金剛山赤不動明王院 密教

akafudoumyououin.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:├開運・魔除けについて( 9 )

不運に関する密教ブログ特集

赤不動明王院ブログ「密教」過去記事より、本日は不運をテーマとした記事を特集致します。

d0359990_15140567.jpg


運、不運

よく聞く話しで、ツキが回って来た、ツキが無いと云う事を耳にするが、お金に関わる事であろう。

それはそれで良い。

昔の諺に『蒔かぬ種は生えぬ』と云う様に、種を蒔かねば刈り入れは出来無いのである。

私は弟子たちによく教える事がある。
自身が種を蒔いて居ないのに、幸運と喜んではいけない。
その逆に警戒せよ。と。

蒔いた種しか実りません。
また蒔いた種が発芽するとも言えません。

発芽して実をつけ収穫できた時、必要なのは感謝の心であり、浮かれる必要など無い。

浮かれる姿に真理は無い。
むしろスキが出来ます。
スキだらけに成った時、正に無防備と言えよう。

私は、過去に暴漢に襲われた経験がある。

撃退し警察に引き渡したが、武術家でもある者が油断して居たら、ひとたまりも無く暴漢の餌食になって居たであろう。

現界には林も密林も存在します。
感謝の心を忘れずに、敬い尊ぶ時、あなたは護られます。

運やツキに惑わされず、理性と智性を磨き、學ぶ事の尊さを知る時、あなた自身の幸福は実現されるのである。

重なる不運

何をやっても、上手く行かない上に、買った物は、不良品だった場合、その人に摂って人生そのものが嫌に成る場合があります。

其処につけ込むのが未浄化霊《悪霊》である。
そして自殺に導きます。他にもこんな事例があります。

自分には、霊的能力が無いにもかかわらず、見えた振り《霊体》をして、
最後は、未浄化霊に憑依され、人生をメチャクチャにされた人、
自殺した人、犯罪者に転落した人と様々である。

一例を挙げれば、その人は、他から、〇〇さんは何でも出来ると褒められている内に、
他の人に相談されるがままに、霊的事にも興味を持ち、始めは、マンガの知識でしかなかった事が、
続けるうちに自分にも見えると錯覚し始めたのである。

此処まで、で止めておけば良かったのである、
《霊的存在は、波長が合う者を探し憑依し、身体を乗っ取り、思うがままに支配します》
霊的存在《霊霊》は、何故、支配しようとするのか?
自分がやれなかった様々な執着を他の身体を使い、成し遂げ様としますが、
元来いい加減な性格が根底にある為に何も成し遂げられ無い事に、氣づいて居ないから、未浄化霊に成るのである。
そんなものに憑依されて仕舞えば正に万事休すと言わざるを得ません。

皆さんは、大丈夫だと思いますがくれぐれも霊的な事を気軽にオモチャにしては、イケマセン、
私は見えるし、霊的能力があると思う方には、何も言いません。

私は、この能力がある為に人生の中で、様々に苦しんで参りました。
私は、言います。
霊的能力など必要が無いと。


不運を好転させる

人間は、自分が不運と思う時、ネガティヴになるのは当たり前ですが、それが逆に不運を増大させる事に繋がります。

不運と感じた時は、只ひたすらに心を静めるのです。
《冷静に理性的に俯瞰する事》

必ず、道は開けます。

例えば逆境にある時、騒げば騒ぐほど逆境は増大して自分に降りかかる様に、良い結果は産みません。
当院には様々な相談事が寄せられますが、私は冷静に受け止め、理性的に判断致します。

霊的な事か?
本人が原因を起こしているのか?

様々な視野で、視透する事が求められます。
それを判断するのが私の仕事であり、使命と心得ます。
《何でも霊に結びつけ、皆さんからお金を巻き上げ様とする者を信じてはいけません》

全ての事象には意味があり、意味を理解せず、闇雲にお金を払えば救われると考える事は危険です。

霊能者に頼る前に、先ずは振り返る事が必要です。
我が身を俯瞰し、反省する時、自ずと答えは現れます。

それでも解らない時は、心に問いかけて下さい。
霊界は、貴方に耐えられない試練は与えません。

學んで下さい。
当院は、貴方の為にある寺なのです。

不運・逆境に勝つ法

人間の真価を問われるのは、不運逆境にある時です。
密教では、たった百日で、不運逆境に勝つ法が存在致します。

全ては、あなたのやる気だけです。
始めから、楽をして得られるものなど、この世には存在しません。
合ったとしたら、幻か詐欺の類いと心得なければなりません。

古来より、楽あれば苦あり。苦あれば楽あり。
の、諺に表される様に、棚から牡丹餅はありません。
苦も代償であり、無駄ではないのです。

皆さんもご存知の通り、当院には密教秘法が御座います。
私は皆さんの素質を測り、乗り越えられる行を与えます。

働きながら、普通の生活をしながら、毎日20分集中する事は誰でも簡単に出来る事です《それも、百日の限定》
そして百日の間《満願》を迎えたその時、その瞬間にあなたは氣付きます。《もっと早くやれば良かったと》

但し、当院の御本尊様と結縁をされた方に限ります。

密教の秘法は、インスタントではありません。
秘法の伝授には、段階があります。
段階をクリアーして居ない場合は、伝授を受けられ無いのが密教であり、法則の一儀である。

三分で出来る物は、三分で衰退します。
百日、千日を重ねたものは、万日を迎えても生き続けるのが密教の秘法であり、法則であるのです。

幸不幸

人は、幸不幸に一喜一憂するが、真の幸不幸とは何か?

一般的に、財を以って幸とするならば、貧は不幸になる事になる。
そして、財を成した者が上流なら、貧する者は下流になる。
上流が上品ならば、下流は下品になる。

金は、浪費を繰り返せば消耗し、蓄財に終始すれば餓鬼となる。
所詮、物質を崇める欧米餓鬼に堕ちるだけである。

幸不幸は、本来、學びを分ける課題と解釈すべき現象なのです。
不運、不幸とは、結局物質的観点から見た現象です。
物質的観点から脱却し、思想的學びを深める時、あなたには本物の幸福が到来します。

本物の定義とは、揺るぎない真実である。
つまらない事に右往左往する人生は、あなたにとって本当の人生ではないのです。

あなたの人生は、そんな安い人生ではありません。
あなたは、一億以上の競争相手を退き、勝ち取った人生の代表選手なのです。

私達は、本来の學びに気づく時、目的に気づき、履修する事の大切に気づき、実りある生涯を全う出来るのである。

祈りの輪

今年も残すところあと僅か、そんな事を考え今、私は此れを書いています。
様々な加持祈祷に明け暮れ、生きる時、人の愛を感じます。

家族を助けたい心、愛する人を助けたい心、自己の不運を好転させたいと願う心、私はそんな方々と向き合う時、明王尊にお願い申し上げます。

今の事象を好転させなければ、此の方々に真の信仰心を目覚めさせる事は叶いません。
どうか御力をお貸しくださいと、念じます。

人の世は、學び合い、一人では、生きられません。

来年は、今年以上に様々な出来事が、頻発する事が考えられます。
今迄に私は、何度も発信して参りました。

自分だけは、大丈夫と想う気持ちを捨てて下さいと。
しかし世の中は、ある方向へと進むばかり、自分の力の無さを痛感する今日この頃でございます。

願わくば、この記事を読んで頂いた方だけでも、御理解いただきたい。
いま何をすれば良いかと、答えは、今迄に何度も繰り返し書きました。

ただ目覚めて下さい、學んで下さい、愛情の裏返しは、無関心です。
全ては、無関心から発していますこの現況を改善するのは、人の愛です。

愛無き言葉、愛無き行動、愛無き現実、
これらは、全て私達の無関心から来る事象なのです。

正しい信仰には、愛があります。

御仏の慈愛です。
その慈愛に触れることが出来るのは、あなたなのです。

あなたが手を伸ばすだけなのです。
例えば、ムズカル幼子にそっと手を差し伸べる母のように、御仏はあなたに、手を差し伸べてお出でに成られます。

その御手に縋るか、縋らぬかは、あなたの選択であります。
御仏は、平等ですが、平等に意思込めるのは、あなたなのです。

私は、ある著名な霊能者の方々とも振興が御座いますが、皆さん異口同音に仰る言葉は、不動明王尊信仰です。

今を救えるのは、不動明王尊の御力だけだと。

皆さんの心の中に、不動明王尊の信仰心が芽生えるだけで良いのです。

御参りして、お金を使う事は、ありません。
ただひたすらに不動明王尊の御姿を観想するだけで、護られます。

不動明王尊は、お金を要求しません。
必要なのは、確固不抜な信仰心だけなのです。

■金剛山赤不動明王院■
密教ブログ
赤不動明王院ホームページ
無料メールマガジン 今日から実践!暮らしに活かす密教の智慧
有料メールマガジン 新生密教塾
赤不動明王院オーダーフォーム

■赤不動明王院分院 眞澄稲荷■
眞澄稲荷ブログ
無料メールマガジン 眞澄稲荷日和
眞澄稲荷ホームページ
眞澄稲荷オーダーフォーム

■赤不動明王院一門の弟子ブログ■
*慈しみの葉の雫*
慈福のブログ
金剛山赤不動明王院塾生 慈羽
慈白のつらつら日記
慈練の學び
金剛山赤不動明王院塾生 慈辨

[PR]
by kongousan-akafudo | 2018-09-18 12:00 | ├開運・魔除けについて

願掛け・願解きに関する密教ブログ

d0359990_13282585.jpg


願意

昔から続くのが、願掛けである。
人間の力ではどうしようも無い事を、神仏に頼り、願意を託す人が後を絶ちません。
しかし、一番肝心なのが御礼詣りであるのです。

此処で、一例を挙げましょう。

大きな願いが叶い、それ以上に欲を増大させた時、今までの願いは水泡に帰して全ては前以下の状態に成ることがあります。
人間の欲は果てし無く続き、その先に待つ物は破滅である。

足る事を知る。
人間は、足る事を忘れた時、我欲に走り滅びの笛を吹く。
一旦、吹いた笛の音は止む事は無い。

同じ欲でも、知識欲は人間を向上させます。
探究心を持ち、學び続ける時、人は開花します。
霊界の摂理を學び続ける時、人は真理を知り、争うことの愚かさを知るのです。

飽食は餓鬼道であり、人の道では無い。
足る事を知り、先祖を敬い、御仏を尊ぶ時、人は真理に導かれ、本当の幸せを感じ、知る事になる。
無償の愛こそ人を救い、人を育て、霊格は向上し、自身も救われる事に繋がるのである。

祟り神

関東地方のある城下町の事です。
その地には、古くから続く祭りが盛んですが、開催すれば必ず、良くて怪我人、悪くすれば死人が出るのです。
今回の祭りにも死人が出ました。
そんな町の一画にある会社からの依頼を受け、向かった先は会社の駐車場。

此処では、度重なる事故に会社も困り果て、私に依頼してきたのです。
その駐車場は、一見何処にでもある普通の駐車場であるが、いわく因縁のある土地でありました。

過去には、城下町であった。
その土地には、真面目に生き、集落を護った武家の屋敷があったのである。

全てに平和な日々が続き、皆、しあわせに暮らしていました。
しかし新しい領主に成り、全てが一変した。

年貢《税金》は上がり、暮らしが成り立たない状況が続く中、武士は領民の幸せを祈り、敷地内にある井戸で、毎夜水ごり。すなわち願掛けをしておりました。
古来より、井戸には、龍神が宿っております。

武士は、井戸で毎日、雨の日も雪の降る日も願掛けを続けました。
そして、ある事から、無神論者の領主の怒りを被り、殺されてしまいました。
あろう事か家族まで殺し、領民への見せしめの為に、武士の家の井戸で家族全員の切り落とした首を洗い、井戸の淵に切り落とした首を並べたのです。

それが、私が依頼を受けた会社の駐車場にあたるのです。
普通の人が見れば、綺麗に舗装された駐車場である。

私は、指摘しました。
井戸の合った場所を指差し、あの場所に近よってはいけない。
あの場所には井戸があり、未だ生きている。
と云うと、嘲笑う様に『造成時に、業者が埋めて居ます。もう井戸は解決済みである』と。

私は、それ以上云う事を避けた。

何故かと言えば、信じない人間を説得するほど私は暇ではありません。
しかし、それからあの井戸跡は陥没し、いくら水を汲み上げても止まらない。
会社は、其処にバリケードを張り、再度、私に依頼して来ました。

しかし、私は拒否しました。
以後その場所は完全な柵がされ、パイプが通され使われておりません。

昨今、以上の様な案件が増えている。

祟り神と成った哀れな霊体が、供養もされず放置されている。
現代を象徴する出来事なのだ。と、私は言いたい。

被る《霊障》

私は過去、欲、得、に絡んだ被りを視てきましたが、今日は、ある一例を挙げて皆さんに知って頂きたいと思います。

初詣や、各種、神社仏閣に行き、願い事をし無い人は少ないと思いますが、普通にお詣りをしても願い事が叶うことは稀です。
しかし、ある法則に従い願をかけ、実行した時、効果は一変します。

しかし、護らなければいけない事があります。
それを怠れば、確実に被ります!

これは、遣ってはいけない事例です。

ある人が、自身の不幸を転換する為に百日詣りをある神仏に誓い、一年後に、自分の開運祈願をして見事に果たしました。
そして、有頂天に成る位の成果が現れ、何不自由の無い生活がスタートしたのです。

店を出せば超人気店に成り、結婚相手も他が羨むほどの相手。
子供にも恵まれ、正に我が世の春である。
そして二年が過ぎた頃、異変が始まりました。

最愛の子供が、奇病を発症。
大学病院を、金に任せて渡り歩きますが、結果は原因不明。
現代医学では、手の施しようがないのです。

そして、人づてに聞いて私の寺に来たのでした。

私には、直ぐに解りました。
これは、被りだと。
私は、相談者に言いました。

『 御夫婦揃い、御出でなさい』

何故かといえば、御夫婦の一方が無神論者で、『信じ無い』と。
しかし私は、『 御夫婦揃いでなければ、今回の事は、御断りします』と断言しました。

その後、御夫婦は改めて私の寺に参られ、非礼を詫びられたので、私も本気で挑む事にしました。
私の心中では、自身の死を覚悟《私》しました。

それは、相談者が願を掛け、その後成功に酔いしれて忘れてしまったのです。
願を掛けた神仏《自然霊》が、怒り心頭に発して居ることを。

最早、尋常一憂の事では、収まりが付かない状態であるのでした。

私は、願解きを実践する事にした。
願解きは、危険であるのです。

そして、やっと願解きは終了しました。

その後、お子さんも奇跡的に回復しました。
現在、夫婦は子供と三人で細々と、されど安堵の日々を送っております。

分をわきまえて無理をせず、しあわせを知る時、本当のしあわせが訪れます。

願解と約束

まず、願意とは何か?を考えて下さい。
願意とは、神仏との約束なのです。

例えば、「〇〇を叶えて下さい」と御願い申し上げ、「その代わり、私はお願いした神仏を信仰します」と言った約束事なのです。

人間界で考えても同じ事。
「〇〇しますからお願いします」
そして、相手が納得した時点で成立する約束事であります。

約束事を変更する場合は、お願いした相手に約束事の変更をお願いして、了承して頂けた時点で成立するのである。

神仏との約束事は、人間との約束と違って、承諾されたかどうかは普通の人には分からないでしょう。
がしかし、本人が努力を続けて居れば必ず叶います。

願解きの場合は、正式に御礼申し上げ、また新たに願意をお願いする事が肝要である。
其れをせずに、勝手に解釈して行えば、前の願意も失い、その後の願いも叶いません。

何故か?
人間社会でも同じ事なのである。
礼節を無視してはろくな結果が出ない様に、理性的に判断すれば答えは自ずから解るのです。


■金剛山赤不動明王院■
密教ブログ
赤不動明王院ホームページ
無料メールマガジン 今日から実践!暮らしに活かす密教の智慧
有料メールマガジン 新生密教塾
赤不動明王院オーダーフォーム

■赤不動明王院分院 眞澄稲荷■
眞澄稲荷ブログ
無料メールマガジン 眞澄稲荷日和
眞澄稲荷ホームページ
眞澄稲荷オーダーフォーム

■赤不動明王院一門の弟子ブログ■
*慈しみの葉の雫*
慈福のブログ
金剛山赤不動明王院塾生 慈羽
慈白のつらつら日記
慈練の學び
金剛山赤不動明王院塾生 慈辨

[PR]
by kongousan-akafudo | 2018-09-17 12:00 | ├開運・魔除けについて

塩に関する密教ブログ特集

d0359990_16520431.jpg

塩と浄めは切っても切れない関係にあります。
塩にまつわる話を集めました。
どうぞご覧ください。

霊的清め塩

皆さんは、盛り塩をご存知ですよね。

その時に、どんなお塩を使われますか?
たぶん、普通に出回っているお塩を使われていると思います。
でも、そのお塩に一手間かければ、自宅で霊的に効果の高い清め塩が作れます。

何故、普通の精製塩に霊的に効果がないか?

それは、精製される事により、母なる海の浄化作用まで消えてしまうのです。

本来、神事、仏事には、塩は欠かすことが出来ない重要な品です。

塩は、母なる海からの賜わりもの。
正しく使えば、海の浄化作用が蘇り、浄霊にも効果が発揮されます。

製法は次の通りです。

①綺麗なほうろく、フライパンを用意します。

②普通の塩を一掴み入れて、清水をおちょこ一杯分を加えて下さい。

③箸やフライ返しも、一切使わず、清水がなくなり、塩の結晶が出来ます。

それをお皿に取り、冷めたら自家製の清め塩の完成です。

次回は、清め塩を使った魔除け、その他を説明します。

魔除用清め塩

前回は清め塩の作り方を説明しましたが、今回は清め塩の効果的な使い方を書きます。

白い小皿を用意して下さい。
100円ショップで売っている物で、充分です。

①トイレの不浄払いには、小皿にドーナツ状に清め塩を盛って下さい。
霧吹きで水を含ませれば完了。

小さな海が、出来たと思って下さい。
そこには、浄化のパワーが働きます。

②玄関に清め塩
人を集めたい方は、山形に盛り上げて下さい。

③邪氣を払いたい時は、小皿にドーナツ状に清め塩を入れて霧吹きをして下さい。

霧吹きに入れる水は、水道水は避けて下さい。
出来るだけ正常な水でお願いします。

古来より塩は、特別な浄化作用があると伝えられております。

私は、加持祈祷をした清め塩を、様々な事に使っております。

皆さんも、ぜひお試し下さい。

簡単な浄化法

瘴気の流れを探して下さい。

香炉に線香をさして、部屋の中を隅々まで香炉を持って歩きます。

流れのある場所に当たると、線香の煙は吸い込まれていきます。

注意
隙間やひび割れ。
これは大工さん、大家さんに修理を依頼して下さい。

隙間も何もない場所で煙が吸い込まれる場合、もう一度冷静になり、煙が吸い込まれるかを確認して下さい。
吸い込まれた場所には目印をつけて下さい。

浄化の塩を作りましよう。

フライパンに、自分が必要な量の荒塩を入れて火にかけて下さい。
そこに、盃一杯の水を入れます。
箸やスプーンを使わず、フライパンを回しながら水分が無くなるまで熱して下さい。
冷めたら、清め塩として使用出来ます。

清め塩は、様々な事に使えます。

清め塩を皿に入れて、部屋の四隅に配置すれば、浄化の効果抜群です。

煙の吸い込まれる場所には、護符が有効です。

楽しい毎日を過ごして下さいね。

■金剛山赤不動明王院■
密教ブログ
赤不動明王院ホームページ
無料メールマガジン 今日から実践!暮らしに活かす密教の智慧
有料メールマガジン 新生密教塾
赤不動明王院オーダーフォーム

■赤不動明王院分院 眞澄稲荷■
眞澄稲荷ブログ
無料メールマガジン 眞澄稲荷日和
眞澄稲荷ホームページ
眞澄稲荷オーダーフォーム

■赤不動明王院一門の弟子ブログ■
*慈しみの葉の雫*
慈福のブログ
金剛山赤不動明王院塾生 慈羽
慈白のつらつら日記
慈練の學び
金剛山赤不動明王院塾生 慈辨

[PR]
by kongousan-akafudo | 2018-09-16 12:00 | ├開運・魔除けについて

地鎮祭に関する密教ブログ

d0359990_08312126.jpg

今日は「開運」カテゴリーの中のひとつとして「地鎮祭」につい書かれた記事をまとめてみました。
近年、地鎮祭を行う人が少なくなったそうです。
地鎮祭は大切な礼法ですが、その意味や価値を理解できる人が少なくなったということに他ならないのではないでしょうか。
対岸の火事としてではなく、我が身に引き寄せて噛み締めながらご覧頂ければ幸いです。

敬う心

近年、家を建てる前に行う、地鎮祭をする人が少ない。

そんな中で、今日の朝見掛けたのが、地鎮祭の準備会場です。
テントを張り、椅子を揃え、紅白の幕を張り、四方結界に注連縄を張り、立派な地鎮祭会場に仕上がっておいででした。

昨今、不信仰が広まる中、誠にあっぱれな備え!
この土地に住まわれる方々の、信仰心の厚さが偲ばれます。


地鎮祭とは
産土神に対する敬いの現れ。
産土神はお優しい神様で、何もせずとも御怒りになる事はありませんが、敬う心には御加護を賜わります。

神仏を軽視すれば、自分も見放されます。
人間は苦しい時に神仏に助けを求めますが、貴方ならどうしますか?
神仏も、貴方の敬う行動をした通りに、作用して下さいます。

土地の因縁

土地には、様々な因縁が存在します。
これは、ごく身近に起こり得る事であるのです。

『 私は、大丈夫 』的な事は、通用しない実例である。

A氏は、所有するマンションを売却し、新たなマンションを購入した事から、不可解な出来事に悩む事になりました。
それは、A氏が新しいマンションに入居した日から起こりました。

誰も居ない台所から鍋が落下。
その音に驚いた奥さんが台所に行って見たが、何も無い!

その後、連続して、毎日同じ時刻に音がするのである。
また、台所以外の場所でも、様々な不可思議な事が頻発しました。

最後には、夫婦の寝室にもそれは起こった。《人影》
たまりかねたA氏が寺や霊能者に依頼して祈祷をして貰ったが、その現象は止む事は無いばかりか、益々激しさを増したのです。

たまりかねたA氏は、友人を介し、私の寺に相談に来られました。
私は事情を聴き、A氏のマンションに行く事にしました。

数日後、A氏が迎えに来られ、私はマンションに向かいました。
マンションに到着した瞬間、強い波動を感じました。

しかし、敢えてA氏には告げて居無い。
A氏所有の〇〇号室に入って霊査するも、予想通りだった。
戦争の犠牲者を荼毘に付した土地だったのである。
《荼毘とは、火葬する事》

しかし、戦争の混乱の中での荼毘は、《火葬》とは、呼べないほど惨い扱いであり《人間の焚き火》供養などとは程遠いありさまである。

何度も何度も同じ場所で、遺骨を拾うこともせずに、繰り返し続けられたのです。
そして、終戦、混乱。

人々は、自身が食べ生きる事に必死でした。
何時の日か、全ての事実は消えて行ったのである。

戦後七十年が経ち、現在、その事実を知る者は居無い。
荼毘の現実は知っている人も居るが、土地の場所まで克明に覚えて居る人は居無いのである。

その他にも、斬首場、腑分け場、晒し首場、刑場跡を、知る者は居無い?
しかし、確実に言えることは、その土地が存在する事実は曲げられ無いのである。

A氏に、私は言った。
『 一日も早く、このマンションから出なさい。』

そして、この問題はA氏だけでは収まらなかった。
同じマンションの住人にも、起こって居たのです。

マンションは敷地面積も広く、土地の履歴を調べる事が困難です。
そのうえ営利目的の為に、徹底したコスト削減から、ほとんど地鎮祭や浄化祈祷は行われ無いのが現状です。

そして購入者も、利便性と集合住宅である事から、あまり土地については関心が無い様です。

A氏のマンションで起こった霊事では、現在住人のほとんどが退去して居る。
そして、売却したくても、買い手が見つからずに困っております。

しかし、この物件を浄化して因縁霊を成仏させるには、大変な人数の法力僧が必要なのです。
私ひとりの力ではどうしようも無いのが現状である。

では何故、そこまで悪化したか?
まだ更地なら、打つ手は合ったのです。
しかし、建物は集合体。

一部屋一部屋を、同時に祈祷浄化する事は不可能である。

皆さんも、考えて頂きたい。

説得する相手が複数人居て、聞き分けの良い人もいれば、言う事を聞かない人も居る。
中には、凶悪の者も居る。
そんな状況の中で、一人や二人の説得者《法力僧》が法を修しても、効果は望めません。


また、数がいれば良いと言う事ではありません。
本当に力のある法力僧を探すだけでも、至難の技なのです。

それだけ、現在の状況は物質的価値観が蔓延し、本物の法力僧が少なくなってしまったのです。
本山と言われる所では、勢力図と他を認めない風潮があり、在家から出家しても、夢破れ去る人が後を絶ちません。

また、昔のように修行に命を懸け、挑むことも無く成りました。
地鎮祭は大切な礼法であり、軽視すれば、結果は上記のように、悲惨な状況になるケースが少なくありません。


注連縄

注連縄とは、神仏をお迎えし、宿す為の覚悟である。


注連縄 (しめなわ)とは
標縄、占縄、七五三縄などとも書き、占有、制止を示すときに張り巡らせる縄。
自己の所有や専用を標示し、他人や悪霊の侵入を防ぐためのもの。

普通、藁(わら)を左撚(よ)りに撚り、間に紙の四手(しで)を挟んで下げる。

本来は信仰でも法律でもなく、広い意味の俗信的な生活の知恵に基づく行為の表出であって、縄張り、通せんぼを具体化したものであった。

初夏のころ、防災除疫のために村境に道切り縄を張ったり、穢(けが)れた場所に張って人を近づけまいとする例などがある。

しかし注連縄は、早くから信仰に結び付けて理解されてきた。
日本の神は去来性をもち、祭りのたびに来臨するものであったから、神霊を迎えるために清浄な場所を区画し、そこに来臨してもらうために張り巡らせるものとし、のちには神が神社、神祠(しんし)に常在すると考えるようになって、神霊が来臨していることを標示するためのものになった。

神社の拝殿や鳥居などに常時かけてあるのはそのためである。
一般の家庭では、住宅の新築に先だつ地鎮祭のとき、四方に竹を立てて注連縄を張ることがある。

屋内では神棚に張るほか、正月には部屋に年縄を巡らせたり、門口その他に輪じめ、ごぼうじめ、海老(えび)じめなど、意匠を凝らした注連飾りをつける。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相撲で言えば、横綱の注連縄《しめなわ》正に神事を行う代表選手である。
相撲の源流は、野見宿禰の尊、当麻蹴速の尊の対戦に体を発し、現代に伝わる神事である。

注連縄は、一年を通して祀り続けて行く事が良い。
現代では余り注目されて居ないが、お札も注連縄も、神仏と有る事を示すものであります。

注連縄やお札は魔の侵入を防ぎ、その年《一年》が過ぎる前に新しくし、前年のものは御炊き上げを行って感謝するものである。

当院では、毎年、お札、御守りに感謝の意を込めて御炊き上げを行なっております。
日本の心は、感謝に始まり感謝に終わる文化である。と、私は信じるものであります。

家選びに必要な事

新しく、家や部屋を探して居る方々が多くなる時期ですね。

機能性で選ぶ方が多いのではありませんか?
機能性も大切ですが、意外と知られていないのが、家の履歴です。
家の履歴は、本当は非常に大切な事なのです。
一般的な言い方をすれば、事故物件に手を出してはいけません。

以前、私の寺に相談に来られた方が、事故物件を買い、悲惨な目に遭われました。
祈祷の依頼にお見えになり、お話を聞いた時の事で御座います。
その方のご主人が、無神論者を自負する方で、事故物件、事件物件と知りつつも、購入を決めてしまいました。

それ以降、様々な不幸に見舞われて、最後に私の寺に相談に来られた時は、奥様は憔悴仕切って居られました。
その家は、家族全員が自殺された家だったのです。

私が霊視すると、自殺された家族は全員が憑依され、自殺に追い込まれて居たのです。
過去にも、その土地では多くの血が流され空き地と成り、前回、自殺された家族が土地を購入し家を建て、その後に一家で自殺されたのです。

その家族も無神論者であり、地鎮祭も家相も一切信じ無い方でした。
その後の近所への聞き取り調査で、私の言っている事が事実と立証されました。

その家は、祓い切れない穢れに覆われて居るので、最早、人が住める状態ではありません。
私は、その家を諦めて家を出る事を勧めましたが、最後までご主人は言う事を聴きません。

私も諦めて、ご自由にどうぞと言い、手を引きました。
その後、ご夫婦は離婚し、あの家には誰も住んでは居ません。

仲の良い夫婦、家族で有っても、悪因縁には勝てません。

新しく家を探して居る方々は、くれぐれも、急がず、履歴を確認してから引越しをする事をお勧め致します。


家の鎮めと浄化

つい十数年前までは何処でも当たり前の様に行われて居た、地鎮祭や鎮宅除災。
昨今では、ほとんど行われません。
《地鎮祭、土地を鎮める儀式》
新築する時は、必ず行いました。

《鎮宅除災、引っ越しや、中古物件購入時》には必ず行いましたが、今では見る事は稀です。
神式、仏式と様々ですが、目的は同じです。

当院は、祈祷寺。
以上の事は当たり前に行いますが、加えて行う事が御座います。

埋め物はさること乍ら、浄化には最大限の労を惜しみません。

ビル建築なら、定礎の中に水晶を納め、一般住宅なら四方結界の中心に〇〇を納めます。
鎮宅除災の場合は、家が建って居るので、状況に応じた修法を厳修します。
密教には、状況に応じた修法が用意されております。

全ての状況に、画一的な法では効き目が薄いと考えるからなのです。
病気も、人に依り異なるのと同じ様に、家にも様々な装があります。

大難は、小難。
小難は、無難に。
変えてこその祈祷であり、修法なのです。


私も齢、六十二。
そろそろ、後継を考える歳に成り、思う事が御座います。

形式だけの現代祈祷の影響が、不信仰を助長させて居ると考えます。
まだ、真に修行し、取り組んで居る若い僧侶や神官は大勢おります。
願わくば、彼らが道を誤らず、真の信仰を突き進む様、祈るばかりです。


■金剛山赤不動明王院■
密教ブログ
赤不動明王院ホームページ
無料メールマガジン 今日から実践!暮らしに活かす密教の智慧
有料メールマガジン 新生密教塾
赤不動明王院オーダーフォーム

■赤不動明王院分院 眞澄稲荷■
眞澄稲荷ブログ
無料メールマガジン 眞澄稲荷日和
眞澄稲荷ホームページ
眞澄稲荷オーダーフォーム

■赤不動明王院一門の弟子ブログ■
*慈しみの葉の雫*
慈福のブログ
金剛山赤不動明王院塾生 慈羽
慈白のつらつら日記
慈練の學び
金剛山赤不動明王院塾生 慈辨

[PR]
by kongousan-akafudo | 2018-09-15 12:00 | ├開運・魔除けについて

結界に関する密教ブログ④

d0359990_11275389.jpg


何故?生霊

貴方が意識していないのに、生霊を飛ばしている場合があります。
人間は仏教的には、意識界、無意識界が存在します。


これを仏教的観点から説明すると膨大な訳書が必要になるので、此処では皆さんに解りやすく説明する為に霊的観点から説明します。
人の、妬み、怒りの念は、その人の意思、意識に関係なく相手に憑依します。

憑依された人は、まず体調の変化を感じ、不眠倦怠感、食欲減退、過食イライラ、性格の変化…様々な異変を感じます。

生霊は、死霊より、始末が悪い場合が多いのです。

私が、除霊した例を挙げて説明すると、私の知人のG氏が結婚式に呼ばれ、式場に早く着き過ぎた為時間潰しの為に、普段はやった事のないパチンコ屋に入り、何気なく座り、玉を弾くと大当たり。

一時間もしないで、大変な量に…

G氏は式の時間が迫って来たので、全て換金して式に出席して家に帰り、三日間高熱にうなされていて、たまりかねた奥様が愚僧に連絡して来られました。

愚僧は、仕度を整えて家にむかった。

到着して、原因がハッキリとした!
妬みによる生霊の憑依である。

すぐさま除霊し、入り口に結界を張り、再度の進入を阻止して、この日の祈祷は終了した。

後日、G氏が私の元にお礼に来て、一言「もう生涯パチンコ屋には行かない」と言っておりました。
他人を、妬み、憎む、気持ちが重なり、この様な、生霊を生みだすことが、現在、多々、見受けられます。

死霊より怖い...。

今から書く事は、皆さんを怖がらせる為に書くのではない事を御承知の上、お読み下さい。
怖がりな方は、ここまでで!お止め下さいます様に、お願い致します。

現在、最も怖いのは生霊です。

死霊は、除霊した後に浄霊する事により納得して昇天しますが、生霊には納得がないに等しいのです。
何故かと言えば、生霊を飛ばした本人に自覚がない事が多いのです。

妬み、怨みは、表面上立証する事は、不可能に近いのです。
例えば、生霊を飛ばした本人を特定しても、本人が認めない場合が大半です。

私は生霊封じの為に、相手の魂を緊縛します。
そして、氣づかせます。

現代でも、茶道、華道、神社仏閣では表鬼門、裏鬼門、各種結界は受け継がれています。

何故?結界が、現代でも張られているか?
それは飾りではなく、実用なのである。

表面的に一般人に対し、明かさないだけです。
京都御所には、道止まりの呪法も今だ存在しております。

密教には、様々な結界法が存在します。

何故、必要なのか?
それは、外敵の進入を阻止する為ではない。

現代的に言えば霊的バリアーとでも表現しがたいが、悪想念を防ぎ、跳ね返す力が込められているのである。
正に、鉄壁の防御であります。

現代は、電波の氾濫と共に、霊波も氾濫しております。

今求められるのは、自己防衛ではないでしょうか?

日本は安全で平和という神話は、崩れています。

皆さん、無防備は危険です。

イタズラと云う名の犯罪

イタズラと云うと子供のたわいもない事を連想するが、昨今のイタズラは、犯罪である。
昨今、様々な犯罪が横行して居るが、小さなイタズラが重なり、やがて重大な犯罪に発展して行くと統計学でも言われて居るが、
正にその通りである。

今の日本は、病んで居ると言わざるを得ない犯罪が毎日のように報道されていますが、
報道されて居ない犯罪も入れれば大変な数である。

私は、以前、警察の協力隊をして居た時代がありました。
腕に防犯の腕章を付け《警察から支給》巷の犯罪防止に一役を担って居る使命感がありました。
現在は、老齢ですので、夜回りは、やって居りませんが、あの頃と比べると明らかに治安は、悪化して居ると実感します。

最早、安全は、タダでは無い時代と言えます。
当院でも防犯カメラを四台取り付けて居ります。
大切な家族を護るのは、あなたが動かなければ、いけない時代なのです。

私は、古武術を教えて居りますが常に自身の修練も怠りませんが、その他、防犯機器にも力を入れて居ります。
寺ですから、結界も張っています。
結界も立派な防犯に成ります。

あらゆる意味で、あなたの大切な人を護るのは、あなたなのです。


■金剛山赤不動明王院■
密教ブログ
赤不動明王院ホームページ
無料メールマガジン 今日から実践!暮らしに活かす密教の智慧
有料メールマガジン 新生密教塾
赤不動明王院オーダーフォーム

■赤不動明王院分院 眞澄稲荷■
眞澄稲荷ブログ
無料メールマガジン 眞澄稲荷日和
眞澄稲荷ホームページ
眞澄稲荷オーダーフォーム

■赤不動明王院一門の弟子ブログ■
*慈しみの葉の雫*
慈福のブログ
金剛山赤不動明王院塾生 慈羽
慈白のつらつら日記
慈練の學び
金剛山赤不動明王院塾生 慈辨

[PR]
by kongousan-akafudo | 2018-09-14 12:00 | ├開運・魔除けについて

結界に関する密教ブログ③

d0359990_11275389.jpg


結界と法具

結界と法具は、密接な関係にあります。

優れた法具を所持するだけでも結界の役目を果たします。

また、昨日、旅立たれた念持仏には、結界法を施し迎えられた方々の身を守護します。
その秘密を此処で、明かします。

念持仏には、長い時間を掛けて力上げの加持祈祷を施し、仕上げに不動明王像の在る中に命石即ち、舎利を迎えられたご本人が入れることで発動する様に仕掛けてあります。
舎利、命石は、正真正銘のルビーや、ダイヤ、エメラルド、その他を個人に合わせて、送ってあります。

全て、ダイヤモンドカットを施した一級品であります。
私の友人が、宝石のバイヤーなので、実現した企画であります。

普通では、念持仏のあの価格では、不可能であります。

友人が私の考えを理解して、原価を割って、提供してくれたおかげなのです。
私は、念持仏を売って儲ける気持ちは、サラサラありません。

この企画を誹謗中傷した者にはもうすぐ、制裁が下ります。
正しい布教、正しい信仰を妨げる事は、大罪が下ります。

信仰は、優しい心の持ち主にしか宿りません。
今回、念持仏を迎えられた方々は、護られます。

より一層の信仰心養われる事を心から、御祈念申し上げます。

壇線

だんせん、とは、大勢の僧侶が斎戒沐浴し、法衣に身を包み、五色の布を捻じり上げて作る護摩壇の結界に使う縄であります。
貴重で大切な物であります。

壇線には、金剛界用、胎蔵界用があります。
微妙に色の組み合わせが違う程度で、素人の方では見分けがつかないでしょう。

私が使う壇線は、糸を撚り合わせそれぞれの五色紐を作ります。
最後に一本の縄に仕立て上げる技法を用いて、作る大変手間の掛かる物であります。
毎年、決まった時期に張り替えを終え新しくします。

そして、念を込められた壇線は、短く裁断してから感謝を込めて信徒様に配布します。
今年も張り替えを終えた壇線は、配布されます。

数多い加持祈祷を越え、護摩の炎に耐えた壇線は、古来依り開運、厄除けに大変な効験を示す物としてされてきました。
そして、一般の方々には配布されて居ません。

結界の必要性

私達にいつ何時、事件事故災害が降り掛かるか?
誰にも分からない事ですが、結界を張り災いを転じて福となす法が存在します。
結界法である。

例えば、勉強嫌いな受験生を机に釘付けにする法も結界法の一種である。
また、訪問販売員に困って居る方々には、結界法が最適である。

但し、素人が実行しても効果は望めません。

また、茶道、華道でも、結界は重要な儀式の一部である。

現代では、形式的な結界。
今では知る者も少なく、本当の結界を張り巡らせられる者は表社会には見受けられ無い。
結界の必要性は言うまでも無い。

今は、正に動乱。
自分の身は自分で護る気概が必要なのですが、そんな簡単には出来ないと言う方々が多いのも事実。

我が密教塾では、様々な事を学び、実践する事で、自立自律を果たす原動力に替えて行くのをお手伝いします。

密教塾は、あなたの入塾をお待ちして居ります。

警告

水と揺れ、皆さんは、お気づきのはずです。

私は、予言、警告、注意、様々な形で伝えてきました。
今回の洪水、地震これは、自然霊からの警告です。

何故、警告が発せられたか。
それは、今の日本の現状を見て下さい。
私が予言した結果に、近づいて居る事がお解り頂けると思います。

原発、戦争法案、殺人事件の多発。
自分勝手が原因の事故、何一つとして、反省が無い。

私は選挙に無関心、無関係だから関係無いと思って居る方々、あなたも大いに関わって居るのです。

愛情の裏返しは、無関心!
まさに日本の現状は、無関心なのです。

自分に関わる事には、関心を示すが、直接的には、関係無い事には興味すら感じ無い、と考えて居ること自体がkarmaを呼び寄せます。
京都御所の結界が切れ、また皇居の結界も切れました。

私の仲間は、必死で各地の結界修復に奔走して居ります。

私もやります。
皆さん如何か、伝えて下さい。
平和の有り難さを、平和の尊さを。
あなたの大切な人を守る為には、大勢の善意が必要です。

今、何故⁈

今、日本中で頻繁に起きている、事件事故。
中には、事故と云えない悪質な者達が急増して居る。

私は常々申し上げている様に、今の日本は、何処で何が起きても可笑しく無い状況にあります。
事件事故は、人災であり、防げます。

このままでは何時、自分、家族が巻き込まれ無い、保証は無いのです。

私は、寺に結界を巡らせております。
彼岸前には、最も強力な四神結界を布陣する予定である。

日本には、いにしえから結界を日常の作法の様に使っています。

結界には、様々な様式の物まで、数えますとざっと百種類の結界具が存在する。
古代の日本人は、結界を非常に大切にして居た事が、伺い知る事が出来ます。

疫病が流行ると、病魔退散の護符を掲げ、生活の中に結界を布陣しておりました。

其れに引き換え、今の日本は無防備。

貴方の為にも、ご家族を護る為にも、結界を巡らせては、如何でしょうか。

縁切り法

縁切り法は、仮名です。

本当の名称は別にありますが、模倣を避ける為に本文は縁切り法で書いて参ります。

縁切り法にも、様々な、縁切りがあります。
例えば、悪縁を切る。

①嫌いな男女を、寄せ付けない結界を張る法。
②嫌いな相手を、寄せ付けない法。
③別れたい相手だけ、寄せ付けない法。
④仕事上で、邪魔をする相手を寄せ付けない法。

まだ、様々な法が、存在します。

近年、犯罪に結び付く事例をニュース等で見ると、教えて差し上げたい気持ちになります。
しかし、素人の方に明かしても効果は得られません。

三位一体の法、また不心得者に悪用される危険を考えると明かす事も躊躇します。

今も、昔も変わらないのです。
科学が発達しても、犯罪はなくなりません。

何故かは?…明かしません。
既に、皆さんが御存知だからです。

私は、誹謗中傷が大嫌いです‼️

そんな、くだらない事を考える位ならその場を去れば良いのです‼️
自分が身を引けば良いのです‼️

しかし、そう簡単にいかないのが現代です。
また、しがらみを作りながらも生きるが人間です。

しがらみに押し潰されてはいけません。
受け入れ、生きるも人間…。
しかし受け入れられないも人間…。
そんな時には、頼るは恥ではありません。
頼っても良いのです。

そして、燕の様に自立する事が大切なのです。

縁切り法とは、あなたがしあわせを引き寄せ、リセットする為に用意された法です。

罪悪感を感じる必要はありません‼️
縁切り法を私が受け賜る時は、阿闍梨として考え、必要な方にしかお受けしません。

全ては、思し召し…
相手の脅威に怯えながら関係を続けるより、安心立命…その為に、有るのが密教の加持祈祷であると愚僧は考えます。

理不尽な事件、犯罪が起こる前に離れるのも勇気です。
後は、あなたの選択であり決断です。

私達はこの世に、苦しみだけを学びに来たのではありません。
肉体が無くては叶わぬ事を学びに来たのです。
恥じることは、ありません‼️

自分の番を、今世で後悔のない様に生きる事も、大切な学びではないでしょうか。

家と土地

アパート、マンション、一戸建て、に引っ越しを考えている方、注意して下さいね。
出入りの激しい場所には、トラブルも発生します。

愚僧の元に家のお祓い依頼が入り、施主に内容を聞くと五階建てのマンション。
築五年、住民の家賃不払い、入居者不振、その他トラブル有り、問題だらけだそうです。

ざっと施主に話を伺って霊視すると、
マンションを建てる前は長屋で、みんな楽しく暮らす情景が浮かんできた。
その中には施主の姿もあった。

その中でも気に成った事があり、深く霊視すると祠と寝たきりで動けない人の姿も。

施主にその話をすると、祠は有ったが、よくわからない?
寝たきりの人は、一人は自分の母親で、一人は入居者だと云う。

母親は亡くなり、入居者の事は分からないと云う。
問題なのは、祠と入居者の事である!

入居者は、涙を流し怨んでいる。
施主は、入居者が何も言えない状態を良い事に、施設に入れてその後死亡。
立ち退き料は一切払っていない。

祠は、稲荷神が祀られていて、お帰り頂く為の祭禮も一切せずにユンボで潰したまま整地。
そしてマンションを建てた。
今は、敷地の何処に有ったか?

全てを施主に説明した。

まず、祠の稲荷神には祭禮を行い、然るべき稲荷大社にお帰り頂く事!
浮遊霊に成った元入居者の浄霊供養!
新たに産土神を召喚して、新たな結界を張る!

全て施主に説明した後、施主が聞いた。
いったい幾ら掛かるのか?
お金の心配だけである。

全く自分のした事の反省も、後悔も無い。
あるのは自分のお金が減ること。

愚僧は、決断しました。
「今回の事は、大寺院にお願いして下さい。私では、扱いきれません」

すると、大寺院では大変な金がかかるだろうから、お供物を減らして安くやってくれと云うので、ハッキリお断り致しました。

先日、電話があり、税金の滞納でマンションが競売に掛けられるが、祈祷で何とか?…
即座に御断りしました。

何と自分勝手な考え方しか出来ない人であろう!
今、愚僧が懸念する事は、やがて競売に掛けられたマンションが他に渡り、誰かがマンションに入居する?
入居する方の身に何も起こらねば良いが…。

水面下で起こる事

今、水面下で起こる事
私は、今年の始めに予言を書いた事を、皆さんは覚えておいでですか?

今、何処で何が起きても可笑しくない状況なのです。
私は、自分は、大丈夫‼️…だと思う方々は、それを信じてお進み下さい。
私には、何も出来ません。

物価の上昇、事件事故、あらゆる事が、私の書いた予言通りでは、ありませんか?
今、最も重要な事は、家族の結束です‼️
家族の結束なしには、この危機を脱する事は、難しいのです。

若い力と、お年寄りの智恵、夫婦の愛が、カギです。
調和が乱れる時に、出来る風穴を塞ぐのは、家族の結束です。
貴方が中心に成り、結束を固めるのです。

結束する事で、ある種の結界効果が生じます。
貴方や家族を護るのは、結束から生まれた愛の結界なのです。
2015年 05月 22日



■金剛山赤不動明王院■
密教ブログ
赤不動明王院ホームページ
無料メールマガジン 今日から実践!暮らしに活かす密教の智慧
有料メールマガジン 新生密教塾
赤不動明王院オーダーフォーム

■赤不動明王院分院 眞澄稲荷■
眞澄稲荷ブログ
無料メールマガジン 眞澄稲荷日和
眞澄稲荷ホームページ
眞澄稲荷オーダーフォーム

■赤不動明王院一門の弟子ブログ■
*慈しみの葉の雫*
慈福のブログ
金剛山赤不動明王院塾生 慈羽
慈白のつらつら日記
慈練の學び
金剛山赤不動明王院塾生 慈辨

[PR]
by kongousan-akafudo | 2018-09-13 12:00 | ├開運・魔除けについて

結界に関する密教ブログ②

d0359990_11275389.jpg


犯罪は繰り返された

またもや、車を追い越された事に腹を立て5キロも追い回し、

最後は信号待ちの時に鉄パイプを持ち出して、車を壊し現行犯逮捕された犯人が居る。
これは最早、狂人である!

私が前回の記事で、犯罪は繰り返されると言ったばかりである。
それから間もなく犯罪が繰り返された事に、怒りを禁じ得ない!

私は敢えて警鐘を鳴らします。
皆さん、出来れば霊的結界を自身で張って下さい。

結界の張り方は素人でも出来ます。
但し此処では書きません。
何故かと言えば、模倣と悪用を避ける為である。

様々な犯罪者予備軍が横行する今の日本では、そうせざる得ない事をご理解願いたい。
軍事的危機も大変な事だが、身近な犯罪者に対しての防衛が急務であると私は考えます。

私は以前から申し上げて居ります。

自身も大切ですが、もしあなたの愛する人が理不尽な犯罪者の手によって命の危機があるとしたら、あなたは護り抜けますか?

私は武術家ですが、私が側に居ない時の為に、家族には霊的結界を二重三重に張ってあります。
大切な人を護れるのは、あなたしか居ないのである。

魂の弱体化に依る憑依

現在、様々な事件を考える時、ある共通点に氣づくはずである。

それは、簡単に殺人を犯す事である。
ハッキリ言えば無機質で、感情《良心》の欠片も感じられない点である。
流れ作業的に、報道されるニュースに、私は危機感を禁じ得ない。

ある日、知人が一人の女性を連れて来た。
その方は、実の兄を殺された妹さんでした。
その事件は、名古屋で起きた殺人事件です。

お兄さんは真面目な人で、訳あって会社を辞め、退職金の二百万を貰った数日後に、友人二人に退職金を奪われ、殺害された。
《犯人は、現在、服役中》

殺された兄と妹は、他に身内も無く二人だけの肉親でありました。
妹さんは、兄の死後、様々な現象に驚き、私のもとに相談をしにいらしたのです。
毎晩、霊現象が起き、お兄さんが成仏しきれて居ないのでは無いか?と言う、心霊相談でした。

私は、降霊を試みる事にしました。
私自身で、霊媒と審神者の二役を敢行し、お兄さんを呼び出しました。
以下は、お兄さんの言葉です。

自分は、部屋で友人と三人で酒を飲み《前の職場の同僚》談笑して居た。
突然、友人が金を貸してくれと言うので、『金は、持って居ない。』と、言うと、
《退職金があるはずだ、ケチな事を言わないで、貸してくれよ。》

『 ダメだ。この金は。妹が何かあった時に使うから。』
『 この金は、明日の朝に妹名義で貯金する金だから、貸すことは出来ない』

その後、友人二人は私に襲いかかり、首を絞められた。
後の事は、覚えて居ない。

氣づくと、自分が倒れて動かない姿を、少し上から見て居た。
何があったのか、分からない。
それから、どれだけ時間が経ったかは分から無い。

《数日後、遺体発見》された。

『 私は、犯人が憎い。ただ真面目に働き、生きて来た自分が、何故こんな目にあったのか?
そして、妹はこれからどうやって生きて行くのか。心配でしようが無い。』

私はお兄さんを説得し、お迎えの方々に託して浄化法に入った。

事件事故の裏には、被害者の家族や友人が居る。
様々な事件、事故が頻発する現在、何時、私達の側で起きても不思議では無い。

私は、言いたい。
今直ぐにでも、霊的barrier《結界》を、自ら張りなさいと。

家の鎮めと浄化

つい十数年前までは何処でも当たり前の様に行われて居た、地鎮祭や鎮宅除災。
昨今では、ほとんど行われません。
《地鎮祭、土地を鎮める儀式》
新築する時は、必ず行いました。

《鎮宅除災、引っ越しや、中古物件購入時》には必ず行いましたが、今では見る事は稀です。
神式、仏式と様々ですが、目的は同じです。

当院は、祈祷寺。
以上の事は当たり前に行いますが、加えて行う事が御座います。

埋め物はさること乍ら、浄化には最大限の労を惜しみません。

ビル建築なら、定礎の中に水晶を納め、一般住宅なら四方結界の中心に〇〇を納めます。
鎮宅除災の場合は、家が建って居るので、状況に応じた修法を厳修します。
密教には、状況に応じた修法が用意されております。

全ての状況に、画一的な法では効き目が薄いと考えるからなのです。
病気も、人に依り異なるのと同じ様に、家にも様々な装があります。

大難は、小難。
小難は、無難に。
変えてこその祈祷であり、修法なのです。


私も齢、六十二。
そろそろ、後継を考える歳に成り、思う事が御座います。

形式だけの現代祈祷の影響が、不信仰を助長させて居ると考えます。
まだ、真に修行し、取り組んで居る若い僧侶、神官は大勢おります。
願わくば、彼らが道を誤らず、真の信仰を突き進む様、祈るばかりです。

■浮遊霊

これから盆にかけて、浮遊霊《未浄化霊、低級霊》の動きが活発化します。

皆様、呉々もご注意下さい。

浮遊霊とは、供養もされ無いしても貰えない霊です。
それが何故、活発化するか?
盆は何処の家庭でも、御先祖様の慰霊の為にお供物を捧げ、供養されます。
しかし、浮遊霊《未浄化霊》には届きません。
哀れな浮遊霊は、逆恨みして悪事を重ねるのです。

そんな時に、ネガティヴな考えや、ネガティヴ思想の持ち主が現れた時、最適な憑依相手と成るのです。
それは、正に類は友を呼ぶ。という事です。

ネガティヴ思考は、何事においても良い事とは言えないのです。
明るく前向きに考える事こそ、最良の開運法なのです。

其処に、密教の秘法が加わる事に依り、磐石な開運結界が完成するのです。
自身の人生を輝かせ、より良く人生を歩んで行きたいとお考えの方はご相談下さい。

本当の意味での開運法は、明るく前向きなあなたにふさわしいのです。
また、何を行っても上手くいかない方、一度ご相談下さい。

立体曼荼羅

当院では、この程、立体曼陀羅が完成致しました。
全ての仏像が完成し、現在、安置する為の工事をしております。
それも、今日で完成します。

私が、四十数年かけた集大成であります。
万感胸に迫る思いが致します。

東京の地を後にして早四十三年、やっとの思いで完成しました。
中央前壇には、弘法大師像《純銀製》を安置し、不動曼陀羅の完成です。

では、何故、立体曼陀羅が必要なのか?《最大最高の結界》

混迷する現代に於いて、本当に信じるに値するものがありますか?
政治家は嘘の固まり。
街には、物質を尊ぶ亡者が徘徊する。

これが、正常な状態と言い切れる人がいたら、それは魔族である。
しかし、混迷する時代に、私の寺には多くの人材が、行者を目指し訪れます。
私は、その弟子達が可愛い。

ある者は、主婦、作業員、清掃員。
様々な立場を超えて一同に会する時、日本は変わります。
本当の真実は、底辺にいる人こそ求めてやまない真理である。
私は、自身の持つ最大限の知識と秘法を彼らに伝授していきます。

密教の根本思想は、即身成仏。
生きて居るこの身このままで悟り、生きる事である。

悪霊と化す

今から書くことは、私の体験談です。


ある家のお祓いを頼まれて行った時の話です。
依頼者家族は、真面目で明るいアットホームな方々です。

ご夫婦は、一生懸命に働き、やっと、念願のマイホームを購入しました。
中古住宅でも、自分達の城である。


しかし、異変が始まったのは、引っ越しを済ませ落ち着いた、一か月後。
夜中、誰も居ない台所での物音。
誰も入って居ない風呂場で、誰かが入浴する音。

その他、様々な異変に見舞われ、堪り兼ねて私の寺に来たのでした。



私は、日時を決め、お宅に向かいました。
視ると老婆が一人、生前と変わらない生活をしているのである。

老婆は、自分の死を理解出来ていないのである。
従って、生きている時と同じように振る舞い、生活して居るのである。

私は、この老婆が哀れになりました。
其処で説得をし、霊界から老婆の先祖霊に来て頂き、一緒にお帰り頂きました。

それから、風呂敷護摩を焚き、家を浄化し、元の平和な家庭生活が出来るように結界を張り、終了しました。


現在の日本は、このような事があちらこちらで頻繁しております。
それは、何故か?
原因は、霊的知識が無い為なのです。


死んだら終わり。
死んだら墓に入る。
死んだら天国に自然と行ける。

全て、間違いです。

死を理解せず、死んでも意識がある事に戸惑い、自分がまだ生きて居ると思い込み、彷徨うのである。
自殺者のほとんどが死を理解出来ず、憑依を繰り返すのも、同じところに原因があるのです。



今、必要なのは、オカルトではなく、霊的知識と霊的理解である。
そして、霊的真理に到達する時、學ぶことの素晴らしさを知ることになります。

貴女が求めなければ、門は開きません。
例え門が開いても、自分が、歩を進めなければ、中には入れないのです。

私は、お勧め致します。
學ぶ事は、貴女の魂を磨く行為であると。

セキュリティ

昨今、神社仏閣は言うに及ばず、家庭でも防犯意識は高まっていますが
年々犯罪者も増加し、その手口も巧妙に成っています。

犯罪者は狡猾です!!
其処で私の寺では、様々な方法で守りを強化して居ります。

今や、一般家庭でも防犯は大切な時代である。
「自分は大丈夫」だと言う不確かな考え方は危険です!!

以前、二階で寝ていた一家の主人が刃物で殺害された事件の真相も知られて居ない事もあります。
防犯カメラも安価で購入出来る時代です。

自分で出来る防犯を実践するのも大切な事です。
当院では、防犯カメラは言うに及ばず、様々なセキュリティを設けて居ります。
《内容は言えませんが、普通では解ら無い物も設置してあります》
そして、霊的結界も重視して居り要塞の様である《笑》

最も重要なセキュリティは、心のセキュリティである。
安易な気持ちで誰かに呪いを依頼したり、自分で相手を呪う等をすれば全て自身に返ります。

本当の呪い師は、自身に結界を張り、もし呪いを見破られ返された時、依頼者に返る様に成っています。
呪いは掛ける者依り、返す方が遥かに簡単である。
以下は、呪いを掛けられたと思う時に、覚えておかれると便利です。
① 獣臭がよぎる様に成る。
② 各部屋に花や観葉植物を置き、勢いや枯れる速度で判断する。

密教には、様々な防衛法が存在します。
白黒紙判定法、香炉法などは、その一例です。
その他の方法は、密教塾にて公開して居りますので、興味のある方はそちらをご参照下さい。

呪いは「掛けた」と言った時点で、脅迫罪が成立します。
《証明が必要ですが、録音でも書面でも記事でも立証はできます》
呪いとは、誠に愚劣で馬鹿げた行為である。

呪いを怖がる必要はありません。
恐怖を感じる必要もありません。
立証すれば、相手は社会的にも人間的にも破滅します。

御霊刀

古来、日本には御霊刀が存在し、民を害し国を脅やかす怨霊を退治してきました。
正倉院の宝物には、それを裏付ける数振りの太刀、剣が現存しております。

また、伊勢神宮、熱田神宮、その他、神社仏閣には、古来依り伝わる御霊刀が今もなお伝えられております。
そして、御霊刀を発動させる為の法《神事、祈祷法》も修されていたのです。

しかし、現在では知る者も少なく、語り継ぐことも皆無に等しく、忘れられて来たのです。

それは、何故か?
戦後のアメリカによる、植民地政策の日本非武装化に起因しています。
その結果、日本は、霊的にも無力化して行ったのである。

然るに現在、巷には悪霊《悪鬼羅刹》が蔓延り《人間の姿はしているが鬼畜の所業をする者》幼い命を奪い、善良な人々の命を脅やかし、傷つけている現状が存在しているのである。

昨今の犯罪事情を冷静に判断すれば、その異常さは誰にでも解るはずである。
最早日本には、霊的結界は存在しない。

当院では、古来依り伝わる御霊刀を屈指し、加持祈祷をして参ります。
当院では、霊障に合わせて御霊刀を変えております。
以下は、その数々でございます。

摩利支天刀《真剣》不動剣《真剣》不動明王破邪の剣《真剣》をお祀りして居ります。
尊剣による、加持祈祷もお受け致しております。



■金剛山赤不動明王院■
密教ブログ
赤不動明王院ホームページ
無料メールマガジン 今日から実践!暮らしに活かす密教の智慧
有料メールマガジン 新生密教塾
赤不動明王院オーダーフォーム

■赤不動明王院分院 眞澄稲荷■
眞澄稲荷ブログ
無料メールマガジン 眞澄稲荷日和
眞澄稲荷ホームページ
眞澄稲荷オーダーフォーム

■赤不動明王院一門の弟子ブログ■
*慈しみの葉の雫*
慈福のブログ
金剛山赤不動明王院塾生 慈羽
慈白のつらつら日記
慈練の學び
金剛山赤不動明王院塾生 慈辨

[PR]
by kongousan-akafudo | 2018-09-12 12:00 | ├開運・魔除けについて

結界に関する密教ブログ➀

d0359990_11275389.jpg

結界を張る。あるいは、結界が破れた。等の表現は、小説や映画、あるいは漫画などでもしばしば登場しますね。
絶対に護られるバリアのような印象を持つ方、ご神仏にまつわる神聖な場所や、修法の際の正邪の境として記憶されている方など様々です。

今日から「結界」について触れられた記事を特集して参ります。
どうぞよろしくお願い致します。

悪霊

悪霊が何故、怖いか?

悪霊とは、究極の自分勝手である。
自分に関係の無い人間にまで憑依を繰り返し、不幸の種を撒き散らし、辺り構わず自己主張して他人に危害を及ぼす。

最近の犯罪に多く見られる傾向ではないでしょうか…

そうです。
現在急速に進む、ある現象があります。
自分勝手な輩の増加は、皆さんも感じているのではありませか?
正に低級自然霊化の証明です。

では、幸運とは、何か?

①幸運を引き寄せる
②強運を引き寄せる
③幸運のアイテム
④強運を引き寄せる、まじない
⑤運を上昇させる
…以上の事は、忘れて下さい。

何が貴方の行方を遮っているのか?

例えば、事件に巻き込まれた人と、巻き込まれない人の差とは何か?
様々な出来事を《学び》の一言で、片付ける事は簡単です。
また、守護霊の強弱に結び付けて語るのも簡単です。

私は、何れも否定しません。

お好きな方は、そちらを遣られるのも結構な事です。

密教では、千二百年前から、わかっているのである。

全ては結界の強弱に有る事を…

京都御所の結界が切れ、東京の皇居の結界が切れた今…日本は、他の進行、侵略に遭うのです。
現に、上記に記した事柄を読み返して考えて頂けば、答えは目の前にあるはずです。

ここは初心者向けに書いておりますが、密教塾では確信を語り、伝えます。
かなり辛口ですが、後は、納得して頂けると自信を持っています。

興味のある方、真面目に取り組んで行きたい方は大歓迎です。
尚、結界についての初伝は、密教塾の方に書いて置きます。

宜しければ、お読み下さい。

密教法具 三鈷杵の力

赤不動院は祈祷寺である関係上、様々な案件の依頼が日々御座います。
その中で一番多いのが、加持祈祷であります。

加持祈祷と一口に言ってもお判り辛いと思いますが、いわゆる願い事の成就です。

一例を挙げますと、

病気平癒、恋愛成就、家内安全、厄除祈願、

先祖供養、水子供養、

開運障除、運気上昇、大願成就、

受験合格、商売繁盛、浄霊供養、浄化供養、等。

まだまだ沢山の願意が御座います。

今回は、その中でも特に印象に残っている、自殺された方の供養を頼まれた時に起こった事を書かせて頂きます。

あれは春まだ早い頃、一本の電話から始まりました。

内容を伺ってみると、ご家族の方がビルから飛びおりて亡くなられ、その日から家族に異変が起き始めたと言うのであるのです。
一通り事情を伺いましたが要領を得ないので、私の寺にお出で頂いて相談を始めました。

異変とは、まず家の中で物が壊れる様な大きな音がするが、何も壊れて居ない。
夜、眠りに着くと、亡くなられた娘さんが現れて泣く。
奥様は、心労のあまり病の床にある。
息子さんは会社で嫌がらせに会い、ノイローゼ気味。
相談者ご自身も、体調不良に悩んで居るとの事でした。

私が霊視をして視ると、娘さん自身が、まだ死んだ事に気付いて居ないのでいるのです。
自殺された方に一番多いパターンであります。

自殺された方は、死にたいが反面、止めて欲しいと心の叫びを発して居るのです。

深層心理を言えば、死にたい人は居ないのです。
生きて恋愛を楽しみ、レジャーや仕事に励み、生活をエンジョイしたいのです。

しかし、中々上手く行かない中で、段々気持ちの中で虚無感を増幅して仕舞い、最後には、自分はいらない人間なのだ。と思い込んでしまうのです。
そして、自身で自爆のスイッチを押してしまうのです。

私は事情を伺った後、相談者と一緒に自殺現場に向かいました。
其処には、階下にうずくまる娘さんが居ました。

私は、娘さんを自分に憑依させ、相談者の運転する車で自身の寺に帰り、御本尊様の御前で娘さんを降ろして供養を始めました。
娘さんは逃げ様としますが、逃げられません。

寺には、結界が張り巡らせてあります。
逃げる事は、出来無いのです。
だから、私に憑依させて連れて来たのです。

供養を始めて直ぐに、娘さんに憑依して居たものが姿を現し、襲い掛かって来ました。
しかし、此処は寺。
如何に強いものでも、御本尊様と眷属様の前では無力で御座います。

しかし、私に襲い掛かって来ました。
私は、護摩壇上の三鈷杵を手に取り、バジヤラに変化させ、娘さんに憑依していたそのものを斬って瞬間に消滅させました。

後は娘さんに引導を渡すことが必要であり、大切な締め括りに成ります。

相談者のご先祖様を召喚し、娘さんを託しました。
娘さんは納得して、ご先祖様と霊界に帰られました。

その後、相談者の家庭は円満に成りました。

今では、息子さんがお嫁さんを貰い、孫の世話をご両親と一緒に楽しく送られておられます。

この世に不必要な人間は居ません。
皆、それぞれに、役目を持ち、この世に生まれて来るのです。
生きる事に無駄な事など無いのです。


人生に無駄はない。

結界の必要性

今、必要なのは、個々に結界を持つことだと考えます。

結界とは、砦を意味します。
昨今、訳のわから無い輩が横行する中、無防備ではあまりにも危険なのです。

皇居、神社、仏閣には、様々な形、方法で結界が張られて居ります。

皆さんの家庭でも同じことですが、結界の必要性を学ばれる事をお勧め致します。

学ぶ事に無駄はありません。
学ばずにダメだと決め付ける事こそ蛮行であり、無知の証しであります。

無知は、人間を堕落させ向上心を奪います。
人間には、叡智が存在しますが、学ばなければ叡智も発揮出来ないのです。
物事は、深く学び、自身に落とし込む事に依り、叡智と成ります。

無知は傲慢を生み、自身を滅ぼし、他を傷つけ、社会をも破滅させ様とします。
学びの第一歩は、興味を持ち、学ぶ事です。

結界

結界には、様々な形が御座います。

人結界、四方結界、道場結界、自然結界、まだあります。
そのパワーは、行者の力量によって変わります。
強い物は、何百年と、効果を止める物も御座います。

一例を挙げれば、徳川家の三百年結界を張ったのは、天台宗の僧侶天海で御座います。
天海は、あらゆる結界を使い、完成させたのです。
日光東照宮、上野の寛永寺、不忍池、まだまだ御座いますが、徳川家康の膨大な力を使い、徳川家三百年結界を完成させたのです。

正に、結界の見本であります。
私が施す結界は、主に個人を守護する四神結界や五大明王結界、不動結界、と様々です。

結界に無くてはなら無いのが密教法具で御座います。
密教法具を使った結界は、チベット密教にも色濃く残って居ます。

簡単なので、説明すれば、独鈷杵を四方に打ち込み、その場を囲む四方結界も簡易的なものですが、悪霊や魔界人を寄せ付けません。

また、動く物に張ることも出来ますが、此処での発表は模倣を呼ぶので控えます。
個人に張る結界も存在致します。

但し、素人が見よう見まねで行った時、逆に、魔や悪霊を呼び寄せる結果に成り危険であります。
自分でおやりに成りたい方は、まず師の伝授を受けて下さい。
古神道にも、優れた結界法が存在する事を明記して置きます。

御守りの秘密

御守りの中身は殆んどが護符ですが、今回新年の護摩供養参加者様に贈る御守り袋の中には、宝玉を入れて護摩供養参加の御礼に致します。
宝玉とは、御本尊赤不動明王尊の御前にて加持祈祷した水晶球に、地水火風空、五行の力を封じ込め、持つ方を護ります。

地水火風空とは、古来依り、あらゆる結界に使われて参りました、基本であり法則なのです。
一例を申せば、風は大気を攪拌し、地上の空気の対流を促します。

空気は、澱めば邪の生息域と成り、正の氣を阻みます。
邪が蔓延れば、この世は焼土と化します。

五行宝玉は、持つ者を護り開運に導きます。

本来は行わない法ですが、この度の御法は、御本尊赤不動明王尊の宮殿完成落慶法要に当たるので、御礼と記念を込めまして厳修致します。
2015年 12月 06日

表鬼門 裏鬼門

表鬼門とは北東、裏鬼門とは南西ですが、様々な捉え方が御座います。
如何しても鬼門の方角に行かなくてはならない場合は、その方角の氏神様の御加護を頂く様にしましょう。

そして、その方角に住む場合はご先祖様をしっかりお祀りして下さい。
ご先祖様の御加護と氏神様の御加護を頂戴する事は、どんな結界より強く作用します。
また、鬼門を封ずるには強い仏を拝し、鬼門封じとされる事をお勧め致します。

専門的な事を書きたいのですが、模倣し、悪用される危険があるので、ここでは伏せ置きます。
密教には、古来依り鬼門封じの秘法が使われて居ります。
専門的には、様々な道具と知識が必要と成ります。

心配な方は、ご相談下さい。

御加護の有無

大義の部分では、全ての人が護られて居ると言えすが、狭義で言えば、信仰心の無い人を護る事は無いのです。
人間界の場合と同じように、無視する者を助ける事は無いのです。

今回、私が旅先で遭遇した事例では、もし普通の人が遭遇して居たら、深刻な事態に発展して居た事でしょう。
一見、理不尽に思う事柄ですが、誰にでも起こり得るのも事実であるのです。

霊的に御加護を得る者と得無い者の差は、実は歴然として居るのであります。

例えば、様々な事件事故で、助かる人、助から無い人の差が歴然として居るのも確かな様に、霊的御加護はハッキリして居るのです。
だからと言って、私は護られて居るから大丈夫、は無いのです。

常に感謝して生きる事こそ、最高のbarrier《霊的御加護、結界》を張る事に繋がるのです。
神仏をオモチャにしていれば、いずれトンデモナイ事態を招く結果に成ります。
その時人は、大変な後悔をする事に成るのです。

その逆に、正しい信仰心を養い、自らを律して生きる時、必ず護られます。
人間の能力など、《私》大した事は御座いません。

御仏のお力をお借り出来なければ、何も出来無いのが現状で御座います。

私は、道具としての自分を更に鍛え、道具の本分を忘れず、残りの人生を歩んで行く覚悟です。
御仏は、あなたに耐えられ無い試練を与えません。

耐えられ無いと思うのは、自身の小我。
頑張りましょう。
明日の皆さんがしあわせであります様に、お祈り申し上げます。

霊的布陣

密教では様々な壇を組み、常に霊的布陣《バリヤー》を意識し、壇を組んで参りました。
当院も例外では御座いません。

古来より伝わる法式を取り実践して参りましたが、何分、貧乏寺、理想と現実のギャップは襲い掛かって来るのが現状で御座います。
その訳は、密教の法具、及び、仏像が高額なものばかりで、中々、完璧に揃え上げる事が難しいのです。

当院の御本尊様は、赤不動明王尊、東西南北の結界を、持国天、増長天、広目天、多聞天、の四天王が内陣を護り、外陣を金龍が護り、脇に聖天壇と宇賀神壇を配し、十一面観音、聖観世音菩薩を安置して居ります。

法具は、不動明王尊剣、摩利支天王剣《両剣、真剣》護摩壇、護摩壇具、長錫杖二振り、手振り錫杖二振り、太鼓一式、その他荘厳具、密教法具とありとあらゆる物が、揃えてあります。
そして、今回製作中の仏天蓋、また新たな御仏を予定して居ります。

新たな御仏が加われば、当院の曼陀羅は完璧で盤石に成り、依頼者様の願望を叶え、信仰する方々の弥栄を祈る為の荘厳壇が完成します。

苦節四十三年、やっと完成に近づきました。
これは、皆々様の信仰心の楔状が合ったればこそ、ここまで辿りつけました。

この場をお借りして、御礼申し上げます。
2016年 05月 10日



■金剛山赤不動明王院■
密教ブログ
赤不動明王院ホームページ
無料メールマガジン 今日から実践!暮らしに活かす密教の智慧
有料メールマガジン 新生密教塾
赤不動明王院オーダーフォーム

■赤不動明王院分院 眞澄稲荷■
眞澄稲荷ブログ
無料メールマガジン 眞澄稲荷日和
眞澄稲荷ホームページ
眞澄稲荷オーダーフォーム

■赤不動明王院一門の弟子ブログ■
*慈しみの葉の雫*
慈福のブログ
金剛山赤不動明王院塾生 慈羽
慈白のつらつら日記
慈練の學び
金剛山赤不動明王院塾生 慈辨

[PR]
by kongousan-akafudo | 2018-09-11 12:00 | ├開運・魔除けについて

花に関する密教ブログ特集

赤不動明王院「密教」ブログの過去記事から、「花」がテーマ、もしくは花の美しさや命に触れた文章をまとめました。
あなたの心に、美しいお花を活けてみませんか?



d0359990_15192174.jpg

密教164 華のエナジー

華《花》は、美しい。

愛でる事に依り、華の一生は報われ、昇天致します。
華は、優しく美しいエナジーを私達に無言で伝えて居るのです。

私は何をやっても駄目だと悲観して居る方々は、一度ゆっくり花園に身を置いて下さい。
必ず、効果は現れます。
華のエナジーは、それほど有効なエネルギーを発して居るのです。

美しい華を観て、イライラする人は居ないでしょう。
もしイライラする様であれば、医師の診察を受ける事をお勧め致します。

華は、人間の心を癒す最高の友であり、最高の妙薬でもあります。
切り花は、僅かな一生を私達の為に使ってくれて居るのです。

玄関に飾れば、優しい人を招きます。
食卓に飾れば、和合をもたらします。
寝室に飾れば、安らぎを招きます。
トイレに飾れば、浄化を促します。
道に咲かせれば、和みを配ります。

華は、永遠の友であるのです。


密教692 自殺願望

自殺願望は何故生まれるか?

生きる事への怯えが自殺願望に繋がるからであります。

助けを求めて彷徨うも助けは現れず、死にたい気持ちが助長され、

「死にたい」が、「死ねるかな?」から「死ねる」に向かった結果です。

自殺は逃避にも成りません。
逆に苦しみを増すだけなのです。

現界に生まれた事は學びの選択であり、目標も目的も全て自分が決めて生まれて来ました。

経典にもはっきり明記されております。

自殺を今考えて居る方は、まず試して頂きたい。
部屋を出て太陽の光を浴び、花を《花畑、草原》見て、寝ころんで下さい。
そこには、爽やかな風と暖かさを感じることが出来るはずです。

人は、辛さ、悲しさ、苦しさに弱いもの。

恥ずかしいなどと考えず、まずは生きる事も死する事も忘れて爽やかな風を感じて下さい。

あなたの心の傷を癒すのは、あなた自身しかないのです。
忘れ上手は生き上手。
死にたい気持ちも忘れて下さい。


それでも死にたいと願う方は、私と一度でもお話ししませんか。

死は急がなくても、いつかは必ず訪れます。

私と一緒に急ぐ意味を考えても、時間はたっぷりあるのだから。

密教190 じいちゃん先生

私には、可愛いファンが居ります(⌒▽⌒)
中学生の女の子で、とてもピュアな心の子です。

小さな身体に、沢山の心の傷を隠し、けなげに咲いた一輪の花。

私は、護ります。
今の日本は、弱い者イジメが流行の様に横行して居るのは何故か?
それは、心がしあわせでは無いからなのである。

しあわせな人は、意地悪しない。
心が貧しく、しあわせで無いから、イジメを繰り返すのであるのです。

ウチの子には不自由は差せて居ません。と言う親御さんが居ます。

しかし、その親御さんは子供に物質を与えただけであり、心の豊かさを与え、教えた訳では無いのである。

例えば、花を育てる段階で二つの鉢を用意し、同じところに置き、一鉢には愛情を注いで話し掛け水をやります。
もう一鉢には、普通に水やりをします。

そして、花が咲いた時に全ての答えが出ます。
愛情を注いで育てた花は見事に咲き、愛に応えます。

もう1つの無い方の花は、?

不信な方は、ご自分でお試し下さい。

全ては原因があり、結果があるのです。
原因が無い結果など、存在しないのである。

私は、護ります。

小さなピュアな魂を、この老骨に鞭打っても護り通します。

子供は、國の宝也(⌒▽⌒)


密教659 同調現象

ごく稀に見受けられるのが同調現象である。

これを感受するのは、1万人に1人位の比率である。

事例①母と娘が、同じ所を同じ様な痛みや怪我に襲われたり、別の場所に居るのに、同じ時間に同じものを食べて居たりと、様々に同調する事がある。

事例②これは深刻である。
面識の無い死人の苦しみに身体が反応し同じ痛み、苦しみを共有する現象である。
《上記の場合は然るべき機関に相談が必要である、要注意》

事例③自殺霊に同調して引き込まれ、自殺をしてしまいそうに成る。
此れも要注意《報告例もある》

事例④様々な場所で感受し、気分が一変する。
此れも要注意である。


上記の様な例は1万人に1人位だが、自身に当てはまる場合は注意が必要です。

不思議ちゃんに成らず、科学的知識を養い、理性的に考え學ぶ時、大部分は回避できるので、あまり神経質に成る必要は無い。

美しいものを愛し《花や美術》理性的に思考する事は、自身のしあわせにも繋がります。

その逆に、誹謗中傷やイジメを好むものは、様々な現象を味わう事に成るので覚悟が必要である。


正心に生き、美しいものを愛する人には、今は苦しくとも必ず光明が差して来ます。

密教645 生霊

想念は誰でも発するが、ちなみに、良い想念は届き難く、悪想念は届き易いのは何故か?

良い事を持続するには信念が必要であるが、妬み、嫉み、嫌う、敵愾心は簡単に持続します。
それと同じで、一人の人間に想念を送り続ける事は簡単である。


一例を挙げれば、仲間同士で仲良くやっていた人が、

友達の成功を切っ掛けに成功を妬み《何故、私じゃ無いの、あの人より私の方が優れているのに》

その日から妬みから恨み、怨みに変わり、相手を呪ったのである。
そして、成功して居た人も運氣が去って低迷期に入り、様々な事に手を出しやがて転落。


低迷期には、静かに淡々と努力する事が望ましいのです。

同じことを経験した方も少なく無いと思いますが、物事が上手くいか無い時は、静かに過ごし努力を続ける事が最良です。
物事には周期があり、良い事が続いた時は感謝で過ごし、低迷期は努力で過ごす事が肝要です。


その逆に、人を呪った者は3倍〜10倍の低迷を味わう覚悟が必要である。

例えば、あんな人は死ねばいい。と想い続けて現実に成った場合は最悪である。
私が言って居る事を信じられ無い方は、ご自由にどうぞ!


嫌な事、辛い事は學びと捉え、いつまでも怨みに思わず放念する事をお勧めします。
人間、忘れ上手は、生き上手である。


私は生霊に取り憑かれて居ると思う方は、美しい景色に身を置いて、爽やかな香りに心を和ませてください。
例えば、美術鑑賞、フラワーセンター、リビングに花束、などなど心を和ませてください。

つまらないオカルトに悩む依り、心の栄養を摂取する方が先決と考えます。


密教212 しあわせのコツ

誰でも、しあわせに成りたいと望むのではないでしょうか?
しかし、しあわせを実感するには、遠い様である。
しあわせを引き寄せるには、あるコツがあるのです。

先ずは、深呼吸をして下さい。

しあわせを望み、引き寄せたいあなた。
私が言う、幾つかのコツを試してみては、如何ですか?
以下を実行する事で、しあわせを引き寄せます。

①微笑み、優しい気持ちで過ごす。
②怒りの感情を、捨て去る。
③整理整頓して、部屋に花を飾る。
④トイレは、清潔に保つ。
⑤嫌な感情をなるべく持たず、學びと捉える。

以上の五箇条を守り、実践する時、必ずあなたにはしあわせの光明が差し、しあわせに導かれます。

密教609 神仏とある日常

神仏とある日常は、心を和らげ、心を育てます。


殺伐とした時代だからこそ、心を和らげ、心を育てる事が大切なのです。

心は自分が育て無くては成長しません。

様々な事件、事故は心が成長して居れば防げたものが大部分である。

心を置き去りにして、自己の我欲に身を置けば結果は、明白です。

花を愛し、人を愛し、神仏を敬う心を育む人は、幸いである。


美しい音、美しい景色、美しい香り、美しい心、全て、あなたは有して居るのです。

ただ氣づか無いだけなのです。

否定と肯定、簡単です、自らが素直になれば、観える景色なのです。

我欲が強ければ見え無い景色も、昔の自分に帰り眺めれば解る筈。

幼いあの時、あの頃、母の胸に顔を埋め無心だった頃を思い出し、

今の自分を見つめる時、あなたには、解る筈です。


密教594 想いが現実に成る

人間の想いとは人それぞれだが、今日は想いが現実に成った一例を挙げ

皆さんに知って頂きたいと考えます。


私の寺には、毎日様々な相談が寄せられます。

その中から抜粋して、幾つかお話をさせて頂きます。



ある少年の願い

少年の家は母子家庭。

でもお母さんは生活保護も受けずに懸命に働き、少年を育てている。

少年は素直な良い子である。

しかし、少年には悩みがあった。

大学進学の事である。

しかし、女手ひとつで育ててくれた母に、これ以上苦労を掛けたくない

だが、自分は大学に行き、やりたい仕事がある。

アルバイトもして稼いだお金は、全て母に渡していた

《母は、息子に内緒で息子名義の銀行口座を作り、全て息子の将来の為に預金している》

良い親子である。

私は少年にある法を教えた

《「書作法」あるものに願いを込めて書き、それを護摩の炎で天に上げる》

少年は見事に志望大学に合格。

そして、お母さんには頼もしいご主人が僅かな間に出来たのです。


人間が書くという行為には、意外な力が働く場合があります。


例えば、貴女の旦那さんを貴女が死んで欲しいと願い、書いた事により現実に成ることがあります。

此れが言霊現象です。


信じる信じないは、ご自由にどうぞ。

ただ、古来依りある事は、事実であります。


人を呪わば穴二つ!!


呪いたいほど嫌いなら離れれば良いだけである。

嫌な奴なら近くに行かなければ良いだけである。


相手を呪詛しても、いつかは自分に何倍にもなって返ってくるのです。


自身が呪われていると思われる方は、美しい花畑や草原を楽しい歌でも歌いながら歩いてください。

くだらない呪いなど、吹き飛んでいきます。


密教248 命と感情


感情の有る物が命、感情が無い物は…?感情の無い物など無いのです。
広義で言えば、地球上にある物で、感情が無い物など存在しません。

石にも、感情があります。
皆さんが愛用しているブレスレット…。
様々な石の羅列でパワーを引き出すと言われていますが、つまり石の性質、即ち、
石の感情なのです。

優しい感情、怒りの感情様々に変化する感情…
何時も同じ感情とは言えないのです。

花にも感情があります。
切り華でも、語り掛けるだけで、華の命は伸びます。

食用の肉にも、感情があります。
ストレスを与えられた動物の肉を食べれば、食べた人間にもストレスが溜まります。

では、肉や魚を食べなければ関係無いというベジタリアンの方は、命を食べていないと思いますか?

貴女も立派に命を食べています。
植物にも感情があります。
優しく、感謝の心を向ける事で、華は華の命を全う出来るのです。

感情には感謝の心、ありがとうの心は、最後に貴女に返って来ます。

密教474 セキュリティ

昨今、神社仏閣は言うに及ばず、家庭でも防犯意識は高まっていますが
年々犯罪者も増加し、その手口も巧妙に成っています。

犯罪者は狡猾です!!
其処で私の寺では、様々な方法で守りを強化して居ります。

今や、一般家庭でも防犯は大切な時代である。
「自分は大丈夫」だと言う不確かな考え方は危険です!!

以前、二階で寝ていた一家の主人が刃物で殺害された事件の真相も知られて居ない事もあります。
防犯カメラも安価で購入出来る時代です。

自分で出来る防犯を実践するのも大切な事です。
当院では、防犯カメラは言うに及ばず、様々なセキュリティを設けて居ります。
《内容は言えませんが、普通では解ら無い物も設置してあります》
そして、霊的結界も重視して居り要塞の様である《笑》

最も重要なセキュリティは、心のセキュリティである。
安易な気持ちで誰かに呪いを依頼したり、自分で相手を呪う等をすれば全て自身に返ります。

本当の呪い師は、自身に結界を張り、もし呪いを見破られ返された時、依頼者に返る様に成っています。
呪いは掛ける者依り、返す方が遥かに簡単である。
以下は、呪いを掛けられたと思う時に、覚えておかれると便利です。
① 獣臭がよぎる様に成る。
② 各部屋に花や観葉植物を置き、勢いや枯れる速度で判断する。

密教には、様々な防衛法が存在します。
白黒紙判定法、香炉法などは、その一例です。
その他の方法は、密教塾にて公開して居りますので、興味のある方はそちらをご参照下さい。

呪いは「掛けた」と言った時点で、脅迫罪が成立します。
《証明が必要ですが、録音でも書面でも記事でも立証はできます》
呪いとは、誠に愚劣で馬鹿げた行為である。

呪いを怖がる必要はありません。
恐怖を感じる必要もありません。
立証すれば、相手は社会的にも人間的にも破滅します。

密教480 花


花のエナジーは、優しく愛に満ちています。

花のある生活は、あなたの心に優しく寄り添い、あなたの心を和らげる効果があり、心の浄化にも有効です。
花の命を見守ることも、魂の成長を促し、あなたに沢山の事を氣づかせてくれるでしょう。

子供の頃、友達と遊んだ野原、其処には、小さな花が咲いていたはずです。
様々な事象の中で自身が消耗した方も、花は、優しくあなたを包みます。
あなたに合った花を探すのも、良い心の娯楽ではないでしょうか。

心がざらつき悪い言葉を発すれば口から毒を吐くのと同じで、
やがてその毒は、自らの身体を害し、失意の中で果てる事に成ります。

花を愛し、自らを愛し、他を愛する時、あなたの人生は、変わります。
あなたの人生を変えるのは、あなた自身である事を完全に知る時、必ず変えられます。

大切な人生、変えてみませんか?変えるのは、あなた自身の選択が必要不可欠なのです。
怠惰の海からは、何も生まれません、みんなで學びませんか?
仲間から仲間に學びの輪を広げ、自身を俯瞰する時、あなたを縛る鎖は外れ魂の自由を知る事に成るのです。

しあわせを引き寄せる

しあわせは、貴方の隣りに待機して居ます。
魔法など必要ありません。
まず、次の方法を実践して下さい(^^)

①部屋を整理整頓する。
②掃除を小まめにする。
③カーテンを可愛い物に変える。
④鉢植えでも良いから、可愛い花を育てる。
⑤人形は、全て処分して下さい、生き霊は、人形に憑依します。ヌイグルミも例外ではありません。
⑥綺麗な言葉を使いましょう。
⑦美しい音楽を聴いて、美しい絵画、彫刻を鑑賞する事で、美意識を高めていきましょう。
⑧美しいところに、自分を置く様にイメージします。
⑨温かいお風呂に入り、毛穴から、汚れたエクトプラズム出ていくまでゆっくり、リラックスして下さい。
お風呂から上がり、お酒以外で、貴方がお好きな飲み物を飲みながら、自分が望むしあわせを、強くイメージします。

以上を実践する事で、確実にしあわせの階段を登っているのです。

殺伐とした心に、しあわせの種は、生えません。

おおらかな優しい心には、美しい花のアーチが視えて来ます。

今日が休日の方、試してみては如何でしょうか?

しあわせな気持ちを、必ず味わえます。



■金剛山赤不動明王院■
密教ブログ
赤不動明王院ホームページ
無料メールマガジン 今日から実践!暮らしに活かす密教の智慧
有料メールマガジン 新生密教塾
赤不動明王院オーダーフォーム

■赤不動明王院分院 眞澄稲荷■
眞澄稲荷ブログ
無料メールマガジン 眞澄稲荷日和
眞澄稲荷ホームページ
眞澄稲荷オーダーフォーム

■赤不動明王院一門の弟子ブログ■
*慈しみの葉の雫*
慈福のブログ
金剛山赤不動明王院塾生 慈羽
慈白のつらつら日記
慈練の學び
金剛山赤不動明王院塾生 慈辨

[PR]
by kongousan-akafudo | 2018-09-10 12:00 | ├開運・魔除けについて