<< 密教522 意見と學び 密教520 折れない心 >>

密教521 向き合い、向き合う

折衷すると云う事は、私の中では向き合う事と捉えて居ります。

また、向き合いは、相互の理解が必要と考えます。
私は、長年、護摩行を厳修して参りましたが、本当の意味での折衷を解釈、厳修出来る様になれたのは、近年と考えます。

若い頃は、ただひたすらに焚き上げることに必死で、
鬼気迫る気迫しか持ち合わせていなかったと、回想して居ります。

誰しも、若い頃は、がむしゃらであったり、勢いに任せていた経験があると思います。
人間関係も然り、自身の意見を前面に語り、周りにうとまれた事も有ったでしよう。

しかし、年齢を重ね、しだいに丸く成り、向き合いに心を置く時、今迄に見えなかった事が視えて来ることがあります。

それは、和である。
無限も輪であり、円も輪であるが、直線的輪は、原動力が無ければ、失速しますが、無限の輪は、動き続けるのである。

調和し《理解、理性、智性》折衷する事を理解し、
原動力とする時其処には、和《輪》が生じ回り続け様とする力が介在します。
何事も一人の力は、一人と捉えられる時、あなたは、向き合い、向き合う事の幸福を感じる事に成るのです。

傲慢は、破壊を産み、理解は、調和をもたらします。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

[PR]
by kongousan-akafudo | 2017-05-02 06:00 | ◎赤不動明王院通信
<< 密教522 意見と學び 密教520 折れない心 >>