霊的真理に関する密教ブログ③

d0359990_14025656.jpg


■魔窟

私は若い頃、外国で三年間を過ごし帰国しました。
そして両親の死後、僧侶に成りました。

現在に至るまで、様々な土地を見て来た経験上、断言できることがあります。
それは、魔窟の存在である。
魔窟は、世界中至るところにある。《日本にも》

特に被害に遭いやすいのが、日本人である。
それは、何故か?
神仏の国、日本である。
しかし、本当の意味で霊的真理を知る者は少ないからである。

世界に比べ、日本の霊的真理の認知度は低い。
言わば、百年遅れているのです。

此処では、日本の何処に魔窟が存在するか明かす事は出来ないが、確かに存在する事は断言します。
不用意に近づけば、確実に被ります。
被れば人格に変異を来たし、《自身では、気付かない》最悪の場合、犯罪を犯すであろう。
また、自殺に陥る場合もある。

一例を挙げれば、肝試し《遊びのつもり》で行った場所が魔窟だった場合、 確実に被り、その後、最悪な事態に成った例を私は知っている。

今から、5年前の丁度今頃である。
依頼を受け行ってみると、明らかに被りでありました。

十八才の女性が、まるで中年女性にしか見えない変貌である。《写真で確認済》
祈祷を施し、その場は落ち着いたが、私が《3日間、外出してはいけないと。》親にも念押ししたにも関わらず、その子は、《大丈夫。》と勘違いし、またしても、友達と遊びに行きました。

しかし、二度と家に帰る事はありませんでした。
《自殺したのです》
友達の話だと、笑いながら橋から飛び降りたそうである…。

アパートの一室に居る自縛霊も注意が必要です。

■子殺しの親

今日のニュースで、またやり切れない事実を眼にしました。

産まれた赤ちゃんを遺棄《殺人》アパートから、新たな遺体を発見。
過去に、同様の事件は数多い。
何故、繰り返されるのか?
殺さずとも、打つ手は幾らでもあるのに。

何故、同様の事件が繰り返されるのか、霊能者なら解るはずである。
負の連鎖である。
負の連鎖は、このままにすれば、何れは全ての人に降り掛かる事に成る。

もう、occultに浮かれて居る場合では無い!
真に霊的真理を學び、理解せねば、明日は我が身と成る。

以下に一例を書き添えます。

私の寺に、一人の女性が相談に来ました。
女性は、過去に刑務所に投獄され、償いの日を過ごしたと云う。
何故、投獄されたか?
子殺しである。

今は、真面目にひっそり生きております。
彼女は、事件後、知人、友人、親兄弟に至るまで縁を切られ、今は一人生きて居る。

そして毎夜、赤ちゃんの泣き声に悩み、私の寺に相談に来たのです。
その容姿は、拒食と過食を繰り返し、果てにはリストカットの躊躇い傷の跡が残って居る。

真に哀れな 、真に哀れり。

私は、この人に必要なのは慈悲であり、責め苦では無いと判断し、慈悲の法を修して供養しました。
その後、彼女は自身で望み、決意して尼僧に成り、修行に励んでおります。

御仏は全てに平等であり、反省し、改心しようとする者全てをお救いに成られます。
彼女も、今では、立派な尼僧。
日々、精進して居られます。

■死霊の家

最近増えているのが、自分が死んだ事も理解できず、生前と同じように振る舞う霊体である。

其れは、何故か?
簡単な事です。
御利益主義の宗教には、霊的概説も霊的真理も存在しない。

また、現代社会は霊の存在を認めて居ないからです。《当然の結果》
死んだら終り。思想の蔓延が招いた悲劇である。

その結果、穢れ場が増え、幽霊マンションや幽霊住宅が、年々増加の一途を辿って居るのです。

一例を挙げれば、私が家の祓いを頼まれて修法した家には、二人の霊《前の住人》が生前と変わらない生活を送って居たのです。
従って、後から来た住人を、排除しょうとします《新住人》
そこで摩擦が生じ、心霊現象が発生するのである。

如何に、生前に學ぶ事が重要かお解り頂けると思います。

では、無視して住み続ければどう成るか?
簡単な事です。

①家人の中で最も弱い人が、最初のターゲットになります。
②事故や怪我が、頻繁に起こります。
③家人がばらばらに成る《離婚》

その他、あらゆる不吉な事が頻繁に起こります。

しかし乍ら、日本文化を嫌い、アメリカ文化を有り難がり、年老いて世代交代と共に老人だけの孤独家庭《孤独死》
これから、益々、増えて来ると考えられる死霊の家。

あなたは、どう対処されますか?
これは、好むと好まざるに関わらず直面して来ます。

あなたなら、どうしますか?

■悪霊と化す

今から書くことは、私の体験談です。


ある家のお祓いを頼まれて行った時の話です。
依頼者家族は、真面目で明るいアットホームな方々です。

ご夫婦は、一生懸命に働き、やっと、念願のマイホームを購入しました。
中古住宅でも、自分達の城である。


しかし、異変が始まったのは、引っ越しを済ませ落ち着いた、一か月後。
夜中、誰も居ない台所での物音。
誰も入って居ない風呂場で、誰かが入浴する音。

その他、様々な異変に見舞われ、堪り兼ねて私の寺に来たのでした。



私は、日時を決め、お宅に向かいました。
視ると老婆が一人、生前と変わらない生活をしているのである。

老婆は、自分の死を理解出来ていないのである。
従って、生きている時と同じように振る舞い、生活して居るのである。

私は、この老婆が哀れになりました。
其処で説得をし、霊界から老婆の先祖霊に来て頂き、一緒にお帰り頂きました。

それから、風呂敷護摩を焚き、家を浄化し、元の平和な家庭生活が出来るように結界を張り、終了しました。


現在の日本は、このような事があちらこちらで頻繁しております。
それは、何故か?
原因は、霊的知識が無い為なのです。


死んだら終わり。
死んだら墓に入る。
死んだら天国に自然と行ける。

全て、間違いです。

死を理解せず、死んでも意識がある事に戸惑い、自分がまだ生きて居ると思い込み、彷徨うのである。
自殺者のほとんどが死を理解出来ず、憑依を繰り返すのも、同じところに原因があるのです。



今、必要なのは、オカルトではなく、霊的知識と霊的理解である。
そして、霊的真理に到達する時、學ぶことの素晴らしさを知ることになります。

貴女が求めなければ、門は開きません。
例え門が開いても、自分が、歩を進めなければ、中には入れないのです。

私は、お勧め致します。
學ぶ事は、貴女の魂を磨く行為であると。

■増大するカルマ《因縁》

犯罪を犯し逮捕、服役し、その後釈放された者には、民事に依る損害賠償が課せられるが、保証人である親も賠償金を払わないケースがほとんどである。
これは、恐ろしいカルマを積む事になる。《反省の無い犯罪者の末路は、哀れである》

この世の罪はこの世で反省し、償う方が、何倍も何十倍も楽なのです。
反省せずに逃げ切れたと思う者は、大馬鹿者である。

実例を挙げて紹介したいが、あまりにも生々しく酷いので、書くことは控えます。
言える事は、自身が犯した罪に数十倍の苦しみと苦痛を味わう事になるからです。

そして、加担した親も仲間も、同じカルマを背負う事になるのである。
人間界の考え方では、理不尽と思うかも知れません。
しかし、霊的真理から検証すれば、当然と言えるのです。

私の車には、ドライブレコーダーを搭載してあります。
先日、仕事で運転中、信号待ちをして進行方向の信号が青になった時、心の声が《行くな》と叫んだ。《見通しの悪い交叉点で》

私が一拍待った時、赤信号で交叉点に進入した車と青信号で進行した車が衝突した。
明らかに、赤信号で交叉点に進入した車が悪いのは当たり前である。

しかし、赤信号で進入した車の運転手は、嘘を言うのが昨今では多いのです。

当たり前が、当たり前に通らない時代。
常識が、常識で認知されない世間。

あなたは、どうしますか?
嘘つきの横行する時代。

カルマを積み重ねる者達が増大している事実を、直視する勇気を持って物事に当たらなくては、何時自分が、被害者になるか解らない時代なのです。

子供のカバンに、ボイスレコーダーを忍ばせるくらいの用心が必要な時代なのです。
教師も教育委員会も、自己保身に走り、本質など見て見ぬ振りである。

愛する者を守るのは、あなたしかいないのです。
悲劇が繰り返される前に、防ぐ事も愛なのです。

言った、言わない。
やった、やらない。
あやふやな状況は、嘘つきを繁殖させます。
悲しい時代ですが、それが物質的価値観を選んだ私達全員のカルマでもあるのです。

■盟友

私の寺は、無宗旨、無宗派の単立寺院です。

今、私の寺には、大勢の僧籍にある人達が訪れ、盟友と成り、輪を広げ、信仰を広げております。
霊的真理は、宗旨宗派を超えて、仏教界に広まり始めています。

そして、従来の殻を破り、生きるとは何か、を霊的観点から真摯に取り組んでいます。

生きる事とは何か?
生きる事は、決して楽ではありません。
しかし生きる事に意味がある。

人間関係、老い、病、貧困、様々な命題を、超えねばならない。
この難題に取り組み、答えを出すことが人生である。

我々僧侶は垣根を超えて學び合い、精進して行く事が大事であると考えます。
そして、皆さんの支えたる人格向上を図るのも、僧侶としての使命であり勤め、と私は考えます。

これから、沢山の盟友と共に學びを深め、皆さんに安心して頂ける僧侶軍団を目指し、邁進して参りたいと考えます。




[PR]
by kongousan-akafudo | 2018-07-09 12:00 | ├密教の世界

大阪府松原市の単立密教寺院 金剛山赤不動明王院のブログです。


by 金剛山赤不動明王院
カレンダー