d0359990_14073533.jpg


悲しい霊視

祈祷僧は、依頼主から依頼されて始めて行動開始です。

その日の相談は、海で溺れて行方不明の娘さんを引き上げて、まともな葬儀をしてやりたい。
と云う母親の涙の願いです。

海の深さを、昔の人は、一尋、二尋と表しました。
両手を水平に広げて、指先までが一尋です。

霊視すると、海藻が絡まり、浮かぶことが出来ません。
考えました。
あの仏に出陣願わなくては無理であろうと。

その仏様の名は、青面金剛尊。

手に三叉戟と法輪を持ち、別の手にはショケラを掴む。
ショケラとは、悪神シバと伝えられている。
身体に巻いているのは二匹の大蛇、一匹の長さ三千尋。
この仏しか無い!!

早速壇を組み、青面金剛の掛軸を本尊に祈祷開始。
祈祷は、一昼夜に及んだ。

そして、翌日。

電話で、お願いしてあった魚恊組合に船を出して頂き、沖に向かって船出。
青面金剛尊が指定された場所に到着。

漁師さんに、例の物を海中に入れていただき、愚僧は読経すると漁師さんが一言。

掛かった❗️
ゆっくり紐をたくし上げて行くと、白い影が見えた。
船上に上げて確認すると娘さんでありました。

お母さんは泣き崩れる。
船は港に急ぎ、無線で魚恊組合に連絡。

港には警察の方々が待っていて、娘さんを検視の為搬送。
愚僧達は形式上の事情聴取を受け、娘さんの亡骸を引き取り、娘さんの実家に急ぎ帰った。

実家に到着すると、知らせを受けた親類縁者が葬儀の支度を整え、涙の出迎えになった。
亡骸はお母さんの希望で、荼毘には伏さず、実家の布団に寝かせて一晩別れをする事になりました。

愚僧は、一旦帰宅して斎戒沐浴へ。

娘さんは、復顔師により化粧が施され、美しい生前の姿に。
葬祭師も気を利かし、匂いの強い香を用意してくれて居りました。

娘さんの友人知人が弔問に訪れ、辺りは、すすり泣きの声に包まれ、哀れさを増して居た。
愚僧は、自分の柩を視ながら涙する娘さんに死んだ事を諭し、引導を渡す。

その後、娘さんの亡骸は荼毘に伏され、魂は先祖霊と共に霊界へと帰って行きました。

青面金剛法

当院には、様々な秘法《秘伝書》が、数百の単位で秘蔵されております。
その中から、現代人に必要な秘法を、今回紹介しようと思います。

青面金剛法は、陀羅尼集経の中に僅かしか記載が無いのが現状である。

何故、解説程度しか記載が無いのか?
それは余りにも難解であり、経典の所在も明らかではなかった事が最大の理由である。
言わば、隠された秘密経典であるのです。

青面金剛尊は人間の犯した罪を隠し、三尸が天帝に告げ口が出来ない様に抑えると伝えられております。
人間は誰でも、罪を知らず知らずに犯しております。
それを改善の道に導く事が出来るのが青面金剛尊であり、青面金剛法なのである。

前非を悔いて、今新たに一歩を踏み出す。
私達は、様々な人生の中で、他人には言えない事も数多くあります。

しかし、過去に捉われて進めないとは哀れな事です。
当院では、そんなあなたの為に《明るく未来に羽ばたく為》青面金剛法を謹修して参ります。
明るく前向きに、明日に羽ばたいて下さい。

青面金剛の秘法

青面金剛の秘法の中に、両肩の衣を大蛇に変え《片方が三千尋、合わせて、六千尋四方の物を引き寄せる》秘法があります。
これは主に、家出人の捜索に用いたり、行方不明の人を探し当てる事に用いる青面金剛の秘法の一つである。

その他にも、青面金剛の秘法は沢山あり、苦しむ人々の救済の為に修される事は多々有ります。
しかし、現在では形骸化され、ほとんど修する事も無くなりました。
拙僧も、過去に何度か修した経験を持っております。
真に、凄まじい効験に驚くことは度々ある。

現在は修せる僧も少なく、知る人もいない。
が、この法が世に認知されれば未解決事件も減るものをと、老齢になった今思う次第である。

青面金剛像《掛軸》

私は、特別な時以外には青面金剛法を修しない。

海難事故に遭われた娘さんは、二日経ち、三日経っても、行方不明のまま発見される事は無かった。

ご両親もあきらめ、せめて遺体だけでも、先祖の墓に葬ってやりたいと言う一心で、私の寺に来たのです。

私は、決断しました。
海の底に居る娘さんの亡骸を引き上げる事が出来るのは、青面金剛尊しか居ないと!

早速、準備に入り、夜通しの祈祷を始めた。
そして、午前三時手応えが有った。
私は、渾身の力を込めて、引き上げたそしてご両親に告げた。

〇〇〇の海岸に行きなさいと。
ご両親は、親戚の方と夜道に車を走らせ私が言った海岸へと向かいました。

そして、海岸に到着、満潮を待った。
やがて満潮に成り、その時、水面を漂うものを発見、
近くの漁師さんの手を借りて近づくと、忘れもし無い娘さんの姿が有ったのです。

後は、記憶が確かでは、無いそうです《ご両親の談話》私は、葬儀の導師を勤め、亡骸を浄めましたが、海中を三日間以上、漂った遺体にしては損傷も無く、綺麗な顔でした。

そして、野辺の送りに入り、娘さんに引導を渡し、先祖霊を召喚し霊界へと見送りました。
まさに、青面金剛尊のお力で無くては、叶わぬ偉業でありました。

世には、人智を超えた力が存在します。
信じるも、信じないも全ては、自由である。
しかし自分の眼でまた、体感した事を否定する時
その人は、一生涯、自分に嘘をつき続ける事に成るのです。

青面金剛法

青面金剛は、庚申の本尊仏として有名だが、私は、行方不明者の捜索や引き戻しに青面金剛法を厳修する。

青面金剛尊のお姿を見ると解るが、両手に二匹の大蛇を従えている事がわかる。

大蛇の長さは、一匹で千尋の長さを、有している。
一尋が、両手を広げた時の長さと考えて頂きたい。
それが千である。各自、想像願いたい。

その大蛇を、行方不明者のところに行かせ巻きつけ、自由を奪い引き付けるのが、私の青面金剛法である。
間違えなく、遂行される事は、実正済みである。

今から、二十年位前に成るが、海難事故に遭って亡くなった女性の遺体を引き上げた事がある。

亡くなられた女性のご両親に、せめて、娘の遺体を墓に葬ってやりたいとの願いを受けて厳修したのが青面金剛法である。

青面金剛尊は、鬼神であるが、術者力量に応じて、活躍する。
力の無い者には、牙を剥く誠にもってハッキリとした仏様である。

素人は、絶対に手を出しては、危険な仏の一人であるが、凄まじい力を発揮するのも事実である。

江戸時代には、庚申信仰の本尊仏として、盛んに信仰されたがその後は、衰退して現在に至る。
が、此処に来て脚光を浴びて来ている。

しかし乍ら、祀り方が難しく、素人向けでは無い。
経典も陀羅尼集経に、僅かに残る位で、定かでは無い。

しかし、効験の威力には、特出するものがあるのも事実であります。




[PR]
# by kongousan-akafudo | 2018-05-22 12:00 | ことばの花束

真澄稲荷の守護尊

真澄稲荷の守護尊の原型は、御本尊赤不動明王尊の啓示に依り現行の御姿に成りました。
慈悲を主眼に置き、所願成就を叶えて頂き、皆様を真の信仰へといざなう赤不動明王尊の御眷族であります。

俗に利益《願いが叶った》で動かれるのは、御本尊の命を受けた御眷族様です。
例えば、稲荷が主尊なら俗に言う御狐様であります。
《真澄で言えば香合仏》

香合仏は、御本尊の分け御霊であり御分霊。
拝み方によっては強大な力を発揮します。
但し、自分勝手な願いを連発する事は控えねばならない事を知っておくべきであります。

以上の事柄を守り、精進する時、御心に届き成就するでありましょう。

御幣とは、日本特有の折り紙文化と融合し、時代の流れの中で独自の発展を遂げた祈りの文化である。
依代としての効果は絶大である。
奉書を折り、小刀で刻む時、口に真言、心に御仏を観想し一気呵成に切り終える。
そして折り返し、幣串に納めて出来上がりである。
誠に手間がかかる逸品である。

様々な御幣が伝承されて来たが、現在では修行の厳しさに、御幣を切れる者も少ない。
また幣串についても、神具師に依頼して製作するが、神職《宮司》僧侶の資格を有する者以外には製作してくれません。

お金を出しても製作してくれ無いものがあるのは、この世界だけでは無いだろうか。
正に、物質的価値観が届かない世界である。

今般、私の弟子である慈優に製作を許可し、完成したのが稲荷御幣である。
稲荷神に御幣に乗って頂き、希望される方の元に旅立って頂きます。《当院にて開眼作法を謹修》



金剛山赤不動明王院
院主永作優三輝

d0359990_17441694.jpg
貴方の願い、香合仏の荼枳尼天さまに託してみませんか?

お稲荷さまのご利益

≪何はさておき、商売繁盛!≫
商売繁昌/事業繁栄/家業繁栄/営業繁栄/

≪稲荷というからには…豊かな恵みに関するご利益も有名です≫
五穀豊穣/大漁満足

でも、それだけではありません。
心願成就という言葉がありますよね?心に願う事を成就させるという意味です。
ですから、他にはこのようなものもあるのです。

≪健康や厄除けに関するご利益として≫
病気平癒/身心堅固/良縁成就/安産祈願/厄難消除

≪学業や習い事に関するご利益として≫
試験合格/芸道増進

d0359990_17441592.jpg

お申込みに際して大切なこと

ご注文の際には、コメント欄に必ずあなたさまの願意をご記入下さい。

ご注意事項:香合仏は、お持ちになる方“だけ”の仏さまです。
家族全員で拝みたい、社内みんなで拝みたい、といった目的には沿いません
その場合は、個々人でお迎えになられるか、もしくはご仏像をお迎えください(木像・銀天共に赤不動明王院にてご相談に応じます)

例えば、商売繁盛・事業繁栄等の場合

◎経営している「〇〇」(店名と業種)の繁栄を希望致します
具体的にどうなりたいか。
・月々の売上を上げたい
・リピーターのお客様を増やしたい
・ご新規のお客さまを増やしたい
・地元のお客様を増やしたい
・海外からのお客様を増やしたい
・受注件数、成約件数を増やしたい
・回収率を上げたい
・同業他社競合の中、お客様に選んでもらえるようになりたい
・従業員を増やしたい
・支店を増やしたい
・施術の技術向上、専門資格取得の為に海外研修に行けるようになりたい
など、一口に商売繁盛、事業繁栄と言ってもその中身は千差万別。
あなたにとっての「繁昌・繁栄」を個別に祈祷することが大切です。

・店舗の住所

・経営者さま(あなた)のお名前

香合仏・荼枳尼天尊16,200円(浄化祈祷・開眼供養・お守り袋・発送費込)

荼枳尼天さま×祈祷×願主さまの意志と努力のトライアングルで、夢や目標を叶えませんか?


≪稲荷セット≫

・香合仏荼枳尼天
・香合仏スタンド

・稲荷御幣
・幣串(舎利入り・赤不動明王院にて開眼供養済)


d0359990_11352874.jpg

幣串と稲荷御幣
d0359990_14004260.jpg

白狐幣は通常、初午の時期のみの特別なものなっております。
眞澄では祭主のわたくし慈優が自ら切ることができますので、一年を通じてお分けする事が可能です。

このたび、赤不動明王院と長いお付き合いのある神具師さまに、私の切った御幣の大きさに合わせた幣串を作って頂く事が出来ました。
こちらを眞澄より稲荷さま(ご尊像・香合仏)をお迎えになった方へお分け致します。
幣串ですが、神職《宮司》僧侶の資格を有する者以外には製作はして頂けません。

幣串の中には舎利を入れ、赤不動明王院にて開眼供養がなされております。

ただし、神具師さまの手作業による幣串ですので、状況によってはお待たせすることもあろうかと存じます。
その点はどうぞご了承下さい。

※ご注意事項
こちらの幣串は、稲荷御幣用に作製され、また開眼供養がなされております。
したがって、他の御幣を差して使いまわしをすることはできません。
御幣は神仏の依り代であり、ハンガーに洋服を掛け替えるような感覚の方にはお譲り致しかねるものでございます。
今後、他の御幣をお分けすることも検討しておりますが、その際には幣串と御幣を1揃えとしてお迎え頂きますようにお願い致します。

※幣串の前・後ろの見分け方
三面が面取りしてありますが、一面だけ切りっぱなしになっております。
そちらが裏です。
神さまのものに関しては、表裏・前後が決まっております。
実際に手に取ってご覧いただければわかると存じます。




[PR]
# by kongousan-akafudo | 2018-05-21 18:00 | ★眞澄の仏像・塗香・写仏

e0392772_10440086.jpg

御祈祷依頼の方は、≪赤不動明王院≫破邪の剣による祈祷(正式申込の順に祈祷致します)をご選択の上、コメント欄に下記の事項を必ずご記入ください

お申込み必要事項
・願意(恋愛成就・安産祈願・事業繁栄・病気平癒など)
・赤不動明王院へ来所希望の場合は「来所希望」
・電話でご祈祷の実況を聞かれたい方は「電話祈祷希望」
・願主の方の顔写真

御祈祷が終わりますと、下記の物をレターパックプラス(赤)にてご送付致します。
この発送物のお手元への到着を持ちまして、祈祷完了の証明となります。
個別の入金確認通知等はございませんので、ご了承下さいませ。

・祈祷の写真
・赤不動明王院祈祷札
・お守り(中に願意に相応しい内容の舎利をお入れ致します)


ご注意事項
・お子さま、ご病人さま、その他介助の必要な方の付き添い以外の、見学者は立ち入り不可となります。
※子宝祈願等でのご夫妻でのご来院は大歓迎です。

・ご祈祷希望者がお待ちの場合、正式なお申込みから実際の御祈祷まで時間が開く場合がございます。

・特別祈祷は、午前一座、午後一座の一日二座しかお受けすることが出来ません。

・ご霊刀は使用していくうちに消耗致します。
メンテナンス等に時間・費用等が発生するため、高額となりますことをご理解下さいますようにお願い申し上げます。

・寄進額54,000円でのご祈祷となります。

お申込みは赤不動明王院オーダーフォームよりお願い致します

e0392772_14325638.jpg

[PR]
# by kongousan-akafudo | 2018-05-21 15:00 | ★赤不動明王院メニュー

d0359990_16502451.jpg


祈祷寺の秘密

当院は、祈祷寺で御座います。
祈祷寺には、様々な秘密があります。

以下は、その秘密を明かして参ります。

当院は御本尊赤不動明王尊を始め、四天王尊、宇賀神尊、聖天尊、青面金剛尊が祀られて居ります。
その他にも祈祷本尊が存在しますが、普段はお休み頂いて居ります。

それだけの文化財が、何故安全なのか?
それは、霊的トラップを仕掛けてあるからなのです。

例えば、エジプトのツタンカーメンの呪いは有名ですが、それより恐ろしい呪いが存在します。
それは、密教呪術による呪いです。

私の生まれ故郷、東京は浅草にある大寺院の御本尊様は、純金の観音像ですが盗難に遭った事が御座いません。
それは、強い霊的バリアーの為です。
その他、私の知る財閥家の個人的な聖天尊像はプラチナ製です。

では、何故盗難に合わないか?
霊的トラップ《罠》が仕掛けてあるのです。

私の知る例では、必ず盗んだ者は、本人はおろか家族まで恐怖の内に死んで居るのです。
霊的トラップは完全なバリアーであると共に、恐ろしい呪いでもあります。

しかし、考えれば自業自得なのです。
殺人、窃盗、詐欺、その他、犯罪に手を染める者は、トラップに掛かりやすいのも当然の理である。

私の寺には、様々な文献《資料》と一緒に宝物も存在します。
その一つに、聖天像は、鉄や真鍮、銅製では御座いません。
昔から、聖天像は、金、銀、プラチナ、のいずれかで製作致します。

宇賀神像も同じです。
其れは、浴油法、浴酒法を行うからなのです。

木彫りの像では、浴油法も浴酒法も、出来ません。
そして、非鉄金属では錆びを呼ぶので不向きと成ったのです。

したがって、聖天浴油法、宇賀神浴酒法を謹修する行者に成るには、莫大な費用が必要になるのです。
その他にも浴法は御座いますが、此処では書くのを控えさせて頂きます。

秘仏

秘仏は、日本各地の有名寺院に存在致します。

高野山には波切り不動尊が秘仏として《非公開》、親王院には宇賀神尊《非公開》
その他、双身毘沙門天、三面大黒天、姫宇賀神、孔雀明王、大元帥明王、まだまだ存在します。
別にもう一体必要とされる尊像で代表的なのが、聖天像、宇賀神像、双身毘沙門天像でございます。
その秘密は申せませんが、他の尊像にもそれはあります。

全ては、当院所蔵文献にて明らかであります。
その他にも、密教法具にも秘密が存在します。

一般的には、独鈷杵、三鈷杵、五鈷杵、錫杖が有名に成りましたが、専門祈祷をするには、他にも秘密法具がたくさんあるのです。
護摩炉も然り、全て存在します。

此処で、Q&Aです。
例えば、聖天法の代表法である浴油法ですが、本尊の聖天像が木彫りの像の場合、どうしますか?
宇賀神尊の浴酒法の場合《木製の仏像》どうしますか?
双身毘沙門天尊の場合は、どうしますか?

当然な事ですが、油と酒とその他の液体でベタベタに成り、尊像は汚れます。

答えは、お考え下さい。
当院には、全て用意がされて居ります。

此処で、またQ&Aです。

大阪には、水掛け不動、高野山にも水掛け本尊がおわします。
そして、灌仏会の甘茶掛け。
そして、皆さんが墓参りに行き、墓石に水を掛け供養します。

皆さんは、どう考えますか?

答えは、供養心。
皆さんの中にあります。

難しい事は、専門家。
自分で出来る供養は、心を込めて自らが先頭に立って行ない、家族揃って供養する時、平和の輪が広がります。

宇賀神尊浴酒法

当院では、宇賀神尊浴酒法を謹修して居ります。
聖天尊浴油法は勿論、宇賀神尊浴酒法も大法でありますが、当院ではそれ以上の大法があります。

しかしその逆に、大法に上回る大法を有していればこそ、聖天法も宇賀神法をも修する事が出来るのです。

ここで一つだけ、皆さんに御教え致します。
各、浴油供、浴酒供、浴湯供は、木像でやった場合に木像はどうなるか?
お考え下さい。

例えば、実験をして下さい。
割り箸を、油に漬けたらどうなるか?
酒に、漬けたらどうなるか?
お判りですね。

当院では、各浴油、浴酒、浴湯供の貴金属製の本尊仏がおわします。
本当の聖天寺や、弁財天法、双身毘沙門天法、観音法を謹修出来る寺には、必ず貴金属製の尊像が存在いたします。

高野山、比叡山には立派な尊におわします。《一度考察するのも勉強に成るはずです》
但し、これらの仏像に手を出せば《許しも無く、触れれば確実に死にます》

この事例は、沢山残って居るのも事実です。
当院でも、拙僧以外は触れる事は出来ません。

古い弟子でも、見た者は数少ないのが現状です。
今般、密教の秘仏公開をする為に、特別に密教塾では公開します。

學びたい方は、お問い合わせ下さい。

宇賀神浴酒法

当院では、宇賀神本尊の分け御魂を宇賀神仏像に移す秘法を、近日中に厳修致します。

宇賀神様は大変有り難い仏様で、中でも微笑ましい経典があります。《三日貧転宇賀神法》
この経典は、三日で貧乏を転換し福をもたらすと言う内容の経典であります。
読誦しても、顔に笑みが浮かぶほど優しく温かい経典で御座います。

現代のように殺伐とした世の中には、必要不可欠な仏様であると私は考えます。

今回、平成の大仏師の協力を得て、本物の宇賀神像を皆様に提供できることは、当院の誇りで御座います。
また、皆様の信仰を高め、しあわせに導く尊像は他に類を観ないものと考えます。

今回、配布する尊像のお写真は掲載しませんが、古来より伝わる尊像を忠実に再現した最高の宇賀神像であります。
正に、京都の大仏師で無ければ実現出来無い、大変有り難い尊像が完成致しました。

そして最大の魅力は、浴酒法が木像でありながら出来る、唯一の法が完備されている事にあります。
この秘法は古来より行われて参りましたが、伝承者が少なく、忘れられて居た秘法であります。

今回当院では、宇賀神像完成を祝い、秘法を皆様の為に復活します。

しあわせを引き寄せる宇賀神様。
もう、不幸とは決別です。

宇賀神浴酒法

宇賀神本尊像は、京都の大仏師が精魂込めた最高の逸品です。
浴酒法については、当院にて、密教秘法の一つで、木像に染み一つ付けずに行う浴酒法に依り、お迎えされた方の尊像《宇賀神尊像》に供養させて頂きます。

当院の浴酒法は、木像に大吟醸の清酒を掛けて行う供養ですが、尊像は濡れません。
秘法ですので、此処で明かすことは出来ません。

ご了承ください。
全ては、模倣を避ける為の事であり、仏尊を護る事にも成るのです。

特殊浴酒法。
浴酒壇に浴酒桶を据え、桶の中に天座《尊像を乗せる蓮華台》に尊像に お座り頂き、桶の中の尊像に酒を浴びて頂きます
《酒を浴びる前に薬湯に入る》これが簡単な概要です。

しかし、当院の浴酒法は、尊像にお酒を浴びて頂きますが、尊像に染み一つ付けずに完了致します。
これが、当院の特殊浴酒法である、密教が生んだ秘法の一つであるのです。

宇賀神尊浴酒法

当院では、定期的に宇賀神尊浴酒法を厳修しております。

浴酒法の隠れた効能を知る人は、少ないです。
宇賀神尊の浴酒法は、経典に書かれている様に、財力向上に効験がありますが、その他にも隠れた効能があることは知られておりません。

浴酒法に使った後の酒には、命を活性化させる効力があります。
例えば、勢いの無くなった植物が生気を取り戻し、この時期にトマトやピーマンを実らしたと言う報告が今日もありました。

その他には、コップ半分の量を風呂に入れて入浴をした後、神経痛の痛みが無くなったなど、様々な事例が私の元に届いております。
誠に不思議な現象と思われるかと思いますが、全て事実で御座います。

浴酒法に限らず、聖天尊浴油法の後の油は、家の周りに撒けば結界と成り、開運招福と成ると評判です。

浴酒法

密教をお好きな方でも、あまりご存知無いのが、浴酒法であります。

浴酒法とは、聖天浴油法が油であるのに対し、浴酒法は日本酒を使うのある。

浴油法、浴酒法には共通点がある。
どちらも天部の仏への究極の御接待である。

一般公開は出来無いが、当院では浴酒法を謹修する。
清酒も大吟醸を使用するので、かなり高価な供物が必要になります。

宇賀神尊の浴酒法は、貧を転じて福を呼ぶ貧転《ひんでん》富を得る祈祷法である。
誠に有難い法であります。

経典も三日貧転宇賀神法《仮名》微笑ましい経典が存在して居ります。
私の好きな経典の一つであります。
経典は、一般の方々が眼にする事は少ないですが、経典全てが、四角目らしい物では無いのである。
特に、弁財天法の経典は、微笑ましい経典が存在します。

青面金剛法も人知を超えた、力を発揮します。
一般的には、庚申の本尊仏ですが、効験は、凄まじいものがあります。

青面金剛については、次回に掲載して参ります。

お楽しみに!




[PR]
# by kongousan-akafudo | 2018-05-21 12:00 | ことばの花束

e0392772_10440086.jpg

誰にも言えず、一人で悩み・苦しんでいませんか?
霊的なご相談・ご供養・ご祈祷は、密教僧歴43年の永作優三輝が承ります。



~プロフィール~

阿闍梨 永作優三輝

1947年12月 22日 東京都浅草出身

道場を経営する両親の元、8人兄弟の末っ子に生まれる。

幼少期より劍術、骨法、空手、杖術、暗器を學び始める。

17歳で空手のインストラクターとして単身渡米。

20歳のとき両親が相次いで他界し、その菩提を弔うために出家。

数十年前に霊示を受けて愛知県の山奥にある滝行場に導かれる。

そこで、滝行場の護り本尊である不動明王尊を修復したことが縁で、赤不動明王院を建立する。



密教僧 永作優三輝の霊視相談・ご祈祷等につきまして

【対応時間】
9時~17時
お仕事等のご都合で上記の時間帯が難しい方につきましては、21時まではご相談に応じることが可能です。
ただし、常時その通りではございません。
各種ご相談等は、直接赤不動明王院へお越しになる方法と、お電話での方法からお選び頂くことが出来ます。


【ご相談希望日につきまして】
第3希望までお知らせください。

御祈祷の場合、事前に準備すること・物が必要な場合もあります。
「明日行きます」等ではなく、日にちに余裕を持ってお申込み下さるようにお願い致します。
専願護摩のご依頼の場合、入金の確認をしてから一週間程度護摩に必要なものを用意したり、精進潔斎したり等の準備が必要となります。
また、祈祷には日時を選んで行うことが必要な場合もありますので、お申込みからすぐにという訳にはいかないこともございます。

ご遠方の方はこちらの祈祷が終わりましたら、木札等をお送り致します。
祈祷は、そのお札等の到着をもって完了となり、入金確認のご連絡は赤不動明王院からはございません。
何卒ご了承くださいませ。

営業項目:加持祈祷、霊視、除霊、浄霊、家のお祓い、星供養、各種供養等。

※加持祈祷に関してのご依頼・ご相談は、初回は全てメールでお願い申し上げます。
直接の電話依頼はお受け致しかねます。

*正式依頼のない、霊視、御相談はお受け致しかねます。
尚、匿名の方に関しては、一切お受け致しません。


【赤不動明王院へお越しの方へ】
ご同伴者がいらっしゃる場合は、その旨も併せてお知らせください。
尚、ご相談時には院主の奥様がご同席されますので、女性お一人での来所でもご安心です。

〒580-0004

大阪府松原市西野々1-2-30

金剛山赤不動明王院



【お支払い方法】
全て事前に、院主永作優三輝のゆうちょ口座へお振込みをお願い致します。
オーダーフォームより申し込まれますと、自動返信メールが折り返し届きます。
その中に口座のご案内がありますので、ご覧ください。

恐れ入りますが、クレジット決済は不可です。
何卒ご了承下さいませ。

【メニュー】
・通常相談…30分5,400円
・霊視相談…1時間19,440円
・各種個人祈祷…16,200円
・専願護摩法…32,400円






[PR]
# by kongousan-akafudo | 2018-05-21 09:00 | ★赤不動明王院メニュー