人気ブログランキング |

<   2015年 09月 ( 19 )   > この月の画像一覧

学ぶ事とは

あなたは、現在の自分を理解して居るだろうか?

人間は、産まれてから、死を迎えるその日まで学び続けるのです。
それは、天が決めた訳ではありません。

あなた自身が、全てを決めて、現界に回帰したのです。
ただそれを忘却しただけなのです。

全ての人生ストーリーをあなたが決めあなたが演じているのです。
早く、氣づいて下さい。
人生は無限ではありません。

しかし、学ぶ事に依り、有限が無限に変化します。

密教塾は、あなたの学びを深めて行く為の学舎です。

特典も沢山あります。

塾長の霊視を受けられます。
毎日、仲間が増えて居ます。

密教塾は、大道無門あなたの入塾をお待ちして居ります。



南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
赤不動院 院主 永作優三輝


by kongousan-akafudo | 2015-09-30 20:00 | ◎赤不動明王院通信

魔界人

今、世を席巻しつつある、魔界人孫が祖父母を惨殺。
また、別の場所では、若い女性を五十八歳の男が惨殺。
また、若者が年寄りの年金を目当てに犯罪を犯す。


国は、国で経済発展の旗印を掲げ戦争法案を推進する。

此れは、何なのか?
皆さんは、疑問に感じませんか?
何かが変だと。
まだまだ、続きます。

そして、皆が氣づいた時は遅いのです。

あの日、あの時の日本に後戻りしては行けないのです。
あの日も魔界は、大喜びでした。

次は、あの規模では済まないのです。
私は、大丈夫は、通用しません!

今から来年に掛けての事を、書きます。
心ある方、覚えて居て下さい。

あらゆる面で二極化が進みます。
此れは洗い出しです。次には、涙で贖う事態に進みます。

魔界の力を甘く見ては、イケマセン。
しかしまだ、間に合います。

考えて下さい。

今、自分に何が出来るのか、何をしなくてはいけないのか、対岸の火事ではありません!

解らないは、甘えであり、分かろうとする努力が必要なのです。



南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
赤不動院 院主 永作優三輝


by kongousan-akafudo | 2015-09-29 20:00 | ◎赤不動明王院通信

赤不動明王尊の護摩供養

明王部の頭領として、皆さんのしあわせを守護する明王尊として、皆様から絶大な信仰を集める明王尊の護摩供養。
霊験を現示救済する事でも高い評判の供養法です。
その炎は全ての煩悩を焼却し、新たな指針をお与えくださいます。

参加する者には、慈愛を持って、智慧を授け、勇気を与えて下さいます。

誠に持って、有り難い明王尊で御座います。
皆様も是非、御縁を結ばれる事をお勧め申し上げます。

尚、密教塾に入塾されて居る方々の所願成就は、拙僧が御本尊、赤不動明王尊に御祈願申し上げております。

学びの成就、所願成就、家内安全

夫婦円満、交通安全、災難消除

鎮宅除災、学業成就、福徳円満

水子供養、先祖供養、縁切祈祷

密教には、ありとあらゆる苦を解決に導く、祈祷法が用意されております。

悩み、絶望する前に一度、ご相談下さい。
専門カウンセリングも随時、行っております。

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
赤不動院 院主 永作優三輝






by kongousan-akafudo | 2015-09-28 20:00 | ◎赤不動明王院通信

赤不動院、密教人生

私の人生は、不動明王尊の御加護に依り、形成して居ると言っても過言では無い。

あの滝行場を離れて40年の歳月が流れ、今は赤不動院の院主である。
今に至るまでは、平坦な道では無かった。

慟哭し、血涙を流した日々は、拙僧を学びの世界に誘いました。
そして、様々な教えを賜わりました。

人生の捉え方
人としての生き方
愛とは、何か
霊界とは、何か
現界は、何を学び何処に到達するかのか。
信仰心の本当の意味は、

と教えを賜わり現在に至る。

本当の答えは、何処に在るか知る事が出来たのは、赤不動明王尊との出会いが有ったればこそであります。

私は、我が命尽きる其の時まで伝えて参ります。
真実とは、何かを皆さんに伝えたいと願って居ります。

これから先の論文は、私塾、赤不動院密教塾にて発表して参りたいと存じます。




南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
赤不動院 院主 永作優三輝


by kongousan-akafudo | 2015-09-27 20:00 | ◎赤不動明王院通信

結界の必要性

私達に何時、何度き事件、事故、災害が降り掛かるか、
誰にも分からない事ですが、結界を張り災いを転じて福となす法が存在します。
結界法である。

例えば、勉強嫌いな受験生を机に釘付けにする法も結界法の一種である。
また、訪問販売員に困って居る方々には、結界法が最適である。

但し、素人が実行しても効果は望めません。

また、茶道、華道でも結界は、重要な儀式の一部である。

現代では、形式的な結界、今では知る者も少なく、本当の結界を張り巡らせられる者は、表社会には見受けられ無い。
結界の必要性は言うまでも無い。

今は、正に動乱。
自分の身は、自分で護る気概が必要なのですが、そんな簡単には出来ないと言う方々が多いのも事実。

我が密教塾では、様々な事を、学び、実践する事で、自立自律を果たす原動力に替えて行くのをお手伝いします。

密教塾は、あなたの入塾をお待ちして居ります。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
赤不動院 院主 永作優三輝


by kongousan-akafudo | 2015-09-25 20:00 | ◎赤不動明王院通信

インスタント脳

想像力の欠除は、インスタント脳の始まりを意味します。

現界に於いて、昨今インスタント脳が多々見受けられる。
正に想像力の欠除に依る脳である。

インスタント脳とは、学歴や家系には関係し無い。
正に本人の特質である。

①自分本位な考え方しか出来ない
②気に入らないとスグキレる
③自分が一番可愛い。
④相手の都合は、考えられ無い。
⑤やって貰うことが当たり前。
⑥自分の立場でものを言う。

以上のようにしか行動し無い人間が、現在急増して居る。

戦争法案可決が正にその典型である。


自分が戦争で傷つき、のたうち回る苦しみを、理解出来ない、想像出来ない。
インスタント脳では無かろうか?

誠に嘆かわしい限りである。

其れも此れも、普段よりインスタント脳的、想像力の欠除に起因するものと考えます。

他人の痛みを感じ、心を痛める方々にはありえない事である。

インスタント脳に成る事は、現界に於いてカルマを積むものであり、決して褒められることでは、ありません。
早く迷宮を脱して、明るく楽しい人生に軌道修正する為に学ぶべきである。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
赤不動院 院主 永作優三輝


by kongousan-akafudo | 2015-09-24 20:00 | ◎赤不動明王院通信

大義と狭義

人間界には、様々な考え方や、思想が存在しますが、霊的に物事を分析解釈する事は苦手の様である。

本質を理解し見極める時、霊的真理を理解せずには、先に進む事は難しい。
何故ならば、人は霊的存在であり、肉体は付随するものであるからです。

大義とは、万民のしあわせを願い行動すると、其処には、大義が生じるが、大義を装い狭義を成したのが今回の戦争法案の成立である。

何故、狭義かと言えば、武器商人を肥え太らせる為の法案なのです。
皆さんも理性で考えて下さい!

①貴方は武器を何処で作っているか?知っていますか?
②武器を買う為のお金は、元は、誰の稼いだお金ですか?
③武器は、必要ですか?
④武器は、日本企業が製造して居ります。
⑤防衛、防衛力、防衛費、何故必要なのか?
⑥❺を必要だと思う人に質問します。

貴方は大切な人に、戦争だから死んで来て、殺して来てと言えますか?

争いからは何も生まれ無いのです。
私は、他を殺さ無くては生きられないのなら、潔ぎよく死を選択します。
戦争と云う狭義に生きるなら、魂を汚し辱しめてまで、現界に執着を持つ氣は無い。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
赤不動院 院主 永作優三輝



by kongousan-akafudo | 2015-09-20 20:00 | ◎赤不動明王院通信

學び

人は、學びを求めて現界に生まれて来るのです。

では、學びとは、と首を傾げる方も居るものと考えます。

例えば、しあわせいっぱいに過ごして居る人を見て、うらやましいと思う人は沢山居ると想いますが、頑張ったねと想う人は、少ないのでは無いでしょうか?

人が成功しようと、凄い幸運に恵まれようと、うらやましいと考えてはイケマセン!
うらやましいと考える方々は、次の事もうらやましいと考えて下さい。

しあわせいっぱいの老夫婦、家もある、食べる心配も無い、家の中には、全てが揃って居る。
そして、老夫婦は、仲良しである正に、絵に描いたような生活である。

それを知る他の老夫婦は、毎日のように夫婦喧嘩に明け暮れて、あの家は旦那が良いから、あの生活が出来るのだと羨みます。
あの家の奥さんの様に美人なら、俺も頑張れる。

それに引き換え、内の奴は、文句ばかり、まったくあの家が、うらやましいと思う爺さん。
まったく何を学んで来たのかと想う方も居るでしょうが、彼らも學びの最中なのです。

実は、他にしあわせいっぱいに見えて居る老夫婦の過去には、大変な悲しい過去が有ったのです。

営んでいた事業が倒産、家族の相次ぐ自殺、生活苦、裏切り。
様々な苦を乗り越えて、やっと掴んだ一握りのしあわせ、なのです。
他人を見てうらやましいと思うなら、その人が乗り越えて来た苦難もうらやましいと思う事です。

但し、あなたが耐えられるかは別です。

人には、それぞれに學びの段階があります。
他を羨み、自己を卑下する者には、低い學びの段階が待っているのである。

高次の學びには、それだけ負荷が掛かります。
その選択をするのは、あなたなのです。

學びの段階を自己が選び、自身に負荷を掛けるのですが、途中で怖気付き、この世を放棄する人が増えて居るのも現実です。

私達は、もっと學び、理解を深めより高度な學びの段階に進ま無くてはなら無いのです。

文明が発達、進化しても、魂の発達、進化が伴わなければ、また、地上に戦火が巻き起こります。

あの愚行を、繰り返さ無い為には魂の発達、進化が必要なのです。
では、如何すれば発達、進化出来るのか?

それは、一口には、語り尽くせません。

學びたい方々は、密教塾に入塾して下さい。
様々な角度から見る景色と同じように、楽しみ乍ら学ぶ事が出来ます。

學びは、自分磨きの時間であり、人生をより良く、生きる為の法則なのです。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
赤不動院 院主 永作優三輝


by kongousan-akafudo | 2015-09-19 20:00 | ◎赤不動明王院通信

心の飢餓

今、急速に心の飢餓が進んでいる。
此れは、私達が産んだとも言える。
原因は、無関心で在る。

自分に直接的な影響が起きないと人は、動こうとしない。
反面、少しでも不愉快な事には、異常なまでに反応する。
正に、現代の象徴の様に感じられる。

そのいい例が、すぐキレる、自分に非があるにも関わらず、逆ギレする。

私も遭遇した事がある。
相手が弱く見えた時、更に酷く襲い掛かって来る。
仕方無くかわすが、しつこい馬鹿者には、鉄鎚を喰らわせば尻尾を丸め、泣きが入る。
情け無い輩が居るものである。

私は身体は小柄だが、武芸十八判を納めた身、普通の者では歯が立つまい。

増してや、相手を小柄な爺いと侮るヘナチョコなど、取るに足り無いが、懲らしめてやらねば、普通の人に害を及ぼす怖れがあるので、懲らしめて置いた。
その情け無い醜態は、餓鬼以下である。

正に今の世は、末世末法の世を、彷彿する様な出来事であった。

男足るもの、本来であれば、強きを挫き、弱きを助くる者であるはずが、今日は、この体たらく。
世も末と想う私は、中世の遺物なのだろうか?

女性には優しく、幼きは愛でる、これが私の心情である。

家内にも同様。
然るに家内とあれば、負けるが勝ちも、諸般の男性諸氏には伝え置きます。

強さは魅せる物に非ず、感じるを待てば良い。
男子、質実剛健であれ。
女子よ大和撫子に帰縁、願いたい。

皆様の幸せを、御祈念申し上げます。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
赤不動院、院主 永作優三輝




by kongousan-akafudo | 2015-09-18 20:00 | ◎赤不動明王院通信

不思議は、無い❗️

全ての事象に不思議は、存在しません。

それは、あなたが知らないだけの事なのです。
霊的現象も天変地異も全ては、必然なのです。

それを、一般では、不思議な出来事だと騒ぎ、慄く不思議だと思えば、解明すれば良いのです。

解らなければ研究し、学べば答えは眼の前に用意されているのです。

学ぶ努力を止めた時、不思議な出来事に浸かり、怠惰に過ごす時、全ての必然が降り掛かり、私達は涙で償う事になります。

分かろうとする力は全てを解き明かし、傲慢は全てを闇に隠します。
あなたは、どちらを選びますか?
全ては、自己責任、責任主体なのです。
傲慢なままで過ごすも良し、謙虚に認め学ぶも自由です。

これから、起こる事が涙で償う事に成らぬ様に、私の仲間は今日も努力を続けて居ます。

私も頑張ります。
まずは、自分の足元から。

可愛い子供達に、負の遺産を残さぬ様に今、真剣に取り組む時ではないでしょうか。
兎角、自分本意に考え、行動しがちですが、想い出して下さい。

子供のころ、野原を駆け回り、トンボやバッタを追いかけて居た頃、物事を純粋に捉え、素直に学んで居た時代に私達も居たのです。

何時頃から、変わってしまったのか?

人間は、生きて死ぬだけの存在ではありません。
生きるとは、学ぶ事、學び、経験を経て、経験を感動に転換するのが人生の目的です。

たくさんの感動を土産に、故郷である、霊界に帰るのです。
決して、浮遊霊に成る為に現界に来たのでは、ありません。

魂の眼を開けて下さい。必ず解ります。

本当の自分は、肉体では無く霊的存在なのだと。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
赤不動院、院主 永作優三輝


by kongousan-akafudo | 2015-09-17 20:00 | ◎赤不動明王院通信