人気ブログランキング |

<   2018年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧

密教914 靈的迷宮入りは、無い

e0392772_21461918.jpg

人間界において迷宮入りの事件は多々ありますが、靈的に考察すれば迷宮入りは存在しません。
簡単に言えば、死に逃げは出来ません!

何故か?
意識は、未来永劫、失う事が無いからである。
死んだら終わりと考えるのは、肉体を視点的に捉えた物質論であり、魂を除外視した思想から生まれた愚論である。

現界で犯した罪を償わず死した時、その罪は、何倍もの責苦になって返って来ます。
細かな説明は割愛しますが、事実である。
e0392772_08565617.jpg

交霊会で死者にその様子を聞けば、身に覚えのある者は震え上がるで在ろう。
交霊会に参加する事は、一般的には難しいので、様々な心霊學書をお読みになれば、私が言って居る事が本当である事がお判り頂けると考えます。

過去に自分の罪を隠す為に、獄中で自殺した犯人も居ます。
また、相手を殺害し、自らも自殺した犯人も居ます。
それは、二重に罪を重ねたに過ぎ無いのである。
e0392772_12160340.jpg

死に逃げは有りません!
むしろ現界で反省し、罰を潔く受けた方が救われるのである。

未来永劫に苦しむか、反省して再生を選ぶかは、その者の成熟度である。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝
by kongousan-akafudo | 2018-10-31 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教913 悪事

e0392772_11263801.jpg

何故未だ、イジメや誹謗中傷といった犯罪が横行して居るのか。
何故、止まないのか?
それは、魔の性質にあります。

普通の人なら反省し、繰り返す事はしませんが、イジメや誹謗中傷を楽しく感じ、辞めない者も存在します。
それは、行為を楽しむ邪悪さが根底にあるからである。
それを私は、魔の性質と呼んでいます。
れはやがてエスカレートして、犯罪を引き起こす要因に発展する事が多々あります。
e0392772_07272799.jpg
それは何故か?
罪悪感が薄れて行くからである。
始めは小さな悪が、やがて兇悪に移行してゆくのである。
其処には、何重にも浮遊靈が覆い被さり、一個の悪事を楽しむ物体と化したものが【者】存在して居るのである。
呼び込む、言わば自分で憑依される様に行動した結果が、上記の成れの果てである。

続ける事は破滅を意味し、取り返しがつかない状態になった時点で、その者の未来は消滅する。
信じるも信じざるも自由である。
但し、続ければ後悔などしない精神構造に陥ります。
e0392772_13331683.jpg

次回は、霊的迷宮入りは無い。を書きます。
これを読めば、今回の悪事の性質の恐ろしさが理解出来ます。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝
by kongousan-akafudo | 2018-10-30 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教912 自殺を考えて居るあなたへ

e0392772_09520273.jpg

まずは、自殺現場の様子を想像して下さい。
写真を見るなり、遺族のその後を聴くなり、様々に方法は有ります。

上記の事を調べた上で、まだ死にたいと言う感情が抑えられないと言う方は、最後に私と話しをしてみませんか。私は、無理矢理止めたりしません。
ただ話し合い、共に解決策を考え、あなたを苦しみから解放したいだけである。
【宗教の勧誘では無い事を、ここに断言します】
但し、嘘、偽りの類いの相談である事が判明した場合は、それなりの報いが生じる事をご理解願いたい。

e0392772_20572399.jpg

御仏は、悩み、苦しむ人に寛大である。
何故か。
人生を全うする事が、御仏の御意志であり、救いの御手を差し伸べられるのも、大慈悲からなのです。
お嫌いなのは、怠惰、傲慢、偽りの心である。正に人間にとって不必要な感情である。

上記を改めず、続ければ、後に数倍に拡大した、苦しみをその者が味わう結果と成る。
これが、因果応報の法則なのです。
そんな馬鹿な事など信じられないと思う方は、どうぞ御勝手に、思うがままに振る舞えば良いだけである。

e0392772_08565617.jpg

未だ止まない、イジメ、誹謗中傷の類いは、上記などあるものかと嘲笑い、影で怯えています。

何故、人が人を傷付ける事を辞められないのか。
それは、悪の性質を変えられない弱者だからである。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝
by kongousan-akafudo | 2018-10-29 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教911 青春のやまい【病】

e0392772_16573037.jpg

私の元には、若い方からの恋愛に関する相談も多々あります。
若いからこそ悩み苦しみ、自暴自棄に陥り易いのも事実である。

男女問わず、失恋に涙し、生きる事さえ放棄しようと考えるのも若さ故である。

一つの恋の終わりを理解出来ず、自暴自棄に成り、自らの命を絶つ行為に疾る者も少なく無いのが現状である。
生きる事は経験値の積み重ねであり、これが駄目だったから自分の人生は終わりだ、と決め付ける事は余りにも早計である。

e0392772_16590901.jpg

命にリセットは存在しません。
強くなけても良いのです。
泣いて泣いて、涙が枯れるまで泣いて、涙を拭ったら、その時は涙目でものを見ず、透明なガラス越しに景色を眺める様に、素直に受け入れられる自分に成る事です。

私は、自殺された方々の靈とも会話しました。
全ての自殺靈は言います。
自殺した事を後悔して居る、と。
しかし、もう取り返しがつかないのです。
出来る事は、素直に帰幽して、幽界で一から修行するしか道は有りません。

e0392772_17010321.jpg

私達は、生きて居るからやり直しが出来るのである。
自殺を選ぶ事は、やり直しを放棄し、自ら望んで苦界に身を投じる事になる。
あなたはどちらを選びますか。

若さゆえに、苦しみ、悩み、恥ずかしさに耐えられない事もある。
そんな時、私はあなたに寄り添います。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝
by kongousan-akafudo | 2018-10-28 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教910 供養

e0392772_11011820.jpg

毎月決まった日に、御供養を依頼されて居るお宅に出向き、御供養をさせて頂いております。
みなさん信仰心の厚い方々で、当院の御本尊様にお心を寄せて下さる方々ばかりです。
中には、一年通して予約されて行く方々も【檀家】お出でになられます。

供養の目的は、回向。
追善供養を届ける意味合いがあります。
正に、冥福であります。

お子さんを亡くされた方、最愛の奥様、旦那様を亡くされた方。
皆様が望まれるのは、自分の事より故人の冥福であります。
拙僧は毎回、一心込めて勤めさせて頂いております。

e0392772_16022788.jpg

時には、貰い泣きしそうなことも多々あります。
残された者の悲しみ苦しみは、私には痛いほどわかります。

供養経の後、拙僧は必ず法話を聞いて頂いております。
法話は、遺族の心を和らげる題材を事前に用意し、重複しない様に記録してお話申し上げております。

近頃、変化がありました。
みなさんが、心靈について興味を持たれて来たのです。
さもありなんと考えます。

今迄は無縁と考えていた事が、自身の周りに起こった時【死】その内容、死後の事を知りたい衝動に駆られるのは自然な事であります。
みなさんが異口同音に、『もっと早くに知っていれば、今際の際の対応も良くしてやれたのに』と言われます。
今は、ほとんどの方が學んでおられます。
嬉しい限りです。

e0392772_14252736.jpg

私は、一人でも多くの方々が學ばれ、靈魂の意味や存在を理解されて、より良い人生を送って頂く事が最高の望みであります。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝




by kongousan-akafudo | 2018-10-27 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教909 極める

e0392772_09155125.jpg

人は何故、一つ事に打ち込めるのか。ただひたすらに努力し、極め様とする姿には、感動を覚えます。
それがスポーツであれ、勉強であれ、打ち込む姿勢は何処から生まれるのか?

強制されて行う事と、自発的に行う事では、先に行ってから、かなりの違いが出るのは当然の理である。

學びも同じである。
何故やるのかではなく、答えはシンプルである。
好きだからである。

e0392772_10351830.jpg

諺に曰く、好きこそ物の上手なれ。
好きだから、にそれ以上の答えはないと私は考えます。

私が若い頃、武術で身を立てようと発願し、無我夢中だった頃、楽しかった。
神社の境内をお借りして、稽古に励んでいた頃は、夢に向かってただひたすらに打ち込んで居りました。

その私も齢六十五。
若い頃の様な動きは出来ませんが、未だ思い出しては、稽古の真似事などをして居ります。
近くのグランドで高校生が陸上の練習をして居る姿は、正に活気に溢れ、ほとばしるほどのオーラを発し、若さの尊さを感じる毎日であります。
どんな事でも、結果は後から現れるもの。

e0392772_10383020.jpg

結果ばかりを望み、疾る時、そこには美しさを感じる事はない。
ただひたすらに、努力と楽しさが融和した時、結果は付いて参ります。

始まりは、好きだから、で良いのです。
そして、箸を持つ様に、自然に扱えるようになった時、あなたは極める事を完全に理解した瞬間です。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

by kongousan-akafudo | 2018-10-26 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教908 交霊会

e0392772_14542838.jpg


私は、定期的に交霊会に参加して居る。
交霊会に参加して感動を覚えるのは、様々な人間模様である。
どの体験が一番ではなく、私は、全ての体験に感動を覚えます。

人の一生は、感動を求めて働く旅だと私は考えます。
それが他から見て愚直に見えても、その方には合った生き方なのである。
他の人の生き方を云々する人は多い。
だが、他を云々する人が、自己が満足する生き方をして居るかは疑問である。

交霊会で出現する人靈は、不満を抱えた靈が多い。
聞いて欲しい。
何とかして欲しい。
昨今は、上記の訴えが増えて居るのが現実である。
e0392772_15110745.jpg

満足とは何かを考えた時、あなたはどう考えますか?
お金持ちに成り、全てを自由に生きたいですか。
お金持ち、権力者、と言われた方々が、不成仏靈に成る確率が高い現実を、あなたはご存知ですか。

では何故、人生を満喫された方々が不成仏靈に成る確率が高いのか。
それは、謙虚と感謝の心が欠落してしまったからである。

以下、例題

私は〇〇財閥の者であり、この満たされない状況にある事は不本意である。
私に不自由は必要無い。
直ちに改善策を考える事を命じる。
e0392772_09015502.jpg

上記は、正に自身が死せし事を理解して居ない為に、現実を把握出来て居ない症例である。
この通り、死を理解せず浮遊靈に成る人は年々増えております。
それは何故か?
感謝、感動を忘れ、物質主義に毒された証ではないでしょうか。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝





by kongousan-akafudo | 2018-10-25 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教907 墓捨て

e0392772_09232544.jpg

昨今は、墓捨てが流行の様である。
私は以前から言って居ますが、先祖の無い人は存在しません。
人間は雑草ではない。
祖先を敬い尊ぶ事は美徳であり、今の自分の証です。

墓は面会所、仏壇や厨子は礼拝所である。
それを捨てる事は、自分を捨てる事に繋がります。
子孫に繋げ、子々孫々に伝えるのが家長であり、役目なのである。

息子が娘が墓参りの習慣がない。
それも良いでしよう。
但し人間は、生まれたら必ず死する事を忘れては居ないでしょうか?

e0392772_08371280.jpg

只の骨と考えれば、カルシウムの残骸である。
しかし、元は人間。
如何なもので在ろう。

私は、散骨も良くないと考えます。
散骨する位なら、焼却場で全てを焼き尽くし、完全な粉にして捨てれば良い。
さすれば、何の未練もない。
しかしそれは、全ての縁を自分から断つ覚悟が必要である。

自分は、会った事の無い先祖と考えて居るから墓捨てが出来るのである。
そして、無縁墓が急増して居るのも事実である。

e0392772_09261496.jpg

墓に貼紙をされて撤去され、捨てられた墓は、本来は破砕されてさざれ石になる。
そして人の役に立って役目を終えるのだが、積み上げ、さざれ石にもなれない墓石は日本中に存在して居る。

考えて下さい。
あなたの愛した人の墓を、あなたは捨てられますか。
私には出来ません。

せめて、故人の生きた証を残して回向するのが、現界に生きる私達の責務ではないでしょうか。
今一度深く考え、靈とは、生きるとは、を考える分岐点に立って居るのではないでしょうか。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝





by kongousan-akafudo | 2018-10-24 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教906 靈視とは何か?

e0392772_09043692.jpg

靈視とは、普通では捉えられない言葉、事象、現実を的確に捉え、改善策を伝える事である。
私は、過去に数え切れないほどの事例を積み上げて来た。
その経験で言えば、大切な事を無視して来た結果である。

例えば、困った時の神頼みなど有り得ません。
普段から、敬い尊ぶ心を育み、やがて折衷の心を理解したならば、精霊も理解を示し、その者を守護するであろう。
摩訶不思議な事を口走り、信用される様な事はありません。

何故か?
摩訶不思議な事を口走るのは、真実を知らない詐欺師である!
e0392772_11263801.jpg

当院に来て、私の靈視を受けた方ならお判り頂けると思うが、摩訶不思議な事を羅列して相談者を惑わした事はただの一度も無い。
相談者の方の悩みに真摯に向き合い、解決策を見出すのが当院の靈視である。

人間、困った時は不思議思考に走り易くなります。
そんな時は、出来るだけ冷静な判断をする様なにして下さい。

あなたの家の先祖が祟って居る、は有り得ません!
先祖は、親の親である。
子孫がよほど酷い事をしない限り、祟る事は有りません。
e0392772_08364789.jpg

私の経験で言えば、酷い子孫は増加して居るのが現実である。
例題を挙げたいが、長文になるので次回に持ち越します。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝




by kongousan-akafudo | 2018-10-23 06:00 | ◎赤不動明王院通信

縁結び祈祷に関する密教ブログ

d0359990_14332703.jpg


■縁結び法

縁結びの加持祈祷には、様々なケースに対応する為に、細かに法が定められて居る事をご存知ですか?

片思いの恋
結婚したいが様々な障害があり、進まないケース。
相手がハッキリしないケース。
結婚したいが、相手には奥さんが。
と云うケースと様々で御座います。

ありとあらゆるケースがありますが、全て同じ祈祷法では効果が無いのは当たり前です。

当院では、古来から伝わる密教の秘術で、様々なケースに依り祈祷法が定められて居ます。
あるケースには妙音弁財天法を修し、あるケースには、歓喜自在天法を修すると言った様に変化します。

本当の密教修法は、あらゆるケースに対応できるように、緻密に計算し、組み上げられて居るのです。
また、人間関係のトラブルについても、同じ祈祷では無いのです。
様々な修法がある様に、数えれば切りがないほどに、用意周到に準備されております。
正に、先人の叡智と密教の奥深さを、実感致します。

沙門。
すなわち、シャーマン。

弘法大師空海が目指し、確立したのが密教、沙門への道なのです。
私は、皆様が少しでもしあわせを感じて頂けるのなら、喜んで様々な密教修法を厳修します。

まずは、一人で悩まずご相談下さい。
全ては、御仏の心の儘にお計らいが働きます。

■縁結び法

密教僧として、これほど嬉しい祈祷は御座いません。
ご縁が叶い、そして子宝祈願祈祷と続く時、私は僧侶として喜びを禁じ得ないです。

私が寺に奉職して居る頃に縁結び法を修し、結ばれたご夫婦がいらっしゃいました。
その後、子宝祈願にお見えになり、恥ずかしそうにお申し込みされるお姿を見るにつけ、一段と力を込めて祈祷をしました。
子宝祈願の後、お子様を抱いて御家族で来られました。

そのお子様の成長祈願祈祷をする時は、私も笑みがこぼれるほどに嬉しい祈祷で御座いました。

正に夫婦相和し、素晴らしい光景で御座います。
全ての人が良き伴侶と巡り会い、一生をともに白髪の生えるまで、人生を謳歌して頂きたいと、私は常々願っております。

今日も、御依頼の御座いました縁結び法の準備に追われております。

私は考えます。
縁結び法を、寂しい方々の為に全国を行脚してでも修したいと。

私など、自分には縁は無い。と考えずに、御仏に願い縋る事は恥ずかしい事では御座いません。

御仏は、優しく貴女の来るのを待ってお出でに成ります。
縁は、開くもの。
じっとして居ても、訪れるものではありません。
ある意味、積極性も必要なのです。

貴女も勇気を出して、良縁を結ぶ為に祈っては如何でしょうか。
私は、いつでも貴女の為に、精一杯の加持祈祷をさせて頂きます。

■縁結法

当院で最も多い祈祷が縁結び祈祷である。
それには訳があります。

古来より、双身仏は縁結びの神として有名であり、参拝者が途絶えません。
代表的なのが聖天尊、双身毘沙門天尊、両頭愛染明王尊である。

全て、当院の秘仏である。
双身仏は、他の仏では叶えられ無い願いを聞いてくださる最後の仏として、古来より信仰を集めて参りました。

現在でも聖天信仰は有名ですが、勝るとも劣らない強力な効験を現されるのが、

双身毘沙門天尊、両頭愛染明王尊である。


知る人ぞ知る密教の秘仏である。
その効験は、叶えられ無い事は無いと言われる仏尊である。

密教は、全ての方がしあわせを実感し、この身このまま仏の境涯に至る事をお手伝いするのが大事である、と説かれております。

正に、成仏とは仏に成る、生きたまま仏の境涯を実感する事なのである。

しあわせを知らずに、人を愛する事は出来ません。

他を愛し、愛されて初めて愛を知るように、自分がしあわせを知らずに、優しくはなれないのです。

自分はしあわせを知らないと思う方は、この機会に是非密教を學ばれては如何でしょうか。
嫌ならやめれば良いのです。

嫌も好きも、味わわなければ判断は出来ません。
本当のしあわせを味わうには、あなたが一歩を踏み出さ無ければ始まらないのです。

■縁結び法

密教には、様々な縁結び法が実在致します。

①好きな人と結ばれたい。
②相手はいないが、良縁を望む。
③好きな人がいるが、相手には、奥さん、旦那さんがいる。
④相手に、こちらを向かせる。
⑤仲の良い者同士が、最高の喜びを得る。
⑥死者同士の愛を、永久に続くようにする。


まだまだ御座いますが、縁結びで絶対に結ばれ無いケースを紹介します。
他に付き合って居る相手がいながら、また他にも欲しいと考え、縁結び法を依頼しても成就しません。
《隠して依頼しても、行者は騙せても、成就に導く眷属は騙せ無いのです》

縁結びは、本当に相手が欲しいと願い、御本尊様、行者、依頼者のトライアングルが完璧に揃う時、必ず成就します。

また、縁切り法もありますがこれも然り。
偽りがある場合は、成就しません。

全ては正心に始まり、正心に終わるのが密教の加持祈祷なのです。

■日本刀に宿る花嫁の怪

私が寺にいた頃、不思議な依頼が来た。

骨董商のAさんが、日本刀を供養して欲しい…と言うので、詳しく話しを聴くと、最近仕入れた二振りの日本刀が来てから、毎夜同じ夢を見てうなされると言うのです。

内容を聴くと、花嫁と少年の夢で、二人共血だらけの姿で現れると言うのです。
寺に刀を持って来るのも…と思い、私はAさんの家に行く事にして支度をした。

Aさんの家で、二振りの刀を持った時…

全てが判った。

一振りは嫁入り刀、一振りは元服刀
元服刀とは、十五歳の成人を祝う刀である。

その日、息子の元服の宴が開かれ酒を飲んでいると、祝いの席に敵が討ち入り、全員を殺し、最後に息子を元服刀で殺害したのです。
息子は死を理解出来ず…未だ刀と共に、現界にいるのです。

私は、死を理解させて、父母の待つ霊界へと帰しました。
晴れて二人は婚礼の日を迎え、喜びは万感迫るものでした。

二人は身分違いの間でも愛し合い、やっとの思いで迎えた婚礼の夜に、悲劇が待っておりました。

盗賊が押し入り、一家皆殺し…
最後に残った花嫁を恥ずかしめたのである。

花嫁は、懐にある嫁入り刀で胸を突き絶命したが、愛する夫への申し訳なさに成仏出来ずにいたのだった。
私は、霊界からの使者と行く様に促したが、夫に合わす顔が無い…と聞き入れず。
地蔵尊に願い、夫を召喚した。

夫も妻を探して、探して…最後は、疲れて霊界の片隅にいたのです。
私は、孔雀明王法にて二人を浄化して、新たに二人の縁結びを修して、来世は仲睦まじい夫婦になる事を御仏に願い、二人は手を携えて霊界へと帰って行きました。

供養の様子を見ていた人達の目にも、涙が流れておりました。

■加持祈祷

密教の加持祈祷には、あらゆる苦難の滅除、滅罪を加持祈祷により、完成させる法があります。

貧乏を転換して、大富豪になる法もあります。
目的に合わせて、加持祈祷を厳修しますが、どんな祈祷でも大切な事があります。

目的意識です。
目的が定まらなければ、視点もブレます。
自分は、何のためにどんな事を、実現したいのか、鮮明にして、望む事が大切です。

例えば、縁結びの祈祷
①福縁成就の祈祷あなたが、望む福縁とは、何かを明確にする必要があります。

②事業隆盛、商売繁盛これも、目的意識を明確にして、どんな仕事なのか、どんな形を出したいのか、
それを定め、完成形を整えてから加持祈祷を、厳修する事が早道です。

ただ金持ちになりたい
ただ美人と結婚したい
ただ土地家屋が欲しい
ただ良くなりたい、では全てが、ブレて何も視えません。

あなたの完成イメージが無ければ、あなたを助ける為に、お力をお貸し下さる、御仏の眷属も戸惑います。

加持祈祷は、三位一体の行。
御本尊様、愚僧、貴方の点と線が結ばれ、廻る事で、三角形は円形に変化し、円形は波紋となり、更に広がりを続けるのです。

全ては、あなたが大切なのです。
私は、あなたに笑顔を取り戻す為にある、道具なのだから。

■縁切り法と縁結び法

縁切り、縁結び、一見、相反することの様に視えますが密接な関係に有るのです。

例えば、奥様のいる男性に恋をしても、その逆に、ご主人のいる女性に恋をしても、
実らせる事は至難の技ですが、密教には成就させる修法も、存在します。

後は、阿闍梨が受けるか、受け無いか?の問題です。

愚僧の元には様々な依頼が入ります。
護摩法を持って、一気呵成に行う修法もあれば、数十日間を掛けて行う修法もあります。

案件に依り異なりますが、場合によっては命掛けの修法も存在します。
では何故…命掛けの修法をも受けるのか?
道具だからです!道具には自分は要りません。
全て、御本尊様の思し召し。
生きるも、死するも。死するは、道具の寿命、生きるは、お役目。大差はありません。

生死に執着するので有れば、軽はずみに道具などと、口にしてはいけない!
道具は、死するは、御役御免。
道具は、生きるは、御役目半ばと心得る事。

本題に戻ります。

縁切り、縁結びは、アメリカ流のリセットなどと軽いものではありません!
依頼者の切実な想いを天に願う、厳かな法、金儲けや、軽い気持ちで行なえば、必ず被ります。
被るとは、死を意味します‼️

全ての法を修する時、私は毎回、覚悟を我身に問います。
我、事に於いて、後悔せずと確認します。
どんな事でも、迷う時は、その時期に来ていないか、自分に甘い時ではないでしょうか?

縁結び法は「専願護摩」にてお受け致しております。
赤不動明王院オーダーフォーム「専願護摩」よりお申込み下さい。
ご質問等はmasumi.shinri@gmail.comまでお問合せ下さいますようお願い申し上げます。





by kongousan-akafudo | 2018-10-22 12:00 | ├密教の世界