<   2017年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧

密教636 凶行

狂人は救う事は出来無い。

ミサイルをまるで花火のように打ち上げ悦に入っている姿は、最早、狂人以外の何物でも無い。

完全な悪魔憑依《乗っ取られ》である。
ここまで来ると、憑依を引き離す事は不可能である。

昨今の日本の犯罪者にも、完全憑依の者が増えている。
これは、日本の危機を暗示して居ると言わざるを得ない。

例を挙げれば、人を殺して見たかった、誰でも良いから殺したかった、

馬乗りになって女性を撲殺した狂人、小学校に進入して次々殺した、まだまだあります。


精神耗弱状態とか精神鑑定とか、様々に理由は着くが、被害者はもう帰って来ないのである。
犯罪者に人権があるのなら、被害者にも当然あるはずである。

私は死刑には反対である。
何故か?
反省をしていない者を、死刑に依って自由にする必要は無いと考えるからである。

犯罪者には、罪に依り100年〜200年の刑を与え、死後は霊的呪縛に依り刑期満了まで拘束する必要があると考えます。

然るに現状の日本では、霊的教育も霊的真理も否定されているの不可能なのです。


そして、犯罪者が死刑執行後に自由になり、反省していない魂は憑依を繰り返し《一般人を巻き込み》

魂年齢の低い者に憑依し、犯罪を繰り返すのである。

明治の悪法《廃仏棄釈、神仏分離令》が発布される前までの日本は、世界一の心霊国だったのである。
歴史にも証拠があります。
興味のある方は、學んで下さい。

廃仏毀釈
仏教寺院・仏像・経巻を破毀し、僧尼など出家者や寺院が受けていた特権を廃することを指す。
「廃仏」は仏を廃し(破壊)し、「毀釈」は、釈迦(釈尊)の教えを壊(毀)すという意味。
日本においては一般に、神仏習合を廃して神仏分離を押し進める、明治維新後に発生した一連の動きを指す。

大政奉還後に成立した新政府によって慶応4年3月13日(1868年4月5日)に発せられた太政官布告(通称「神仏分離令」「神仏判然令」)、および明治3年1月3日(1870年2月3日)に出された詔書「大教宣布」などの政策をきっかけに引き起こされた、仏教施設の破壊などを指す。

神仏分離令や大教宣布は神道と仏教の分離が目的であり、仏教排斥を意図したものではなかったが、結果として廃仏毀釈運動(廃仏運動)と呼ばれた破壊活動を引き起こしてしまう。

神仏習合の廃止、仏像の神体としての使用禁止、神社から仏教的要素の払拭などが行われた。
祭神の決定、寺院の廃合、僧侶の神職への転向、仏像・仏具の破壊、仏事の禁止などが見られた。

1871年(明治4年)正月5日付太政官布告で寺社領上知令が布告され、境内を除き寺や神社の領地を国が接収した。

(中略)
廃仏毀釈がこれほど激しくなったのは、江戸時代、幕府の間接統治のシステムとして寺社奉行による寺請制度による寺院を通じた民衆管理が法制化され、権力から与えられた特権に安住した仏教界の腐敗に対する民衆の反発によるものという一面もある。
藩政時代の特権を寺院が喪失したことによってもたらされた仏教の危機は、仏教界へ変革を促し、伝統仏教の近代化に結びついた。
Wikipediaより引用



神仏分離
神仏習合の慣習を禁止し、神道と仏教、神と仏、神社と寺院とをはっきり区別させること。

その動きは早くは中世から見られるが、一般には江戸時代中期後期以後の儒教や国学や復古神道に伴うものを指し、狭義には明治新政府により出された神仏判然令(神仏分離令。慶応4年3月13日(1868年4月5日)から明治元年10月18日(1868年12月1日)までに出された太政官布告、神祇官事務局達、太政官達など一連の通達の総称)に基づき全国的に公的に行われたものを指す。

明治元年、明治新政府は「王政復古」「祭政一致」の理想実現のため、神道国教化の方針を採用し、それまで広く行われてきた神仏習合(神仏混淆)を禁止するため、神仏分離令を発した。

神道国教化のため神仏習合を禁止する必要があるとしたのは、平田派国学者の影響であった。
政府は、神仏分離令により、神社と寺院を分離してそれぞれ独立させ、神社に奉仕していた僧侶には還俗を命じたほか、神道の神に仏具を供えることや、「御神体」を仏像とすることも禁じた。

神仏分離令は「仏教排斥」を意図したものではなかったが、これをきっかけに全国各地で廃仏毀釈運動がおこり、各地の寺院や仏具の破壊が行なわれた。地方の神官や国学者が扇動し、寺請制度のもとで寺院に反感を持った民衆がこれに加わった。 これにより、歴史的・文化的に価値のある多くの文物が失われた。

新政府は神道国教化の下準備として神仏分離政策を行なったが、明治5年3月14日(1872年4月21日)の神祇省廃止・教部省設置で頓挫した。
これは特に平田派の国学者が主張する復古的な祭政一致の政体の実行が現実的には困難であったからである。
神道の国教化は宣教経験に乏しい神道関係者のみでは難しく、仏教界の協力がなくては遂行できないことは明白であった。
そこで、浄土真宗の島地黙雷の具申をきっかけとして、明治5年に神祇省は教部省に再編成、教育機関として大教院を設置、教導職には僧侶なども任命されて、神道国教化への神仏共同布教体制ができあがった。
神道国教化にはキリスト教排斥の目的もあったが、西洋諸国は強く反発、信教の自由の保証を求められた。
結果、明治8年には大教院を閉鎖、明治10年には教部省も廃止し、内務省社寺局に縮小され、神道国教化の政策は放棄された。
代わって神道は宗教ではないという見解が採用された。

神仏分離政策は、「文明化」への当時の国民の精神生活の再編の施策の一環として行われたものであり、修験道・陰陽道の廃止を始め、日常の伝統的習俗の禁止と連動するもので、仏教界のみならず、修験者・陰陽師・世襲神職等、伝統的宗教者が打撃を受けた。
Wikipediaより引用


まず自身で検証する事が一番である。
検証もせず、ただ迷信だと決め付ける事は科学を知らない証拠である。

国会図書館にもその証拠は秘蔵されている。
自身で真実を探求する時、あなたは科学者である。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


[PR]
by kongousan-akafudo | 2017-08-31 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教635 心の汗

人間は誰しも、辛い事からは逃げたいと思うのは当然である。
快適に過ごし、快適に暮らせれば最高でしょう。
なんの苦労も無く、泣くことなど無い人生は最高でしょう。

つまづき、傷つき、涙を流す事など面倒くさい、カッコ悪い。


もっとエンジョイして、スマートに生きたい。

涙し、鼻水を垂れ流し、生きるなんて最低と云う人間。

好きに生きるが良い。
但し、魂の成長は無いと断言します。

魂の成長が無い人間は争いを好み、殺戮に快感を覚え繰り返すのである。
自分に不都合な者を排除し、自分に媚び諂い、迎合する者を寵愛する時、全ての成長は停止します。

仕事も同じである。

自分に都合の良いものを、誰しも望みたいで在ろう。
しかし、そんな都合の良い事など無いのが現実である。

人生は厳しく辛いからこそ、磨かれるのである。
御仏は、耐えられない試練は与えません。


私は二十歳で両親と死別。

その後仏門に入り、雲水となって行脚の日々を重ね、幾多の死別を経験し現在に至ります。

涙は枯れない感動に涙し、己れを磨く。
闘いを挑む者が居れば、例えウサギで在ろうと全力で倒す。
それが私の信念であります。

今ある事を喜び、精一杯生きる。

ながら的にならず、一日の終わりに感謝する時、ほっと一息する時わかります。
人生とは、良いものだと。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


[PR]
by kongousan-akafudo | 2017-08-30 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教634 金銭

お金にまつわる悩みは、昨今、増加の一途を辿っている。

お金はあれば便利だが、お金を追い求め血まなこに成る時、人は己れを見失い、お金に翻弄され人生をも誤る結果に成る。

稼ぐ事は良いことであるが、お金に執着心を持つとお金に使われる事になる。
お金は使い方で、生き金か死に金かに分かれる。

私の経験をお話しすれば、ご先祖様や仏様に使ったお金は不思議と返ってくる。
但し返って来ることを前提に行うなら、使わ無い事をお勧めします。
心の伴わない行為は、無意味である。

以下は過去の事例である。


あるご婦人からの相談で、御刀供養をした時の話である。
実家を取り壊す時に、二振りの日本刀を発見しどうしたら良いか?
相談に来られたので、二通りの方法を提案しました。

錆びだらけの刀をそのまま朽ち果てさせて土に返す方法と、

研師に研いで貰い、一家の護り刀として蘇らせ子々孫々まで大切に祀る方法である。
朽ち果てさせる方法は簡単だが、先祖の想いもそれで終わることになります。

もう一つの方法は、お金は掛かるが、ご先祖様が遺された意志を大切にお詣りする方法である。
この方法は大変だが、確実に変わります。

ご家族が相談して、研師にお願いする事に成った。

そして研ぎ上がった護り刀は、生き返り安置する者を守ります。

私は数多く御刀供養を手がけて来たが、研師に研いで貰いお祀りされた方々の家は繁栄して居ります。

正にご先祖様の為に使ったお金は、生きた使い方の事例である。

御刀は何処の家にもある物ではありません。

しかし御刀がある事には、必ず意味がある事を考えれば解るはずである。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


[PR]
by kongousan-akafudo | 2017-08-29 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教633 戦争狂

自らの保身だけに国民を駆り立て、ミサイルと云うゴミを海に捨て、環境を破壊する事を断じて許してはなりません。

あの戦争狂は、自分が助かる為なら国民や他国民の命など毛ほども考えていない狂人である。

狂人が力を得て国を支配する時、その国は滅びの坂を下り、やがて他の関係の無い人々の命をも奪うで在ろう!
何故か?
一人で死ぬのが恐いからである。
ただそれだけの理由しか無いのです。

日本も過去に、和平を目的に成った時の首相が戦争狂に成り下がり、日本を焦土と化した経験があります。


今の日本は、何時でも戦争が出来る様に法律を変えている事を、皆さんはご存知ですか?

解らない。
そんな事は無い。

そう思う方は、自身の眼で調べ、考えて下さい。

例えば、戦争狂が放ったミサイルを撃ち落とせば、戦争の口実を相手に与え、次は日本本土を狙わないと言い切れますか。

例えば、原発にミサイルがたったの一本が命中した事を想像して下さい。

想像したく無くても、戦争狂の考える事は異常である。


相手の都合などお構えなしに、一番効率的に破壊を進めるだけである。

私が言うように、原発が攻撃されれば日本は破滅で在ろう。

人間が消せ無い火を持つべきでは無い。と云うのが私の持論である。

今、私達は真剣に考える時にあります。


未来を子供たちに残す為に。


南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


[PR]
by kongousan-akafudo | 2017-08-28 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教632 自殺

人は何故、自殺に走るのか。
それもまた、物質的価値観の影響と言わざるを得ません。

何故、物質的価値観なのか?

①死んでしまえば終わる。
②命を物質と混同して居る。
③死ねば逃げられる。
その他



自殺は、人生の中退を意味します。

それも自分勝手な中退です。

動物は自殺をしません。
どんなに苦しい状況に成ろうと生きようとします。

しかし人間は簡単に諦め、自殺に走ろうと考えます。
自殺は勇気ではありません。
諦めと逃げであります。
私は今日までたくさんの自殺された方の霊と交霊し、真実を観て来ましたが、

全ての方々が後悔して居られます《自殺した事を》。

人間は肉体を着た霊なのです。

肉体は衣であり、本当の実体は霊《魂の存在である》
これを理解出来ていれば、自殺など出来るはずもが無いのです。

過ぎた過去にしがみつき、現状の自分を憐れむ《悲劇の主人公》
そんな感情に降り回され自身を見失なう時、魔は忍び込みます。

恥で在ろうが、痛みで在ろうが、自殺の後に来る苦しみに比べれば軽いものなのです。
自殺で受ける苦しみは、筆舌に尽くしがたいほどの苦痛です。

自殺を考える能力があるならば、その能力を生きる為に使って下さい。

それでも死にたい、と考える方を止める術を私は知りません。

しかし、最後に私と話して下さい。
解り合えない事など無いのです。

最後と思った時から、新しい明日が始まるのです。



南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


[PR]
by kongousan-akafudo | 2017-08-27 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教293 カルマの法則《因縁》

あなたは、こんな経験をした事がありませんか?

例えば、嫌な事が続く。
お金の苦労が絶え無い。
様々に来る、カルマ。

苦しみ、もがいても、逃げられ無い苦しみ。辛いですね。
しかし、越える方法が、密教には用意されて居ます。

因縁解脱の法である。
カルマは、解消しなければ何度でもやって来ます。
それを解消し、新た道には素晴らしい未来が見えるでしよう。

其処から真の學びを始めても、遅くはありません。
因縁に苦しみ、挫折する前に、因縁解脱の法を試して、新たな未来を築くのはあなた自身の選択にあります。

始めなければ、変わらない。が真実です。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主 永作優三輝



[PR]
by kongousan-akafudo | 2017-08-27 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教631 人間関係《関わり》

愛の裏返しは、無関心と云う言葉の通り、関心を持ち関わる事は大変な力が必要です。

が、無関心からは何も生まれ無いのも事実であります。
言い変えれば、自身も無関心に成って行くのであります。

良い事だけに関わりたい。
嫌な事には関わりたく無い。
それはあり得ません。

嫌な事を克服しようとする事が學びであり、魂を磨く事に繋がるのです。

もし全てが自分の思い描く様になれば、人生に學びは必要ありませんが、

同時に達成感をも失うことに成ります。

一般の方々は死を嫌うでしょう。

しかし、死から逃れることは誰にも出来ないのです。

何故、死を嫌い、死を怖れるのか?
死とは何かを理解しようとし無いから、闇雲に怖れ、嫌うのです。

私は、現代風に言えば臨死体験を二度経験して居ります。

また、幽体離脱も数多く体験して居ります。
内容は書きませんが、私の今迄の経験を知る方々は、皆さん納得して居られます。

誰にも関わる事無く生きる事は不可能です。
例えばスーパーで買い物をしても、生産者、販売者に関わって居るのです。

仕事も同じです。
社長、上司、同僚、関わりの無い事象など無いのです。

その逆に、自分が好きな人だけにしか関わら無い。と云う人が居たならば、可哀想な人です。

何故か?
自分から関わりたく無いと考えれば、相手も同じことを考えていると思って下さい。
若い内はまだ良いですが、高齢に成った時、上記の考え方の方は悲惨を味わうでしょう。

しかし、全て自分が蒔いた種、蒔いた種は自分が刈るしか無いのです。

必要以上に濃密に関わる事は無いでしょう。

人間関係を円滑にする事は、協調性、感性、理性、その他、人間にとって必要な學びを得る授業なのです。
心の傷を放念して忘却する時、あなたの中に學びの種が芽生えます。

南無大日大聖不動明王尊

蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


[PR]
by kongousan-akafudo | 2017-08-26 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教630 特殊法具

密教には様々な法具がある事は前章も述べましたが、今回は特殊法具についてお話ししたいと考えます。


特殊法具は、普通に見られる法具とは違い、法具そのものに様々に付加し法具の力を増大させて用いるものである。

チベット密教の法具などでは、高僧の骨が法具に用いられます。
死後、高僧の法力を法具に変えた一例である。

此処では、模倣や悪用を避ける意味で、チベット法具の詳細は伏せ起きます。

密教には、割五鈷杵、スベ五鈷杵《都五鈷杵》その他、舎利を挿入して法具の持つ力を最大限まで高める方法が用いられます。

その他にも、特殊法具が存在しますが、此処で紹介出来ないのが残念です。

密教は本来、庶民の方々の為に修される秘法なのであります。
そして特殊法具や秘仏は、密教の真髄と言えます。

不思議に陥らず、正しい眼で學びを重ねて行く時、全ての秘密は秘密では無く、あなたの内に華開くのである。

不思議など何も無く、學びを重ねる時、全てが明かされる日を迎えられるで在ろう。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


[PR]
by kongousan-akafudo | 2017-08-25 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教292 修法受け取りの旅

今回、私は本山に修法受取りの旅に行って来ました。
其処は、千二年の間を超えた世界であり、私にとって素晴らしい世界でありました。

しかし、余分なものも存在しました。
キメラである。《憎しみ、妬み嫉み、で作り上げた化け物》
常人には解ら無いが存在し、憑依はしないが、様々な霊現象を起こし人に害を為す。

キメラは、最近様々な所で見られる様に成った。
これは、危険信号である。
キメラが自主性を持った時、普通の人に打つ手は無い。
特に多いのが、職場や学校にいるものが始末に悪い。

これから、霊媒体質の方は注意が必要です。
たまたまその場所に行って、気分が悪く成ったりする場合は要注意である。
直ちに、その場から離れることをお勧めします。

簡単に対処出来る相手では無いので、離れるしか方法は無いのです。

如何してもその場所に行かなくてはなら無い場合は、強い御守りを携帯して下さい。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主 永作優三輝



[PR]
by kongousan-akafudo | 2017-08-25 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教629 母の愛

御本尊様を頼り、毎日、様々なご相談が御座います。
その中でも特に胸を打たれるのが母の愛である。


昨今は、そんな母の愛を裏切る様な振る舞いが多く見受けられます。

真面目に生きれば必ずや大成したで在ろう人生。
家族と寄り添い、家族を護れば護られた人生。
大学に行かせて頂いたのに遊び呆け転落する人生。
全て自己責任である。

しかし母の愛は、いつまでも我が子を愛し続けて居るのです。

涙しながら、我が子を迎えに行く母の後ろ姿を見て、笑える人はいないで在ろう。

今、振り返り母の愛を想う時、人は優しさを思い出すで在ろう。
母のい無い人は存在しない。
思い出の中に居ないだけである。

悪事をはたらく時、母の愛を思い出し自らを見れば、自身の醜さに驚愕するで在ろう。

しかし、我が子を思わない母はいない。

以下は戦時中、戦火の中にあっても息子を思い続けた母の話しである。

岸壁の母
第二次世界大戦後、ソ連による抑留から解放され、引揚船で帰ってくる息子の帰りを待つ母親をマスコミ等が取り上げた呼称。
その一人である端野いせをモデルとして流行歌の楽曲、映画作品のタイトルともなった。

流行歌、映画「岸壁の母」のモデルとなったのは、端野いせ(1899年9月15日 - 1981年7月1日)。

明治32年(1899年)9月15日、石川県羽咋郡富来町(現在の志賀町)に生まれ、函館に青函連絡船乗組みの夫端野清松、娘とともに居住していたが、昭和5年(1930年)頃夫と娘を相次いで亡くし、家主で函館の資産家であった橋本家から新二を養子にもらい昭和6年(1931年)に上京する。

新二は立教大学を中退し、高等商船学校を目指すが、軍人を志し昭和19年(1944年)満洲国に渡り関東軍石頭予備士官学校に入学、同年ソ連軍の攻撃を受けて中国牡丹江にて行方不明となる。

終戦後、いせは東京都大森に居住しながら新二の生存と復員を信じて昭和25年(1950年)1月の引揚船初入港から以後6年間、ソ連ナホトカ港からの引揚船が入港する度に舞鶴の岸壁に立つ。

昭和29年(1954年)9月には厚生省の死亡理由認定書が発行され、昭和31年には東京都知事が昭和20年(1945年)8月15日牡丹江にて戦死との戦死告知書(舞鶴引揚記念館に保存)を発行。

しかしながら、帰還を待たれていた子・新二(1926年 - )は戦後も生存していたとされる。
それが明らかになったのは、母の没後、平成12年(2000年)8月のことであった。

ソ連軍の捕虜となりシベリア抑留、後に満州に移され中国共産党八路軍に従軍。その後はレントゲン技師助手として上海に居住。
妻子をもうけていた。新二は母が舞鶴で待っていることを知っていたが、帰ることも連絡することもなかった。

理由は様々に推測され語られているがはっきりしない。
新二を発見した慰霊墓参団のメンバーは平成8年(1996年)以降、3度会ったが、新二は「自分は死んだことになっており、今さら帰れない」と帰国を拒んだという。

旧満州(現中国東北部)の関東軍陸軍石頭(せきとう)予備士官学校の第13期生で構成される「石頭五・四会」会長・斉藤寅雄は「あのひどい戦いで生きているはずがない」と証言し、同会の公式見解では「新二君は八月十三日、夜陰に乗じて敵戦車を肉薄攻撃、その際玉砕戦死しました」と述べられている(北國新聞社平成18年(2006年)10月4日)。

端野いせは新人物往来社から「未帰還兵の母」を発表。
昭和51年9月以降は高齢と病のため、通院しながらも和裁を続け生計をたてる。息子の生存を信じながらも昭和56年(1981年)7月1日午前3時55分に享年81で死去。「新二が帰ってきたら、私の手作りのものを一番に食べさせてやりたい」と入院中も話し、一瞬たりとも新二のことを忘れたことがなかったことを、病院を見舞った二葉百合子が証言している。

平成12年(2000年)8月に慰霊墓参団のメンバーが、新二が上海市で生存していたことを確認。
京都新聞が新二の生存を報道。
中国政府発行、端野新二名義の身分証明書を確認。
だが、その人物が本当に新二であるかについてはいまだに疑問がある。
平成15年文藝春秋に「『岸壁の母』49年目の新証言」が掲載。
Wikipediaより引用


遠く離れた島で戦う息子を思い、母は毎日、祈りました。
《あの子の命が救われるのであれば、私は、どうなっても構いません》

そう祈り続けて居たある晩のこと、深夜に母は、立ち上がり叫んだ。
《手を離したらいかん!》

その時、息子さんは敵兵に追われ、崖にぶら下がり身を隠して居たのである。

しかし、手は痺れ、精根尽き掛けた時、お母さんの声が聞こえたのです。
《手を離したらいかん!》

ハッと我に返り、崖を登り、見た時には敵兵は去った後でした。

やがて終戦。
日本に帰国し、親子は涙の再会を果たし、その後、息子さんはお母さんに聞いてみました。

お母さん僕は、戦地でお母さんの声に助けられて帰って来れたのだよ。

お母さんは恥ずかしそうに言いました。

我が子を思わない親など、どこの世界にも居るもんかね。
私はお前が危ないと思ったから叫んだんだよ。

その後、親子は仲良く暮らしました。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


[PR]
by kongousan-akafudo | 2017-08-24 06:00 | ◎赤不動明王院通信