人気ブログランキング |
<< 眷属に関する密教ブログ 餓鬼に関する密教ブログ 4 >>

密教1366 祈祷行脚

世の中が進むに連れ忘れられ様として居る供養心、以下はある家に起こった実例である。

【信徒さんからの相談】
信徒さんの知人で【仮】にAさんの家では、異変が続き困って居るので何とかして欲しいと言う話しですが、当院では如何なる事情が有ろうとご本人かご家族の
直接的な依頼で無くては、お受け致しません。  
何故ならば、他が知る事と当事者では根本的事実が違う場合が、多々あるからである。
後日、信徒さんの紹介でAさんが当院においでに成り正式に依頼をされたので、依頼をお受け致しました。
Aさんの家では、長年に渡り騒霊現象【ラップ】や霊の徘徊に悩んでおられるとの事である。
私が霊視すると、沢山の霊が入り乱れて居るのが視えました。
Aさんに聴いても分からないと言うので、お宅に伺う事に致しました。
玄関前に立った瞬間に家の澱みが感じられ、案内され家の中に入るとざわめきが起こり【家人には分からない様である】、家の中を案内されその部屋に入った瞬間に
解りました。

Aさんの家には、Aさんと娘さんが三人の四人家族である。
私は、皆さんにそれぞれの悩みを伺いました。
三人三様に現代風の美人だが、私にはお三方の事が話しを聞く前から解って【性格、好み、人間性】居りました。
一応、皆さんの悩みを伺い問題の部屋について、娘さん三人に聴きました。
三人が三人ともその部屋には、自分の願い事がある時だけ入るが、普段は入らないと言うのである。
小さい頃からAさんに困った事があったら、仏壇にお願いしなさいと言われて居たので、それ以外には興味が無かった様である。
この家の問題点は、間違った信仰心である。
お墓は面会所、仏壇は礼拝所、お願い所では無いのである。
密教1366 祈祷行脚_e0392772_14052131.jpg
お願いをする所は、神社仏閣である【注、神社仏閣でもそれぞれ特質があるので、全ての願いに万能では無いので、調べてから行く事をお勧めします】。
御先祖様は、子孫の願いを聴いてやりたいと思うがそれほどの力は、未だ備わって居ないのである。
時として間違った信仰心は、とんでもない事に繋がる場合がある。
密教1366 祈祷行脚_e0392772_14034226.jpg
以下、次回に続く

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主 永作優三輝

by kongousan-akafudo | 2020-02-21 06:00 | ◎赤不動明王院通信
<< 眷属に関する密教ブログ 餓鬼に関する密教ブログ 4 >>