<< 五社同一勧請 行者と式神 >>

呪禁道と私

私が朝鮮半島に行ったのは、30歳を半ば過ぎた頃である。
呪禁道と書いて、ジュゴンドウと読みます。

朝鮮半島では、ムダン文化は、知られて居ますが、《ムダン》とは、死者を呼び出す法であります。
死人帰りの法もムダンの秘法である。

私は、朝鮮で様々な法を学ばせて頂き、現在の活動に網羅させて頂いて居ります。

呪禁道は、一般には公開されませんが、私の場合、日本の密教僧の立場から触れる事が許されました。

その時の法は、死人帰りの法、日本の伝説にある、西行法師の反魂の法そのままであり、詳細は書く事は出来ないが、そのものであった。
それが、呪禁道では当たり前のように行なわれている事に、私は驚きを隠せない。

まだまだ、世界には様々な秘法がある事を、垣間みて頂けたら幸いである。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
赤不動院 院主 永作優三輝


[PR]
by kongousan-akafudo | 2015-11-29 20:00 | ◎赤不動明王院通信
<< 五社同一勧請 行者と式神 >>