人気ブログランキング |

2020年 01月 29日 ( 1 )

密教1343 感情

喜怒哀楽【きどうあいらく】人間の感情はこの四文字に集約されますが、上記を制御し自分を律する事はなかなか難しい。
感情の赴くままに行動すれば、どうなるか。
密教1343 感情_e0392772_21522567.png
賢明なあなたなら、お解り頂けるで有ろう。
上記の感情が一方に傾き極端に作用する時、人は誤ちを犯し易くなる。
其処に必要なのが、理性である。
しかし乍ら、昨今の事象を見渡す時、感情のままに生きる者の多さに危機感さえ感じる今日この頃である。

例えば交通事故で言えば、感情の起伏が様々な事故に結びついて居る事は、お解り頂けるで有ろう。
この様に感情が行動を左右する事を、お解り頂けるであろう。
感情を制御すれば防げる事象は、一例を挙げるまでも無く多岐にわたります。
人間は感情の動物と言われますが、感情を制御出来るのも人間である。
感情のままに生きれば人間の尊厳は、失われ餓鬼、修羅、畜生に堕ちる事にも成り兼ねません。
智慧と理性を育み、一時の感情に流されない為にも學びを深める事が急務と考えます。
密教1343 感情_e0392772_21575331.jpg
私だけが學んでも何も変わらないと考える事は、早計である。
先ずは、自分から変える努力をする事こそ、先決である。
子は親から學び、社会から學び経験値を上げ、智慧と理性を身につけて行くのである。
難しい事では、有りません。
誰でも一から學び十を知る努力を重ねる時、霊界は応援の手を差し伸べて下さるのである。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主 永作優三輝

by kongousan-akafudo | 2020-01-29 06:00 | ◎赤不動明王院通信