人気ブログランキング |
<< 密教526 死に逃げ 密教524 瞳の輝き >>

密教525 光

太陽の光、霊光、後光、光明、と光を例えた教えは、数々ありますが
光を真摯に考え、受け止めた時、私達の生活は、一変するで在ろう。

光は、私達に恵みを垂れる、欠くべからざる存在と捉え學ぶ時、現界からは、全ての争いは、消滅するであろう。
では、何故、光があるにも関わらず、様々な争いが繰り返されるのか?
それは、本当の意味で光を見てい無いからでは、無いでしょうか。

眼で見る光は、誰にでも確認できますが、視る光は、争いを好む者には、視え無いのである。
何故か、争いを好む者は、金の光に心を奪われ、心で視ることが出来ないのである。

現界だけを信じ、現界だけが現実と錯覚し物質のみを拝し、有り難がる人間には、真の光は、視えません。
光は、真実を観ようと考え、努力しなければ、終生、視る事が出来ません。

光は、平等である。誰にでも視る事が可能です。
あなたが、幼い頃を思い出して下さい。
あなたは、素晴らしい光を浴び視て来たのです。
この世に生を受け、この光を浴び視てい無い人は、皆無である。

では、何故、争いが絶え無いのか全ては、心の中に発生する欲である。
欲の眼は、全てを曇りガラスを通して視るのと同じである。
一日も早く、曇りガラスを辞めて心眼を開かせて、視る事が平和への第一歩では、無いでしょうか。

南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院 院主永作優三輝

by kongousan-akafudo | 2017-05-06 06:00 | ◎赤不動明王院通信
<< 密教526 死に逃げ 密教524 瞳の輝き >>