<< 密教297 宇賀神様 密教295 浮遊霊 >>

密教296 怯えて生きる

人間は、怯えて生きるより、希望を持ち、清々しい気分で生きる為に生まれて来たのです。

しかし、毎日のように繰り返し起きる事件事故。
何故、起こるのか?
貴女は、考えた事がお有りですか?

密教の理想は、安心立命。
安心する事は、命を立たせるのである。
現代は、不安と怒りに満ちていると、私は考えます。

では、何故、不安や怒りに駆り立てられるのか?
それは、學びを知らない事から起きているのです。
無知は、暴力と混濁を招き、暴力と混濁は破滅を招きます。
言わば、私達が招いているのと同じなのです。

片方で、安心を求め、片方で快楽に耽る。
これでは、なんの解決にも成りません。

今、私達に必要なのは、正しい學びの道であり、自身がこの身このまま仏に成る事なのです。
無償の愛に目覚め、學ぶ時、必ず道は開けます。

その逆に、怠惰に生きる時、其処に残るものは虚無しかありません。
學ぶ事を選択し、生きる楽しさを知る時、貴女の人生は輝きます。

始まりの鐘を鳴らすのは、貴女なのです。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主 永作優三輝




[PR]
by kongousan-akafudo | 2016-08-29 06:00 | ◎赤不動明王院通信
<< 密教297 宇賀神様 密教295 浮遊霊 >>