金剛山赤不動明王院 密教

akafudoumyououin.exblog.jp
ブログトップ

密教506 護り刀

昔、旧家と呼ばれる家には、必ずと言って良いほど、護り刀がありました。
《護り刀は、その家に潜入しようとする魔物から家を守る神刀として大切にされて参りました》

しかし、時代の流れと共にその存在すら忘れられ、何時しか朽ち果てるならまだ救われるのだが、
日本刀は、刀鍛冶が精魂込めて鍛え上げた代物そう容易くは、朽ち果てません。

例えば、人間界でお世話に成った方の恩も忘れ、また自分の都合で付き合いを再開したくとも、
その時点では、最早、ご縁を繋ぐことなど無理と言うもの。

御護り刀は長い年月、その家を護り様々な事を見て今日に至ります。
日本刀には、魂が宿り様々なものから家を護って来た言わば功労者である。
最後は、有終の美を飾り、御役御免として上げたいものである。
また、錆びた刀を研ぎ師の手に依り復活する時は、以前に増して護り刀本来の力《本領》を発揮し持ち主を護ります。

当院では、現在まで数々の御護り刀を復活させて来た実績があります。
もしあなた様のお宅にも、御護り刀がある様でしたら、この機会に復活をお考えになっては、如何でしようか。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

[PR]
by kongousan-akafudo | 2017-04-17 06:00 | ◎赤不動明王院通信