人気ブログランキング |

<   2019年 04月 ( 33 )   > この月の画像一覧

密教1088 悲しい生霊

みなさんは、生霊と聴けば、怖い、悍ましいとお考えかも知れませんが、それは、生霊が何たるかを知らないからなのである。

怨み、嫉み、嫉妬から生霊が発生する事も否定はしませんが、上記の理由で意識的に生霊を飛ばす事を出来る者は殆ど居ません。

【霊能者を除く】

以下、私の経験談を紹介します。


私のもとにある一件の依頼がありました。

それは、中古の家を購入したが、誰かが居る様な気配を感じ気味が悪いので視て欲しいと云う依頼である。

e0392772_21245549.jpg
私が、その家に行き霊視をした時に分かった事は、悲しい現実でした。

その家は、かって仲の良い御夫婦が暮らして居た家で、何の障りも無い家である。

但し、奥さんが亡くなり御主人は葬儀の後、父を想う子供さんの家で暮らす為に思い出深い家を出て、子供さんの家で暮らす毎日。

然し乍ら、長年妻と二人で暮らした家の思い出を忘れる事は出来ません。

その思いは、消すに消せるものでは有りません。

e0392772_21255222.jpg

老人の思いは、妻との思い出に浸りいつしかボーッとする毎日。

楽しかった思い出、子育てに翻弄して居た日々、それは当然であろう。

逢いたい、帰りたい、そして、それが高じて生霊を、過去の家に生霊と成って戻って居たのである。


私は、それを責める事は出来無い。

何故か?

当然である。

然し乍ら、依頼を受けた以上、解決せねばならない。

その生霊を力で返せば、お爺さんの身体にかなりの負荷を掛け事になる。


私は、ある秘法を修した。

地蔵菩薩法である。

e0392772_21263355.jpg
詳細は明かす事は出来無いが、お爺さんの身体に負荷を与えず、元に戻すには他に方法は無いからである。

呪いも、生霊も返す方が容易い【相手の身体がどう成っても良いならば】

しかし、善悪を熟知せねばやれる法では無い事を御理解願いたい。


南無大日大聖不動明王尊

金剛合掌

金剛山赤不動明王院 院主 永作優三輝





by kongousan-akafudo | 2019-04-30 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教1087 命への想いを

もしあなたのお子さん、奥さん、旦那さんの命が、事故や犯罪に依り失われた時、あなたは、どう考えますか?

耐える自信がありますか。

運転能力はさる事乍ら、脇見、携帯電話の使用、老化に依る判断ミス、全て死に直結する危険行為である。

上記の殆どが、自覚の無さが原因と考えます。

e0392772_20094689.jpg
それが、後にとんでもない不幸を招き寄せる事に繋がるのである。

当事者は、もとより被害者、関係者を巻き込み取り返しが付かない事態に至るのである。

e0392772_20104026.jpg
私達も、例外では無い。

当事者になる要素も、被害者、関係者にならないとは、言い切れません。

自分は大丈夫と言う考え方は、傲慢の極みである。

e0392772_20175531.jpg
そうならない為に、普段から學びを深め自身を見つめる力を養うべきと考えます。

特に車を運転する者は、自分の体調を考慮し不安を感じる場合は、公共機関を利用するか、細心の注意を払うべきである。

【始業前点検は、当たり前】現界に絶対安全は、無い事を知り、安全に努める事は、免許を所有する者の絶対条件である。


また、自転車に乗る者には、免許は必要無いが、自転車が凶器になる事を知らねば、ならない。

徒歩の人も、老人、子供、弱者に眼を配り安全に努める事は、言うまでも無い。

e0392772_20291210.jpg
歩きスマホなどは、目隠しして歩くに等しい行為である。

人間は、學びの無い者ほど自分勝手である。

全ての人が気配り、思いやりを知る時、現界から不幸な出来事は、激減するであろう。

e0392772_20294260.jpg

南無大日大聖不動明王尊

蓮華合掌

金剛山赤不動明王院 院主 永作優三輝





by kongousan-akafudo | 2019-04-29 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教1086 文武両道

文武両道とは、力と智慧を有する事である。

文とは、道天地将法を理解し得る智慧である。

武とは、己れを極限まで鍛え上げ、理不尽な事に立ち向かう勇気と力を指す。

ここで文とは、の項目で一般の方では、理解しがたい言葉がありますが【道天地将法】これは、中国の偉人、孫子が遺した思想である。

e0392772_12384972.jpg

以下一文

将は、兵を選べず、兵は、将を選ぶ、不可解な言葉と考える方は、自ら調べる事をお勧めする。

注!優秀な経営者の方々は、道天地将法とは、何かを熟知して居る。

正に智慧【知恵】とは、人に欠くべからざる叡智である。

知恵が無いから、他人をイジメ誹謗中傷し犯罪者に成り下がるのである。

e0392772_13022664.jpg

そして武とは、正義を理解し得た者が身につける事に依り発揮する力である。

格言に曰く、力なき正義は無力なり、正義なき力は暴力なり、である。

私の自信、私は今年、六十六だが一丁事あらば僧兵と成り二十人は、冥土への道連れにする自信はある。

口先だけの者に成り下がる時、人は人に迎合し信念を失う。


南無大日大聖不動明王尊

金剛合掌

金剛山赤不動明王院

院主 永作優三輝





by kongousan-akafudo | 2019-04-28 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教1085 因果応報

因果応報とは、簡単に言えば奪えば奪われ、殺せば殺されるである!

現界は學びの場、肉体を持った不自由な学舎なのである。

何故、不自由か?

魂の境涯で考えれば、簡単に理解出来る事が出来無いのが肉体の不自由である。

肉欲に身も心も支配され、最終段階に至っては、物欲に苛まれ死んで行く。

e0392772_22234589.jpg
正に亡者、餓鬼である。

e0392772_22252234.jpg

その典型的な者が犯罪者である。

私は再三再四、述べて居るが、分からない者が横行して居るのは、正に霊的後進国を時で表して居るのである。

隠しきれる・分からないで有ろう・見つからなければ大丈夫・馬鹿としか言いようが無い。

それは、全て現界が全てと言う間違った思想から発する幻想である。

普通に過ごし、普通に働けば良いのである。

イジメ、誹謗中傷をする者は、嫌なら他人と関わらず、己れの學びに専念すれば良いのである。

他人に関わりイジメ、誹謗中傷して居る時間は、無駄な時間である事に気づくべきである!

e0392772_22260406.jpg

しかし、馬鹿ほど気付かないのである。

これから気づけない輩は、私に向かって来るが良い。

但し私は、甘く無いので立ち向かって来る者に対しては、容赦しない事を覚悟する事が必要である。


私は、純粋に學びを求め来る方々には、優しく全てを明かしますが、ふざけた者には、全力で倒します。

私は、僧兵だからである!


南無大日大聖不動明王尊

金剛合掌

金剛山赤不動明王院 院主 永作優三輝





by kongousan-akafudo | 2019-04-27 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教1084 因縁の恐怖

犯罪が横行する昨今、何故犯罪が繰り返されるのかを考えて行きましょう。

私なりに言えば、当事者が罪の償いを軽く考えて居るからである。

犯罪を犯し警察に逮捕されても、刑務所で刑期を終えれば終わりと安置に考えて居るからである。

e0392772_21473752.jpg
言わば現界だけが全てであり、死んだら終わりと勝手に考えて居るからに他なら無いのである。


誠に短略的であり、現世思想そのものである。

現世思想とは、一言で表現すれば、死んだら終わりである。

言わば先の事は、どうでも良い。

今が良ければの考え方の典型である。

だから、理不尽な事をなんの躊躇なく出来るのである。

e0392772_00290032.jpg
e0392772_00370144.jpg

その先にあるのは、恐ろしい現実とも知らず自分より弱い者を的【ターゲット】に定めイジメ、誹謗中傷、犯罪に

e0392772_23341473.jpg

走り繰り返して居る。

続けるが良い!

私は、上記を繰り返す者に同情はし無い。

何故同情しないか、次回の私の記事を読むが良い。


南無大日大聖不動明王尊

金剛合掌

金剛山赤不動明王院 院主 永作優三輝





by kongousan-akafudo | 2019-04-26 06:00 | ◎赤不動明王院通信

純銀製の法具が作れるようになりました

d0359990_20425862.jpg

こちらは響銅製の法具です。

先日、赤不動明王院へ法具師さんからお話があったそうです。
『響銅製以外にも、純銀製で法具を作製できるようになりました。ご希望の方があればお作り致します』

凄いお話だと思いました。


赤不動明王院ブログや密教塾で、過去に何度か「蘇婆呼童子経」について取り上げられてきました。
「蘇婆呼童子経」では、法具について、「富貴を求めば純(もっぱ)ら銀で作れ」と説かれています。

ちなみに作製できるのは

・独鈷杵
・三鈷杵
・五鈷杵
・金剛鈴

の4種類との事です。

純銀製で法具を作るとなると、大体どれくらいの値段になるのだろう?と思われる方もいらっしゃることでしょう。
一例を挙げます。

15cmの五鈷杵が、大体26万円位です。
もし赤不動明王院からお分けするとなれば、これよりはお安く出来るようになるかと存じます。
が、実際の購入ご希望者さまとの間で『応相談』となります。


お心が動かれました方は、メールマガジンを発行しているメールアドレスへお問合せ下さい。

尚、恐れ入りますが、お問い合わせの際は、メールマガジンのタイトル及び本文は消して下さい。
何の関係もないタイトルや本文がついたメールをそのまま送らないでください。
お願いします。

タイトルは『純銀製法具についての問い合わせ』
メール本文内には
・住所
・氏名
を必ず書いて下さい。



by kongousan-akafudo | 2019-04-25 08:00 | 本院分院からのお知らせ

密教1083 愛の學び

私は自分の半生を振り向き考える時、同じ人生をもう一度繰り返せたら、どうだろうと考える時、

一言で表現すれば勘弁して下さいである【笑】


人間は自らの足跡を振り返って、冷静に捉え考えてもう一度同じ人生を生きる事を望む人は少数であろう。

苦、恥、怒、悲、を知らない人は幸いである。

では何故、様々な苦を経験して来たのかそれは、裏返せば愛の學びだったのである。

身体の痛みもさる事ながら、心の痛みは身体の痛に比べ勝るとも劣らない苦痛である。

e0392772_01041617.jpg
その痛みを知って居るからを愛し寛容にもなれるのである例えば心の痛みを全て他人のせいにする者は、イジメ、誹謗中傷、犯罪を犯すであろう。

何故か?全て人ごとだからである。


我が身の苦を耐え抜いた者には、愛の學びが理解出来るからである。

自身が味わった苦を人にはさせたく無い、これも愛である。

しかし乍ら、苦とは人を成長させる力がある。

苦を知らない場合、他人の痛みも理解出来無いのである。

e0392772_15184689.jpg
だから平気でイジメ、誹謗中傷、犯罪が横行するのである。

私が過去に経験した苦は、いつしか私を鍛え強くしてくれていた事に気づいた時、苦は愛の學びだったのだと理解出来ました。

しかし、今の私がもう一度、同じ人生を味わう事は勘弁である【笑】。

愛の裏返しは無関心、愛を理解する事こそ私達が學ぶべき事では無いだろうか。

e0392772_15230178.jpg


南無大日大聖不動明王尊

蓮華合掌

金剛山赤不動明王院 院主 永作優三輝





by kongousan-akafudo | 2019-04-25 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教1082 死するとは

人間として生を受け死せぬ者は居ない。

では、何故に死を恐れるのか?

真実を知らないからである。

人間は現界に生まれた時、産声を上げ泣く事から始まる。

では何故、泣くのかそれは恐怖心からである。

【自分は大変な事を決断してしまった、怖くて、怖くて堪らない】そして母に抱かれ母の優しい温もりに安堵した、赤ちゃんは眠りにつくのです。


やがて年月を重ね欲望を覚え自らの中に価値観を形成し、それぞれの人生の歩みを進めて行きます。

幼年期、青年期、中年期、壮年期、老年期を重ねやがて死期を迎える事に成る。

e0392772_00390362.jpg
その時、學び薄く自己の欲望の赴くままに生きた者は、死を恐れ葛藤するであろう。

簡単明瞭に言えば死とは、元の故郷に帰るだけなのである。

しかし現界の欲にまみれた者は、學びを馬鹿にし拒否するであろう。

結果、死の恐怖に身を置く事に成るのである。


霊的學びをした事の無い方でも、霊界を理解して居る人を私は大勢、存じ上げております。

その方々に共通して、感じる事がある。

執着心が無いのである。

正に、達観しあるがままを受け入れる。

損も得も無い境涯である

e0392772_00445889.jpg


人間生まれた時も丸裸、死する時も何一つとして【物品】持ち帰る事は出来無い。

但し、自身が経験し學び得た智慧を感動に転化し、霊界で待つ仲間の土産にする事が出来る。

正に、最高の土産を持って帰郷するのです。

e0392772_00393164.jpg

上記を正しく理解し、今を生きる事は人生、自分を輝かせる最高の學びと私は考えます。


南無大日大聖不動明王尊

蓮華合掌

金剛山赤不動明王院 院主 永作優三輝





by kongousan-akafudo | 2019-04-24 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教1081 生きるとは

長い登り坂を登るが如しである。

焦って駆け上がろうとしても、途中で疲労困憊するであろう。

身体も元気で心も気力も充実して居る時は、感じ無い疲れでもひとたび疲れに負ければ疲弊するのが人間である。

自分が発した覚えが無くても苦労は、やって来る時があるが、それは避けられない人生の試練なのである。


e0392772_00253141.jpg

人間にとって一番の誤りは、他人を羨む事である。

ひと【他人】が裕福で有ろうと自分には、関わり無い事である。

そしてもう一つの誤りは、ひとの貧を観て自分は大丈夫と比べるは、誠に情け無い考え方と言わざるを得ない。

貧富の差などで人の優劣を計る事など必要が無い。

e0392772_00060712.jpg

何故ならば、人間にとって優劣を計る暇があるならば、自分の心を磨く事である。

人は何故、生まれ何故生きるのか?

それは前生【前世】で學べ無かった事を今生【現世】で學ぶ為に戻って来たからである。

時代、地域、親、環境、性別、全て自分で決めて生まれて来たのである。

それを自分は、金持ちの家に生まれたかった。

自分は、美形に生まれたかった。

何々に生まれたかったは、全て自分を否定する事に繋がり、良い結果には繋がりません。


人間はあるがままの自分なのである。

學び磨く時、何倍にも自分を輝かせる事が出来ます。

歳を重ねれば、美も衰え金の力で美食に走っても、食欲は減退するのである。

私達に必要なのは、智性と理性だと私は考えます。

e0392772_00282201.jpg

南無大日大聖不動明王尊

蓮華合掌

金剛山赤不動明王院 院主 永作優三輝





by kongousan-akafudo | 2019-04-23 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教1080 命の授業②

事件事故、自殺に依り亡くなった人々の数を数えると恐ろしいと考えます。

何故か、それは負の数【無念な思い】が充満する時、日本の因縁に繋がるのである。

以下は、皆さんも一緒に考えて下さい。


あれだけ、新聞やニュースで騒がれても止まない。

イジメ問題や誹謗中傷、虐待事件は何故繰り替えされるのか。

e0392772_22300780.jpg
心が病んで居る証拠と、私は考えます。

食べる事に不自由をして居る訳でも無いのに、他人をイジメる行為は、心が荒みきった者がやる行為に他ならない。

しあわせな人は、イジメをしない。

しあわせな人は、誹謗中傷もしない。

犯罪は、人の心を忘却した者が犯す。


いわゆる日本人の多くが供養心を忘れ、戦争を過去の事とした時、忘れられた者は、成仏できるであろうか?

先祖の供養も、同じである。

e0392772_22061271.jpg
墓じまい【墓捨て】墓参りが遠方で難しいのであれば、家族が協力して、墓の移転をすれば良いのである。

夫婦二人なら、墓の管理料を三十年分前払しておけば無縁扱いには、成りません。

では、何故三十年か?それは普通三十三〜五十回忌で弔い上げ【といあげ】と言い、

それ以降の年回忌をしなくても御先祖様は、極楽浄土に行かれたと解釈するからです。


では、墓の管理料を年間で言えば、普通は年間三千円位が普通である。

【寺の中にある墓地は、其処の寺に寄って異なります】

墓を移転もせずに、墓じまいなる。

墓捨てをする事は、私は良く無いと考えます。

e0392772_22114754.jpg

全ては自由であるが、本当の自由とは、何かを考える必要があるのでは、ないだろうか。


南無大日大聖不動明王尊

蓮華合掌

金剛山赤不動明王院 院主 永作優三輝





by kongousan-akafudo | 2019-04-22 06:06 | ◎赤不動明王院通信