金剛山赤不動明王院 密教

akafudoumyououin.exblog.jp
ブログトップ

2018年 08月 06日 ( 3 )

千体仏勧請についてよく頂くご質問

d0359990_11053955.jpg

聖天尊の千体仏供養について、度々このようなご質問を頂く事がございます。
今日は、そのご質問と回答をご紹介させて頂きたいと存じます。

Q:「家族の千体仏を勧請することもできますか?ちなみに家族は特に信仰心があるわけではないと思うのですが…」

A:ありがとうございます。
もちろん、ご家族のさまの千体仏を勧請されている方も大勢いらっしゃいますから、何の問題もございません。
離れて暮らす高齢のご両親さま、お子様、姪御さんや甥御さん、ご兄弟姉妹の千体仏など、家族構成によって様々です。
皆さまそれぞれに、大切に想う間柄の方のお幸せやご健康を願って勧請されています。
その方へ勧請したと仰らない方も沢山いらっしゃいます。


Q:千体仏でも、願意が叶ったら願解きが必要なんですか?

A:ご質問ありがとうございます。
千体仏であっても、尊像をご自宅へお迎えになった場合であっても、願いが叶った場合には願解きが必要となります。
神仏と人間という関係を離れ、日常の人間関係に置き換えて考えてみると理解がスムーズです。
何かお願い事を人さまにお願いした際には、結果が思うようになった場合はもちろんですが、そうでなかった場合にもご報告とお礼をなさいますよね。
それと同じ礼儀です。
願いを掛けられた時からずっと、ご神仏はお働きくださっています。
具体的な願解きにつきましては、お問合せ下さい。


Q:恋愛成就で千体仏を勧請しましたが、別の願意でも千体仏を勧請することは出来ますか?

A:はい。可能でございます。
一尊につき一願ですから、違う願意での勧請をご希望の場合には是非お申込み下さい。


Q:私は現在、別のお寺さまにお世話になっておりますが、赤不動明王院で聖天さまの千体仏勧請をしてもいいのでしょうか?

A:わたくし共は、他のお寺に通っておられるからダメであるとか、自分の所だけにしなさい。等とは一切申しません。
何故なら、信仰とは誰に強制されるものでもなく個人の自由な世界だからです。
あなたのご判断が全てでございます。




聖天尊千体仏永代供養は赤不動明王院オーダーフォームからお申込み下さい


千体仏勧請についての詳細は下記の記事をご覧ください




[PR]
by kongousan-akafudo | 2018-08-06 15:00 | 本院分院からのお知らせ

自殺に関する密教ブログ③

d0359990_09110664.jpg

■無垢な心

幼い子供の心は美しい。

何故美しいか?
それは、持って生まれた心《魂》そのままだからである。

本来、生まれて三歳までは、魂そのままが表面に出て、その後、様々な事象を経験し、自我が形成される。
始めから悪い人間はいない。
子供には、子供の良心があるからである。

年月を重ねて行く内に、良心を伸ばす子供、悪心に支配されて行く子供、魂が怯え疲弊して行く者と分かれて行くのである。

では、何故分かれて行くのか?
それは、自我に依る目覚めである。

大人に成って、益々自我を増大させる者も昨今では珍しく無い。

その証拠に、近年の犯罪事情を見れば誰でも分かるはずである。
反省の無い犯罪者の心に、最早人間と呼べる心は無い。

では何故、ここまで堕ちるのか?
敬いを軽視する風潮は、日本に限らず世界的な傾向である。

敬いを軽視する者に、尊ぶ心など理解出来る訳もない。
理解出来て居るのなら、老人を騙してお金を巻き上げる輩が居るわけも無いはずである。

そして、自殺者も増加して居る事に誰も関心が無い。


昨今、今の日本に必要なのは學びであると思う。
たった5分でも良い。
その5分に込める時、変わります。

他の人が変わるのを待つのでは無く、自身から変化する時、確実にあなたの人生は変わります。

■変貌

何故、人は変貌するのか。

過度のストレスとか、精神不安定とか様々に取り沙汰されるが、本当の意味で知る者は少ない。

自殺も同じで、本当の意味を知る者は少ない。
現実からの逃避だと言う人も居ますが、これも完全に的を得ているとは言いがたい。

誰でも一度くらいは、現実から逃避したいと思った事があるのではないでしょうか。
では、何故あなたは逃避しなかったか?

それはあなたの魂が《理性》優って居たからである。
しかし、それに胡座をかいて居てはいけない。
人間は、學ぶ事で自ら成長します。

一事が万事では無く、現代は多様化した問題も発生しております。


良い意味で自らの學びも変化させる事で、多様化の前に進む事が出来ます。
そしてその結果、翻弄される事はありません。

現界は、檻や柵の無い動物園の様な場所であると理解すれば、不思議など無いとお解り頂けるのではないでしょうか。

全ては自分の魂を磨く為の試練。
辛い事も悲しい事も、全てあなたを磨く磨き砂。
それでも堪らない人は、信用置ける人に聞いて貰いなさい。

そして涙が止まったら、前を向いて進みましょう。

あなたには、明日があるのだから。


■怯えて生きる

人間には様々な苦があります。

病気、怪我、生活苦、人間関係。
様々な苦が周りには、数え切れないほどあります。

しかし怯えて居ても、何の解決にもなりません。
様々な苦を乗り越えてこそ意義があるのです。

引きこもり自分の世界に居られるのは、親の保護があるからである。
親も死に、自分一人で生活し生きるには、嫌でも世界に出なくては成りません。
その時に怯えて出られないければ、餓死しか無い現実に気づいても遅いのです。

また、自殺しても更に厳しい世界に転生するのです。

逃げても逃げられ無いのなら、勇気を奮い起こして生きる時、御仏の大慈悲が判ります。

御仏は、私達に耐えられない試練を御与えに成りません。
それぞれに適した試練を御与えに成るのです。

悲観や絶望は、人間の底力を上げます。
力量とは、物や金では計れません。
計る手段があるとすれば、苦労、試練にも負けず生き抜いた時の経験値ではないでしょうか。

悲劇の主人公に自分を置いてはいけない。
自分で自分を哀れんでも、何の役にもならないからであります。

それよりも、自分から底力を信じて立ち上がり、経験を學びに変える時、其処に弱かったあなたは居ません。

心の筋トレは、あなたを助ける頼もしい味方です。

■自殺願望

自殺願望は何故生まれるか?

生きる事への怯えが自殺願望に繋がるからであります。

助けを求めて彷徨うも助けは現れず、死にたい気持ちが助長され、

「死にたい」が、「死ねるかな?」から「死ねる」に向かった結果です。

自殺は逃避にも成りません。
逆に苦しみを増すだけなのです。

現界に生まれた事は學びの選択であり、目標も目的も全て自分が決めて生まれて来ました。

経典にもはっきり明記されております。

自殺を今考えて居る方は、まず試して頂きたい。
部屋を出て太陽の光を浴び、花を《花畑、草原》見て、寝ころんで下さい。
そこには、爽やかな風と暖かさを感じることが出来るはずです。

人は、辛さ、悲しさ、苦しさに弱いもの。

恥ずかしいなどと考えず、まずは生きる事も死する事も忘れて爽やかな風を感じて下さい。

あなたの心の傷を癒すのは、あなた自身しかないのです。
忘れ上手は生き上手。
死にたい気持ちも忘れて下さい。


それでも死にたいと願う方は、私と一度でもお話ししませんか。

死は急がなくても、いつかは必ず訪れます。

私と一緒に急ぐ意味を考えても、時間はたっぷりあるのだから。

■自殺は悲惨

私の寺には、様々な悩みを抱えた方々がお出で成ります。

中には、ここで解決出来なければ自殺しようと思い詰めて居る方も居られますが、生きる氣力を取り戻して帰られます。

それから、ほとんどの方が、ある人は弟子に、あるいは信徒に成られて居られます。
御本尊様の慈悲の力の成せる技であり、改めて想う事、それは道具と成り生きる我が身の有難さです。

自殺は人生の中退、やり直しは効きません。

そして最も悲惨なのは、自殺した後からやって来る事を誰も知らないことです。
私なら、自殺するくらいなら行法の下で命が滅するまでひたすら待ちます。

自殺は家族を泣かせ、周りに悲しみと苦しみしか残しません。
そして自殺した本人は後悔と自責の念に苛まれ、暗黒蔵の中に自ら入り、反省の年月を送るのです。


これを救えるのは、御仏しか居られません。

それも、自殺した本人が完全に反省をしなければ、未来永劫、暗黒蔵の中で一人たたずむ時を過ごす事になるのです。

これを信じるも、信じ無いも勝手です。
しかし自殺を決行した時点で、戻り橋は無いのです。
私は自殺を様々な状況の中で体験して参りました。

■心の転身

人は満足の中では、何も考え様とはしないで在ろう。
その逆に窮地に陥ったり、苦境に遭遇した時に初めて考えるで在ろう。
では、苦境、窮地に陥った時に改善出来る人は何人いるだろうか?


今思えば私の人生は、苦境と窮地の連続だった。

希望が実現したと安心すれば破綻し、しあわせな家庭生活も死の訪れに依り崩壊。
失意をこれでも可と云うほど味わって来たが、変わらない事が一つある。
それは信仰心である。

何度も死を考え、自分と向き合い、それでも涙を拭い仕事に向かう働く事は生きる為であり、当たり前の事である。

だが、失意の内にある時に生きる為に働く事の辛さを体験した時、人は様々な思いに翻弄されやすい。

生きる意味を失い彷徨う時、人は死を考える。
そんな時に多いのが憑依である。

自殺した方の言葉を聞く時、異口同音に答えられるのは『何故死んだかわからない』である。

正に死ぬ氣などなかったのである。
では何故、自殺したのか?
引き込まれ現象である。

引き込まれは、誰にでも起こります。

例えば、失意の内にある人が死にたいと考え彷徨う時、心の隙間に入り込んで来るのが憑依である。

死にたい、死ねるかな?死ねる。に変わるのが憑依の実態である。

しかし、恐れる必要などありません。
正しい信仰心を確立していれば、そんな低級霊に翻弄される事などありません。

何故ならば、明日を怯えて迎えるより、自身から明日に飛び込み、希望を実現する為に生きる事が重要である。
失意、絶望の中からは何も生まれません。

心の転身を果たし、明日に羽ばたく姿を想像する時、あなたの人生は変わります。

赤不動明王院からのお知らせ
・密教ブログ
・無料メールマガジン 今日から実践!暮らしに活かす密教の智慧
・有料メールマガジン 新生密教塾

・赤不動明王院ホームページ
≪お申込みは下記よりお願い致します≫
・赤不動明王院オーダーフォーム


■赤不動明王院一門の弟子ブログ■
眞澄稲荷ブログ
*慈しみの葉の雫*

慈福のブログ
金剛山赤不動明王院塾生 慈羽
慈白のつらつら日記
慈練の學び
金剛山赤不動明王院塾生 慈辨

[PR]
by kongousan-akafudo | 2018-08-06 12:00 | └私たちの暮らし

密教845 私の祈祷遍歴⑤

e0392772_14160208.jpg


物への執着は、時として恐ろしい結果をもたらす事から多々あります。

今日は、その一例を紹介して参ります。

私達が便利に使って居る車が、あなたを不幸の淵に招いたとしたら、あなたはどう対処されますか?

私が奉職して居る頃は、車はまだまだ高嶺の花でした。
ある日、真面目そうな人が『交通安全の祈祷をして欲しい』とお申込みされたので、私が御祈祷を担当する事になりました。

車を見ると、中に誰かが乗って居る。
そこで、『降りて祈祷を一緒に受けて下さい』と言うと、依頼者が『あのー、私一人ですが』と、怪訝そうに言うのである。
それ以上を言うのを控えましたが、確かに運転席に女性が座って居たのです。

e0392772_14193383.jpg

私は、普通の祈祷を済ませてから、依頼者に言いました。
『もし車に乗って居て、意思と関係の無い動きをする様であれば、もう一度来て下さい』
依頼者は不機嫌になり、それ以上の事は話す事も出来ませんでした。

それからしばらくして、1本の電話がありました。
私は後悔しました。
それは、以前に交通安全祈願をした依頼者からの電話だったのである。

今は怪我で入院中であるという。
怪我の原因は、ドライブ中の崖からの転落である。
幸い途中の棚で止まり、大事には至らずに済んだ。
また、後ろから来て居た車の人が警察に通報してくれたので、九死に一生を得たのである。
e0392772_16125152.jpg

私が後悔した理由。
それは、彼が祈祷依頼をした時、どんなに怪訝そうであっても伝え、中の者を祓えば良かったと考えたからである。

今は単立寺院の院主である。
それゆえ、依頼者が怪訝な態度を取ろうが、事実は事実とハッキリ告げ、嫌ならお帰り頂ける立場にある。

この事例は、誰にでも起こりうる事例なのです。
何故ならば、彼は中古車ではなく、展示車両を購入して居たのである。

私は、同じ様な事例を何度も経験して居るから言える。
一方的に、その物を自分の物であるか如く執着し、他人が取得した場合は取られたと解釈する。
そして、執着を募らせる者が存在するのである。
e0392772_13500430.jpg

例えば、アイドルを自分の恋人と思い込む者も同類と言えよう。
全ては、度を越した執着心の現れである。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

赤不動明王院からのお知らせ
・密教ブログ
・無料メールマガジン 今日から実践!暮らしに活かす密教の智慧
・有料メールマガジン 新生密教塾

・赤不動明王院ホームページ
≪お申込みは下記よりお願い致します≫
・赤不動明王院オーダーフォーム


■赤不動明王院一門の弟子ブログ■
眞澄稲荷ブログ
*慈しみの葉の雫*

慈福のブログ
金剛山赤不動明王院塾生 慈羽
慈白のつらつら日記
慈練の學び
金剛山赤不動明王院塾生 慈辨

[PR]
by kongousan-akafudo | 2018-08-06 06:00 | ◎赤不動明王院通信