金剛山赤不動明王院 密教

akafudoumyououin.exblog.jp
ブログトップ

2018年 08月 07日 ( 2 )

自殺に関する密教ブログ④

d0359990_09110664.jpg

■子供の心

本来、子供の心は純真無垢。
その心を歪め、傷つけ、変異させているのは大人の様々な嘘なのです。

昔から、厚顔無恥な大人は沢山居りますが、昨今の嘘は、眼に余る行為が多過ぎでは無いでしょうか。

車の嘘、食品の嘘、政治家の嘘。
建築の嘘、飛行場工事の嘘。
様々な大きな嘘、正に嘘のデパートです。

そして、何時も有耶無耶に成り、涼しい顔でまた嘘を重ねてきた車屋。
以前、トレーラーのタイヤが外れ、道を歩いて居た母子が死傷した事件を、皆さんは覚えているだろうか?
あの事件には、隠れた悲惨な結末があるのです。

トレーラーの運転手だったA氏は、自身の整備不良と車会社から断言され、後に自殺したのです。
その後、車会社の部品の嘘がバレ、車会社は謝罪したが、今回もまた嘘!で、一般消費者に嘘で、大変な損害を与えて居る。
最早、厚顔無恥としか言いようが無い。

此れでは、子供たちに嘘をつくなと言えるだろうか?
私達大人が今、襟を正し、子供たちに見本を示す。

正とは何か、邪とは何か。
示さねば、ならない時では無いでしょうか。

あの人がやって居るから、あの人とは関係無い。
あの人達、あの人達が、今、口癖の様に?
あの人では無く、自身に置き換えて、子供たちと話し合い、輪になって考える時では無いでしょうか?

子供たちは、待って居るのです。
大人からのメッセージを。

私も考え、反省します。
今、自分に何が出来るか?
どうすべきか?
俯瞰し考えます。

■同調現象

ごく稀に見受けられるのが同調現象である。

これを感受するのは、1万人に1人位の比率である。

事例①母と娘が、同じ所を同じ様な痛みや怪我に襲われたり、別の場所に居るのに、同じ時間に同じものを食べて居たりと、様々に同調する事がある。

事例②これは深刻である。
面識の無い死人の苦しみに身体が反応し同じ痛み、苦しみを共有する現象である。
《上記の場合は然るべき機関に相談が必要である、要注意》

事例③自殺霊に同調して引き込まれ、自殺をしてしまいそうに成る。
此れも要注意《報告例もある》

事例④様々な場所で感受し、気分が一変する。
此れも要注意である。


上記の様な例は1万人に1人位だが、自身に当てはまる場合は注意が必要です。

不思議ちゃんに成らず、科学的知識を養い、理性的に考え學ぶ時、大部分は回避できるので、あまり神経質に成る必要は無い。

美しいものを愛し《花や美術》理性的に思考する事は、自身のしあわせにも繋がります。

その逆に、誹謗中傷やイジメを好むものは、様々な現象を味わう事に成るので覚悟が必要である。


正心に生き、美しいものを愛する人には、今は苦しくとも必ず光明が差して来ます。

■自殺

人は何故、自殺に走るのか。
それもまた、物質的価値観の影響と言わざるを得ません。

何故、物質的価値観なのか?

①死んでしまえば終わる。
②命を物質と混同して居る。
③死ねば逃げられる。
その他



自殺は、人生の中退を意味します。

それも自分勝手な中退です。

動物は自殺をしません。
どんなに苦しい状況に成ろうと生きようとします。

しかし人間は簡単に諦め、自殺に走ろうと考えます。
自殺は勇気ではありません。
諦めと逃げであります。
私は今日までたくさんの自殺された方の霊と交霊し、真実を観て来ましたが、

全ての方々が後悔して居られます《自殺した事を》。

人間は肉体を着た霊なのです。

肉体は衣であり、本当の実体は霊《魂の存在である》
これを理解出来ていれば、自殺など出来るはずもが無いのです。

過ぎた過去にしがみつき、現状の自分を憐れむ《悲劇の主人公》
そんな感情に降り回され自身を見失なう時、魔は忍び込みます。

恥で在ろうが、痛みで在ろうが、自殺の後に来る苦しみに比べれば軽いものなのです。
自殺で受ける苦しみは、筆舌に尽くしがたいほどの苦痛です。

自殺を考える能力があるならば、その能力を生きる為に使って下さい。

それでも死にたい、と考える方を止める術を私は知りません。

しかし、最後に私と話して下さい。
解り合えない事など無いのです。

最後と思った時から、新しい明日が始まるのです。

■呪いの念

本当の意味での呪いは、凄まじい。

私は、今迄に何度も呪い返しを厳修して来たが、一度だけ凄まじい念と対峙した事がある。

以下は、事実のまま書け無いので、一部緩和して書かせて頂く。

今から15年前、医師も原因がわからない症状で、歩く事も自力で食べる事も出来ない女性が居るので視て欲しい。と、親族から依頼を受けた。

その家に到着し、詳しく事情を聴いた。

当人は、優しく明るい性格で誰にでも好かれる性格だと言う。

本人と面会した時、全てが解った。
女性の霊が憑依して居る。
其れも、凄まじい怨みの念を発し、完全憑依である。
これは、尋常な事では離れそうに無い。

私はまず、憑依霊に何故憑依して居るのか?聴いてみることにした。
《生き霊では、無く死霊である》

生前に酷いイジメにあい、自殺した女性の霊である。
死んで怨みを晴らすと決め、自殺したのである。

事情を聴いて全てが解った。
来る日も来る日も、複数人からイジメを受け、呪いを決意しての自殺である。
そして、その原因を作ったのが当人である。

霊体は、涙を流しながらも鬼の形相である。

このケースで最大の問題点は、自殺した人に憑いて居る他の浮遊霊である。
他の浮遊霊は、自殺した人に憑いて、自分達の果たせなかった想いも晴らそうと言うのである。

理不尽だが、そんな生者の理論など通用するものでは無い。
これは、最早、尋常な祈祷では解決は不可能である。

何故か。

劇画では、簡単に祈祷調伏して終わりだが、現実は劇画や漫画ではない。
私は、ある方法を取った。

其れは、説得である。
親族に全てを明かし、自殺者の無念を和らげて浄化祈祷に持って行く事である。

私は、親族に全てを話した。
そして、当人がやって来た事も告げた。

ところが、親族は信用し無いのである。

当人は成績優秀、優しく明るい者がそんな事をする訳が無い、と、頭から否定し、話しに成らない。

私は決断した。
無理に憑依霊を剥がせば、当人の命は、無い。
しかし、親族も認め無い。

現状ではこれ以上関わる事は不可能と判断し、依頼を断わり退室した。

其れからしばらくして、その家では一件の葬儀が行われた。
誰の葬儀か?
言うまでも無い。

除霊は、技術的には簡単だが、また直ぐに新たな憑依が発生する。
其れを防ぐには、浄化、浄霊する他はない。

本当の浄霊とは、理解と調和が不可欠であり、無理矢理祈祷する事では無い。
私達でも同じだが、自身が理解納得し、反省する事が何よりではないだろうか。

其れを無視して、抑え込む事が正しいだろうか?
理解、納得、反省する事は、全ての浄化に繋がるのです。

私達でも、言えることではないだろうか。
善悪だけで、全ての事が解決出来る訳では無い。

これを、読まれた方々も考えて貰いたい。
世の中には、理不尽な事は沢山あります。

しかし、腹を立てる前に、俯瞰して頂きたい。
その行為に、理解、調和があるか?

■愛と平和

人を愛する事は尊い。
しかし、愛と我欲を混同する時、愛は失せ魂の意味も解らず生涯を過ごすことに成ります。

女性は男性のオモチャでは無い。

男性は女性のスポンサーでは無い。
男女同権とは、互いがいたわり合い初めて成立するのです。

自己の主張を優先したいのであれば、男女共に独身を貫いた方がしあわせである。

しかし日本の現状は、今だ女性が涙する事が多いのが現状である。
私の元に寄せられる相談も、女性が泣いて居る事が大半を占めて居る。
嘆かわしい事である。


しかし、そんな場合でもご安心下さい。

カルマの法則《因縁》からは、逃げられ無いのである。
女性を泣かした男性には、必ず報いが参ります。

また女性も同じで、男性を落としめた場合にもカルマの法則は見逃しません。

泣かせば泣かされ、奪えば奪われ、傷つければ傷つけられ、殺せば殺される、これが法則である。
何人たりともこの法則から逃れる事は、出来ないのである。

但しある事を持ってすれば可能と言えますが、此処では書くことは出来ません《模倣、悪用を避ける為》

従って、泣かし傷つける事は、双方、何の得にもならない事を知るべきである。

一例を挙げれば、過去に美しい女性が居ました。
女性は自己の美貌を武器として様々な男性を騙し、ある男性は失意の内に自殺をしました。

その女性は男性の自殺から一年後に事故を起こし、顔の半面を見るも無惨に失い、その後の人生は惨憺たるものでした。
スーパーの店員にも採用されず、狂乱し強制入院させられその後は…。

正に因縁である。

僅かな徳と虚栄心の為に取った行動が、後でとんでも無い結末を迎え様とは知る由も無い。
これを信じ様が信じまいが自由である。

男女問わず、キチガイ坊主の戯言と笑う方はご自由に。

■緩やかな自殺

私が寺に奉職していた頃、一件の供養依頼から、これは始まった。

夏の暑い日に、そのご家族が供養の依頼においでになりました。
御婦人と小さなお子さんの二人で、電車を乗り継いで来られたそうです。

相談室で話しを伺うと、私の噂を聞いて、ご主人の今が聴きたい…
それだけが今の自分に、ケジメを付けられる唯一の事と言い、泣き崩れられました。

涙する母のかたわらで、小さなお子さんが、母を気遣い、母の頭を撫でる姿は、涙を誘います。

私は、すぐに仕度を整え開始した。

ご主人は、すぐに現れ、涙ながらに、謝るばかりで要領を得ない…

ご主人はサラリーマンで、過労が原因で亡くなりました。
自分は、熱血社員と言われる事が嬉しくて、家庭を疎かにして、仕事に、接待に…忙しい時。
医者にも掛からず、ある日…会社で倒れて、死んだ

それから、3カ月…誰一人、社内で自分を思い出してくれる者もいない。
悔しいと言っている…

当たり前です。
物質的価値観に染まり、己が欲に染まりし者に、情けなど無い。

あるのはライバルが減った事の喜びが、渦巻く様に、とぐろを巻いているだけである。

可哀想なのは、家族である。
夫の自己満足の結果の遺族二人。

私は、二人のしあわせを御本尊に祈願して、次は、ご主人の浄化供養をして終了。

現在の不景気の中で、安い賃金で働いている方々、自分の身は自分で護って下さい。

赤不動明王院からのお知らせ
・密教ブログ
・無料メールマガジン 今日から実践!暮らしに活かす密教の智慧
・有料メールマガジン 新生密教塾

・赤不動明王院ホームページ
≪お申込みは下記よりお願い致します≫
・赤不動明王院オーダーフォーム


■赤不動明王院一門の弟子ブログ■
眞澄稲荷ブログ
*慈しみの葉の雫*

慈福のブログ
金剛山赤不動明王院塾生 慈羽
慈白のつらつら日記
慈練の學び
金剛山赤不動明王院塾生 慈辨

[PR]
by kongousan-akafudo | 2018-08-07 12:00 | └私たちの暮らし

密教846 私の祈祷遍歴⑥色情の因縁【カルマ】

e0392772_07002628.jpg


様々な因縁は、自己のワガママから発生し、やがて取り返しがつかない因縁に発展する事が多々あります。
自分勝手、誹謗中傷、イジメ、傲慢は、全てカルマに直結します。
今からお話する事は、自分勝手から色情霊に憑依され、その後、大変な事態に追い込まれた人の実話である。
男女問わず、その可能性はあります。


始めに、色情霊についてご説明しましょう。

色情霊とは、生前に色と欲にまみれ、死してもなお理解せずに現界を彷徨い、憑依を繰り返しては色と欲を貪るものを示す。


あれは、夏の日に相談に来られたご夫婦の話から始まりました。
一人息子がある女性と知り合い、しばらくしてから家に帰って来なくなったと言う話である。
ここまでなら、普通に何処にでもある話で終わる。

しかし、その付き合って居る人に問題がある。
言わば両親の遺産目当てである。



e0392772_07024841.jpg

私はご夫婦に、出来るだけ具体的に、証拠も交えてお話し伺いました。
正に、金目当てにしか見えない行動である。
【プライバシー保護の観点から割愛します】

私はご夫婦に弁護士を紹介した。
私は私で、霊的観点から加持祈祷を厳修してご夫婦を援護する事にした。


その相手に憑依して居る色情霊は、生前を毒婦と言われた者の成れの果てである。
並大抵の祈祷では、供養どころか逆に事が絡まるだけと判断し、調伏祈祷に切り替えて厳修する事に決定した。

全ては、原因と結果。
男は色に溺れ、相手は金に溺れ、其処にそれに相応しい未浄化霊が憑依を繰り返した実例である。
自業自得だが、依頼を受けた以上は解決に向けねばならない。

弁護士は財産の保全の手続きを進め、私は調伏祈祷を敢行した。
そして、旨味が無く成った男は捨てられ、家に帰って来た時はぼろぼろの状態である。


e0392772_07052123.jpg

私は医師の診断を仰ぎ、入院を勧めた。
それから一週間、祈祷を続けた。

数ヶ月の入院を経て家に戻り、療養を続けた。
私の話に納得し、今では家業を継ぐまでに成長した。
全てを知る御両親と私は、あの時の事を今でも鮮明に覚えて居る。


南無大日大聖不動明王尊

蓮華合掌

金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝


赤不動明王院からのお知らせ
・密教ブログ
・無料メールマガジン 今日から実践!暮らしに活かす密教の智慧
・有料メールマガジン 新生密教塾

・赤不動明王院ホームページ
≪お申込みは下記よりお願い致します≫
・赤不動明王院オーダーフォーム


■赤不動明王院一門の弟子ブログ■
眞澄稲荷ブログ
*慈しみの葉の雫*

慈福のブログ
金剛山赤不動明王院塾生 慈羽
慈白のつらつら日記
慈練の學び
金剛山赤不動明王院塾生 慈辨

[PR]
by kongousan-akafudo | 2018-08-07 06:00 | ◎赤不動明王院通信