<< 密教493 犯罪 密教491 報恩謝徳 >>

密教492 尊敬、敬愛

私の若年時代は、しあわせである。

唐手の師匠、剣術の師匠、古武術の師匠に教えを頂き、
父母亡きあとには、法華経の師僧、密教の師僧に教えを賜わり、現在があります。

そして、敬愛する文学者の諸先生方に教えを賜わり、感性の大切さを學ばさせて頂きました。
思えば、各、諸先生方には、尊敬と敬愛の念を禁じ得ません。

拙僧も早、上記の諸先生方の御歳に近づき、回想するも、
人間にとって、尊敬、敬愛の念が如何に大切であるかを再認識して居ります。
文武両道、何方が欠けても、今の自分は、無かったとしみじみと考える今日この頃である。

人間には、波長の法則が付き纏い何人なりと此の法則から逃れる事は、出来ません。
心に尊敬と敬愛の念を持つ者には、師の導きがあり、心に卑しさを持つ者には、餓鬼がまとわりつく、
これは、変えがたい法則のなせる業である。

しあわせを望まぬ者は、無いが、真にしあわせを望むのであれば、先ず、尊敬と敬愛の念を學び持つ事である。
しあわせを実現する事は、容易である。
自身を認める時、しあわせは、駈歩であなたのもとにやって来ます。

しあわせは、追うものでは無く、招き入れるものである。
招き入れ方は、簡単明瞭です。敬い尊ぶ心を養えば良いのです。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

[PR]
by kongousan-akafudo | 2017-03-31 06:00 | ◎赤不動明王院通信
<< 密教493 犯罪 密教491 報恩謝徳 >>