人気ブログランキング |

2019年 11月 04日 ( 3 )

宇賀神尊宝珠に関するご質問

d0359990_16161181.jpg

宇賀神尊宝珠について、度々このようなご質問を頂く事がございます。
今日は、そのご質問と回答をご紹介させて頂きたいと存じます。

Q:「サイトの記事を見ていますと「今回のお授けは、宇賀神尊像ではありません。福徳円満法を祈祷した御魂です」とありました。
宇賀神尊宝珠被厨子とは宇賀神尊像とは何が違うのでしょうか?
意宝珠とはなんでしょうか?


A:宇賀神尊被厨子とは、ブログに掲載している小さなお厨子の事です。
宇賀神さまがお入りになる厨子は特殊な形状をしています。
その名前が「被せ厨子」というのです。
厨子は言わば仏像の家であり、それは仏像ではありません。

如意宝珠とは雫型をした形のもので、仏さまのご利益の象徴です。
今回はお厨子の中に入れるのが仏像ではなく、水晶製の如意宝珠になっています。

本来、このサイズの被せ厨子はあまり一般的ではありません。
何故ならば、宇賀神さまの仏像はとぐろを巻いている蛇の身体の上に人間の顔が載っているため、幅広でかつ大きいからです。

この企画の被せ厨子は小さくて、仏像が入るサイズではありません。
そこで、宇賀神さまの「たましい」を祈祷によって水晶の如意宝珠の中に込めました。
如意宝珠には、宇賀神さまの数あるご仏徳の中から、「福徳円満」のご利益だけが入っています。

ただ、仏像とは違っても、宇賀神さまの魂が入っていることには変わりがありません。
封を切らない状態で小瓶の大吟醸を、そして毎日おちょこ一杯のお水は差し上げて頂くようにお願いしています。


Q:仏像をお迎えして毎日のお勤めをきちんと出来るかは自信がなかったのですが、宇賀神尊被厨子なら出来るかなと思っています。
でも、毎日は出
来ないかもしれないので、失礼があってはよろしくないし…と迷ってます。

A:被せ厨子の如意宝珠は、朝晩2つの短い真言を最低2回ずつ唱えるだけでお経はあげません。
何故なら、厨子のなかにお経が書いてある紙と如意宝珠を一緒に封印するからです。

回数はご自身が毎日続けられると思う数にしてください。
こちらから何回唱えなさい。等の強制はありません。

2つの真言を1回ずつ唱える時間は1分にも満たないと思います。
食事の際に「ごちそうさま。いつも美味しい料理を作ってくれてありがとう」と言うくらいの時間です。
毎日挨拶することが出来る人なら、苦にはならない程度の時間ではないでしょうか。
もちろん、もっと唱える回数を増やすのは自由です。

これは修行ではありません。
ノルマのようにとらえるのではなく、“真言を大切に唱える度に、宇賀神さまとのご縁が深まる”と観想されてみてはいかがでしょうか?


Q:旅行や出張で家を空けるときはどうしたらいいんですか?
その日数分まとめて唱えちゃっていいですか?


A:詳しい事は、お迎えされた方の為の説明書に書いてありますが、外泊される際にはご自宅に安置されたままで結構です。
そして、拝み溜めはしません。
外泊先で真言を唱えて下さい。

真言を唱えるのは誰かから強制されて仕方なく…ではなく、また何らかの数年間に渡るような厳しい修行とも違います。
あくまでもこれは、ご自身の願望成就やお幸せの為のものです。
やっつけ仕事にするのではなく宇賀神さまと繋がる時間を大切になさって下さい。
そのためにも、自分に無理のない回数を唱えるようにして下さいね。

※何らかの行法に入られている方で、どうしても外泊中あるいは宿直中に行が出来ない場合は別の方法があります。
それに関しましては、行に入っておられる方へ個別に指導させて頂きます。


Q:私は現在、別のお寺さまにお世話になっております。
そちらさまでお札やお守りを授かっておりますが、赤不動明王院で如意宝珠をお迎えしてもいいのでしょうか?


A:わたくし共は、他のお寺に通っておられるからダメであるとか、自分の所だけにしなさい。等とは一切申しません。
何故なら、信仰とは誰に強制されるものでもなく個人の自由な世界だからです。
あなたのご判断が全てでございます。


Q:私は現在、◎◎の行をしている最中です。
満行になっていない今、お迎えをしても良いのでしょうか?


A:こちらの如意宝珠は修行本尊ではありません。
ですから、お迎えされることに関しては何の問題もないかと思います。

確かに在家で、しかも日中お勤めをしているという立場で、いくつもの行を掛け持ちすることは本当に大変です。
無論、修行僧の場合はそれを当たり前として生活しておりますが、それを一般の方に強要するような事はございません。
あくまでもこれは、ご自身の願望成就やお幸せの為のものです。


Q:すみません。一緒に入れて頂いていた半紙の存在に気付かず、自分の用意した半紙で如意宝珠を包んで封印してしまいました。
もう一度やり直していいですか?

A:すでに封印されたのであれば、もう開けないでください。
ご自身で用意された半紙で包んで頂いても、何の問題もございません。大丈夫です。



Q:宇賀神様の御霊は私がお世話するのは構わないのですが、私一代だけでの信仰だけで大丈夫なのですか?
私の後で面倒を見てくれる人がいなかったらどうすればよろしいですか?

A:あなたが霊界へ旅立たれる際に一緒に御棺に入れて頂くようにご家族の方へご伝言されるか、遺言書に書いておかれたら良いと思います。
これは宇賀神さまの御霊に限らず、香合仏でも仏像でも同様です。

また、どうしてもお祀りできないような状況が起きたとき(たとえば、結婚によって仏教以外の宗教に入った等)は、お寺に返納するという道もあります。



Q:自分はお酒を飲みません。お供えしたお酒は下げたあと流しに捨ててもいいですか

A:神前にお供えしたお酒にはご仏徳が入ります。
ですから、捨てるという事は避けた方が良いと思います。
庭の草木や野菜の土に撒いたり、料理に使ったり、お風呂に入れたりして有効活用されることをおすすめ致します。



Q:自分の願い事が叶った時はどうしたらいいですか?
引き続き、自宅でお祀りしていて問題ありませんか?

A:赤不動明王院へご相談下さい。
もちろん、ずっと大切にお祀りされていて構いません。

願望成就後に一番良いのは宇賀神尊像をお迎えになる事ですが、それが可能な方ばかりとは限りません。
ですから強制等は致しません。


Q:引っ越しをする予定があります。その場合はどうしたら良いでしょうか?経典に旧住所を書いて封印していますが…。

A:転居が決まった場合には、実際に声に出してでも心の中ででも構いませんが、厨子に向かって丁寧に心を込めて宣言してください。
『ここから~(新住所)へ転居を致します。どうぞ一緒にお移り下さい』
これは仏像等でも同じです。

あなたの疑問が晴れる事を願っています。




by kongousan-akafudo | 2019-11-04 20:00 | 本院分院からのお知らせ

銀天・鋳造仏に関する密教ブログ

d0359990_16520138.jpg


銀天《銀仏像》

赤不動明王院は何故、銀天を作り続けるのか?
今日はその疑問について書きたいと思います。

私が銀仏像を作ると誓願を立てたのは、今から三十数年前のある出来事からである。

当時はまだ今ほど銀仏像の意味も存在も知られて居ませんでした。
《現在でも迷信を語る人は居る》
私は、父母の菩提を弔う為に当時の仏壇屋さんを周り頼みましたが
その答えは、とても私のような貧乏僧侶が頼めるような価格ではありません。
どこをまわっても答えは、冷たいものでした。

何故かと言えば、製作するには次の工程が必要なのである。
①目指す仏像の詳細な資料を素に仏師が木造を製作します。

②型師が木造を素に何通りもの金型を製作します
《原型が複雑な時は複数の金型を製作する》従って型代は、高額になります。

③鋳造
金属により溶点、溶着温度は異なりこれを誤れば、ひび割れ、気泡が出て製作は、失敗に終わります

④彫金
貴重な仏像を際立たせる為に細部に至るまで細かな彫金を施します

⑤磨き上げ
彫金を終えた後、熟練した職人さんがの手で一体、一体、丁寧に磨き上げて行きます。

一見簡単そうに見えますが、素人にはとても出来る技では無い。

以上の工程をよどみなく行うことにより、最高の仏像が姿を現します。
当院では、今迄に、聖天尊像、宇賀神尊像、双身毘沙門天尊像の三仏像を完成させて参りました。
これは、口で言うほど生易しいものではありませんでした。

様々な困難を乗り越え、良い職人さんとの出会いがなければ叶いません。
今では職人さんからも信頼を頂戴出来る寺に成長しました。


世界の秘仏

私は、過去に様々な国の秘仏を拝観させて頂きました。
そして、ある類似点に着目したのです。
其れは、キリスト像〜チベット仏の秘仏は、純銀製が最も多いということでした。

純金やプラチナ製もありますが、其れは、一部の金持ちが金に明かして製作させた物。
大部分は純銀製なのです。

金やプラチナは、薬品にも環境にも左右されませんが、反応もしません。
その昔、王族や貴族が《世界的》銀製の食器を何故愛用したのかを、皆さんは御存知ですか?
其れは毒殺を察知する為なのです。

純銀は、毒素や汚染をいち早く感知し変色します。
そして、純銀の特性として、変色をある簡単な方法で新品同様に復元できるのです。
古代の人の知恵は、驚愕に値します。

当院でも現在、様々な秘仏の復元に着手しておりますが、全て純銀で製作しております。
魔のエネルギーも、有害物質と同じように金属を変色させます。
純銀は、様々な変化を私達に教えてくれます。

先人の知恵から生まれた銀製の物は、現代でも私達に様々な事を教えてくれるのです。
純銀をダメだと言う人は、科学を知らないとも言えます。
金やプラチナが尊く、銀はダメだと言うのであれば、東大寺の大仏も鎌倉の大仏も、日本中の大仏も全てダメな事になります。

固執する思想に至るのであれば、世界の秘仏をも否定する事になります。
科学する心を養い、疑問を科学する時、謎や迷信が入り込む隙も消えます。
密教の経典にも、純銀を使うことを奨励する経典が存在します。

聴き嚙りの耳学問に終始すれば、真実を知る事は終生叶わないのであります。

聖天尊②

仏像を新たに製作するには、尋常では無い苦労がある。
まず資金面。
それから、良い仏師との出会いが得られるか?
鋳造仏を製作するには、以上の何倍も苦労が伴う。

①仏師に木像を依頼《細密》

②木像を元に型を製作します。
型は仏像の形に依り、何通りも製作。
多い場合は6個以上になる事も少なく無い。

③腕の良い鋳造師を探してお願いします。
純銀ともなれば、普通の腕では銀が湧き、まともな物は出来無い。
以前、自信があると言う者が挑戦したが、失敗に終わった経験がある。

④出来上がった鋳造仏に、彫金師が仕上げを行う。
見事である。
大小様々なタガネを使い、細部に至るまで仕上げていく。
この時点で荘厳さが滲み出て居るが、まだ次の工程がある。

⑤研磨師さんが、細部に至るまで手仕上げで磨いてゆきます。
見事である。
正に職人芸の極致である。

上記のように、完成までには大変な苦労が伴う。
その前に、一流の職人さんとお付き合いが無ければ、完成には至りません。

私がまだ若い頃、両親の菩提を弔う為に仏壇屋街を周りました。
しかし、散々高い値段を言われ、また相手にもされず悔しかった思い出があります。

では、現在全て当院のオリジナルで何故出来るのかをお話しします。
それは、霊示のまま動き、巡り会わせて頂いたからなのです。

霊示は今もあります。

当院のような弱小寺が、様々な仏具、法具、仏像を作り続けられる理由。
それ全て、お導きの力が働いた結果なのです。

皆さんも聴いている筈なのです。

では、何故わからないか?
覚えて居ないだけなのです。

誰でも、必ず寝た後、午前2時~5時までは、霊界で御先祖様を交えて守護霊様の御教示を得ているのです。
違うのは、素直に聞く耳を持って居るかどうかだけなのです。

自分の子がを可愛くない御先祖様は居りません。
こちら側が謙虚に生き、信仰心を養って行けば必ず解ります。

正に信仰心とは、有り難い心の羅針盤である。と、私は捉えて居ります。

感謝の心

私の寺は、多くの方々が支え築かれた寺であり、皆様の拠り所であります。

過日、仏師の仕事場にて仕事を拝見させて頂き、改めて大変な仕事と感服致しました。
正に一刀一拝。
現在、当院からお願いして、製作中の双身毘沙門天から、宇賀神尊、両頭愛染明王、荼枳尼天がその姿を現し、具現して居ります。

何年も寝かしては乾燥を繰り返した木に大仏師がノミを走らせ、仏が具現する様は圧巻であります。

その後、一流の鋳造師が型を起こし、純銀の仏像に変身します。
彫金師さんが細部に至るまで彫金を施し、最後に磨き職人さんの手で、一体一体に最高の磨きをかけて完成です。

正に、大勢の方々が精魂込めた結果が仏像に命を刻み込めて行くのであります。
その集大成があればこそ、開眼供養が謹修できるのであります。

そして、製作依頼者様のお宅で家宝仏として、子々孫々に伝えられてゆくのです。

何の知識も裏付けもなく誹謗中傷する者には、わからない世界です。
当院には、銀仏像にまつわる伝書〜経典〜秘伝書に至るまでが所蔵されて居ります。
《一般公開はしておりませんが、当院の信徒様には、公開致します》
裏付けを自身の眼で確認する事は、學びにも繋がります。

全ては、自身の眼で確かめ、知る時、疑問は晴れ、確信に繋がります。
証拠は、確信に至る鍵です。
疑問が確信に変わる時、學びにも拍車が掛かり、依り一層の進歩に繋がる。と私は信じます。

沢山の人の善意が、明日の日本を支えるのであります。
感謝合掌

私だけの秘仏

自分だけの秘仏を持つことは、最高の幸せ《安置》です。
古えの時代、皇族、大名、豪族は挙って、自家に持仏《秘仏》を安置して一族の繁栄と安穏を祈っておりました。
高野山でも格式高い寺には、その当時の秘仏が安置されております《全て、非公開》

日本中の秘仏を、私の知る限り列挙しておきます。

宇賀神尊像、象頭双身歓喜自在天尊像、双身毘沙門天尊像、両頭愛染明王尊像、青面金剛尊像、三面大黒天尊像、摩利支天尊像、孔雀明王尊像、天弓愛染明王尊像、と、様々な尊像が、祀られております。
この他にも、此処では書けない尊像、秘仏が存在しております。

当院ではこの度、各方面の専門家のお力添えを賜わり、象頭双身歓喜自在天《聖天像、純銀》が完成致しました。
それも、破格値で皆さんにお分け出来る事に成りました。

純銀無垢の聖天像で、重さ200グラムを超える逸品であり、家の家宝として安置して頂けます。
開眼供養、力上げの祈祷を施し、郵送致します。
先祖供養、運気上昇、開運の仏としてお祀り頂けます。









by kongousan-akafudo | 2019-11-04 12:00 | ├密教の世界

密教1275 呪い呪われ

今迄に幾度となく上記の事について書いて来ましたが、未だ理解に及ばない人が居るので、改めて書きます。
他を呪えば、自分も呪われ【他に依頼しても同じである】十倍返しが、待って居るのである。
具体的に述べれば、人体の影響正中線に現れる事が多い。
運気については、中途挫折や身内の弱い所から影響が現れます。
どちらにしても良い事は、何一つ無いのである。

それでも呪いたいと思う人を止める事は、出来ません。
全てを覚悟して実行する成れば、後悔は無いだろうが必ず後悔するのが、上記を行う者の末路である。
また、悪想念を他に向ける者にも、同じ事が言えます。
悪想念とは、時に呪いと同じ結果に成る事が、多々ある。

以下実例。
匿名で誹謗中傷を繰り返す者の末路は、哀れである!
e0392772_21453506.jpg
何故か?
反省が、無いからである。
e0392772_21144734.jpg
自分にとって不利益な事は全て他人のせいにする性格、良い事は自分の力、悪い事は他が邪魔をしたと解釈する性格だからである。
e0392772_21380022.jpg
性格について一言
性格の性は、即ち【さが】前世からの癖と解釈すれば分かり易いで有ろう。
良い癖の場合は、それ以上に努力を重ねて行けば必ずや成功の道が開けます。
その逆に悪い癖を治そうともせず、性格だから癖だからに逃げる者の末路は、哀れである。

何故、哀れなのか?
悪い癖を治す為に現界を選び生まれる事が出来た幸運を、自ら破棄するのと同じだからである。
悪い者達の末路は、現界だけに留まらず自らが氣づき是正しなければ、死後も苦海に喘ぐ事に成るのである。
それが法則であり、何人もこの法則から逃れる事は、不可能である。
それでも理解せずに愚行を繰り返すのであれば、それも勝手救われる道を自らが拒否するのだから。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主 永作優三輝

by kongousan-akafudo | 2019-11-04 06:00 | ◎赤不動明王院通信