<   2015年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

密教10 霊的真理

今日は、よく聞かれる質問にお答えしたいと思います。

① Q 自分で先祖供養するには如何したら良いか?
A 寺社にお願いするのが最良ですが、事情があり出来ない方は、御自分でされても大丈夫です。

供養はしたい---させて頂く心が大切なのであり、思い立った時に供養は始まっております。
* 先祖供養したいという、貴方の心は、霊界に届いております。御安心下さい。

② Q 何故、僧侶や神官が必要なのか?
A 専門家であり、技術者でもあるのです。
(たまにそうでない方もお見えになりますが)
沙門----即ち、シャーマンなのであります。
*シャーマンとは、超能力のある呪術者の事。
祈祷師、霊媒師などで、古くは、占い、医療、人々の身近な相談役や神との連絡役を務めていました。

私は生涯、一沙門を目指しておりますが、未だ未熟と自覚しております。

持論で御座いますが、完成した者などあり得ません。
何故なら、完成しているのであれば、現界に存在する必要は無いのです。
もし、完成しているのなら、貴方が全てを悟った時点で、即死していなければならない事になるのです。

現界は学びの場、決して楽をする処ではありません。
様々な苦難を乗り越え、傷つき、汚れ、涙した、経験を、最後に、感動に変え、故郷の霊界に還るのです。

還る時は、来る時と同じ様に裸であります。
しかし、来る時と違う事が一点御座います。
それは、肉体を持たなければ成し得ない、経験というものです。

故郷である霊界に還る時---
経験を感動に変え、霊界にいる仲間への最良の土産とする為に、私達は様々な経験をしているのです。

人生に無駄はありません。
無駄な経験も存在しません。
恥ずかしいと思う経験も無駄ではありません。

貴方も、貴女も、傷付く心を癒す為にも学びましょう。

善も、悪も、学ばなくては、本当の意味での、終点はないのです。

南無大日大聖不動明王尊

蓮華合掌

赤不動院 院主 永作優三輝

[PR]
by kongousan-akafudo | 2015-10-31 06:00 | ◎赤不動明王院通信

仏壇の話し

仏壇は、古来、聖徳太子が信仰を広める為に考案した、一家一仏思想が始まりである。

現在では、仏教、神道と分かれて居るが、元は同じなのです。

その証拠に法隆寺は、聖徳宗であり、様相は、仏教に酷似して居るが、僧侶の服装は、白衣に袴の神道色が濃い物に成っている。

仏壇は、聖徳太子伝来の玉蟲の厨子が始まりと言われて居ります。
仏壇は、礼拝所、お墓は、面会所です。
お墓に忙しくて行けない方々は、仏壇に礼拝する事で、ご先祖様と意思の疎通を計る事が出来ます。

私のところは、お墓も遠方にあり仏壇も無いが、ご先祖様に気持ちを伝えたい、礼拝がしたい方々は念持仏を持たれる事をお勧めします。
念持仏の場合は、仏壇と違う所は礼拝は、もちろん密かな願いを託す事が出来ます。

但し、念持仏だからと言って、何でも良い訳では、ありません。
素人の方では、到底無理な仏が居る事も事実です。

中には、一度拝んだら一生涯、拝む事を強要するものも存在します。
それから絶対に手を出しては、行け無いのが、中古の仏像です。

本当の撥遣作法が成されて居ない場合があります。

それと、呪いが目的でひつらえた仏像に手を出して、人生をメチャクチャにされた、事例もあります。

仏像は、仏師が精魂を傾けて製作し僧侶が開眼供養してこその、念持仏で御座います。

素人判断は、危険を呼び込む事があります、呉々も御用心ください。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
赤不動院 院主 永作優三輝



[PR]
by kongousan-akafudo | 2015-10-30 20:00 | ◎赤不動明王院通信

密教9 念持仏について

沢山の方々よりお問合せを頂き、感謝申し上げます。
念持仏は、一家に一仏...の思想と信仰心を具現化する最良の功徳で御座います。

念持仏は今、専門仏師の手により、一刀入魂して作成されております。
全て白木造りの厨子に、白木の不動明王尊は、貴方様が礼拝を重ねる年輪を感じ取り、貴方様のしあわせを具現化させます。

白木の特性は、礼拝供養を重ねることにより色艶が増して参ります。
正に、貴方様だけの持仏像であり、礼拝供養の象徴でもあるのです。

開眼供養は、赤不動院院主である拙僧が、責任を持って勤めさせて頂きます。

初の試みでもあり、苦労も絶えません。

御値段を発表したいのですが、仏師の要望もあり、皆様に納得して頂ける内容になり次第発表させて頂きます。
完成を心待ちにして頂いている方々には、お詫び申し上げます。

高齢の仏師が一人で、精魂傾けての仕事の上、受注生産でありますので、何卒お時間の余裕を頂きたくお願い申し上げます。

この機会に是非とも、持仏像をお求めになり、仏縁をお結び下さいませ。

皆様の御注文をお待ち申しております。


南無大日大聖不動明王尊

蓮華合掌

赤不動院 院主 永作優三輝



[PR]
by kongousan-akafudo | 2015-10-30 06:00 | ◎赤不動明王院通信

念持仏

私達は、毎日、仕事、家庭生活と目ま苦しい毎日の中で、いつの間にか歳を重ね、ふと氣づいた時、自分はいったい何をして居るのか?と想う時がありませんか?

人生に疑問を感じ、生きる事に疑問を感じる時、人間が一番、無防備な瞬間です。
その瞬間を見逃さ無いのが魔である。

よく聴く言葉に魔が差した、 と云う言葉を聴いた事は、ありませんか。
現代では、心の隙間とか形容しますが、昔の人は、言い当てて居たのです。

魔が差す、魔が刺すなのです。

魔は、人間の障氣を喜びます。
障氣とは、人間が氣力を発揮出来無い時に表れます。

自殺された方々を霊視すると皆さん後悔をして居るのです。
中には、何故、自分が死んだのかも解らない人もお出でに成られます。

魔が刺すに乗っては、イケマセン。
私達には、必ずそれぞれに役目を背負って居ます。

その役目も中途半端に終える事は学生で云えば、卒業では無く中退である。
学生ならやり直しが出来きますが、人生の中退は、やり直しが効きません。

では、何故、魔が刺すか?

護りが無い状態なのです。

私は、長年、僧侶としてまた、霊能者として活動を続けて居ます。
魔から、皆を護るには、確かな正しい信仰心が必要です。

神社仏閣に御参りせずとも、一家に一仏の生活を送っていれば、護られます。

御仏の慈悲は、寛大です。

貴方も家族で合掌礼拝の毎日を過ごしては、如何でしようか。
念持仏は、一家に一仏…の思想と信仰心を、具現化する最良の功徳で御座います。

たくさんの方々から、お問い合わせを頂き、感謝申し上げます。
念持仏は、今、専門仏師の手に依り一刀入魂して居ります。

全て、白木造りの厨子に白木の不動明王尊は、
貴方様が礼拝を重ねる年輪を感じ取り、貴方様のしあわせを、具現化させます。
白木の特性は、貴方様が礼拝供養を重ねる事に依り、色艶が増して参ります。

まさに貴方様だけの持仏像であり、礼拝供養の象徴でもあるのです。

開眼供養は、赤不動院、院主である拙僧が、責任を持って勤めさせて頂きます。

この機会にぜひ、お求めに成られる事をお勧め申し上げます。
皆様の注文をお待ちして居ります。

念持仏は、今、専門仏師の手に依り一刀入魂して居ります。
尚、高齢の仏師が一人で、精魂傾けての仕事、お早めのご予約をお願い申し上げます。

受注生産ですので、お時間の余裕を頂きまして、お願い申し上げます。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
赤不動院 院主 永作優三輝


[PR]
by kongousan-akafudo | 2015-10-29 20:00 | ◎赤不動明王院通信

密教7 骨董品収集に潜む危険 (仏像)

骨董品やあらゆる物を鑑定するテレビ番組を観て思いました。
私は骨董市が好きで良く行きますが、たまに危ない物が有るのも事実です。
私自身鑑定も行うので、骨董商からの鑑定依頼もございます。

これは、その中の一例です。

ある骨董商の依頼で骨董商宅に赴き、鑑定依頼の内容を尋ねると、一振りの太刀を拝んで欲しい。と言う事でした。
見事な元服刀である。

しかし、その刀が骨董商の家に来てからというもの、異変続き。
挙句に、お孫さんが亡くなるという始末。

私は、その刀の鯉口を切り、本身を観ましたが、確かに血は吸っているものの、それ程の妖力は感じられませんでした。

実際は、問題なのは刀ではなく、無造作に並べられた仏像に有ったのです。
骨董商に仏像の出処を尋ねたが、市で競り落とした物で出処は不明との事。

私が観た処では、廃寺から出た仏像で、長い間供養されず怒っているのです。

本来は、仏像から撥遣作法をし、魂にお帰り頂くのですが、廃寺の場合は撥遣作法もなく放置されているケースが多く、仏像に魔が入り易いのも事実であります。

仏像は御姿の関係で、普通の方々は仏像に魔が入らないと思われていられるでしょうが、間違いです。
仏像は、導師が開眼供養し、然るべき神仏の魂を仏像に入魂する事で、始めて仏像の真価が現れるのです。

私は問題の仏像を寺に運ばせて供養し、その後、撥遣作法を行い、封印を掛け骨董商に返しました。

今、世間では骨董ブーム。
楽しまれるのは結構です。

しかし、リスクも潜む事も知っておいて頂きたい。
霊的真理を学ぶ方々には、理解して頂けるものと信じております。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
赤不動院 院主 永作優三輝



[PR]
by kongousan-akafudo | 2015-10-28 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教8 二十八日御本尊御縁日

毎月二十八日は、御本尊赤不動明王尊の御縁日で御座います。

昨日は、御縁日と大法祈祷が重なり忙しい1日となりましたが、無事、平安に恵まれ完了させて頂きました。
御依頼者様方も平安なお気持ちになられた事は、御本尊様の慈悲の御力で御座います。


愚僧は、御本尊様の唯の道具であります。

御本尊様の慈悲を皆様にお伝え出来たことは、愚僧にとって無上の喜びで御座います。
願わくは、一人でも多くの方々に、安心と喜びをお伝え出来れば、愚僧の本懐であります。

皆様の一日が幸せであります様に、御祈念申し上げます。

[PR]
by kongousan-akafudo | 2015-10-28 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教6 生霊の呪縛

私の経験では、生霊ほど厄介なものはない。

何故かと言えば、発している者に全く自覚がない場合が殆どなのである。
念が強いだけと言えば簡単だが、そこに、落とし穴が存在する事を自覚する者は皆無である。

存在する落とし穴に、自ら落ちる者は誰れもいないだろう。
どの様な落とし穴か、少し述べるとします。

人を呪わば穴2つ。と言うことわざ通り、自分もただでは済まないのです。

そのメカニズムは密教塾で詳しく述べるとしますが、此処では簡単に伝える事にします。
自分で、あの人が嫌い、と思えば、その相手も貴方の事を嫌いなのです。

このブログに於いては、ショッキングな事例は控えます。
密教塾では書きますので、興味のある方はご覧下さい。

全ては、カルマに変わる事を知っていれば、生霊を発する事が大変に愚かな事であるとお判りになるはずです。

念は、悪い事、ネガティヴな事には作用し易い為、決して悪想念は持ってはいけません。
悪想念は、貴方の幸せを破壊・阻害するだけで、何の益にもならないのです。

本当の幸せは、優しい心に宿る。
これが霊的真理の一端です。

貴方が幸せを求めるなら、密教塾で詳しく学ばれる事をお勧め申し上げます。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌

赤不動院 院主 永作優三輝




[PR]
by kongousan-akafudo | 2015-10-27 06:00 | ◎赤不動明王院通信

生霊

生霊は、人間が放つ念波の一種で必ずしも、良いものでは無い場合があります。
怨みの念が強ければ、強いほど飛ぶと言っても過言ではない。

しかしその全ては、最終的には、自分に跳ね返る事になる。
此処に事例を挙げておきます。

私がA氏に依頼を受け、霊視すると様々な怨みの念が渦巻いている事を知った。

A氏は、会社の重要人物で決定権を持つ地位にある人で、今まで様々な仕事上のトラブルを解決して来られた方だが、その手法は、いささか強引な面も有った。

相手を思う気持ちは、優しいのですが、相手は、そうは、思って居ない。
ただ自分の地位を奪った憎い奴なのである。

A氏は、強引な手法だが、その後は、相手の身が立つように奔走し助けた事は数知れない位あるのですが、怨みの念に凝り固まる者には、馬の耳に念仏である。
A氏を呪い、我が身を鬼に変え、呪う心は生霊と成りA氏に取り憑いて居るのである。

私は、余りにも数が多いので、一人一人を排除呪縛しても、拉致があかないと判断し奥の手を使う事にした。
仏母孔雀明王法を使う事を決意し準備を始めた。

孔雀明王法は、悪鬼羅刹を消滅差せるには、最適である。
孔雀は、好んで毒蛇を食う事から密教では、調伏法に使われる事が多い修法である。

私が修法を始めると、段々視えて来た。
相手は、普通の人間だけでは、無かった。

金で呪いを請け負う呪法者が混じって居た。
術勝負である。

私も呪法は心得ている。
呪い返しを相手に掛けて、念を込めた瞬間、手ごたえがあった。

相手はただでは、済まないであろう。
呪い返しは、呪う方依り返す方が強いのである。

但し、素人が生齧りでやった場合、逆に危険を伴うので、勧められない。

よく質問される事だが、呪法師に依頼すれば自分は大丈夫だと思って居る人がいるがそれは、完全な誤りである。
同罪なのである。
呪法が例えば成功しても、後で何倍にも成って、自分に返って来る事を知らない人が多いのも事実である。

私が返した、呪いは、呪法師と依頼人に全て返り、ただでは、済まない。

その実態は、生々しいので書く事を控えますが、どんな事が有っても、呪いだけは手を出してはいけ無い。

罰は、人間が与えるのでは無く、神仏が与える究極の反省です。
ですから、悪事が今世でバレなくても必ず報いは、あります。

死に逃げは、出来ません。



南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
赤不動院 院主 永作優三輝


[PR]
by kongousan-akafudo | 2015-10-26 20:00 | ◎赤不動明王院通信

密教5 現状を変える

今現状を変えたいと悩む貴方…考える事は、良い事です。
しかし、如何して変えたいか?
如何したら変えられるか?
如何してそうなったか…
根本原因は、何か非は何処に合ったのか?

様々な事をもう一度、自分自身に問う姿勢が大切です。

人間はともすれば、責任を転嫁してしまう場合があります。

全ては、自分から発した事なのです。

大切なのは、今迄を反省して如何に生きるか!
何処に軸を置き、如何に回転させて行くか?…なのです。

何事も原因がなければ、結果は生じません。

原因結果なのです。

では、間違えたと、氣づいた時…改めれば良いのです。
改めずにその場を離れても、何も変わりません。

要は、根本原因となる事を変えない限り、何も変わらない…何も変えられないのです。
その時に必要な事は…

①原因を導き出す事
②如何してそうなのか自己分析する事。
③投げやりになってはいけない。
④何でもお金がないせいにしてはいけない。
⑤お金は、働いて得る物、言わば労働の対価であり結果です。
⑥諦めるならスッパリとして、後悔しない事。
⑦自己を悲劇のヒロインにしてはいけない。
⑧悲劇のヒロインになっても来るのは、不幸を喜ぶ観客だけであり、三文芝居にもならない。
⑨上記の事を真剣に自分に置き変える事。

自己を分析し俯瞰する時、変わります。

自己に甘えがある時は、上記の事を理解しょうと思いません。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌



[PR]
by kongousan-akafudo | 2015-10-24 06:00 | ◎赤不動明王院通信

八大龍王尊

八大龍王尊とは、非常に荒ぶる神であり、礼拝法に至るまで細かに定められ、一般の方がお祀り出来るほど優しいものではありません。
大変な効験がありますが、お祀りするのは、素人の方では無理である。

しかし、我が御本尊、赤不動明王尊は唯一、八大龍王尊を眷属として従える明王尊であり、そのお力は絶大であります。


効験は、次の通りです。

開運招福、無病息災、災厄放除、福徳円満、水難消滅、良縁成就
その他、一願成就の特別法を、祈願する事も出来ます。


八大龍王尊念珠ブレスは、開眼供養をし、御本尊赤不動明王尊の御前にて、より強い力を付ける為に、七日七晩安置して、祈願を込めます。

費用は、三万円を御寄進下さい。

申し込みは、お早めにお願い申し上げます。
数に限りがありますので、定数に達した時点で終了させて頂きます。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
赤不動院 院主 永作優三輝



[PR]
by kongousan-akafudo | 2015-10-22 20:00 | ◎赤不動明王院通信