのか?
e0392772_13293070.jpg
限りがあるのは肉体であり、魂は輪廻転生を繰り返し、前進後退を重ね魂の浄化を目指して居るのである。
そんな事は無い人間は、死んだら終わりと思われる方々は、そのまま進まれるが良いそれも自由である。
私は、誰にも押し付けはし無い。
信念に基づき、行動するのみである。
その昔、私が師僧から受けた教えにこの世とあの世は、表裏一体、この世で犯した罪を逃げ切れても、あの世では、逃げ切る事は叶わない。
なれば己が罪を認め残った人生を學び、次に繋げる努力をする時、御仏は加護し給う。

人間は弱く脆い。
昨日は、改心しても一夜明ければ忘れる事もあるのも事実である。
しかし、それを繰り返して居る内に年老いて、やがて死を迎えるのも事実である。
分岐点、人生において分岐点は幾重にもある。
何も考えず反省も無しに過ごすのも良し、我欲に身を任せるも良し。
e0392772_13385729.jpg

但し、反省も無い人間に理解は無い。
學びの無い者が、真の感動を知る者も無い。
私達は例外無く、期限が切れれば死を迎えます。

その時に一番、怖いのは、霊界を否定して来た生き方である。
否定して来た者は死の現実を受け入れられず、逃げだし彷徨い同じ波長を持つ霊にそそのかされ、浮遊霊に成り下がり。
現界を汚し続ける、悪霊になるのである。
e0392772_13465672.jpg
しかしそれも限界があり、ある一定期間が切れた時、反省と云う長い時が待って居るのである。

南無
e0392772_13314549.jpg
大日大聖不動明王尊

by kongousan-akafudo | 2019-06-26 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教1144 聖天尊、宇賀神尊の効験

聖天尊、宇賀神尊は秘仏とされ、ある人は恐れ観る事も、はばかる人がおりました。
何故そんなふうに捉えられたのか?
全ては無知から来る流言飛語が原因と考えます。
e0392772_11453262.jpg
それは、裏返せば自分だけが、知り自分だけが祀りたいから発した我欲からである。
その昔、聖天尊も宇賀神尊も貧しい人の幸せを願って、高僧が日本に渡来したのである。
したがって拝み方がどうのこうのなど、片腹痛い笑話しに過ぎません。

要は、如何に敬い込めるかである。
高僧は人々のしあわせは願ったが、祟りなど説いては居ない。
全ての秘仏の効験は、不幸からの解脱である。

不幸とは、他と比べ自らを哀れむ幻想から生じて居るのである。
e0392772_12283403.jpg
秘仏は、その幻想からあなたを救う為に、降臨したと言っても過言ではない。
そして、今あるしあわせに目覚め信仰心を深める時、本当のしあわせとはを知る事に成る。
e0392772_12294797.jpg
全ての事象は、表裏一体であり一方通行では無い。
苦あれば幸あり、幸のみを望めば幸を知る事は、叶わない。
e0392772_12070681.jpg


by kongousan-akafudo | 2019-06-25 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教1143 虐待

私が生まれたのは昭和二十年代で、終戦間近であり人々の生活も困窮を極めていた時代である。
e0392772_20571088.jpg
私の友達の衣服は、穴が空きつぎはぎだらけが普通でありました。
学校に行っても、今の様に給食などありません。
弁当を持って来るが、当たり前の時代でした。
そんな時、一番悲しかったのが運動会の日である。

私の友達は食べる弁当も無く一人で教室にいた私は、一個の弁当を友達と分け合い談笑して、楽しかった思い出がある。
その友達がある日、別れを告げに来たのである。
明日から遠い所に行くから、今までありがとうと言うのである。

友達は、家計を助ける為に奉公【仕事】に出されたのである。
e0392772_20580222.jpg
今では、考えられ無い事であろうが。
その時代では、当然が如くされて居たのである。

そして十五年の月日が流れて友達に再会した時、彼も立派な大人と成り互いに再会を喜び合いました。
彼の素晴らしい所は、親を怨んで居ないのである。
その逆に年老いた両親の為に、生活を支え面倒を見て居るのです。
e0392772_21140853.jpg
正に、菩薩行である。
e0392772_21344268.jpg

時代、時代で様々な事情は、存在します。
しかし、自分勝手に子供や弱い者を虐待する行為は、最早、人間では無い。
e0392772_21004759.jpg
餓鬼、亡者である。

武士の考え方で、義を見てせざるは勇無きなり、正に漢の精神である。
抵抗の出来無い者を虐待する者は、人間の心を捨てた魔物である。


by kongousan-akafudo | 2019-06-24 06:00 | ◎赤不動明王院通信

千体仏勧請についてよく頂くご質問

d0359990_11053955.jpg

聖天尊の千体仏供養について、度々このようなご質問を頂く事がございます。
今日は、そのご質問と回答をご紹介させて頂きたいと存じます。

Q:「家族の千体仏を勧請することもできますか?ちなみに家族は特に信仰心があるわけではないと思うのですが…」

A:ありがとうございます。
もちろん、ご家族のさまの千体仏を勧請されている方も大勢いらっしゃいますから、何の問題もございません。
離れて暮らす高齢のご両親さま、お子様、姪御さんや甥御さん、ご兄弟姉妹の千体仏など、家族構成によって様々です。
皆さまそれぞれに、大切に想う間柄の方のお幸せやご健康を願って勧請されています。
その方へ勧請したと仰らない方も沢山いらっしゃいます。


Q:千体仏でも、願意が叶ったら願解きが必要なんですか?

A:ご質問ありがとうございます。
千体仏であっても、尊像をご自宅へお迎えになった場合であっても、願いが叶った場合には願解きが必要となります。
神仏と人間という関係を離れ、日常の人間関係に置き換えて考えてみると理解がスムーズです。
何かお願い事を人さまにお願いした際には、結果が思うようになった場合はもちろんですが、そうでなかった場合にもご報告とお礼をなさいますよね。
それと同じ礼儀です。
願いを掛けられた時からずっと、ご神仏はお働きくださっています。
具体的な願解きにつきましては、お問合せ下さい。


Q:恋愛成就で千体仏を勧請しましたが、別の願意でも千体仏を勧請することは出来ますか?

A:はい。可能でございます。
一尊につき一願ですから、違う願意での勧請をご希望の場合には是非お申込み下さい。


Q:私は現在、別のお寺さまにお世話になっておりますが、赤不動明王院で聖天さまの千体仏勧請をしてもいいのでしょうか?

A:わたくし共は、他のお寺に通っておられるからダメであるとか、自分の所だけにしなさい。等とは一切申しません。
何故なら、信仰とは誰に強制されるものでもなく個人の自由な世界だからです。
あなたのご判断が全てでございます。




聖天尊千体仏永代供養は赤不動明王院オーダーフォームからお申込み下さい


千体仏勧請についての詳細は下記の記事をご覧ください




by kongousan-akafudo | 2019-06-23 12:00 | 本院分院からのお知らせ

密教1142 悪行雑言

人間は何故、自分以外の人に向かい、誹謗中傷を繰り返してしまうのか?
それは、その人が不幸だからである!
しあわせな人は、イジメや誹謗中傷はしません。
自分が不幸だから、他のしあわせが妬ましいのである。
e0392772_17243177.jpg
e0392772_17054103.jpg

しかしその行動は、更に自身を不幸にして居る事に気付かない、哀れな行動なのである。
カルマ【因縁の法則】平穏な人を羨み妬み悪口雑言を振りまき、その結果は哀れな状況を自ら招いて居るに、他ならないのである。
e0392772_16551209.jpg

私が以前から言って居る言霊とは、悪い言葉を発すればそのまま自身に返って来る。
此れは、こだまと同じである。
正に蒔かぬ種は生えぬ。
e0392772_17230507.jpg
良い言霊を発すれば次第に良い仲間が増え、悪い言霊を発すれば悪の輪が形成され、最後はその輪から抜ける事も出来なくなって行くのである。
汚れた身体は風呂に入れば洗い流す事は容易であるが、心【魂】を汚した場合は、元の状態に戻すだけでも大変な苦労をしなければならない。
それほど、大変な事なのである。

イジメ、誹謗中傷が何故やまないのか?
それは現界だけが全てであると言った物質的価値観に翻弄され、自ら迷いの世界に没した証である。
今は良いかもしれないが、やがて空の水瓶が満杯に成り溢れ出すように、ある一定範囲を超えた時、
その全ての因縁は行き場を失い、水瓶をも呑み込み果てる事の無い地獄へと堕ちて行くのである。
但し、その地獄から抜ける道も存在するが、今回は言及しません。


by kongousan-akafudo | 2019-06-23 06:00 | ◎赤不動明王院通信