<< 念珠の力と御加護 密教13 慈愛に生きる >>

密教14 素晴らしき職人魂 仏師 仏具師

私のお願いしている、仏師、仏具師は、頑固一徹。
仕事に於いて一切の妥協が無い。

今朝、依頼中の御厨子の進捗状況を確認しに行くと未完成なのである。
仏具師に尋ねると、納得出来ない部分を再度作り変えるとの事。

私が、完成を楽しみにお待ちしている方々の為にも早くと言うと、仏具師が一言。
「納得出来ない物は出せない。お待ちの方には申し訳ないが、作り直す。」

取り付く暇もなく私は帰路に着いたが、よく考えれば、誠にもって有り難い話であります。

木は生き物.....
反りも割れもある。
それを木と折衷し、作り上げる。
仏師、仏具師には頭が下がります。

私の様な貧乏寺の住職の話しを真っ向から引き受け、一心に取り組み、不動明王尊を彫り上げ、不動明王尊に御入り頂 く。
白木の御厨子の製作は、誠に大変であります。

完成した念持仏は、老仏師作の渾身の秀作です。

この念持仏を家に祀り、幾久しく礼拝される方々の為に、少しでも丈夫な御厨子を作り上げる。
仏具師の心意気は、正に不動....

昨今は、大量生産の渦があらゆる所で渦巻く中、黙々と御厨子の製作に力を注ぐ老仏具師中に男を見、凄まじい気迫を感じました。

完成を心待ちにされている方々には、愚僧から心よりお詫び申し上げます。

出来上がりは、仏師、仏具師の会心の作。
素晴らしい物となりまするうえ、寛容な御心を持ってお待ちいただければ幸いに存じます。

赤不動院

院主 永作優三輝



[PR]
by kongousan-akafudo | 2015-11-04 06:00 | ◎赤不動明王院通信
<< 念珠の力と御加護 密教13 慈愛に生きる >>