人気ブログランキング |

2019年 10月 29日 ( 1 )

密教1269 御供養の必要性

僧侶として他界された方を御供養申し上げるのは、当たり前の事でありますが、いくら僧侶と言えども依頼が無ければ、お受け出来ません。
また僧侶が霊的存在を理解しておらず、御供養申し上げても空經に過ぎず届かないのも現状であります。
私が以前から提唱して居る様に教典とは、実践論と説話が存在しております。
どちらも切り離す事は出来ませんが、上記の二教を知らずして供養の実践も成り立たないと私は思う。

例えば説話だけで故人【愛するもの】が成仏を遂げるのであれば、身近な親族、家族の説得だけで充分であり、高額を掛けて葬儀をする必要も無いと考えます。
葬儀、供養は、単なる儀式【セレモニー】では無いのである。
生前に死を理解して居なかった人をも、納得に導く実践法が必要なのである。
e0392772_19414620.jpg
霊的存在を理解し折衷する時、其処に生まれるのが納得【霊的納得】なのである。
説得と納得無くば、迷うのは当然と考えます。
最良なのは、生前に學びを深め執着を捨てられる自分作りなのである。
死を知らず生前と同じ欲を持ち続ける事が、如何に不幸な事かを知り俯瞰するには、學びは最高の良薬である。
e0392772_20014301.jpg
誰にでも、出来ます。
最初から難しいと決め付け手を出さず、振り向きもせずにはやがて後悔する時が、訪れます。
本当の供養は、先祖に心配を掛け無い生き方をする事である。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主 永作優三輝

by kongousan-akafudo | 2019-10-29 06:00 | ◎赤不動明王院通信