<< 密教16 密教法具 密教15 私の弟子達 >>

護摩炉に宝石

皆さんは、護摩をご覧に成った事がある方も少なく無いと思いますが、護摩炉の中に宝石を投じる事は、密教僧以外では、理解できないと思います。
私は、加持祈祷の種類に寄っては宝石を護摩炉の中に投じます。

その最たる物が、ルビーです。
敬愛秘法を修する時には、愛染明王尊のお力をお借りする為にルビーが必要なのです。

私の寺では、夫婦和合、恋愛成就または、恋人が欲しいが今まで縁が無いと言われる方々の為に特別に修する法があります。
両頭愛染明王法である。

この法は、大変に効験あらたかな秘法で必ず成就します。
私の経験の中で、成就しなかった事は、ありません。

しかし乍ら、護摩炉の中に宝石を投じる事は、簡単では、ありません。
まず、祈願者に宝石を確認して頂き、本物である事を調べて頂く事から始めます。

専門鑑定をして頂く為なら、お預けもして居ます。
そして本物と理解して頂いた宝石を当日、護摩炉に投じます。

燃え盛る炎の中、宝石は、天界に昇天します。
他にも、願い事に合わせた宝石を使いますが、必ず成就します。

これが、喜捨《キシヤ》の理論なのです。


南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
赤不動院 院主 永作優三輝


[PR]
by kongousan-akafudo | 2015-11-05 20:00 | ◎赤不動明王院通信
<< 密教16 密教法具 密教15 私の弟子達 >>