密教513 魂の學び

病、老い、生と死、此の課題を避けることは、誰にも避ける事は、出来ません。

出来無いのなら、正面から向き合い學ぶのが、我が密教塾であります。

人は、何故生き、死を迎えるのか?これに答えを出し、生きる時、私達は、より良く生きる事に繋がるのです。

ただ、漠然と死を怖れていたのでは、何も解らずに迷宮の中に居るのと同じである。
學びの中に入って、自らが學び取り、自らの人生に向き合い、答えを出す事が、明日をより良く生きる事になります。

生老病死苦、誰も逃れる事は出来ません。
自らを活かす事こそ、學びなのです。
學んで、學んで、答えを出し活かす道に変える事は、より良く生きる事なのです。

答えは、千二百年前に、お大師様が経典を通じ、私達に教えてくださっているのです。
其れを、私達は、學び自身の中に落とし込むだけなのです。

後は、私達が胸襟を開いて、上下の隔たりも、男女の差も、全ての垣根を越えて學ぶ事に尽きると、考えます。


南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

[PR]
by kongousan-akafudo | 2017-04-24 06:00 | ◎赤不動明王院通信

大阪府松原市の単立密教寺院 金剛山赤不動明王院のブログです。


by 金剛山赤不動明王院
カレンダー