人気ブログランキング |

カテゴリ:本院分院からのお知らせ( 14 )

局留め発送終了のお知らせ

d0359990_20312363.jpg

いつも大変お世話になっております。
今日は赤不動明王院と眞澄より、大切なお知らせをさせてくださいませ。

これまで、赤不動明王院及び眞澄では、ご信徒さま、弟子のみなさんからのご希望もあり、様々な発送方法を取らせて頂いておりました。

・局留め発送
・赤不動明王院及び眞澄稲荷名義の荷物の受け取りを希望されない方へ、個人名での発送
・男性名義での荷物の受け取りを希望されない方へ、永作師僧の奥様名義での発送

しかし、密教寺院本来の勤め以外での事務処理作業が煩雑になり過ぎた為、今後はこれらのご対応が困難となりました。
大変申し訳ございません。
誠に恐れ入りますが、今後の荷物等は全て「赤不動明王院 永作優三輝」名義で、ご自宅への発送とさせて頂きたく存じます。

もしも、どうしても自宅で受け取れないという方は、着払いの伝票を事前に赤不動明王院へお送りください。
そちらの伝票を荷物の上に貼って発送を致します。
それ以外のご対応は、今後一切出来なくなりますので何卒ご了承のほどお願い申しげます。

眞澄からの発送物につきましては、勤行集以外の発送物は「定形外郵便」で統一させて頂きます。
一部大きなサイズのものに関しては、ゆうパックもしくはヤマト運輸と致します。

誠に恐れ入りますが、皆様方のご理解とご協力をお願い申し上げます。


by kongousan-akafudo | 2019-05-15 20:00 | 本院分院からのお知らせ

宇賀神尊御魂につきまして

d0359990_16265850.jpg

宇賀神さまの如意宝珠ですが、早速、沢山のお申込みを頂いております。
ありがとうございます。

※朝夕、最低1回ずつ心を込めて2つの真言をお唱え下さい。
真言を唱える回数は任意です。
毎日どんな時でも、必ず唱え続けられると思う回数を決めて下さい。
唱える日があったり、唱えない日があったりというよりは、回数は少なくても心を込めて唱えることが大切です。
これは行ではありません。
真言はお迎えくださった方だけに伝授します。

※封印しますので、浴酒供養は不要です。

※毎日のお供えはおちょこ一杯のお水です。そのほかに、小さな瓶入りの大吟醸酒をお供えします。
大吟醸酒は宇賀神さまの大好きなものです。
壜の蓋は開けなくても構いません。
大吟醸は1日と15日に取り替えます。
お下げしたお酒は、飲んでも料理に使ってもOKです。

この他のお菓子や果物、お花等の供物は任意です。
あなたが出来ると思えばお供え下さい。
強制ではありません。

◎その他の詳しい事は、お迎えされた方にだけ、同梱の説明書でお知らせ致します。

よくあるお問合せについて、こちらでお答え致します。

今回のお授けは、宇賀神尊像ではありません。
福徳円満法を祈祷した御魂です。
お間違えのないようにお願い致します。

既に宇賀神尊像、あるいは宇賀弁財天尊の香合仏をお祀りされている方も、お迎えすることが出来ます。

■宇賀神尊宝珠のお授け■
(内容)
・宇賀神尊被せ厨子:縦9cm、横4.5cm
・宇賀神尊宝珠(福徳円満法のみを加持祈祷した御魂)
・納経用の経典一部
・詳しい説明書(真言の伝授を含む)

ご寄進料:一基につき30,000円(厨子・宝珠代・開眼祈祷料・発送費等を全て含む)
お申し込みは赤不動明王院オーダーフォームよりお願い致します





by kongousan-akafudo | 2019-05-13 18:00 | 本院分院からのお知らせ

福徳円満法を加持祈祷した宇賀神尊御魂

このたび赤不動明王院では、宇賀神厨子に御魂を入魂してお授けする事になりました。
(御魂は宇賀神尊像ではありません)

こちらの宇賀神尊御魂は、福徳円満法のみを加持祈祷した御魂です。
したがいまして、既に宇賀神尊像をお迎えされた方でもお迎えすることが出来ます。
■福徳円満とは…

幸福と財産に恵まれ、満ち足りているさま。精神的・物質的ともに恵まれているさま。

ただし、貴重な厨子ですので数に限りがあります。

仏師さまが日々のお仕事を終えられてから、ご自身の時間を割いて製作されている特別なものです。
量産出来るはずがないのです。

みなさま、ご存知でしょうか?
厨子も仏像も、大きなものを作るより、小さく精巧なものを作る方が大変だという事を。
宇賀神厨子も例外ではありません。

d0359990_16160932.jpg

d0359990_16161181.jpg

縦9cm、横4.5cm

被せ厨子に入った宇賀神尊御霊は、30,000円のご奉納料にてお授けを予定致しております。

続報をどうぞ楽しみにお待ちくださいませ。
後日、赤不動明王院オーダーフォームに掲載を致します。





by kongousan-akafudo | 2019-05-11 18:00 | 本院分院からのお知らせ

純銀製の法具が作れるようになりました

d0359990_20425862.jpg

こちらは響銅製の法具です。

先日、赤不動明王院へ法具師さんからお話があったそうです。
『響銅製以外にも、純銀製で法具を作製できるようになりました。ご希望の方があればお作り致します』

凄いお話だと思いました。


赤不動明王院ブログや密教塾で、過去に何度か「蘇婆呼童子経」について取り上げられてきました。
「蘇婆呼童子経」では、法具について、「富貴を求めば純(もっぱ)ら銀で作れ」と説かれています。

ちなみに作製できるのは

・独鈷杵
・三鈷杵
・五鈷杵
・金剛鈴

の4種類との事です。

純銀製で法具を作るとなると、大体どれくらいの値段になるのだろう?と思われる方もいらっしゃることでしょう。
一例を挙げます。

15cmの五鈷杵が、大体26万円位です。
もし赤不動明王院からお分けするとなれば、これよりはお安く出来るようになるかと存じます。
が、実際の購入ご希望者さまとの間で『応相談』となります。


お心が動かれました方は、メールマガジンを発行しているメールアドレスへお問合せ下さい。

尚、恐れ入りますが、お問い合わせの際は、メールマガジンのタイトル及び本文は消して下さい。
何の関係もないタイトルや本文がついたメールをそのまま送らないでください。
お願いします。

タイトルは『純銀製法具についての問い合わせ』
メール本文内には
・住所
・氏名
を必ず書いて下さい。



by kongousan-akafudo | 2019-04-25 08:00 | 本院分院からのお知らせ

≪重要なお知らせ≫ご注意下さい。

d0359990_13523100.jpeg



ホームページの問い合わせ欄は、相談申込みにはなりません。
また、お尋ねになられても赤不動明王院は一切返答致しかねます。
どうぞご理解下さい。

本当にご相談を受けられたい方は、オーダーフォームからお申し込みをお願い致します。
尚、パソコンのフリーメールを着信拒否設定されている方は解除してください。
自動返信メールが届きません。


【対応時間】
9時~17時
お仕事等のご都合で上記の時間帯が難しい方につきましては、21時まではご相談に応じることが可能です。
ただし、常時その通りではございません。
各種ご相談等は、直接赤不動明王院へお越しになる方法と、お電話での方法からお選び頂くことが出来ます。


【ご相談希望日につきまして】

☆必ず第3希望までお知らせください。
◎月◎日13時、◎月◎日14時、◎月◎日10時というように。
「午前中」「夕方伺います」などの曖昧表現は不可です。

☆オーダーフォームのコメント欄にご相談内容のあらましをご記入下さい。

場合によっては事前準備等が必要な事があるかもしれません。

☆お電話でのご相談の場合、事前にお写真をお送りください。
ご相談終了後は破棄いたします。

☆こちらからの問い合わせに返答なき場合は、自動的にキャンセルとなります。
自動的にキャンセルとなった場合、二度目の受付は不可となります。

☆振込みの記録が通帳に残りますので、お振込みをもって正式受付となります。
当日支払いは不可と致します。

☆一度決まった予約時間は、事故、交通渋滞、約束の時間までに仕事が終わらない等の常識的な理由でない限り変更は出来ません。
あなたのご予約時間があなただけのものであるように、他の時間は他の方の為のものであることをご承知おき下さい。
また事前キャンセルや日時の変更を繰り返された方につきましては、今後一切予約等を承ることは出来ません。

☆オーダーフォームを通した正式依頼のない、霊視、御相談はお受け致しかねます。
ホームページの問い合わせ欄は相談依頼にはなりません。
またご相談にお返事をすることも出来ません。
尚、匿名の方に関しては一切お受け致しません。

※相談を受付出来ない日。毎月、13日・27日・28日


【赤不動明王院へお越しの方へ】
ご同伴者がいらっしゃる場合は、その旨も併せてお知らせください。
尚、ご相談時には院主の奥様がご同席されますので、女性お一人での来所でもご安心です。

〒580-0004

大阪府松原市西野々1-2-30

金剛山赤不動明王院



【お支払い方法】
全て事前に、院主永作優三輝のゆうちょ口座へお振込みをお願い致します。
オーダーフォームより申し込まれますと、自動返信メールが折り返し届きます。
その中に口座のご案内がありますので、ご覧ください。

恐れ入りますが、クレジット決済は不可です。
何卒ご了承下さいませ。

【メニュー】
・ご相談(霊視あり・霊視なしともに)…1時間19,500円


by kongousan-akafudo | 2019-03-03 14:00 | 本院分院からのお知らせ

風呂敷護摩伝授は電話でも可能です

d0359990_17452827.jpg

全国津々浦々から、赤不動明王院へ伝授希望者さまが来院されています。
全ての物事には微妙なニュアンスがありますので対面での伝授に勝るものはないと思います。

しかし、遠方に住んでいるし、伝授料も道具代も高額なので、そのうえ往復の旅費までは用立てられない…という方もいらっしゃることでしょう。

電話で手解きを受けることも可能です。
2時間程度のお時間を頂戴致します。
道具類は後日、赤不動明王院より発送致します。


電話での伝授希望の方は、電話相談、霊視、祈祷のお申込みと同様に、ご希望の日時を第三希望まで挙げて下さい。
尚、特定の1日で3つの時間帯を挙げるのではなく、代替日を候補日として教えて下さいますようにお願い致します。

※NG例→第1希望1月1日10時。第2希望12時。第3希望15時。




by kongousan-akafudo | 2019-02-18 13:00 | 本院分院からのお知らせ

練習護摩を赤不動明王院で焚くことができます

e0392772_19215808.jpg


■赤不動明王院からのお知らせです

風呂敷護摩の伝授を受けられた皆さまへ、そして伝授をご検討の皆さまへ

伝授を受けても、自宅で練習出来ないしどうしよう。
そんな風にお悩みの方へ朗報です。

外護摩を焚くための炉を用意致しました。
赤不動明王院で練習護摩を焚くことができます。
(伝授者に限ります)

アパートやマンションにお住いの方、お庭で護摩を焚くことの出来ない方は赤不動明王院へお越しください。
ただし、その際はきちんとご予約をお願い致しますね。


また、赤不動明王院の護摩木や壇木を使いますので、指導料のほか材料費(壇木、護摩木は赤不動明王院、香油は眞澄)のご負担をお願い致します。
詳細につきましては、お問合せ下さい。

練習護摩は本堂のご本尊さまたちの前では焚けません。
ご了承下さいm(__)m

尚、初回の伝授は座学ですから、お電話でも指導を受けることが可能です。
実際の護摩焚きまでは行きません。

e0392772_19215808.jpg


*風呂敷護摩一式*

・護摩本尊御幣及び幣串…10,000円
・五色房付敷布《当院別製》…20,500円
・木曾ヒノキ壇本36本…3,000円
・木曾ヒノキ護摩木《当院別製》100本…7,500円
・50ml入り香油…3,000円
合計44,000円

※こちらのセットは、護摩を焚いたり伝授は希望しないが資料として手元に欲しいという方へもお分け致します。

伝授希望者の方は、別途伝授講習料が必要です。

伝授講習料:20,000円

※伝授に際し、事前に誓約書への署名捺印が必要です。
※伝授内容は一切他言無用です。
※伝授は初回に風呂敷護摩セットを申し込まれた方のみとさせて頂きます。
※講習は、電話と赤不動明王院に御来院との2通りからご選択いただけます。←初回講習は座学です
※当院へお越しの方は、護摩木は当院のものを使います。
※伝授に関する質問は、当日のみ受け付けます。伝授日以降の質疑応答には一切応じられません。

ご希望日時を、第3希望まで挙げてお申込み下さい。
尚、ご同伴者やご見学者は一切認めません。


これ以降、自宅で練習が出来ない方はご予約を取って赤不動明王院へお越しください。
指導料の他、別途必要となる材料代をお支払い下さい。


みなさまのお申込みを心よりお待ち致しております。
お申込みは赤不動明王院オーダーフォームよりお願い致します。



by kongousan-akafudo | 2019-02-18 13:00 | 本院分院からのお知らせ

護摩修行の申し込みをお受け致しております

e0392772_11264165.jpg

赤不動明王院では、護摩修行の為に本式の護摩壇を2つ用意致しております。
院主永作優三輝が、設営から全てを手解きします。

設営~片付けまで、約5時間程度を予定しております。
時間の余裕を持ってお越し下さい。

◎練習用護摩壇・護摩木・壇木・護摩支具・香油は全て赤不動明王院が用意致します。

≪各自がお持ち頂くもの≫
・法衣、袈裟等
・法具(独鈷杵・三鈷杵・五鈷杵・金剛鈴)
…開眼供養した響銅製法具を赤不動明王院にてお授け致しております。



伝授指導料(護摩木・壇木・護摩支具・香油代を含む)60,000円


伝授申込資格:密教塾の塾生であること(必須)


護摩修行申込は、赤不動明王院申込欄よりお願いします。
コメント欄に、伝授ご希望日時を第三希望までご記入下さい。
他の伝授希望者の方、霊視相談者の方、ご祈祷との時間調整を致します。
また、浴油浴酒の日及び、その前後の日(12日~14日)はお受けすることができません。
ご了承下さい。

申込と同時に自動返信が送られてきます。
本メール内に、指導料振込先ゆうちょ口座が案内してございますので、そちらへお振込み下さい。
お振込みを持ちまして、本申込みとなります。





by kongousan-akafudo | 2019-02-18 13:00 | 本院分院からのお知らせ

香合仏礼拝法

d0359990_05421829.jpg


①毎日必ずすること
1)新しいお水を差し上げる~お水を取り換えるとき、前日のお水は植物等に
2)お酒も毎朝差し上げること(お酒は大吟醸)~お酒はお風呂に入れる、料理に使う等
3)お供えも毎朝差し上げる

②香合仏礼拝法
1)合掌
2)三拝
3)真言:オンサラバタタギャタハンナマンナノウキヤロミ
4)般若心経
5)真言:オンサラバタタギャタハンナマンナノウキヤロミ
6)二拝
7)終わりの言葉:願わくば我らと皆と共に仏道をじょうぜんことを
終了

③外出時にはカバンに香合仏を入れて、一緒にお出掛けになる。
常にお守りとしてお持ち下さい。
d0359990_18304924.jpg
香合仏:不動明王尊

d0359990_18305302.jpg

香合仏:聖天尊

d0359990_18305195.jpg
香合仏:荼枳尼天尊



【香合仏さま 詳細】

【材質】柘植の木
【サイズ】約6cm
【ご提供価格】1体16,200円
赤不動明王院にて祈祷済み、送料込み

別売りで、香合仏さまのスタンドもご用意いたしております。
ご入用の方はお申込み下さいませ。

*香合仏礼拝用スタンド《ヒノキ製》*
・お値段:2010円(梱包・発送費等込)


d0359990_13114988.jpg

■ 私は、近親者には香合仏を勧めております。
家に本尊仏を安置し、外出時には自身を結界の中に置く為には、香合仏が最適である。

今の日本は、何処で何が起きるかわからない状況にあります。
自身の心は平穏であっても、他が全て平穏な心境にあるとは、誰れにも言い切れないのが現状である。

悲しい世の中である。
しかし、その現実を憂いても何も変わらない。
むしろ自身が疑心暗鬼に墜ち入り、恐怖に怯えるだけである。

現界はジャングルと考えて警戒し、防衛する事の方が賢明である。

私が奨励するのは、霊的防衛です。
外的防衛と霊的防衛が一致する時、初めて結界が完成します。

当院では皆さんに合った開運厄除の御守りを用意し、御守りの中に特別な祈祷を施し、御授けしております。

密教の加持祈祷は、古来依り、一人づつ御加持しております。
御本尊様と御縁を結び、来たるべく年を迎え、弥栄を迎えては如何でしょうか。

赤不動明王院密教ブログ 『密教411 香合仏』より引用



by kongousan-akafudo | 2019-02-06 15:00 | 本院分院からのお知らせ

灯籠供養のご案内

d0359990_11110374.jpg

灯籠供養について、様々なご質問を頂いておりますので、Q&Aの形式でまとめてみました。

あなたの疑問がこちらで少しでも解消できましたら幸いです。

Q1)代替わりをしたり、申し込みをした自分が他界した場合、供養はどうなりますか?
中止することは可能ですか?

A)灯籠供養は永代供養となります。
ですから、代が変わっても、ご申請者さまが帰幽されても、変わらずご供養させていただます。
一度お申込みになられますと、春と秋の彼岸、盂蘭盆会の供養をお申込みになられる時以外、管理費等の名目でご請求をすることは一切ございません。

Q2)私は独身で子供もおりませんが、自分が他界したあと、誰も家を継ぐ人間がいないのに、申込してもいいのでしょうか。
A)たとえ継ぐべき子孫がいなくても、ご先祖さまがいなくなることはございません。
赤不動明王院が存続する限り、寺の代替わりの際には供養が継続されるよう、きちんと申し送りを致しますから、どうぞご安心ください。

Q3)水子供養をすることは可能でしょうか?先祖代々の供養と一緒にすることは出来ますか?
A)もちろん、灯籠供養で水子のご供養をすることは可能ですが、先祖代々の供養と一緒にすることは出来ません。
水子の供養の為だけに灯籠供養を申し込まれることは可能です。

Q4)先祖代々の供養は墓のある菩提寺にお願いしておりますが、赤不動明王院で別に先祖代々の灯籠供養をしても差し支えないものでしょうか。
A)問題はございませんし、多くの寺でご供養されることによって、ご先祖さまもお喜びになられると存じます。

Q5)灯籠供養を申し込んだ者です。供養が済んだらご連絡頂けますか?
A)灯籠供養は、「永代」として承っておりますので、365日毎日基本的にご供養申し上げております。
年に三回の特別な供養(春の彼岸・盂蘭盆会・秋の彼岸)の際には、お申込みいただいた場合は蝋燭をたててご供養させて頂きます。
が、それ以外の日も日々、ご供養致しております。
寺が存続する限り、ずっと続いて参ります。

Q6)先祖とは自分の生家のことを指しますか?養子に行った場合はどうなるのでしょうか?
A)苗字・名前というのは、この世での個体識別番号であり、戸籍でも血縁でも先祖であることには変わりがありません。
また、自分が生家から離れ、養子に出た場合は、生家も先祖・養子に行った先も先祖となり、ご縁が倍に増えてめでたい事・嬉しい事として、仏教では考える。と教わりました。

Q7)灯籠供養と蝋燭供養との違いって何ですか?
A)簡単に言えば、蝋燭供養は、「蝋燭が燃え尽きるまで」の期間限定のもの。
それに対して灯籠供養は「永代」のご供養。です。
灯籠供養(祈願法)は、その時々で「〇〇さまの病気平癒」「〇〇さまの良縁成就」「〇〇さんの合格祈願」等に的を絞ってご本尊さまに願意を届けるものとなります。
灯籠供養をお申込みいただいた方には、その期間限定のものである祈願用の百目蝋燭を返礼品としてお付け致しております。

d0359990_08242897.jpg

赤不動明王院護摩堂にて、蝋燭供養法の実際。
このように祭壇の前で百目蝋燭を灯しております。





by kongousan-akafudo | 2019-02-06 09:00 | 本院分院からのお知らせ