人気ブログランキング |

<   2018年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

密教839 死に立ち会う

密教839 死に立ち会う_e0392772_21413374.jpg


私は、自分の家族だけでも計5回、死に立ち会って来た。
他の事例を数えれば、普通では考えられ無い数である。
悲しみの渦中、家族の慟哭、そして直ぐに金銭的な現実が迫り来ます。

今日は、皆さんに知って頂きたい事を、お伝えしたいと考え、事例をを交え書いて参ります。


死の事例【自殺】

自殺に於いて、最も苦しむのは本人である!
その次が家族である。
家族の苦しみは、次の項目がある。

本人【自殺者】を失った喪失感。
金銭的問題は最後に襲って来る。

密教839 死に立ち会う_e0392772_21434494.jpg


まず、病院への支払い【検視料、最低10万円】
葬儀代、これは個別に差があります。
そして、埋葬費。
貯金は瞬く間に無くなります。

その後、香典を頂いて居れば香典返し。
それから、初七日法要があり、四十九日、百日と法要があり、納骨。
お金が湯水の如く飛んで行きます。

その間、故人【自殺者】は、事の次第を見続けるのである。
その苦しみは、後悔などと言う生易しいものではない!

中でも、電車に飛び込んだ自殺は大変な事後処理が待って居る。

私はあらゆるケースを知って居るが、どれ一つとっても簡単に処理できるケースはない。
言わば、良い事など何もないのが自殺である。

密教839 死に立ち会う_e0392772_21462292.jpg

人間は、死に急がなくても時が来れば確実に死にます。
自殺をどうしても選びたい方は、草原で寝転んで下さい。
幾日も、何も食べず、ただ寝転んで下さい。
そうすれば、解ります。

自殺とは、愚かしい事だと。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝





by kongousan-akafudo | 2018-07-31 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教838 物質的狂気

密教838 物質的狂気_d0359990_14290099.jpg


昨今、物質を破壊したり車のタイヤをパンクさせたり、数えればキリがないほど荒み切って居る。
この現状を、皆さんはどう考えますか。

この手の犯罪者は、エスカレートする傾向がある。
物質は、危害を加えても向かっては来ません。
やがて物足りなさを覚え、次は生き物に危害を加え、その次は人間に狂気を向けて来るのは必定!
通り魔、無差別殺人、身勝手な殺人と死体遺棄、上げれば、その残虐性に気分が悪くなります。

密教838 物質的狂気_d0359990_16234036.jpg

私の寺では、防犯対策は万全である。
【防犯カメラ、防犯照明、その他】
これからの日本は、防犯カメラが主流になるであろう。
そして、犯罪を犯そうとする者は、その隙間を狙ってより狡猾になるであろう。

密教838 物質的狂気_d0359990_14325197.jpg

皆さんは、この現実にどう対処されますか。
最早、安全はタダ【無料】は神話である。

密教には、優れた結界法が存在します。
かつては京都御所、皇居に厳重な結界が存在したが、今は…である。

優れた結界は、魔の侵入を許しません。
それどころか、近づく事も許しません。

密教838 物質的狂気_d0359990_11275389.jpg

私は、ある御宅から依頼を受けて本格的な結界法を謹修します。
その法は書く事は出来ませんが、私が依頼者の御宅に出向き修する法であります。

最早、心を無くした者達には防犯カメラも防犯機器も用を成さないかもしれない。
私は、依頼者の御宅の結界法をつつがなく修して参ります。

皆さんも、くれぐれも御用心下さい。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝





by kongousan-akafudo | 2018-07-30 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教837 霊的侮辱【総論】

密教837 霊的侮辱【総論】_e0392772_14060221.jpg


人は、現界に生を成した時点で、前世の記憶を全て忘却します。

それは、自分が何を學び、何を解消しなくてはいけないかを知って居ては、學びにならないからである。
例えば、前世で罪を犯し、その贖罪を現世でする為には、自分が心から反省する必要があるからである。
それがカルマ、因縁解消【因縁解脱】なのである。

犯罪を簡単に犯す者は、何も反省の無い者達なのである。

密教837 霊的侮辱【総論】_e0392772_12424749.jpg

そして、最大に犯してはならない罪が、霊的侮辱である。
これを犯す事は、全ての因縁を被る事に繋がり、未来永劫、解消する事は難しい。
何故ならば、浮遊する未浄化霊の因縁までも背負う事を自らが望み、犯した事に成るからである。

自分だけの因縁ならば、解消【解脱】の道もある。
しかし無数の因縁を被る時、もはや解脱の道は険しい。

何故か。
死しても、霊界には帰れないからである。

それは、霊界が拒否するのではなく、無数の未浄化霊の意志により、現界を彷徨う霊と成るからである。
智慧無くば愚行を犯し、理性無くば殺人を犯し、反省無くば未来永劫、血の海に泳ぐ。

密教837 霊的侮辱【総論】_e0392772_20552868.jpg

私達は本来霊的存在である事を知り、自身の課題である人生を全うする事で、カルマは解消されて行くのである。

しかし、愚行、犯罪に走る者には反省などと言う意識はない。
何故ならば、反省出来るほどの知性理性があれば、犯罪に染まる事はないからである。
【死んで驚いた。は不幸である】

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝




by kongousan-akafudo | 2018-07-29 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教836 墓を侮辱した者

密教836 墓を侮辱した者_e0392772_09463615.jpg

あの事件は、今から20数年前にある地方で発生した。
その日も夏の暑い日であった。

朝、職員が掃除の為に墓地に入った瞬間、職員は自身の眼を疑った。
地蔵尊の首が全て飛んでいたのです。

警察の調べで、バットで殴った事が判明した。
地蔵尊は、別名地獄菩薩と言い、亡者を助ける為に、唯一地獄に降りて行かれる御仏なのです。

犯人は、間もなく逮捕されました!
その時から数年後、私が奉職する寺に年老いたご夫婦が相談に来られました。

孫が数年前に事件を起こしてから、孫の両親は原因不明な病いに倒れた。
その後、父は死亡、母は自殺。
家は離散状態で、孫は精神病院に入院して居ると言うのである。

密教836 墓を侮辱した者_e0392772_09520273.jpg

私は霊視を試みて、全ての真相を知りました。

彼は仲間内で、『自分には怖いものなど無い。従って神も仏も偶像だ』と、仲間達に強がって見せたかったのである。

強がるなら、他に幾らでも方法はある。
しかし、一番やってはいけない愚行を選択してしまったのである。

その後、彼は入院先の病院で亡くなりました。
私にも、助けられるものと助けられ無いものがあります。

では、何故そんな事が後を絶たないのか?

次回、霊的侮辱【総論】で解明して参ります。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝






by kongousan-akafudo | 2018-07-28 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教835 霊的侮辱

密教835 霊的侮辱_e0392772_20523472.jpg


今日、大阪で何者かが四百基に及ぶ墓や菩薩像を破壊した事件が発生しました!
犯人は、最大で最高の罪を犯しました。
警察が犯人を特定するのは時間の問題ですが、そんな事より恐ろしいのが因縁である!

忘れられ、無縁となった墓石に宿る因縁霊。
静かにしていようと思っていた者まで、起こしてしまった行為!

これは、私でも鎮める事は難しい。

墓荒らしは、絶対にやってはいけない。
何故か。
本人は、当たり前に因縁を被るが、家族にまで及ぶ因縁を作る事に成るからである。

密教835 霊的侮辱_e0392772_20552868.jpg

今回の墓荒らしは、夏場の憂さ晴らし。
最低な行為である。

墓荒らしをした者達に、未来は無い。
当然の報いである。

しかし、痛ましいのは家族、親類縁者である。
当人は当然であるが、親類縁者にまで不幸が及ぶのが墓荒らしである!

正に、愚の骨頂である。
私は長年、加持祈祷を生業に生きて来た。
その経験上で言えば、全ては悲惨な結果に終わって居る。


密教835 霊的侮辱_e0392772_20523619.jpg

次回は、墓荒らしをした者達のその後を実話で紹介して参ります。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝




by kongousan-akafudo | 2018-07-27 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教834 風化する犯罪

密教834 風化する犯罪_e0392772_08482120.jpg

皆さんは、去年起きたショッキングな犯罪を覚えて居ますか。
数ヶ月前の痛ましい事件を覚えて居ますか。
2週間前の事件を覚えて居ますか?

昔は、1つの事件が何年も語られ続けて居ました。
例えば、三億円強奪事件など、時効の日までマスコミ各社が追い続け、報道しておりました。

現在は、次から次へと事件が多発して居る。
何処かおかしいと思いませんか?

密教834 風化する犯罪_e0392772_21354377.jpg

毎日のように勃発する凶悪事件。
眼を反らし、耳を塞げば通り過ぎて行く現実。
それは全て、無関心と他人事から来る逃避である。

もう現実は、そう甘くは無いのである。
いつ何時、自らの身に降りかかって来るか誰にも分からない現実を、あなたはどう解釈しますか?

現実問題、警察は事件が起きてからしか動きません。
動けないと言っても過言では無いと考えます。
密教834 風化する犯罪_e0392772_09001627.jpg

それは、霊的無知から来る現実主義が根底にあるからである。
日本は霊的に、過去最大の過ちを犯し、現在もその過ちを振り向きもせず、隠し通したからである。
従って日本には、霊能者を際物とし、普通の人格者とは見なして居ないのが実情である。

一般的に、本物の霊能者と偽物の区別はなされて居ない。
本当に霊的能力があるか否か、判別方法も無いのが現実である。
しかし、毎日のように凶悪な事件は日本中で発生して居る。

この現実を、皆さんはどう捉え、どう対処されますか。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝




by kongousan-akafudo | 2018-07-26 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教833 目は口ほどに物を言う

密教833 目は口ほどに物を言う_e0392772_12424749.jpg

私は仕事柄、数え切れないほどの人に会って来た。
そのなかで、昔の人が言うように『目は口ほどに物を言う』という事を実感して参りました。

例えば、詐欺をなりわいにして居る者の眼は卑しく、警戒心が強く眼に現れます。
他人の悪口や誹謗中傷を好む者の眼は、姑息な目つきに変貌して参ります。

密教833 目は口ほどに物を言う_e0392772_21402199.jpg

その逆に、子を想い愛しむ母の眼は、正に菩薩と言って良いでしょう。
そして良き父の眼には、例え何が起きても護りぬくといった、泰然自若たる自信が現れます。

ここで特質すべき事例を紹介しよう。
【個人情報保護法に抵触するので、個人の特定は出来ません】

眼ばかりでは無く、人相まで変異変貌を遂げてしまった最悪な例である。
私は、上記の者達を2人知って居るが、哀れな末路を辿るであろう。

人間は、學ぶ事を嫌って怠惰に生きれば、生きたように死ぬ。
學びを深め、他が為に生きる者の生涯とは、天地雲泥の差が生じる事は紛れも無い事実である。

先祖を敬い、神仏を尊び、正直に生きる者は、例え現在が不幸と感じられても、學びを深めて行く時、必ずや笑顔の時が訪れます。


密教833 目は口ほどに物を言う_e0392772_14211515.jpg

そして、その笑顔は終生消える事はありません。
奈落に生きるか學びを選ぶかは、全て自由意志なのである。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主長永作優三輝





by kongousan-akafudo | 2018-07-21 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教832 自然破壊

密教832 自然破壊_e0392772_09010827.jpg


昨今の異常気象は、何故起こるのか?

人間がもたらした必然なのです。
便利を追い求め、欲のままに行動して来た結果なのです。


自然破壊の例と起こりうる問題
・森林破壊 - 洪水、崖崩れ、大気浄化能力低下、地球温暖化、砂漠化

・大気汚染 - 地球温暖化、酸性雨、呼吸障害などの人体へ悪影響を及ぼす公害

・水質汚染・海洋汚染 - 赤潮、海産物摂取による公害(例として水俣病)

・土壌汚染 - 地下水汚染、農産物摂取による公害

・生態系破壊 - 在来種の減少・絶滅(個体数の少ない希少生物(絶滅危惧種など)が特に懸念される)

Wikipediaより引用

密教832 自然破壊_d0359990_09052811.jpg

我欲は、最終的には自身を滅ぼし、破滅の道へと誘います。
そろそろ自覚が必要である。
馬鹿げた争いに終止符を打ち、真の平和を考える時なのである。

親は親の自覚を認識し、大人は大人を自覚して、節度ある行動をするべき時なのである。
自身が発した言動に責任を持ち、謝罪すべきは潔く謝罪する事が、後進の育成に繋がるのである。


密教832 自然破壊_e0392772_09011121.jpg

では何故、昨今様々な悲劇が繰り返されるのか。
それは、欲を優先した結果である。

私達は今、岐路にあります。
これを傍観すれば全てを受け入れる意思ありに成り、結果は明白である。

私達が今するべき事は、無関心を改める事である。
愛の裏返しは無関心である様に、子孫に良い環境を残せるのは私達なのです。

密教832 自然破壊_e0392772_09011394.jpg

人間、欲を否定して生きる事は難しい。
しかし、最小限に抑える事は出来ます。

後は決断であり、決意なのです。
私は祈ります。

目覚めし人達に、幸あらん事を。

密教832 自然破壊_e0392772_13254347.jpg

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院院主 永作優三輝



by kongousan-akafudo | 2018-07-20 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教831 私のお師匠様

密教831 私のお師匠様_e0392772_08181683.jpg

私は幸せ者である。

様々な分野で高僧、大徳に教えを頂き、愚かな私を導いて現在の道にいざなって下さいました。
老いた私を教え導いて下さるお師匠様は、赤不動明王尊である。

何も言わず、本堂に鎮座されておられる御本尊赤不動明王尊は、様々な教えを下さいます。
悩み苦しむ時、病に苦しむ時、様々な苦しみの中にある時、教えて下さいます。


密教831 私のお師匠様_e0392772_17115662.jpeg

普通の方々がこれを読めば、キチガイ坊主の戯言と一蹴するであろう。
そう思われる方は、これから書く事は必要無いので、お読みになる事は無駄である。

私にとって、御本尊赤不動明王尊は唯一無二の存在であり、最高の教え主なのです。

私の心【魂】に教えを下さいます。
それは氣づきである。
様々な角度からお与え下さる氣づきは、私にとって有り難さいっぱいの教えなのである。

密教831 私のお師匠様_e0392772_10440086.jpg


人間は、自身では氣づかない面を沢山持っております。
良い面、悪い面、数え切れないであろう事を氣づきによって教えて下さる。
お師匠様は、有り難さ以外何ものでも無い。

これは誰でも体験可能です。

その方法は、素直になる事である。
幼い頃、母に抱かれて安心の中に居た時の事を理解出来る人であれば、誰にでも出来る事なのである。

虚栄、傲慢、その他の必要の無い部分は、全て現界での中で身に着けた垢である。
これを知っても、洗い流す事は難しいが、反省して心を清ます時、一滴の水が泥水を浄化する様に、あなたの中に浸透します。


密教831 私のお師匠様_e0392772_18134430.jpg

人間と生まれ、あくせくする日常を束の間忘れて、氣づきに身を置くのも悪くは無いのでは無かろうか。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝




by kongousan-akafudo | 2018-07-19 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教830 天は人の上に人を作らず

密教830 天は人の上に人を作らず_e0392772_21141575.jpg


天は人の上に人を作らず

余りにも有名な名言である。
『学問のすゝめ』(學問ノスヽメ、がくもんのすすめ)は、福沢諭吉の著書のひとつであり代表作である。
初編から17編までシリーズとして発行された。初編のみ小幡篤次郎共著。

1872年(明治5年2月)初編出版。
以降、数年かけて順次刊行され、1876年(明治9年11月25日)十七編出版を以って一応の完成をみた。

明治維新直後の日本人は、数百年変わらず続いた封建社会と儒教思想しか知らなかった。
本書は国民に向かい、日本が中世的な封建社会から、近代民主主義国家に新しく転換したことを述べ、欧米の近代的政治思想、民主主義を構成する理念、市民国家の概念を平易な比喩を多用して説明し、儒教思想を否定して、日本人を封建支配下の無知蒙昧な民衆から、民主主義国家の主権者となるべき、自覚ある市民に意識改革することを意図する。

また数章を割いて当時の知識人に語りかけ、日本の独立維持と明治国家の発展は知識人の双肩にかかっていることを説き、自覚を促し、福澤自身がその先頭に立つ決意を表明する。後半の数章で、生活上の心構え等の持論を述べて終わる。

文体は平易ながら、明治維新の動乱を経て新しく開けた新時代への希望と、国家の独立と発展を担う責任を自覚する明治初期の知識人の気概に満ち、当時の日本国民に広く受容された。

Wikipediaより引用


しかし、現状を鑑みる時、首を傾げる方も多いであろう。
人は何故、上下を意識し、上下を決めたがるのか?
あなたは、どう考えますか。

密教830 天は人の上に人を作らず_e0392772_09322513.jpg

男女問わず、自身が優位に立ちたいと言う考え方が根底に潜んで居るからである。
歳を重ねれば、こんな無用な思想は排除されるはずですが、逆に高まる人が多いのは何故か?
パワーハラスメント、セクハラ、馬鹿げた行いである。

人間に何故、言語が存在するか。
人間に理性と知性が存在するか?

考えれば、簡単に答えは得られます。
譲り合い、尊重する事である。

私は若い時に両親と死別、その後一人で生き、様々な事象に巡り合って生きて来ました。
ある時は乞食坊主と罵られ、一人悔し涙を流した事もありました。

そして私が得た結論は、スキルを上げる事であった。
誰よりも多くを學び、極める事に没頭した時代。
飛び越え、追い抜いた時、虚しくなりました。

密教830 天は人の上に人を作らず_e0392772_14580877.jpg

そして現在、様々な方々に教え導く立場になりました。
全ての人は平等である、と言い切れます。

何もせずに自己の存在を主張しても、人は振り向きません。
ましてや、あなたの存在を無視するであろう。

当たり前である。
振り向いて貰うのでは無く、振り向かざるを得ない存在にあなたが昇華すれば良いのである。

密教830 天は人の上に人を作らず_e0392772_10351830.jpg


無為無策に生き、怠惰の中に生きる者に、教えを請う者は居ない。
努力を重ね、論理的思想を確立した時、自ずと人は集い繁栄するのです。

見せかけの虚栄は、メッキが剥がれるが如く脆く儚い。
その逆に、無垢の本体を兼ね備えて居れば、磨けば磨くほど輝きを増し、接する者に感動を与える事が出来るのである。

川浅ければ氾濫し、深ければ海に注ぐ。

密教830 天は人の上に人を作らず_e0392772_21183663.jpg

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝



by kongousan-akafudo | 2018-07-18 06:00 | ◎赤不動明王院通信