カテゴリ:本院分院からのお知らせ( 12 )

【2/11締切】浴油供・浴酒供をご希望の方へ

2月の聖天さま浴油供・宇賀神さま浴酒供のお申込み締切は2月11日です。

ご供養をご希望の方は、11日までにお申込み・お振込みをお願い致します。
また、ご像は必ず11日までに赤不動明王院へ到着するようお送りください。

e0392772_13060284.jpg

赤不動明王院では、毎月、聖天さまの浴油供・宇賀神さまの浴酒供を行っております。

→純銀製の仏像をお迎えになった方は
銀天の聖天さま/宇賀神さまを赤不動明王院へお送りください。
あなたの純銀製の仏さまを浴油/浴酒させて頂きます。

→青銅製の仏像をお迎えになった方は
青銅製の宇賀神さまを赤不動明王院へお送りください。
あなたの青銅製の仏さまを浴油/浴酒させて頂きます。

→木像をお迎えになった方は
お迎えになった聖天さま/宇賀神さまをお送りください。
特殊な法で、しみひとつつけずに浴油/浴酒させて頂きます。

→香合仏をお迎えになった方は
お迎えになった聖天さま/宇賀弁財天さまをお送りください。
特殊な法で、しみひとつつけずに浴油/浴酒させて頂きます。

→千体仏を勧請された方は
千体仏を勧請された時と違う願意がおありの時は、持仏像を赤不動明王院へお送りください。
(たとえば、「開運」で勧請したけれども、自分や家族が手術することになったので病気平癒をお願いしたい等)
そうでないときは、持仏像を発送されずに「千体仏での浴油供」が可能です。
コメント欄へ『千体仏での浴油をお願い致します』とお書き添え下さい。

→お像をお持ちでない方は
初回の浴油供もしくは浴酒供をお受けになられますと、終了後に香合仏の聖天さまもしくは宇賀弁財天さまをお送りさせて頂きます。
次回から浴油もしくは浴油をご希望の際にお送り頂くことが出来ます。

☆香合仏の梱包及び発送の仕方を画像でご説明致します。

【用意するもの】
・レターパック2枚(1枚は返信用)
・半紙(仏さまを包みます)
・梱包材
・セロハンテープ
・ラベルシール
・サインペン

e0392772_13073178.jpg

シールにサインペンで自分の名前を名前を書きます。
それを香合仏のサイズに合わせてカットし、貼り付けます。

e0392772_13073123.jpg

e0392772_13073171.jpg

半紙に包んでセロハンテープで留めます。

e0392772_13073240.jpg

梱包材に包んで、セロハンテープで留めます。
e0392772_13073283.jpg

返信用レターパックを二つ折にしたものと、梱包材にくるんだ香合仏をレターパックに入れます。
ポストにご投函ください。
ご供養料を永作先生のゆうちょ口座へお振込み下さいね。

※木製・青銅製・純銀製のご尊像は小さめの段ボールにてご発送下さい。

①ご尊像は必ず厨子から出してください。
厨子は衝撃に弱く、輸送中に破損する恐れがございます。
発送はご尊像のみ。

②最初に半紙でご尊像を包みます。
セロハンテープで半紙を留めるときは、お顔の前で留めるのではなく、背中側でテープを留めて下さい。

③その上から梱包材(プチプチ)で包みます。
梱包材をテープ留めするときも同様とします。

④段ボールとご尊像との間のスキマは丸めた新聞紙や広告紙などではなく、梱包材を詰めてお送りください。


大切なご尊像を無事に赤不動明王院へお送りいただくためのお願いでございます。
御手数をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い申し上げます。


【お申し込み後の流れ】
・締切日までにお申し込みされましたら、永作僧侶のゆうちょ口座へお振込み下さい。
・お像を半紙に包み、その上から梱包材で丁寧に包み、宅配便もしくはレターパック等で赤不動明王院へお送りください。

※必ず厨子から出してお送りください。厨子は絶対に送らないでください。

【ご供養代】
ご尊像をお迎えの方・千体仏を勧請された方→11,800円
ご尊像をお迎えではない初回の方→17,280円

【お申込みはこちらよりお願いします】
赤不動明王院オーダーフォーム

赤不動明王院でお授けしている聖天尊像はこちら

e0392772_13113637.jpg




赤不動明王院でお授けしている宇賀神尊像はこちら

e0392772_13113952.jpg




by kongousan-akafudo | 2019-02-11 08:00 | 本院分院からのお知らせ

千体仏を勧請されたみなさまへ浴油供養のご案内

e0392772_11032225.jpg

━━━━━━━━━━━━━━━

千体仏を勧請されたみなさまへ

━━━━━━━━━━━━━━━

★月に一度のご供養はいかがですか?

2月の浴油供のお申込み締切は2/11です。

あなたさまの願意を背負い、1年365日24時間、あなたが聖天さまの事を想っているときも、忘れているときも、聖天さまはずっとあなたの為に動いて下さっています。

1カ月に一度、あるいは数カ月に一度、聖天さまへの日頃のご恩に感謝して、あなたが勧請された千体仏の聖天さまへの浴油供養をお申込みになりませんか?


浴油のお申込みは、赤不動明王院オーダーフォームよりお願い致します。
千体仏を勧請された方は、「聖天浴油祈祷・聖天像をお持ちの方 11,800円」をご選択ください。
ご自身の千体仏の他、ご家族さまの千体仏の浴油もご希望の方は、希望される千体仏の数と、ご家族さまのお名前も併せてコメント欄へお願いします。

例:いつもお世話になっております。
千体仏のご供養をお願い致します。
わたくし及び、娘の〇〇の二体分を申し込みます。


by kongousan-akafudo | 2019-02-11 07:00 | 本院分院からのお知らせ

香合仏礼拝法

d0359990_05421829.jpg


①毎日必ずすること
1)新しいお水を差し上げる~お水を取り換えるとき、前日のお水は植物等に
2)お酒も毎朝差し上げること(お酒は大吟醸)~お酒はお風呂に入れる、料理に使う等
3)お供えも毎朝差し上げる

②香合仏礼拝法
1)合掌
2)三拝
3)真言:オンサラバタタギャタハンナマンナノウキヤロミ
4)般若心経
5)真言:オンサラバタタギャタハンナマンナノウキヤロミ
6)二拝
7)終わりの言葉:願わくば我らと皆と共に仏道をじょうぜんことを
終了

③外出時にはカバンに香合仏を入れて、一緒にお出掛けになる。
常にお守りとしてお持ち下さい。
d0359990_18304924.jpg
香合仏:不動明王尊

d0359990_18305302.jpg

香合仏:聖天尊

d0359990_18305195.jpg
香合仏:荼枳尼天尊



【香合仏さま 詳細】

【材質】柘植の木
【サイズ】約6cm
【ご提供価格】1体16,200円
赤不動明王院にて祈祷済み、送料込み

別売りで、香合仏さまのスタンドもご用意いたしております。
ご入用の方はお申込み下さいませ。

*香合仏礼拝用スタンド《ヒノキ製》*
・お値段:2010円(梱包・発送費等込)


d0359990_13114988.jpg

■ 私は、近親者には香合仏を勧めております。
家に本尊仏を安置し、外出時には自身を結界の中に置く為には、香合仏が最適である。

今の日本は、何処で何が起きるかわからない状況にあります。
自身の心は平穏であっても、他が全て平穏な心境にあるとは、誰れにも言い切れないのが現状である。

悲しい世の中である。
しかし、その現実を憂いても何も変わらない。
むしろ自身が疑心暗鬼に墜ち入り、恐怖に怯えるだけである。

現界はジャングルと考えて警戒し、防衛する事の方が賢明である。

私が奨励するのは、霊的防衛です。
外的防衛と霊的防衛が一致する時、初めて結界が完成します。

当院では皆さんに合った開運厄除の御守りを用意し、御守りの中に特別な祈祷を施し、御授けしております。

密教の加持祈祷は、古来依り、一人づつ御加持しております。
御本尊様と御縁を結び、来たるべく年を迎え、弥栄を迎えては如何でしょうか。

赤不動明王院密教ブログ 『密教411 香合仏』より引用



by kongousan-akafudo | 2019-02-06 15:00 | 本院分院からのお知らせ

灯籠供養のご案内

d0359990_11110374.jpg

灯籠供養について、様々なご質問を頂いておりますので、Q&Aの形式でまとめてみました。

あなたの疑問がこちらで少しでも解消できましたら幸いです。

Q1)代替わりをしたり、申し込みをした自分が他界した場合、供養はどうなりますか?
中止することは可能ですか?

A)灯籠供養は永代供養となります。
ですから、代が変わっても、ご申請者さまが帰幽されても、変わらずご供養させていただます。
一度お申込みになられますと、春と秋の彼岸、盂蘭盆会の供養をお申込みになられる時以外、管理費等の名目でご請求をすることは一切ございません。

Q2)私は独身で子供もおりませんが、自分が他界したあと、誰も家を継ぐ人間がいないのに、申込してもいいのでしょうか。
A)たとえ継ぐべき子孫がいなくても、ご先祖さまがいなくなることはございません。
赤不動明王院が存続する限り、寺の代替わりの際には供養が継続されるよう、きちんと申し送りを致しますから、どうぞご安心ください。

Q3)水子供養をすることは可能でしょうか?先祖代々の供養と一緒にすることは出来ますか?
A)もちろん、灯籠供養で水子のご供養をすることは可能ですが、先祖代々の供養と一緒にすることは出来ません。
水子の供養の為だけに灯籠供養を申し込まれることは可能です。

Q4)先祖代々の供養は墓のある菩提寺にお願いしておりますが、赤不動明王院で別に先祖代々の灯籠供養をしても差し支えないものでしょうか。
A)問題はございませんし、多くの寺でご供養されることによって、ご先祖さまもお喜びになられると存じます。

Q5)灯籠供養を申し込んだ者です。供養が済んだらご連絡頂けますか?
A)灯籠供養は、「永代」として承っておりますので、365日毎日基本的にご供養申し上げております。
年に三回の特別な供養(春の彼岸・盂蘭盆会・秋の彼岸)の際には、お申込みいただいた場合は蝋燭をたててご供養させて頂きます。
が、それ以外の日も日々、ご供養致しております。
寺が存続する限り、ずっと続いて参ります。

Q6)先祖とは自分の生家のことを指しますか?養子に行った場合はどうなるのでしょうか?
A)苗字・名前というのは、この世での個体識別番号であり、戸籍でも血縁でも先祖であることには変わりがありません。
また、自分が生家から離れ、養子に出た場合は、生家も先祖・養子に行った先も先祖となり、ご縁が倍に増えてめでたい事・嬉しい事として、仏教では考える。と教わりました。

Q7)灯籠供養と蝋燭供養との違いって何ですか?
A)簡単に言えば、蝋燭供養は、「蝋燭が燃え尽きるまで」の期間限定のもの。
それに対して灯籠供養は「永代」のご供養。です。
灯籠供養(祈願法)は、その時々で「〇〇さまの病気平癒」「〇〇さまの良縁成就」「〇〇さんの合格祈願」等に的を絞ってご本尊さまに願意を届けるものとなります。
灯籠供養をお申込みいただいた方には、その期間限定のものである祈願用の百目蝋燭を返礼品としてお付け致しております。

d0359990_08242897.jpg

赤不動明王院護摩堂にて、蝋燭供養法の実際。
このように祭壇の前で百目蝋燭を灯しております。





by kongousan-akafudo | 2019-02-06 09:00 | 本院分院からのお知らせ

風呂敷護摩伝授は電話でも可能です

d0359990_17452827.jpg

全国津々浦々から、赤不動明王院へ伝授希望者さまが来院されています。
全ての物事には微妙なニュアンスがありますので対面での伝授に勝るものはないと思います。

しかし、遠方に住んでいるし、伝授料も道具代も高額なので、そのうえ往復の旅費までは用立てられない…という方もいらっしゃることでしょう。

電話で手解きを受けることも可能です。
2時間程度のお時間を頂戴致します。
道具類は後日、赤不動明王院より発送致します。


電話での伝授希望の方は、電話相談、霊視、祈祷のお申込みと同様に、ご希望の日時を第三希望まで挙げて下さい。
尚、特定の1日で3つの時間帯を挙げるのではなく、代替日を候補日として教えて下さいますようにお願い致します。

※NG例→第1希望1月1日10時。第2希望12時。第3希望15時。




by kongousan-akafudo | 2019-02-05 15:00 | 本院分院からのお知らせ

練習護摩を赤不動明王院で焚くことができます

e0392772_19215808.jpg


■赤不動明王院からのお知らせです

風呂敷護摩の伝授を受けられた皆さまへ、そして伝授をご検討の皆さまへ

伝授を受けても、自宅で練習出来ないしどうしよう。
そんな風にお悩みの方へ朗報です。

外護摩を焚くための炉を用意致しました。
赤不動明王院で練習護摩を焚くことができます。
(伝授者に限ります)

アパートやマンションにお住いの方、お庭で護摩を焚くことの出来ない方は赤不動明王院へお越しください。
ただし、その際はきちんとご予約をお願い致しますね。


また、赤不動明王院の護摩木や壇木を使いますので、指導料のほか材料費(壇木、護摩木は赤不動明王院、香油は眞澄)のご負担をお願い致します。
詳細につきましては、お問合せ下さい。

練習護摩は本堂のご本尊さまたちの前では焚けません。
ご了承下さいm(__)m

尚、初回の伝授は座学ですから、お電話でも指導を受けることが可能です。
実際の護摩焚きまでは行きません。

e0392772_19215808.jpg


*風呂敷護摩一式*

・護摩本尊御幣及び幣串…10,000円
・五色房付敷布《当院別製》…20,500円
・木曾ヒノキ壇本36本…3,000円
・木曾ヒノキ護摩木《当院別製》100本…7,500円
・50ml入り香油…3,000円
合計44,000円

※こちらのセットは、護摩を焚いたり伝授は希望しないが資料として手元に欲しいという方へもお分け致します。

伝授希望者の方は、別途伝授講習料が必要です。

伝授講習料:20,000円

※伝授に際し、事前に誓約書への署名捺印が必要です。
※伝授内容は一切他言無用です。
※伝授は初回に風呂敷護摩セットを申し込まれた方のみとさせて頂きます。
※講習は、電話と赤不動明王院に御来院との2通りからご選択いただけます。←初回講習は座学です
※当院へお越しの方は、護摩木は当院のものを使います。
※伝授に関する質問は、当日のみ受け付けます。伝授日以降の質疑応答には一切応じられません。

ご希望日時を、第3希望まで挙げてお申込み下さい。
尚、ご同伴者やご見学者は一切認めません。


これ以降、自宅で練習が出来ない方はご予約を取って赤不動明王院へお越しください。
指導料の他、別途必要となる材料代をお支払い下さい。


みなさまのお申込みを心よりお待ち致しております。
お申込みは赤不動明王院オーダーフォームよりお願い致します。



by kongousan-akafudo | 2019-02-05 15:00 | 本院分院からのお知らせ

護摩修行の申し込みをお受け致しております

e0392772_11264165.jpg

赤不動明王院では、護摩修行の為に本式の護摩壇を2つ用意致しております。
院主永作優三輝が、設営から全てを手解きします。

設営~片付けまで、約5時間程度を予定しております。
時間の余裕を持ってお越し下さい。

◎練習用護摩壇・護摩木・壇木・護摩支具・香油は全て赤不動明王院が用意致します。

≪各自がお持ち頂くもの≫
・法衣、袈裟等
・法具(独鈷杵・三鈷杵・五鈷杵・金剛鈴)
…開眼供養した響銅製法具を赤不動明王院にてお授け致しております。



伝授指導料(護摩木・壇木・護摩支具・香油代を含む)60,000円


伝授申込資格:密教塾の塾生であること(必須)


護摩修行申込は、赤不動明王院申込欄よりお願いします。
コメント欄に、伝授ご希望日時を第三希望までご記入下さい。
他の伝授希望者の方、霊視相談者の方、ご祈祷との時間調整を致します。
また、浴油浴酒の日及び、その前後の日(12日~14日)はお受けすることができません。
ご了承下さい。

申込と同時に自動返信が送られてきます。
本メール内に、指導料振込先ゆうちょ口座が案内してございますので、そちらへお振込み下さい。
お振込みを持ちまして、本申込みとなります。





by kongousan-akafudo | 2019-02-05 15:00 | 本院分院からのお知らせ

docomoユーザーの皆さまへ

e0392772_08300235.jpg

いつも赤不動明王院及び眞澄の無料・有料メールマガジンをご購読頂き、誠にありがとうございます。

最近、docomoユーザーの方から、メールマガジンが届かなくなった。というご連絡を頂く事が増えました。
メールマガジンの発行元アドレスは、Gmailです。

もしかしたら、迷惑メールフィルターの設定が関係してるのかもしれません。
一度、スマホもしくは携帯電話の「迷惑メールフォルダ」の中に、赤不動明王院のメールマガジンが収納されていないかご確認下さい。
もし、迷惑メールに入っていた場合は、その設定から眞澄のメールアドレスを外して下さい。

もし可能であればキャリアメール(携帯の名前がついたアドレスです。×××@docomo.co.jpなど)ではなく、YahooもしくはGmail等のアドレスをご登録下さい。
そのうえで、管理人である眞澄(masumi.shinri@gmail.com)まで新しいメールアドレスを教えて頂けませんでしょうか?
既にお持ちの方もお知らせ下さい。

ご自身で再登録されますと二重登録になり、また一番最初からの配信に戻ってしまいます。
ですから、YahooメールもしくはGmailのアドレスを、眞澄までご連絡下さいますようにお願い致します。


また、ご自身の病気や失業などで、塾費の支払いが一時的に難しくなったけれども、塾生を続けたいという場合は、いきなり登録解除せずにご一報ください。
ステップを休止するか、師僧との相談の上で配信を継続するかの方法を取らせて頂きます。

よろしくお願い致します

赤不動明王院 事務管理 後藤慈優


by kongousan-akafudo | 2019-02-04 11:00 | 本院分院からのお知らせ

聖天尊千体勧請、喜びのご報告


d0359990_11053955.jpg



━━━━━━━━━━━━━━━

驚異的な御利益

━━━━━━━━━━━━━━━

私は、利益を語るのはあまり好まない。

しかし、今回は皆さんにお伝えする意味で敢えて語る事に致しました。

私財をなげうって準備させて頂いた、聖天尊千体勧請でありますが、早、各方面から喜びの報告が寄せられております。

事実は、皆さんに報告の意味で、お知らせ申し上げます。

※これはほんの一例です。
・パワハラの消滅
・金銭的苦境の緩和
・夫婦円満
などなど。
正に、御本尊様並びに御眷属様のお計らいの力であります。

そして、聖天尊千体仏勧請に心を寄せられ、信仰心を決定された証であります。
願いが叶うか叶わぬかは、信仰心のなせる技。

感応し、動いて頂けた事は素直に感謝申し上げ、更なる信仰心の決定を図ることが、次への段階に開花するのです。





d0359990_14402402.jpg


お厨子の扉を開けると、このようになっております。
ひとつのお厨子に100体の聖天さまが安置されます。

みなさまが勧進された聖天さまには、マス目内に名札を貼ります。
浴油をご希望の際には、あなたさまの聖天さまを間違いなくご供養申し上げます。

自分の家には、仏壇も神棚も無いから出来無い。
家族が反対するので出来無い。
千体仏供養は、このような思いをお持ちの方に向いた供養法であると言えます。


御仏は、あなたが信仰心に目覚める事を待ち望んでおられます。
この機会に、あなた様だけの聖天尊像を特別製聖天厨子の中に鎮座して頂きましょう。


【聖天尊千体仏永代供養お申込みにつきまして】

・お申込みは「一人一仏」となります。
たとえば、お申込み者さまご本人の他、ご家族で配偶者さまやお子さまがご希望される場合、ご希望者さまごとのお申込みが必要です。
何体でもお申込み頂く事が可能です。

・お名前と生年月日をお知ら下さい。
お申込み者さま以外の方の聖天さまをご希望の場合は、それぞれの方のお名前とご生年月日を必ずコメント欄にご記入下さい。

・お申込み者さまの願意をコメント欄にご記入下さい。
「開運」「病気平癒」「学業成就」「商売繁盛」等。

・お申し込み後、ご希望であれば毎月、謹修しております聖天さまの浴油供養をお受け頂く事が可能となります。
別途お申込み下さい。(ブログ、メルマガにて案内致しております)

・返礼品の写仏の開眼及びお焚き上げ若しくはご奉納を承ります
写仏に関する詳細は別途、下記に纏めてございます。

≪聖天尊千体仏永代供養≫
1仏15,000円(返礼品としての聖天童子写仏セット及び発送料を含む)

お申込みは、赤不動明王院オーダーフォームよりお願い致します。
自動返信にて、振込先口座が案内されますのでそちらへお振込み下さい。
お振込みの確認を持ちまして、正式受付となります。
ご了承くださいませ。



by kongousan-akafudo | 2019-02-03 17:00 | 本院分院からのお知らせ

千体仏勧請についてよく頂くご質問

d0359990_11053955.jpg

聖天尊の千体仏供養について、度々このようなご質問を頂く事がございます。
今日は、そのご質問と回答をご紹介させて頂きたいと存じます。

Q:「家族の千体仏を勧請することもできますか?ちなみに家族は特に信仰心があるわけではないと思うのですが…」

A:ありがとうございます。
もちろん、ご家族のさまの千体仏を勧請されている方も大勢いらっしゃいますから、何の問題もございません。
離れて暮らす高齢のご両親さま、お子様、姪御さんや甥御さん、ご兄弟姉妹の千体仏など、家族構成によって様々です。
皆さまそれぞれに、大切に想う間柄の方のお幸せやご健康を願って勧請されています。
その方へ勧請したと仰らない方も沢山いらっしゃいます。


Q:千体仏でも、願意が叶ったら願解きが必要なんですか?

A:ご質問ありがとうございます。
千体仏であっても、尊像をご自宅へお迎えになった場合であっても、願いが叶った場合には願解きが必要となります。
神仏と人間という関係を離れ、日常の人間関係に置き換えて考えてみると理解がスムーズです。
何かお願い事を人さまにお願いした際には、結果が思うようになった場合はもちろんですが、そうでなかった場合にもご報告とお礼をなさいますよね。
それと同じ礼儀です。
願いを掛けられた時からずっと、ご神仏はお働きくださっています。
具体的な願解きにつきましては、お問合せ下さい。


Q:恋愛成就で千体仏を勧請しましたが、別の願意でも千体仏を勧請することは出来ますか?

A:はい。可能でございます。
一尊につき一願ですから、違う願意での勧請をご希望の場合には是非お申込み下さい。


Q:私は現在、別のお寺さまにお世話になっておりますが、赤不動明王院で聖天さまの千体仏勧請をしてもいいのでしょうか?

A:わたくし共は、他のお寺に通っておられるからダメであるとか、自分の所だけにしなさい。等とは一切申しません。
何故なら、信仰とは誰に強制されるものでもなく個人の自由な世界だからです。
あなたのご判断が全てでございます。




聖天尊千体仏永代供養は赤不動明王院オーダーフォームからお申込み下さい


千体仏勧請についての詳細は下記の記事をご覧ください




by kongousan-akafudo | 2019-02-03 16:00 | 本院分院からのお知らせ