密教309 言霊

言霊とは、言葉には霊が宿る。と、云う事である。
想念と言霊には、密接な関係があります。

以下に、一例を挙げて説明致しましょう。

私の寺に、一人の綺麗な女性が相談に参られたした。
《他の小坊主が騒めくほどの美人である》

声帯にあるデキモノが出来、専門医の治療を受けているが思わしくない。と云う。

『 先祖が良く無いのでは?』と云うので、私は霊視しました。
しかし先祖は、『関わらないでくれ』と言うのです。

私は、彼女の指導霊に聞いてみました。

すると彼女は、自分が美人である事を鼻にかけ、他を顧みず、逆に言いよる男性を利用し、他を誹謗中傷していた。
また、その男性に利用価値が無くなると、他の男性にその男性を排除させる。《利己主義》
家に帰れば、鏡の前で、今の男性を誹謗中傷する事を繰り返している生活である。

私には、これで全てが解った。
想念と言霊である。

私は、彼女にハッキリ言いました。
このままでは、貴女は二度と声を出す事が出来なくなり、美貌も全て失い、失意の果てに…。

彼女は、仰天しました。
助かる方法は、無いのですか?

私は、言いました。
《今の自分を改め、仏門に帰依しなさい。》
《そして、百座の懺悔門を行いなさい》『百日間の行』

その後、彼女は百座を全うし、今では病気も完治しました。
今の彼女は、利己主義を捨て、利他愛に生きる、素晴らしい女性に変貌しました。
平凡だが優しい男性と結ばれ、子供にも恵まれ、しあわせな生活を送っております。

正に、想念と言霊は、自身をも傷つけ、他をも傷つける事がお解り頂けると思います。
どうせ、使うなら、良い想念と言霊を発したいものです。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主 永作優三輝



[PR]
by kongousan-akafudo | 2016-09-11 06:00 | ◎赤不動明王院通信

大阪府松原市の単立密教寺院 金剛山赤不動明王院のブログです。


by 金剛山赤不動明王院
カレンダー