人気ブログランキング |

<   2018年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧

密教863 素人、玄人

e0392772_11175537.jpg


俗に言うアマチュア【素人】とプロフェッショナル【玄人】

此処で一言。

自国語で意味を解釈出来ずは恥である。
自国語で正しい国語力を理解して居れば、古文解読も容易い。

昨今の日本はカタカナ語【外国では通用しない言葉】に毒され、漢字の意味すらわからない者が増えて居る。
従って、自国の文化も歴史も忘れ去られ、金に群がる餓鬼を増やして居ると言えよう。

e0392772_11215674.jpg

玄人とは、積年の研鑽から生まれ、死ぬまで修行を積み続ける者を云う、と私は心得て居る。
玄人の領域では、生活は成り立ちません。
何故ならば、天職だからである。

e0392772_11215606.jpg

利を考え、利を得ようとするなれば、商法に移行するが賢い生き方である。
玄人に固執するなれば、餓死も止む無しの信念が必要である。
そこには、経済の入り込む隙も無い。
有るのは、草を食んでもやり抜く覚悟しか存在しない。

若い頃ぼろぼろの法衣を纏い、托鉢に命を繋がれ、諸先生方の教えを頂いて感涙した頃。
素人でも玄人でも無い、己れがありました。
ただひたすらに學び、ただひたすらに歩いた。

ようやく一人前と認められ、普通と言われる暮らしを始めた頃に幸福感を味わいました。
しばらくして、愛別離苦を身をもって知る時代に突入した。


e0392772_08270043.jpg

そこで氣づいた事は、己れは真に學びを深めて居ない事であった。
それから10年。
一から學び直して得た答えが、何故生きる。生きるとは。である。

そして60の坂を下る歳を得た今、言える事はあるがままである。
あるがままとは、怠惰に生きるに非ず。
智性を養い、理性を磨く時に得られる境涯である。

平敦盛が詠んだ「人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり」は有名な一節である。
様々な解釈があるが、真意は御本人に聞くしかあるまい。


人間五十年、下天の内をくらぶれば、夢幻の如くなり
読み方:じんかんごじゅうねんげてんのうちをくらぶればゆめまぼろしのごとくなり
別表記:人間五十年下天の内をくらぶれば夢まぼろしのごとくなり

人の世の50年間は天界の時間と比すれば夢幻のように儚いものだ、といった意味のことば。
幸若舞「敦盛」の一節。

「敦盛」におけるこの「人間五十年下天の内をくらぶれば夢幻の如くなり」という詞は、しみじみと世を儚む詞として登場する。

現代における「人間(にんげん)の人生は50年」や「せいぜい50歳で尽きる人生は儚い」といった解釈は、元の意味からは離れた通俗的な理解といえる。また、織田信長を関連づけてこの句が引かれることは多いが、織田信長の発言というわけではない。

実用日本語表現辞典より引用

ただ、私なりの解釈で言えば、ぼや~っとして居る間にも歳をとる、と云う事である。
だらだら生きるも一生、込めて生きるも一生である。

その選択をするのは自分でしかない。
だから、あるがままなのである。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝





by kongousan-akafudo | 2018-08-31 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教862 祈願法

e0392772_18493575.jpg

当院には様々な法が存在して居るが、今日は個人が出来て効験もある法を紹介します。
古来より、他には言えない【相談出来無い】事柄を、様々な秘法により解決して来た。
数えればキリがないほどあります。
私は全ての法を熟知して居るが、あまり安直には教えない。
何故ならば、悪用する者が居るからである。
そして、法を修するには、用意する物が厳密に決められて居るのである。
その用意する物は、素人では入手不可能な物ばかりである。

e0392772_17315263.jpg

例えばこんな話がある。
神道をかじった者が、お祓いに使う道具を神具店に買いに行きました。
しかし、真面目な神具店では神職の証明が無ければ神職の使う道具は入手出来ません。
断られるのである。

また、安直に買える店では高額な料金設定がされて居るのである。
そして、真に必要な物は入手出来無いのである。
当院には、専門の神具店、仏具店、大仏師【仏像を彫る専門家】法具師【法具を作る専門家】など、全て長い付き合いの方々が控えて居る。
従って、揃わぬ物や揃えられない物はない。
また、古代の物を現代に蘇らせる事も可能である。
それは、全て上記の人脈があるからである。

付き合いは大切である。
当院は貧乏寺だが、人脈に於いては最高と自負して居る。

e0392772_17115662.jpeg

それもこれも、全て御本尊様のお計らいなのである。
人間は奢り高ぶる時、全てを失い、後悔の海に彷徨うのです。

当院では近々、自分で出来る御祈願法を提供予定です。
興味がある方は、記事を注視して居て下さい。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝




by kongousan-akafudo | 2018-08-30 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教861 怒りに駆られる人々

e0392772_14171175.jpg

私が最近、特に感じるのが、怒りの想念である。
それは、街に出れば倍加して感じられます。

具体的に、何を指して怒って居るのでは無く、ただイライラして居ると言った方が分かりやすいであろう。
夜になれば、怒りのエネルギーは倍加するであろう。
正に、私がアメリカで感じた【1970年代のスラム街】怒りのエネルギーである。

白人以外の者には、まともな仕事は与えられず、怒りの街と化して居た時代。
私が、アメリカで空手を教えて居た時代である。

e0392772_13500430.jpg


昨今の日本は、怒りのエネルギーが充満しつつある。
そして、無関心で無機質になりつつある。

話は変わるが、いま怒りのエネルギーが頂点に達して居るのが中国である!
国は隠して居るが、中国に行けば一目瞭然である。

一例を挙げる。
電車に乗る為には、改札口で空港にある探知機を通らなければ、切符を買うことが出来ません。
貧富の差に怒りを持ち、テロに走る者を取り締まる為であろう。

e0392772_08290529.jpg

また、無闇に写真を撮ることが許されない。
正に厳戒体制の様である。

国内以外のインターネットは使用出来ない。
当然、ラインも国内用以外は繋がりません。
犯罪者を収監する留置場は、もう受け入れが出来ない状態である。

私の友人達は世界各国に居るが、内情を聴くと中国が内情不安の様である。
日本も安心しては居られません。
この怒りのエネルギーは、いつ何時、無差別に襲い掛かって来るか予想はし難いのである。

e0392772_09322513.jpg

では、何故怒りのエネルギーが充満するのか。
それは、価値観の歪みと理性の欠如から発生するのです。

本当の理性とは何かは、長くなるので密教塾で進めて参ります。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝





by kongousan-akafudo | 2018-08-29 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教860 歌【詠】

e0392772_14215362.jpg

歌には、魂を癒す効果があると考えます。
私は若い頃、修行の為に日本各地を旅した事があります。
その時、耳にした歌を今でも忘れることが出来無い。
その歌を聴いた時、情景が浮かび、涙が止まらないのです。

以下は、その歌の一部である

とびらをたたくのはあたし
あなたの胸にひびくでしょう
その時、三つの女の子
いつでもたっても三つなの

二十年前の夏の日に
私は長崎で死んだ
その時、三つの女の子
いつでもたっても三つなの

この歌は私の心を震わせました。
そして、私も老いました。

良い歌は、いつでもも心の奥底に生き続けます。
そして、歌にはもう一つの効果がある事を皆さんはご存知ですか。
それは浄化作用である。

e0392772_14252736.jpg

魂の浄化である。
未浄化霊をも、霊界にいざなう力がある力があります。
涙を流して昇天する霊達は、まるで霧の如く天に向かって登って行きます。
優れた歌は、生きて居る私達だけではなく、霊体をも昇天させる力を持って居るのです。

【リリーマルレーン】などは、第二次大戦中にこの歌がラジオから流れると、
大戦中の兵士が、誰が言うでも無く銃撃を止めてこの歌を聴いたそうです。


正に、平和の心に響いたのである。
現代でも同じ事が言えるのではないでしょうか。
人々はイラつき、兇悪犯罪は増加し、他人事と無関心を装う。

私は、想います。
心の栄養不足と…。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝





by kongousan-akafudo | 2018-08-28 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教859 何故?本物は凄いのか!

d0359990_13523100.jpeg

当院には御本尊赤不動明王尊がおわします。
一般的に、不動明王尊は様々に表現されて居ます。
しかし、弘法大師空海が自ら彫り上げたとされる尊像は、赤不動明王尊なのである。
これは歴史的事実である。
それ以外は、感得仏なのである【興味のある方は、ご自身でお調べ頂きたい】

当院では、聖天尊、宇賀神尊、双身毘沙門天と様々な秘仏が存在して居る。
何故か?
全ては、御本尊赤不動明王尊の御眷属であります。
だからお祀り出来るのである。
従って、祟りなどと言う馬鹿げた古代神秘主義は存在しません。

e0392772_15014864.jpg
純銀製聖天尊像

e0392772_14450895.jpg
純銀製宇賀神尊像

e0392772_14561269.jpg
純銀製双身毘沙門天尊像


祟りを強調する者は、真を知らないから不思議を強調せざるを得ないのである!
不思議を強調する者は、智性、理性の前では無力である。
真を知る者は、どんな状況に有ろうとも己が信念に基づき、評価などという不確かなものを求めません。

この度、修復させて頂いた聖天尊像は、当院の宝であると共に皆さんの宝である。
何故ならば、本物は本物を知るである。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝





by kongousan-akafudo | 2018-08-27 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教858 蘇る秘仏

e0392772_15014864.jpg


今般、当院所蔵の聖天尊像を修復しました。
材質は金銅製で、様式は古代インド系の衣を纏っている。
抱擁する御姿は、愛し合う自然な流れを具現化し、無理のない流麗さが現れる尊像である。

修復には、その道の中でも一流の技術者に携わって頂きました。
普通、文化財の修復は、現状維持を原則として居る。

しかし今回は、製作された時の様相を取り戻す為の修復である。
言わば、過去を蘇らせる為の修復なのである。
過去を蘇らせる為には、過去を知らなければ蘇らせる事は不可能である。

e0392772_18493654.jpg
参考資料:赤不動明王院所蔵資料 一例

しかし幸いな事に、当院には全ての文献資料が整って居る。
それに加え、私の経験と知識を加味し、技師さんと二人三脚で実現したのが今回の聖天尊像修復である。

これから、開眼供養会、浴油法、様々な法を重ね、皆さんの願いを聴いて下さる御仏として、当院の聖天壇に安置される事になります。

私の命続く限り法を修し、皆様のしあわせをご祈念申し上げて参りたいと存じ上げます。

尚、秘仏聖天尊像は、今のところ一般公開の予定は御座いません。
よって拝観は出来ませんので、悪しからずご了承願います。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝





by kongousan-akafudo | 2018-08-25 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教857 無機質化する現代

e0392772_12424749.jpg

今年になってから、殺人事件の多さに眼を覆いたくなるのは、私だけではないと考えます。
つまらない事から、簡単に殺人に移行する人間の意識の短略さ。
正に、心のない鬼畜である。

そして、最も怖ろしいのが、慣れからくる無関心である。
例えば、ニュースで殺人事件を知っても、「またか」で終わる。
その無神経に私達が陥った時、更なる事態が発生するのである。

それはやがて、身近に忍び寄り、襲い掛かって来るようになる。
そしてまたニュースとなり、無関心の渦の中に消えて行く。
これを負の連鎖と言うのである。

e0392772_16004511.jpg

昨今の人間性は、熱し易く冷め易い人が増えて居ると思うのは私だけであろうか?
皆さんは、如何お考えですか?
最早、対岸の火事では済まされないところまで来て居る、と私は考えます。

霊的に言えば、浮遊霊の増加は著しいものがあります。
このまま増え続ければ、結果は眼に見えて居ます。
そろそろ、考え方の転換を図る時期ではないでしようか。

それは、自身を守る事へと繋がります。
自分や家族を守る事が出来るのは、あなた自身なのです。

e0392772_16022788.jpg

鬼畜に正論は通用しません。
通用するのは、強い意志と智性、理性なのである。

もっと進めて言えば、上記の氣と卓抜した方法論が必要なのである。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝





by kongousan-akafudo | 2018-08-24 06:00 | ◎赤不動明王院通信

物質的価値観に関する密教ブログ⑦

d0359990_08341308.jpg

■物質的価値観の落とし穴

物質に囲まれた生活は、一見豊かに見えるが、不自由な事この上ない生活ではないでしょうか?

例えば、洗濯機が無ければ?
冷蔵庫が無ければ?
掃除機が無ければ?
炊飯器が無ければ?
…と言う方がいれば、私はこう答えます。

電気が使え無い時はどうします?

私は、古い人間ですから平気ですが、もし電気が使えない状況になった時の事を想像して下さい。
想像して、どうしたら良いか…常日頃から訓練しましょう。

芸は身を助ける。と言います。
身に着けた知恵は盗まれません。

知恵と経験は、必ずや貴方の財産になります!

その逆に、物質に囲まれ物質に頼る生活は、物質の崩壊に依り滅ぶでしょう。

私達日本人は、元々は勤勉で、発想の転換を得意とする民族であり、物質に頼る民族ではないのです。

物質的価値観を高度成長期に植え付けられ、拝金主義者に毒され、本来持っている能力を忘れているだけです!

私達の時代で得た教訓を、子供達に受け継がせるのは貴方です。
このままでは、子供が危ないのです。

■低級霊の憑依

昨今、低級霊に憑依されている方々を、視ることが増えているのが現実である。

あまり、気持ちの良い物ではない低級霊は、様々なかたちで存在します。
一例をあげれば、自殺者が供養もされず、放置されて低級霊に変化する事もあります。

生前に、自分勝手で傲慢な人ほど、低級霊に堕ちるケースが増えているのも事実です。
男女の比率で考えた時、あくまで私観ですが、男性の低級霊化が増大しているのも事実です。

人間は死んでから霊体に戻りますが、生きている時に物質的価値観の強い方は、自分が死んでいる事さえも認めません。
今、私が抱えている案件の中にも、低級霊に憑依されて普通の生活もままならない方もいます。

低級霊に憑依された場合除霊だけでは、不十分なのです。
今の低級霊を私が除霊しても、別の低級霊が空家に入る様に、またすぐに憑依されてしまいます。
それを全て除霊するには、準備期間を入れて一カ月間の大仕事になります。
私も一カ月間他の仕事が出来ない分、依頼者に掛かる負担は大変です。


憑依される人は、次のような人です。

①傲慢な人

②怠惰な人

③思い遣りのない人

④自分本意な人

⑤残酷な人

⑥人を愛せない人

以上の条件が当てはまる人は要注意が必要です。

憑依を防ぐには、普段からの心掛けが、最も重要なポイントです。
そして、憑依が疑われる様でしたら、先ずは心療内科を受診する事が先決です。

霊能者の出番は、それからでも遅くありません。
先ずは、理性で判断する事が大切です。

■貧困、貧乏

私が生まれた家は、借家で長屋に、両親、兄弟の八人家族の末っ子に生まれ、
物心ついた時は、小さな家で、一つのテーブルを八人家族が囲む、貧しい家で育ちました。

夜、寝る時は、蚊の大群が来る前に、蚊帳の中に入って、朝を迎える、そんな毎日でした。

ある日、近所の家にテレビが来た日、私も見せて貰おうと思い、行きました。
すると、家人が私に言った言葉が、「貧乏人は汚いから上がるな」と言われそのまま帰りました。

帰り道、涙を拭いながら、大きくなったら、日本一大きなテレビを買って、貧乏人だけで見てやる!と思いながら、涙を流していました。

涙を見せると、母が心配するので、手で涙を拭い家に帰ると、
母が「何があったの?男の子が泣いたら、可笑しいぞ?」と一言。
私の顔には、涙の跡が残っていたのです。

日本の昭和三十年初頃は、まだ戦争の傷跡が彼方此方に残っておりました。

今の日本人は、豊かさを知っていても、貧しさを知らない人が多いのではないでしょうか。
豊かさも生きる上では大切な事ですが、貧しさを知ることも、大切ではないでしょうか?

昨今、毎日のように報道される、殺人事件。
その裏側を、私なりに霊視して見ると、ほとんどが、物質的価値観に翻弄された、果ての犯行!
お金、物質は、この世だけの道具、その道具に翻弄される時、人は人である尊厳までも、失われ、亡者、餓鬼に成り下がるのです。

道具は、道具。
本当の視点を見誤る時、あなたは、しあわせの尺度を、見誤る事になるでしょう。

豊かさに学ぶことは少ないが、貧しさに学ぶ時、人は、真の豊かさを実感するでしょう。

■聖なる愛

人々に、御仏の愛を具現化して観せた空海聖人。

学ぶ事の尊さや素晴らしさを伝え、多くの上人を世に送り出した、比叡山延暦寺開山の祖、最澄聖人。
一貫して愛を説き、愛に生きた親鸞聖人。
正に、偉人、天才、慈愛の人。
霊界から選ばれし方々です。

今の日本の現状は、精神性より、物質的価値観の渦巻きの中にいる様に思います。

人間は、何故生まれ、何故生きる?
正に現界は今、精神性の危機と言えます。
物、金、物、金、何処までも、果てしない物欲は、最後自分達に牙を剥く〇〇〇に変化して襲い掛かって来ます。

清貧に生きるとは?
全ての物質を、否定する事ではありません。
自分に必要か、不必要かでもありません。
物に感謝し、恵みに感謝して無駄にしない心です。

理性と想像力を持っているのは、人間である証しです。
豊かさ、貧しさは、本来、心の領分です。
物質を金を、多く所有していれば豊か?少なければ貧乏?違います。
お金をどれだけ持っていても、心を潤すことは出来ません。

貧しくても互いに助け合う精神性を持って、生きる時、悟ります。
自分が如何にしあわせなのかを。

■輪廻転生

あなたは、御存知ですか?
生まれ変わりの周期を!

普通は、二百年位の周期で、生まれ変わりますから、前世の記憶は忘れて、新しい人生の学びに入りますが、
それは人生を全うして、霊界に帰られた人の場合です。

事故や病気で志し半ばで、亡くなられた方は、私が知っているケースでは、20年~30年で、生まれ代わる方も、おいでになります。
そして、極稀に前世の記憶を、鮮明に覚えている方がいるのも事実です。

例えば、今迄に一度も行った事のない場所の、昔の事が解る。
他人に言えば、狂人扱いされそうな事柄まで、知っている。
一例を挙げれば、前世の自分の墓、もしくは前世の親の墓を知っている。
とまあ様々ですが、私の場合は、読んだことがない経典がスラスラ読めるとか、
ある高僧の尊像の前に立った時に身体が硬直して、涙が止めどなく流れて引率の先生が驚き、
保健の先生を連れて来て…騒ぎになった事等様々です。

前世の記憶に、あまり捉われてはイケマセン。
今世の学びに、支障を来たします。
しかし、物質至上主義、物質的価値観に捉われて、日本人が培ってきた精神性を見失なう様では、
輪廻転生して来た意味、そのものを見失なう事になります。

今、非常に早い速度で精神性、すなわち、物質的価値観が、日本人に浸透しています。
死んだら終わり! 楽しんで、何が悪い!生きている内に!これが、物質的価値観であり、物質至上主義なのです。

現在、二極化が進んでいるのも事実です。
霊的真実を真摯に学び、実践しょうと努力されている方々、またそれを利用してお金に、結び付け様と狙う人様々です。

私が、皆さんに教えられる事は、ご自分で見極める必要が、あるという事です。
教えられるままではなく、学ぶ努力が必要なのです。

高級霊界は、私達が学ぶ努力をする事を、待っておられます。
幾らでも、教えて下さいます。
後は、私達の目覚めだけではないでしょうか。

■礼節

大和國、日出ずる国、日本。
日本人の良いところ、礼儀正しく、凛として、凛々しく、礼節を重んじる、謙譲の美徳。
以上のことを、誰でも、わきまえていた時代には、文化が、溢れる水の様に、生まれて参りました。

礼節こそ日本文化です。
礼節が発展して、作法が生まれ、霊的な力も増強されて来たのです。
然るに、現代の礼節の乱れは、霊的な乱れにも、通じ、様々な現象を起こします。

日本特有の霊性が在るのを、皆さんは、御存知ですか?
戦後、アメリカ人によって、日本の霊性は著しく否定されて、
アメリカ文化が日本に流入して来てからは、言葉の乱れと合わせて、物質的価値観は、アメリカ文化、ヤンキーの考え方なのです。

日本人が、本来、兼ね備えていた美しい心を、根底から否定したのが、物質的価値観、
物、金、が一番潤えば良い、自分が満足する事が先、他を排除してものし上がる。American dream、
正に、物質的価値観と云う病氣であり、心の害毒です。

足りる心を知る、武士は食わねど高楊枝、腹が減ってもひもじゅうない、以上の言葉を、的確に解釈して、理解出来る貴方は、
霊性の高い方なのです。
その能力を更に、向上させていく事も貴方の使命です。
授かった魂を磨き、更に磨きをかけ、完成した時貴方は、覚醒します。

■魂の劣化

昨今、痛ましい事件が多発しております。

何故、この様な事件が多発するのか?
それは、物質的価値観による魂の劣化にあります。

正に、犯人は魂の劣化した鬼畜と言わざるを得ない。
犯罪を犯す者は全て、自身の身勝手な欲望を抑え切れなかった魂の劣等生で在る。

しかし、何故、魂の劣等生に堕ち入るのか?
それは、欲界に身を任せたからに他ならない。

人間には自制心があります。
自制心が向上する事で、理性の発達が望めます。

簡単に言えば、犯罪を犯す者は、自制心を養う學びの過程が欠損して居るのである。
言わば、我がまま放題に自身を置いたのです。
自身の欲望が満たす事に主眼を定め、生きたのです。
その事を考える時に、私はある危機感を覚えます。

このまま日本人が學びを捉えずに日々を過ごす時、近い将来に、必ず訪れる事があります。
それは、此処では余りにもショッキングな事象なので差し控えますが、断言致します。

近い将来、必ず皆さんも解ります。

それは、沢山の涙が流れることになるからです。
その日は、必ず来ます。






by kongousan-akafudo | 2018-08-20 12:00 | └私たちの暮らし

密教856 信仰に寄せる心の深さ

感動して居ます。
多く方々が寄せて下さる善意、正に信仰心の結縄である。
聖天尊に寄せる想いは、全て届いて居ります!
聖天尊は、他の御仏が聞き入れて頂けない願いをも聴いて下さる御仏。
その源は、十一面観音尊への愛の証しなのです。

e0392772_14400436.jpg

人間も同じである。
心底愛する人の為ならば、一命をとしても、愛を貫き通す清い心である。
愛する事は、本来普遍なのである。
それすら分からない現在の人々の心は、物質的価値観に毒さられた哀れな生き物である!


人は、生を受けた時から死へのカウントダウンが始まります。
そして、死を間近に感じた時人は恐れ、様々な行動に移行します。
それは、死そのものを理解して居ない証拠である。
e0392772_21354377.jpg

重ねて言います。
死を達観する時、死は安らぎに変わるのである。


聖天尊は、そんな私達に寄り添い、私達のワガママを具現化して下さる。
身近な御仏なのだと、私は理解して居ります。
今回、私は確信しました。
聖天尊が真のお力を発揮するは、今世であると。
私は今回、聖天尊の修復に御尽力を頂いた方々と、信仰心を絶やさない人々の為に、この一命を費やします。
そして、悲願である聖天尊像の修復を、必ずや成功に導くことを、ここに誓うものである。
【聖天尊像は現在、一流の修復師さんの元で、修復作業中であります】
足りない資金は、私財を投げ打っても、完成させて頂きます。
どうか、御賛同頂けましたら、御協力の程宜しくお願い申し上げます。


南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝





by kongousan-akafudo | 2018-08-20 06:00 | ◎赤不動明王院通信

物質的価値観に関する密教ブログ⑥

d0359990_08341308.jpg

■呪詛

昨今、呪屋なる者まで出現する様に成った今、皆さんに警告の意を込めて書きます。

簡単な呪なら誰でも出来ます。
しかしカルマも自分が背負います。
プロに頼んだから大丈夫だと思うあなた、それは間違えである。

カルマは、確実にあなたに返って来ます。
お金を払って、大丈夫はありません。

カルマは、確実に増大して居ます。
お金を払ってあるから、私は関係無いと思うのは勝手である。

しかし、思いと現実には隔たりがあり、思惑通りにはいきません。
何でもお金でと思う事が、物質的価値観の現れです。

正当な価値観を持つ方は、理性的に考え、シンプルに行動します。

呪詛にも無数の法が存在して居るのは、事実である。
私は、その人間が呪に携わったか、過去に依頼したかは、一目瞭然でわかる。

如何してかは、此処での言明は避けるが、ある見方をすれば、誰でもわかる様になる。

法具も同じで、護摩炉など黒護摩を焚いた炉は、他の修法には使え無い。
だからこそ、古い護摩炉など素人が手を出して遊び半分で使用すれば、間違えなく被ります。

護摩法や祈祷は、正しい指導を受け、印可を得て始めて厳修出来るのです。

素人が見よう見真似でやれば、とんでも無い事に成り兼ねません。
如何してもやりたい方は、自己責任でおやり下さい。

法は一朝一夕には、使え無い事を知るべきだと思います。
私の塾では、塾生の特性を観て弟子に抜擢し、さらなる指導を実施して居ります。

肩書きより、実力が我が密教塾の根本方針であり、変えるつもりは無い。

塾生が弟子に成り、やがて一人前の能力を身につけてくれる日を、今は夢観て居る私です。

■生きるとは

人の数だけ生き方はありますが、意味を追求して生き方を決めて居る人は、少ないのでは、ないでしょうか?

ここで私が言う、決めた生き方とは、迷いや不安を微塵も抱かないで生きる事です。

不可能だと云う人が、大多数だと想います。
私もそうだと想いますが、だからと言って諦めた時、そこには、虚無感しか残りません。
虚無感を味わう為に、産まれて来たのでは無いのです。

私達には、一人一人に隠れた使命があります。

それは、あなたが覚醒する日まで、閉ざされて居るのです。
それが現界で覚醒するか?来世に持ち越すかは、私にはお答え出来ません。
何故ならば、それを決めるのはあなたなのです。

人間は、誰一人として、未熟な人生を生きるつもりで霊界を後にする者など居ないのです。
様々な使命を胸にして、現界に降りて来るのです。

では、何故、使命を忘れたか?

肉体を持った時点で、自我が芽生え、小我、大我を身に着けます。
しかし最大の原因は、我欲が肉体と融合する事で、価値観に支配される様に成り、物質的価値観の信奉者に成り下がります。

人間の本質は、肉体では、ありません。
魂なのです。
魂は永遠に続き、消滅する事はありません。

魂の真実は、永遠に刻まれます。

かつて、私は、死を何度と無く覚悟する場面に遭遇しました。
その都度、御本尊に依って救われ、今があります。

人間はしあわせの絶頂から奈落に堕ちる刻、死を覚悟します。
死を覚悟し刻を重ね、やっと辿り着いた時に、氣づいた事があります。
老いです。

私は、もう空手で世界を廻って居た時の、肉体は無いのです。
今、私にあるのは、信仰心密教に残りの命を燃やす一人の老骨。

でも、後悔は、ありません。

やがて私の意志を継ぎ、御役目を果たしてくれる弟子が私の元に集まって参ります。

私は、語ります。永遠の命は存在して居る事を。

肉体の儚い刹那を生きるよりも、自由で何物にも捉われない強い魂を育てなさい。と。

■正当化の罠

よく見受けられるのが、他を誹謗中傷して自身の正当性を歌う行為です。

正に、あさましい限りであります。
本当に正当な者は、誹謗中傷などの下卑た行為をしません。

今の日本において死語になって居る言葉に、「品格を重んじる」があります。
上記のような行為は、正に品格のなさを自らが露呈する行為と言わざるを得ません。

また、こと更に自身の正当性を強調する必要もありません。
解る人には解る。それで良いと私は考えます。

しかしながら、品性の失われる世の中には辟易します。
日本には、古来より品格を重んじる文化がありました。

アメリカかぶれの物質的価値観が横行する中で、ひとにぎりの人でも良い、品格、品性を重んじる人が居る限り、
日本文化は護られるでありましょう。

アメリカ人の様に、誤りを認めず自らを正当化する人間が日本に溢れる時、最大の危機が訪れるでしょう。

■ベストパートナーとは?

皆さんの求めるベストパートナーとは、どんな方ですか?

①一流企業に勤め高収入
②イケメン、高身長
③持ち家、高額預金者
④医師、弁護士、

その他以上の項目を重視して居る方は、これから私が書くことをご覧にならない事をお勧めします。

物質的価値観を重視する人に、安心立命は理解出来ない事です。
ならば、難しい思想などに入らずに、物質的価値観を追い求めている方が楽でしょう。

私は仕事柄、大勢の方のカウンセリングをして参りました。
経験上言える事は、真に物質的価値観を理解していない方は、必ずと言って良いほど道を誤るということです。

そして、執着心をも捨てる事が出来ず、迷いの中を彷徨うのです。
俯瞰して見れば簡単に解る事が、物質的価値観を持つ人には、苦しく難解な題材なのです。

人の判断は、物質ではなく心根です。
どんなに美形であろうと、財を持とうと、人間性が卑しければ価値に値しません。

貧しくとも、美形でなくとも、優しく相手を気遣い、
富める時も病める時も、相手を気遣って静かに生きる時にこそ真の人間力が培われます。

美にこだわれば老いを醜悪と嫌い、様々な施術に終始し、人生の學びから遠ざかります。
富に執着すれば、餓鬼道に堕ちるでしょう。

慎ましく生き、學びを極めれば、御仏を現じます。
男性であれ女性であれ、真のベストパートナーを望むのであれば、先ずは相手を気遣う心を養うべきなのです。

■ベストパートナー

あなたにとってベストパートナーとは、どう考えますか?

様々な関係性を鑑みる時、夫婦関係を今回は考えてみて下さい。
真に俯瞰して考える時、純粋に人間性だけを捉えて相手を決めましたか?

容姿端麗、美しい、スタイルが良い、若い、頭が良い…など。
しかし、人間は年を取り、容姿は衰えて変貌を遂げます。
生活力、仕事があり、順風満帆な時は、誰しも自信に満ち溢れております。

しかし、職を失いうらぶれた時、自信を持ち続けられますか?
上記は、物質の裏付けなくして保つ事は不可能であります。

私は、六十三歳になるまで様々な人生を味わい、慟哭の涙を流した時もあります。
生きるとは、正に學びの連続です。
貧困に喘ぎ、愛する者との別離《死》、自らの老い、裏切り、裏切られ。
何故起こるか?物質に傾倒する時、魔を呼び込むのです。
心の闇も全て、物質的価値観を自身が受け入れた結果なのです。

あなたが、本当の意味でベストパートナーを求めるならば、自身を俯瞰し、物質的価値観を棄てて真の道を學ぶ事をお勧めします。
物質のみを求める時、人は無限の地獄を味わい続ける事になるのであります。

■未成仏霊

俗に人が亡くなると成仏されたかどうか、気になる事ですが、今日は、成仏についてお話しします。

私は、普段、成仏出来ない霊体を、未浄化霊と呼んでいます。

昨今、未浄化霊が急増しているのです。
それは、物質的価値観の後遺症です。

私は、お葬式を頼まれて行きますと、大概、故人が遺族者席に座っているのです。
それだけならまだ良いのですが、誰の葬式かも理解できない故人も増えているのです。

それは、まさに物質的価値観の後遺症である。
人間は、死んだら終わり…も物質と捉えた考え方が、表面に出ています。
であるから、死んで自分が意識を持っている事が理解できないのです。
だから、自分は死んでない…となり、自分の葬式も理解出来ないのです。

魂は、現界の学びを終え、故郷の霊界に還る事が現界で言う、死んだ…なのです。
まさに、意識界なのである。
だから死を理解せず、彷徨う様になるのです。

そして快楽を求めて、憑依の繰り返しで、魂は汚れ、帰幽する事も出来なくなり、彷徨うのである。
従って、普通の供養法では、成仏しないのです。

では、どうするか?説得力が必要になります。
ただ普通の人には、ハッキリ申し上げて、不可能です。

何故か?
霊を認知出来る力が必要なのです。

①霊体を視る力。

②知識、経験、説得力の三要素を持つ者。

③霊力を発揮出来る者。

以上は、最低持つていなければ、不可能です。
下手に霊体を、刺激するだけの除霊まがいは、危険を増すだけの行為に過ぎません。

御注意下さい‼️

■心霊現象

私達の本来の姿は霊体であり、肉体は、現界で様々な事を、体験する為に必要なので、肉体が存在するのです。

それが現界に生まれて、月日が経つにつれて、本来の目的を忘れて、肉体のみの体験に頼る様になってしまいます。

物質的価値観がその最たるものです。
魂が本質と理解出来た時、貴女の人生は、大きく豊かに変貌します。

肉体は、わずか百年生きれば限界です。
魂は、無限に広がる存在なのです。

私達の魂は、貴女の番を生きているのです。

現界は学びの場。
イジメ、虐待、暴力、偽り、様々な悪事も、全ては魂の存在を理解していないから、出来るのです。
言わば、可哀想な人達です。

やがて、故郷である、霊界に帰幽する時、悪事を働いた事を、自分自身が後悔に苛まれ、望んで暗闇に没入するのです‼️
そして、二百年~三百年暗闇の中で反省し、再度現界の旅に、自分で志願して、辛い人生を設定して、生まれて来る。
これが宿命の部分である。

そして、生を受け努力を積み重ねて、自分自身が運命を変えられる事に、やっと氣づくのです。

運命を嘆く前に、運命は自分自身で、変えられる事に、気付くべきである。
捻くれて、自分の人生はついていない、運が無い、運が良いなどと、思う暇があるのなら、努力する事です。

運任せの人生を選ぶか?運命を切り開く人になるかは、貴女の選択です。

私は、運命を切り拓く人の為に、教えます。
そして、祈ります。

■飢餓

私が育った昭和30年代は、貧富の差がまだ激しい時代で、餓死する人が巷にはおりました。

現在では皆無に等しいのですが、その変わりに皆さんもお気付きだと思いますが、心の病いが蔓延しているのも事実です。

それは、心の飢餓が原因です。
無関心から~利己主義~物質的価値観~傲慢~攻撃的性格の現れ。
正に、心の飢餓状態と言えるのではないでしょうか?

これは、誰にでも発症する可能性があります。
自分には、関係無いと思う心は捨てましょう。
関係無い事象など、存在しないのです‼️

全ては、無関心を助長差せる為の、現象と捉える事が貴女を救います。

無関心が全ての元凶です。
無関心で、いられる事などないのだから。

広義では皆、魂の兄弟なのです。
真理を学び、受け入れる時、貴女は悟ります。
自分が魂の存在であることを。





by kongousan-akafudo | 2018-08-19 12:00 | └私たちの暮らし