人気ブログランキング |
<< 密教1289 祈祷行脚 密教1288 祈祷行脚 不思議... >>

詐欺に関する密教ブログ④

d0359990_08453349.jpg

カルマを積む者達

知らない、知ろうとしない者は哀れである。
募金と称して善意の人を欺き、私腹を肥やそうとした者、哀れである。
自身で、取り返しの付かないカルマ《悪因縁》を増やし、積み上げてしまったのである。

しかし、確実に地獄の門を開いてしまったのである。
イジメ、誹謗中傷、詐欺は最もキツイ罪なのです。

何故か?
人間界では、大した事がない様に日常的に行われている上記の事は、全て自分に数倍、数十倍の因縁と成り、帰って来るのである。
こんなに、割りに合わない事は他に無いと言えよう。

では、人殺しは、どうか?
簡単である。
未来永劫、殺され続けるカルマがあるだけである。

イジメ、誹謗中傷、詐欺は、何時罰を受けるのかを、今から具体的に説明致します。

現界である人の一生は、正に走馬灯のように、良い時もあれば良く無い時もあります。
但し、上記の事を行って来た者は、自身が最悪な時に重なるように、やって来るのであるのです。
その苦しみは、例え様のない苦しみである。

私は過去に、沢山の人が、この苦しみから逃れ様とする姿を見て来たが、壮絶なものである。
また、その様な人間は信仰心も希薄なので、御仏の慈悲も届かないのが現実である。

拙僧の言って居る事が、キチガイ坊主の戯言と思う者は続けて下さい。
そんな非科学的な事はない。と、思う者は、本当は科学を知らない蛮人なのです。

上記の事は、世界の心霊科学を知る者には当たり前の法則です。

日本は心霊科学の後進国であり、正に《井の中の蛙、大海を知らず 。》なのです。

末路

私は、祈祷僧…依頼があれば、何処へでも行きます。

その日は、信徒さんからの紹介で、ある企業の不浄祓いと、火伏の祈祷を頼まれていた。
行ってみると大きなビルに、工場と敷地…立派な会社である。
その様な会社が、何故、私に祈祷を依頼して来たのか?

その会社には専門の寺が付いていたおり、様々な怪異現象が発生する度、専門寺が祈祷に来ていた。
が、怪異現象は収まるどころか、火事騒ぎまで起きる始末…。
そして私の元に依頼が入り、行って視ると怒りの念が渦巻いていたのです。

ひとまず依頼された事案に対して、祈祷を開始して驚いた‼️
怒りの念が湧いてくる源は、会社の中。
生きている人間の怒りの念は、死者よりよほど怖いのです。
時により、人間の念は人を死に追いやる場合があります!

そして、執拗に何度でも繰り返し襲って来ます。

今回の場合は、念の発信場所も特定出来ているので大丈夫だと思ったが、思わぬところに落とし穴があった…。
経営者である。
経営者の社長室に招かれ、社長と談笑していたときは、温厚な良い人だなぁ~と、思ったが間違えだった…。
私が帰った後、不満分子を探り始めたのである。

不満分子を探る様な事をせず、不満解消を考え実行すれば、会社には新たな息吹が起こる。
と助言したにも関わらず…

犯人探しをした影響で不満は増幅し、最後は、詐欺師に会社ごと乗っ取られ、経営者の社長は入水自殺をした。
と、後年聞いた時は人の念の怖さを改めて知ったのでした。

詐欺、迷惑メール

昨今、多いのが詐欺と迷惑メールです。
迷惑メールに嫌気がさして、アドレスを変えた方も少なくないと思います。

私の元にも来ます。
霊視すれば全てが分かりますが、そんな輩の霊視をしているほど私は暇ではありません。

しかし、実害が出てはいけないので、近々キツイ祈祷を行います‼︎
まず、イタズラに迷惑メールを配信して居る者に式神を放ち、〇〇になり反省の機会を与えます。

それでも解らない場合は、呪縛を掛け、徹底的に〇〇します。
密教には、式神を作り《練り上げ》使役する法が何通りも存在します。
過去に公害企業が反省せず、被害者に苦しみを与え続けた時、僧侶が呪殺団を結成して公害企業を呪縛し、
呪殺した事はあまりにも有名な実話であります。

密教僧には、いとも簡単な事です。
人を騙し落とし入れる者どもを、私は許さない。
人を騙し得た金は、確実に騙した者に呪縛をもたらし、最後には、肉は腐り、七顛八倒の苦しみのなか命を滅し、
魂は、未来永劫苦しみ続け、浄化する事はありません。

信じない者は続けるが良いでしょう。但し、後悔した時は手遅れであります‼︎
私は警察ではないので逮捕も拘留も出来ませんが、警察や法がやれない事を出来るのです。

この意味を理解出来た者は、一刻も早く悪の道を離れて帰る事です。

魂年齢の低下

普通は、様々な事を年齢と外観で判断しようとするが、昨今は、その判断は、通用し難い感がある。

自分勝手な人が急増して居ることは、皆さんもご存知では、無いでしょうか。
人間は、ある程度の経験と年齢を重ねて来れば、思慮分別が身に着くものと考えがちであるが、それは、誤りである。
例え、学問が無くとも、思いやりや愛に満ちた方は、必然的に學びを重ねたと同じ効果を得る事が出来ます。

その反対に、学問は合っても傲慢で自己中心性の強い者は、
魂の劣化を引き起こし、楽しいはずの人生が、愚痴と妬みに変化し、イライラを募らせ、自身の中に闇を形成するのである。

例えば、犯罪者で一番、反省の無いのが、詐欺行為者である《再犯率が高い》。
昨今の詐欺は、巧妙化を極め、弱い者を餌食として居る!正に許し難い行為である。
何故、反省せずに、再犯に走るか?
簡単な原理である、多重憑依を繰り返し、自制心が欠如して居るのである。

しかし、憑依を生むのも《波長の法則》自らが選んだのと同じであり、魂の年齢を引き下げたのも自分なのである。
高い波長を得る道は、萬人に許され、用意されて居るのだから。


by kongousan-akafudo | 2019-11-17 12:00 | └私たちの暮らし
<< 密教1289 祈祷行脚 密教1288 祈祷行脚 不思議... >>