人気ブログランキング |

2019年 05月 19日 ( 1 )

密教1107 沈黙の罪

過去現在において事件事故の真相が明らかに成る事は、少ないのは何故か?

人間は、自分に不利に成る事を隠したがるからである。

しかし、其れは逆である。

何故逆かと言えば、隠したがる者は、この世が全てと勘違いして居るから、黙り黙するのである。

e0392772_00263426.jpg
無実なら、最後まで無実を貫き通せば良い!

この身が切られ様と、無実を主張するべきである。

私は、過去に幾度となく手錠を掛けられた経験がある。

以下は、その時の状況である。


私はその日、仕事で帰りが遅くなり夜道を一人で歩いていた。

大きな公園に差し掛かった時、ただならぬ気配を感じ公園の中に入って眼を凝らすと複数の人が一人を殴って居るのが見えた。

私は、仲裁するつもりで割って入った。

すると若い数人の者が、問答無用とばかりに私に襲い掛かって来た。

私は避けたがその者達は、執拗に襲い掛かって来た。

仕方無く全員を倒した時、警察官が来て私に手錠をはめた。

そしてパトカーに乗せられ、警察署に取り調べである。


私は全て本当の事を言ったが信じ無い警察官、何故か?

私が倒した者達が、嘘を並べて居たのである。

e0392772_00174354.jpg
その後、被害者が意識を取り戻し、私がいなければ殺されて居たと証言【オヤジ狩り】だった事が判明した。

あの時、被害者が亡くなって居たら私は陥れられて居たで有ろう。

しかし、真実は変わらない。


この世の罪は逃れても、その数十倍の罪を償う事になるのである!

正に、沈黙の罪である。

現界は、正しい者に味方するとは限らない。

しかし、人間はいつかは死にます。

その後の裁きこそ、恐ろしいのである。

全ての人に、知って貰いたい。

真の裁きは、死後にある事を!

e0392772_22503819.jpg

南無大日大聖不動明王尊

金剛合掌

金剛山赤不動明王院 院主 永作優三輝





by kongousan-akafudo | 2019-05-19 06:00 | ◎赤不動明王院通信