金剛山赤不動明王院 密教

akafudoumyououin.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 07月 ( 27 )   > この月の画像一覧

密教605 手放す勇気


人生には、様々な困難があります。

しかしそのほとんどは、自身から発している事に氣づく人は少ない。

傷つけ、傷つく前に手放す勇気を持って下さい。

手放すことは、執着から離れることにも繋がり、人生をより深く掘り下げる早道と言えます。


手放すことを知らず、怨み辛みの中に身を任せる時、人は人の感情を失い夜叉、魔物の心に支配され

全てを見誤り地獄の中に生きる事に成ります。


報いは、人間が与えるものでは無く、自身が自身に与えるのである。


他人を騙し《詐欺師》他人を誹謗中傷する者達の末路は、哀れである。

それはいずれその者達が味わう事になる。



何故か?全てを知って居るのは自身だからである。


今、悲しみの中に居る方々は、お泣きなさい。

全ての涙が枯れるまで、そして涙が枯れたら立ち上がり空を見て下さい。



自然は、平等にあなたを包み癒しの力を与えてくれます。

その逆に傷つけ喜ぶ者達には、真の自然を終生味わう事はありません。

手放す勇気を持つ人は、幸いである、執着の海は深く暗い。

例えば男女間の争い事も、片方だけに非がある訳では無いはずである。

様々な原因が無ければ結果も無いのです。


そこで憎しみ合うのは愚かな結果しか生みません。



かつては愛し愛された過去があるはず。

それが最後、憎しみ合うだけであれば、過去も現在も未来も憎しみの想いに捉われ、

安心の日々は遠ざかり、不安の渦中に身を任せる事に繋がり、しあわせは訪れません。

憎む気持ちを手放し理性的に対処する人には、理解の海が視える様に成るのです。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


[PR]
by kongousan-akafudo | 2017-07-31 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教604 御縁日

今日《二十八日》は、御本尊の御縁日です。


振り返れば数十年前の今日、愛知県の山間部でテントを張って修行に励んでおりました。

夏の真っ盛りでしたが夜は寒く、寒さで眼を覚ました私は、空を見上げ満天の星空を眺めて想いました。
自分は何を探して居るのか、答えは有るのか自問自答を繰り返して居りました。

夜が明け滝場は清々しく、その日の滝行を行いテントに戻り朝食、
其処に一人の御婦人がおいでになり
《行者様に観て頂きたい事があります、ご足労ですが後ほどおいで下さいますかと頼まれました》
言葉通りお宅に伺い、相談を受けました。

その家では、代々、長男が育た無い《死》との事、私は一心込めて観ました。

その頃の私は、若かったので観えた事を全て話してしまうところがあり、困惑させてしまう事もあり。
今は老齢、やんわりとお話しします。

話しが終り相談者家族が言われた言葉が、
「何故そこまで我が家の事情に詳しいのですか《全て正解》驚きました。」

ご家族も納得され、私も肩の荷が降りた想いでした。
テントに帰ろうとすると、他にも観て貰いたい人が居るので明日も来て頂きたいと言われ、
翌日、行を終えてから約束通り、伺いました。

すると、数名の方々が待っておいでになりました。
お茶を頂き、相談を始めると相談では無く、詰問である。
何故、家族の事を何から何まで知って居たのか?答えて欲しいと云うので、
私は一言、
「お疑いならそれでも構いません。
しかし、家族しか知らない事を何故、私が当てられたか、あなた方に説明する必要はありません。
私は唯の修行僧。
ただしこの土地には、二度と再び来ることはありません。」と言い、
テントをたたみ帰り支度をして居る時、聞こえた声が《汝と共に行こう》の言葉でした。
始めは分からなかったが今は、毎日、聞こえる声に成りました。
せめぎ合い人の頭は、理解出来ない事を拒否しようとします。
それが良いか否かは、後で解ること。
私は、私を理解し無い人を憎む気持ちも何も無い。
そっと手を離す《手放す》だけである。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優

[PR]
by kongousan-akafudo | 2017-07-30 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教603 人間力

私達は現界に生を受け、最初は母の愛に護られて育ち、生きて来ましたが

やがて、少年期~青年期~成人と成り、様々な困難を乗り越え生きて来ました。

困難の強弱は人により様々ですが、自己の責任を果たすことにより

成長して参りました。

決して他の責任に転嫁せず、自己の責任を果たすことに汗を流し、生きる時

人間力は増大します。

しかし、不平不満を他に転嫁する時、

すべては逆転し人間力は失われ、代わりに台頭してくるのは、

傲慢と云う人間にとって最も不必要な感情が自己を覆い正当化します。

そう成った時、人は破滅の道をひた走り、他を顧みようとはしない。

其処には最早、自己中心的な感情しか無い。

そして、破滅していく様を皆さんもたくさんの事例を見て、御存知ではないでしょうか。

人間力を理解し、學びに答えを求める時、人は大きな宝を得る事が出来るのです。

理解、調和、愛、全てあなたの側にあるものばかりです。

自身の人間力を向上させるのは、自己でしか無い事を知り

進むのは今がチャンスではないでしょうか。



南無大日大聖不動明王尊

蓮華合掌

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


[PR]
by kongousan-akafudo | 2017-07-29 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教602 慰霊

戦後七十年経った今でも、死を受け入れる事が出来ない方々が数多くおられます。

終戦記念日だけでなく、普段からの慰霊が大切なのです。

戦争で死んだのは、兵隊さんだけではありません。
一般人の犠牲者も、数え切れないほどの方々が、お亡くなりになりました。

中には、赤ちゃんがお腹の中にいる御婦人も、赤ちゃんも、おじいちゃん、おばあちゃん、兄弟も…様々な階層の人々が死んでいるのです。

忘れないで下さい。
戦争は公けの殺し合いであり
許される事ではありません。

もう、あの愚かな行為、そして戦争に名を借りた魔界の行事を、再開してはなりません。

憲法改悪と蛮行は、いつの世も、魔界の手中にある。


南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

[PR]
by kongousan-akafudo | 2017-07-25 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教601 あの時、あの場所で

八年前私は、依頼を受け、広島の原爆ドームが見える場所にいた。
ある御宅での、供養会である。

関係者が集まる中で、しめやかに開始、読経に続き、
施餓鬼供養、護摩炉に供養を込めて、一氣加勢に焚き上げ修了。

その後、広島市内を案内して頂き、観光気分になろうとした時…視た光景は、一面瓦礫に覆われた、焼け野原だった。
その場は、何食わぬ顔で過ごし、早めにホテルに案内して戴いた。

実は、同伴者がいたので、早く一人になりたかったのです。
ようやく一人になった私は、話し掛けました。

「お嬢ちゃんは、誰を探しているの?オジさんが呼んであげるから、言ってごらん…」

ポツリと「おかあさん…」

私は、頷き印を組み、母親を召喚した。

この母子は、生き別れになっていた…
空襲の夜、逃げ惑う人混みに揉まれ、別れ別れになった…
数日後、あの悪魔の爆弾により、母子は瞬時に消滅してしまった…
瞬時に消滅するような、強い衝撃波的なエネルギーを浴びて亡くなった場合…
生きているのか、死んだのかが、霊的に認知し難く、彷徨うケースが多いのです。

幼子は、三歳…
本来なら母にすがり甘えている歳である。

誠に不憫…召喚した母と幼子を結び、慈悲の光で包み、霊界の御使者に委ねた。

母子は、手を繋ぎ、御使者と共に霊界へと昇天して行きました。

私の眼には、涙が…

数十年前、長崎の旅で、バスガイドさんが歌い、教えてくれた歌を思い出し、また涙…

誠に泣き虫な爺いである。
以下は、その時の歌詞である。
「二十年前の夏の日に、私は、長崎で死んだ…その時三つの女の子、何時までたっても、三つなの」

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

[PR]
by kongousan-akafudo | 2017-07-24 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教600 祟り

祟りは、様々な場所、場合があります。

しかし原因は、全て、こちら側なのが現状であり、今も各地で繰り返されている。
私の元に来た相談もその一つである。

夏の暑い日にそれは起きた。

Aは、大工見習いをしている。

青年だが信仰心の欠片も無い男である。
そんなAが母親に連れられ、私の元に来た。
母親は、御本尊様に信仰心を向ける善良な方である。
母親の頼みで、私がAを霊視すると、古い社が視えた。

社の中には、古い仏像が安置されている。
祟り神である。
この祟り神は、昔、我が子を失った親達が、子供を殺した魔物封じの為に、安置した物であり、かなり想いが籠っている。

何故、Aが社と関わったか?
それは親方と一緒に、ある古民家のリホームに来て、たまたま隣が社であったのである。
親方と一緒に仕事をしている時、尿意をもよおし、社に放尿したのである。

馬鹿者である。

しかし馬鹿者がもう一人…親方である。
あろうことか?親方も、社に放尿していたのです。

Aは、素行は悪いが、母親思いの青年である。
それを視て、今回の祈祷を引き受けたのですが、本来ならキッパリ断わる事案である。
それほど大変な事案なのである。

しかしこのままにしておけば、Aの命は無い。
本人は、どうなろうとも自業自得である。
しかし母親の頼みを、断われない。
私にも、子供はいる。

母親の気持ちが解る私は、霊符を用意して、親子にこう告げた。
「今日から3日の間、家から一歩も出てはいけない」と。
そして私は、加持祈祷に入った。

しかしAは、母親の眼をかすめて、その夜遊びに出たまま行方不明である。
まさに、必然である。
成るように成ったのです。



南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

[PR]
by kongousan-akafudo | 2017-07-23 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教599 緩やかな自殺

私が寺に奉職していた頃、一件の供養依頼から、これは始まった。

夏の暑い日に、そのご家族が供養の依頼においでになりました。
御婦人と小さなお子さんの二人で、電車を乗り継いで来られたそうです。

相談室で話しを伺うと、私の噂を聞いて、ご主人の今が聴きたい…
それだけが今の自分に、ケジメを付けられる唯一の事と言い、泣き崩れられました。

涙する母のかたわらで、小さなお子さんが、母を気遣い、母の頭を撫でる姿は、涙を誘います。

私は、すぐに仕度を整え開始した。

ご主人は、すぐに現れ、涙ながらに、謝るばかりで要領を得ない…

ご主人はサラリーマンで、過労が原因で亡くなりました。
自分は、熱血社員と言われる事が嬉しくて、家庭を疎かにして、仕事に、接待に…忙しい時。
医者にも掛からず、ある日…会社で倒れて、死んだ

それから、3カ月…誰一人、社内で自分を思い出してくれる者もいない。
悔しいと言っている…

当たり前です。
物質的価値観に染まり、己が欲に染まりし者に、情けなど無い。

あるのはライバルが減った事の喜びが、渦巻く様に、とぐろを巻いているだけである。

可哀想なのは、家族である。
夫の自己満足の結果の遺族二人。

私は、二人のしあわせを御本尊に祈願して、次は、ご主人の浄化供養をして終了。

現在の不景気の中で、安い賃金で働いている方々自分の身は、自分で護って下さい。

南無大師遍照金剛
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

[PR]
by kongousan-akafudo | 2017-07-22 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教258 秘法《密教編》

院には今、日本全国から密教秘法の秘伝書が、続々と集結しております。
私の支援をして下さって居る、諸先生並びに各方面の専門家の方々が、私の趣旨にご賛同して頂き、実現して居ります。

密教秘法は、部外者が目にすればたちどころに《越法罪、越三昧耶》などの罪に問われると言われますが、それはそれで結構であります。

しかし、私は多年にわたり、研究解読しておりますが未だ何もありません。
その逆に、様々な資料は集結し、お教え下さる方もいらっしゃいます。
そして、御本尊赤不動明王尊様の祭壇は荘厳を極め様としております。

ご覧頂ければ、一目瞭然です。

現代人で、読み書きの出来無い方は別にして、正しく熱意のある方なら、本来誰でも學ぶ事が出来るのが本来の密教であり、特定の人だけのお教えでは無いのです。

その証拠に、密教の最高峰を極めた大阿闍梨からも御言葉を頂戴致しました。
愚僧の如き軽輩が御言葉を頂戴出来たのは、ひとえに御本尊赤不動明王尊様のお力であり、大阿闍梨様の菩薩の御心に寄るものと感激の極みで御座います。

想えば、若かりし頃、京都は建仁寺の御住職に教えを賜わり、また浄土真宗の祖父江先生に教えを賜わり、各宗派の大徳に教えを賜わり、現在の私があります。

その御恩をお返しする為にも、私は一學僧に戻り、精進せねば成りません。
私は、これからも虚心坦懐し、學ぶ事が諸先生の恩に報いるものと考え、これからも様々な資料の研究と解読に日々を費やして参ります。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主 永作優三輝


■金剛山赤不動明王院■
密教ブログ
赤不動明王院ホームページ
無料メールマガジン 今日から実践!暮らしに活かす密教の智慧
有料メールマガジン 新生密教塾
赤不動明王院オーダーフォーム

■赤不動明王院分院 眞澄稲荷■
眞澄稲荷ブログ
無料メールマガジン 眞澄稲荷日和
眞澄稲荷ホームページ
眞澄稲荷オーダーフォーム

■赤不動明王院一門の弟子ブログ■
*慈しみの葉の雫*
慈福のブログ
金剛山赤不動明王院塾生 慈羽
慈白のつらつら日記
慈練の學び
金剛山赤不動明王院塾生 慈辨

[PR]
by kongousan-akafudo | 2017-07-21 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教598 悪魔の囁き

また、悲惨な事件が起こりました。

祖父母を殺し母親、近所の御夫人までも手に掛けた犯人は、『誰でもいいから指したかった』

正に悪魔である!

<神戸5人殺傷>「包丁、殺すため所持」容疑者供述
7/19(水) 7:00配信

神戸市北区で高齢夫婦ら3人が殺害され、2人が重傷を負った事件で、竹島叶実(かなみ)容疑者(26)が「誰でもいいから、人を殺すために包丁や金属バットを持ち出した」と供述していることが18日、捜査関係者への取材で分かった。凶器は以前から自宅にあったとみられることも新たに判明した。

捜査関係者によると、バットは小ぶりで少年用とみられ、古びていた。包丁(刃渡り約16センチ)も一定期間、使われた形跡があるという。捜査本部はいずれも、最近購入したものではないとみている。

 竹島容疑者は16日朝、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕され、自宅内で祖父の南部達夫さんを包丁やバットで殺害したとする殺人容疑で17日に再逮捕された。雑談や凶器についての聴取には応じる一方で、祖父殺害容疑の調べには黙秘を続けているという。
【原田悠自、黒川優】

毎日新聞より引用


昨今、同様の事件が後を絶たないのは何故か?


それは、一言で表現すれば悪魔の所業である。


如何なる理由が有ろうと、許される事では無い。


よく「常軌を逸した」とか「精神耗弱」とか精神に絡めてくるが、

それだけでは無い事は、皆さんご存知のはずである。


何故、悲惨な事件が続くのか。

正に異常である。


それに、異常な暑さ、各地で起こる豪雨災害、これ以上何が起こるのか不安に思われて居る方も少なく無いと思います。


安全は、最早与えられるものではありません。

様々な危機を想定して、自身で防護する時代である。



そして、希薄な人間関係に悩み、精神を病むのであれば、一人で生きる決意をし

孤高に生きる努力をして、殺伐と成る前に自身を保つことが望ましい。


理性と智性を向上させる事により、悪魔の囁きから身を守る事にも繋がるのである。


南無大日大聖不動明王尊

蓮華合掌

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


[PR]
by kongousan-akafudo | 2017-07-20 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教597 異常行動

昨今、異常行動が際立って増えて居る事は、皆さんも感じて居られると思いますが

異常行動をただの精神錯乱状態とひとくくりにするのは簡単です。


其処に隠れて居るのは、何かを知る時、震え上がるでしょう。

ある有名人のブログの内容、変化を見て、皆さんはどう思われますか?


心の変化、口惜しさ、憎悪だけと捉えますか?

それだけで関係ない人まで傷付けますか。



人間には、動物には無い素晴らしい能力があります。

それは、理性、智性である。


人間が理性を失い、本能のままに振舞い、憎悪に執着する時、どう成りますか。


考えてください。

昨今の事件も然り。

例えば、自分で決めて、自分で翻し、尚且つ自分の我を通し周りに迷惑の限りを尽くした場合どう成るか。

結果は火を見るよりも明らかである。


好きな様にやれば良い。

全て自分に返って来るのだから。

気付いた時には手遅れである。


しかし、そんな人間は、自分がしでかした事も他人のせいとうそぶくのが

今迄の通例なのも事実である。


私は断言します。


他を誹謗中傷する事は、自身を穢れの海に落とす行為であると。



南無大日大聖不動明王尊

金剛合掌

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


[PR]
by kongousan-akafudo | 2017-07-18 06:01 | ◎赤不動明王院通信