<< 傲慢とは何か?② 傲慢とは何か?➀ >>

密教816 エゴイズム

e0392772_09322167.jpg

正に利己主義、傲慢の極みである!
エゴイズムを通したい者は、失意の内に滅びます。

何故か?
これは、当然の法則なのです。

例えば、男女の関係《夫婦》では顕著に表れます。
結婚出来るまでは、優しく献身的だった人が急変する。

私が書かなくとも、お分かりの方は数多く居られると思います。
これは、傲慢さを隠蔽しなければ相手にされ無いからである!

e0392772_09322513.jpg

私は考えます。
傲慢さを貫き通したいのなら、一人身を通す事をお勧めします。

何故なら、因縁を《カルマ》増大させるだけだからである《男女共に》
夫婦とは學び合いであり、相手を傷付ける目的で成立するものでは無い。

例えば、収入を例に挙げた場合、俺がお前を食わしてやって居ると考え、言動に出す者は傲慢であり稚拙である。
また、養うのが当たり前と思う人も傲慢である。

この、いずれの者も傲慢である。

共に助け合い、共にいたわり合い、共に解り合おうと努力する事に真理が芽生えるのである。

e0392772_09322350.jpg

人間が何故、生を受けるのか?
答えは簡単である。
不完全だからである。

完全体なら、學ぶ必要も何も無いのである。

人間界に覚者は存在しません。
何故ならば、覚者ならば現界に存在する必要が無いので昇天して居るはずです。

以上の事を理解すれば、男女の差など無い事がお分かり頂けるはずです。

共に助け合い、努力を重ねる姿こそ御仏が望む姿なのです。
いがみ合い、憎しみを重ねるのであれば、一人で生きる事をお勧めします。
それを、人は《他人》孤独と表現するでしようが、孤独ではありません。


e0392772_13570609.jpg

気高く生きる為の選択である《男女共に》
孤独では無く、孤高を選択する事もあるのです。

學びに生きる事は、自分の人生を生きる事に繋がるのです。

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝




[PR]
by kongousan-akafudo | 2018-06-22 06:00 | ◎赤不動明王院通信
<< 傲慢とは何か?② 傲慢とは何か?➀ >>