人気ブログランキング | 話題のタグを見る

密教1764 密教僧の経験談【正々堂々】

正々堂々、現在では正に死語だと思う。
何故か?
正々堂々の意味を知って居れば、イジメや誹謗中傷の様な卑怯者の行為は、起きない筈だからである。
昨今の相談依頼で多いのが、イジメや誹謗中傷に悩む方々の悲痛な叫びである。
私は姑息で卑怯な者が、何よりも嫌いである。
姿が見えないから安心、自分の所在が知られ無ければ参加する。
正に、卑怯姑息である。
私は、そんな者を許さない。
場合によっては、あらゆる方法を講じる事を辞さない。

何故、人が人を傷つける事が、辞められ無いのか?
それは自らが、幸せでは無いからである。
幸せな人は、意地悪をしない。
幸せでは無いから、人を傷つけるのである。
しかしこれが余計に、不幸を引き寄せて居るのである。
それに氣付き反省し謝罪すればまだ間に合うのであるが、氣付ず続ければ確実に更なる深みにハマる事に成り、氣付いた時には取り返しが付かない結果に成るのである。

その昔、自らの不幸は彼奴らの所為だと邪推し大量殺人を犯し、犯行後自殺した犯人を視ると解った事が多々ある。
【詳細は、密教塾にて発表する。】
他の無差別殺人にも、類似点が多々見受けられるのである。
正に、魔の方程式と言えるで在ろう。
本人は氣付かない内に、向かって居たのである。
小さな過ちを放置して続ければ、やがて取り返しのつかない大きな過ちを犯してしまう結果に成るのである。

私は自らが不満に感じた事を徹底的に分析して、その種が何処から来たのか、何故不満を感じたのかを俯瞰して考え、答えを導き出す事にして居る。
結果は、簡単である。
全ての事象は、自らの中で始まり自らの中で終わるのである。
つまらない事は放念し、自らの中に蓄積する必要も無い事なのである。
嫌な人が居れば、絶交すれば良い。
嫌な環境ならば自ら手放し、離れれば良いだけである。
其処に執着する必要も、無いのである。
人間は平等であり、幸不幸も平等に訪れる事象である。
他人の幸せが妬ましい羨ましいと考えるのであれば、他人の不幸も羨ましいと真剣に捉える事である。
密教1764 密教僧の経験談【正々堂々】_e0392772_17515693.jpeg
南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主 永作優三輝
ご相談、御祈祷、授与品等のご案内
ご相談、御祈祷、授与品等につきましては、以下をご覧ください。
お申込みフォームも以下にございます。

≪以下は下記からもお申込みいだだけます
赤不動明王院ホームページのご案内
当院のホームページが完成しました。
こちらも是非ご覧ください。
・赤不動明王院ホームページはこちら

赤不動明王院無料会員サイト公開しました
当院の密教学舎の一つである無料会員サイトを公開しました。
より學びを深めたい方はご登録下さい。
・赤不動明王院無料会員サイトはこちら

≪霊的真理の學び(姉妹ブログ)を公開中
姉妹ブログの霊的真理の學びを公開中
より學びを深めたい方はご登録下さい。



# by kongousan-akafudo | 2021-06-15 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教1763 密教僧の経験談【呪縛、呪殺は可能か?】

呪縛、呪殺は可能だが、99パーセント無理である。
何故か?
力量不足と法具、仏具の不備不足が物語って居るからである。
拙僧が何故、今回この題材を書くのかには、意味がある。
それは人の弱さに付け込む、詐欺師や馬鹿者が増加して居るからである。
呪縛、呪殺は呪いであり、施す者も依頼する者も同罪だと云う事を忘れては行けない。【人を呪わば穴二つ】
自分も墓穴に入る事を、意味するのである。
また呪縛、呪殺を行うには相当な法力が必要なのは言うまでも無いが、法具仏具も特殊な物を用意せねばならない。
夜店で売って居る様なオモチャでは不可能であり、其れすら知らなければ論外である。

呪縛に至っては、何処を縛るのか?
知る者も、居ないで在ろう。
古武術の縛り方は霊的縛り方と似て居るが、それとて人間を捕縛する方法であり、霊的縛りでは無いのである。
密教で言えば調伏法であり、これを行うには先ず護摩炉から変える必要があり、普通の密教寺院では不可能である。
護摩炉だけでは無く、特殊法具も必要なのは言うまでも無い事である。
上記の条件を全て完了しても、依頼が無ければ出来無いのは当然であり、僅か数十万の謝礼で受けられるものでは無いのである。

当院では現在、密教の修行道場を完了させる為、新たに増益炉と調伏炉を製作中だが、この二炉を製作するだけで数百万円の費用を投入して居る。
これは道場に於いて生徒【弟子】に指導、修行させる為の設備である。
指導に於いて教材と設備は不可欠であり、単なる絵や模型を使用した授業では机上の空論に過ぎない。
実戦を想定して行う授業で無くては、身にならない事を私は知って居る。
過去に私が師僧から伝授を受けた時もそうであった様に、実践が伴わなければ出来無い事も多々あるのである。
密教の修行も人生修行も、経験と実践が伴わなければ人の心を打つ仕事は出来無いのである。
密教1763 密教僧の経験談【呪縛、呪殺は可能か?】_e0392772_15030008.jpeg
          増益炉完成予想図

南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主 永作優三輝
ご相談、御祈祷、授与品等のご案内
ご相談、御祈祷、授与品等につきましては、以下をご覧ください。
お申込みフォームも以下にございます。

≪以下は下記からもお申込みいだだけます
赤不動明王院ホームページのご案内
当院のホームページが完成しました。
こちらも是非ご覧ください。
・赤不動明王院ホームページはこちら

赤不動明王院無料会員サイト公開しました
当院の密教学舎の一つである無料会員サイトを公開しました。
より學びを深めたい方はご登録下さい。
・赤不動明王院無料会員サイトはこちら

≪霊的真理の學び(姉妹ブログ)を公開中
姉妹ブログの霊的真理の學びを公開中
より學びを深めたい方はご登録下さい。



# by kongousan-akafudo | 2021-06-14 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教1762 密教僧の経験談【人間界】

人間界は魂の道場であり、遊び場では無い。
良い事は御褒美、悪い事は修行である。
誰しもが幸せを求め一喜一憂するが、其れは自らに都合の良い事を求めて居るだけで、真の幸せを求めて居る訳では無いと考えます。
もし自らに都合の良い事ばかりが起き続けて居たら、人間は更なる良い事を望み続けるで在ろう。
その結果、人は想像力を失い怠惰と成り、傲慢に成るのである。
政治家が、良い見本である。
選挙中は皆さんの為に粉骨砕身努力を重ねると誓う言葉を口にしながら、強い者にへつらい自らも国民であり乍ら上から目線でものを見る傲慢な態度は、正に最悪な見本である。

現在、一般市民は疲弊し毎日のように自殺が繰り返されて居る現実を、政府は見て見ぬふりである。
最高責任者は毎日オリンピック、オリンピックと唱え、下々の生活など眼中に無い様である。
選挙しか眼中に無い政治屋が握る権力、正に獅子身中の虫である。
人間界は檻の無い動物園と云うが、正に昨今の状況は動物園そのものに思える事が多々ある。

拙僧が感じる現状は、危機的状況にあると考える次第である。
何故か?
その理由は、想像力の低下である。
先ず、人の【他人】痛みが分からない者の増加が著しい事である。
人の心を平然と傷つけるばかりか、実質的な方法で傷つける。正に、魔界人である。
上記が何故、起こるのか。
それは、魂の劣化現象が示す危険信号である。

例えば、コロナ禍でイライラするから妻子を虐待する。
自分がイライラするから、憂さ晴らしをした。
正に、馬鹿の見本である。
親が自らがイライラするから、虐待した。
ならば、親を辞めれば良い。
但し行政に委ね、二度と親にならなければ良いのである。
子供は、親の所有物では無い。
夫婦は平等であり、互いに尊重し合う関係であり、どちらが上でも下でも無いのである。
上記に異論があるのであれば、関係など結ばなければ良いだけである。

人間関係も、同じ事。
嫌い嫌と思うのであれば離れ、二度あわず完全に関係を断てば良いだけである。
但し其れによる不利益も、甘んじて受ける潔さが必要である。
あれもこれも出来無いと言うならば、其れは自らの甘えである。
密教1762 密教僧の経験談【人間界】_e0392772_14520715.jpeg
南無大日大聖不動明王尊
金剛合掌
金剛山赤不動明王院
院主 永作優三輝
ご相談、御祈祷、授与品等のご案内
ご相談、御祈祷、授与品等につきましては、以下をご覧ください。
お申込みフォームも以下にございます。

≪以下は下記からもお申込みいだだけます
赤不動明王院ホームページのご案内
当院のホームページが完成しました。
こちらも是非ご覧ください。
・赤不動明王院ホームページはこちら

赤不動明王院無料会員サイト公開しました
当院の密教学舎の一つである無料会員サイトを公開しました。
より學びを深めたい方はご登録下さい。
・赤不動明王院無料会員サイトはこちら

≪霊的真理の學び(姉妹ブログ)を公開中
姉妹ブログの霊的真理の學びを公開中
より學びを深めたい方はご登録下さい。



# by kongousan-akafudo | 2021-06-13 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教1761 密教僧の経験談【環境が人を変える】

人間は弱いもの、環境や様々な条件に依り左右され易く、其れがその人の人生を変えてしまう事もある。
例えば頭では解って居るが、仲間に同調してしまう事や立場上、間違えだと解って居ても通してしまう。
過去の例を見れば、数え切れないほどである。
食品偽装、車の欠陥偽装、官僚の書類偽装、上げればキリが無いほどである。
しかしどれもこれも、悲しい結末が待っていた。
下の者がそれを指摘すれば潰され、正しい者が涙を流す現実は、今も変わって居ないのが現状で在ろう。

では何故、その体質が変わらないのか。
全ては我欲で始まり最後は破滅に終わるのに、其れは環境を変える勇気が無いからである。
痛みを伴っても変えて置けば、その後の環境は改善され繁栄が待って居る事を認められ無い。
我欲に負け、自らを騙し続けて居るからである。

私は職に関する相談を受ける事が多々あるが、大体が職場の環境についてである。
上司に関する事や、仕事のトラブルについてである。
仕事とは何か、一言で言えば天職か適職かである。
天職とは、利益など一切考えずに己が信念に基づき、行う仕事である。
適職とは、生活を維持する為に自らの時間と労力を提供し、先方が決めた賃金を頂き行う業務である。
従って、先方が欲する能力を提供する場であり、私情を挟む必要は無く、増してや人間関係などを望む必要も無いのである。
自らに与えられた仕事を正確かつ迅速に処理し、次の仕事に向かう姿勢が評価の対象に成る会社であれば、優良な企業でありそれ以上を、適職に望む必要は無いのである。

環境は自らが作り変えるものであり、事前にある環境下で不満を唱える必要など無駄である。
その環境が、自らに向いて居ないのであれば手放し、自ら望む環境を作り上げれば良いだけである。
但し其処には、様々な苦労が伴う事を忘れてはいけない。
それを忘れ不足な心を抱くは、わがままの極みである。
偽装に関わり助長すれば、自らが偽装した事に成る事に氣づけば、この世から偽装など消え失せるのである。
魂に恥じない生き方【自分に恥じない生き方】こそ、生きがいである。
密教1761 密教僧の経験談【環境が人を変える】_e0392772_21381834.jpeg
南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主 永作優三輝
ご相談、御祈祷、授与品等のご案内
ご相談、御祈祷、授与品等につきましては、以下をご覧ください。
お申込みフォームも以下にございます。

≪以下は下記からもお申込みいだだけます
赤不動明王院ホームページのご案内
当院のホームページが完成しました。
こちらも是非ご覧ください。
・赤不動明王院ホームページはこちら

赤不動明王院無料会員サイト公開しました
当院の密教学舎の一つである無料会員サイトを公開しました。
より學びを深めたい方はご登録下さい。
・赤不動明王院無料会員サイトはこちら

≪霊的真理の學び(姉妹ブログ)を公開中
姉妹ブログの霊的真理の學びを公開中
より學びを深めたい方はご登録下さい。



# by kongousan-akafudo | 2021-06-12 06:00 | ◎赤不動明王院通信

密教1760 密教僧の経験談【色情霊】

昨今の幼稚な犯罪は、重大犯罪の予備軍である。
【盗撮、盗聴、痴漢】
小学校の教諭が、女子トイレにカメラを設置し撮影したとして逮捕された事件など、正に恥ずべき犯罪である。
始めは小さな犯罪から重大犯罪に発展する事は、容易に想像出来る事である。
霊的観点から視ると、ある事に気づくのである。
上記の犯罪は軽く思われがちだが、実はそうでは無い。
上記の犯罪は、色情霊が関わって居る事が多々ある。
色情霊は姑息だが豹変するのも色情霊の特徴で、強い者には隠れ弱い者には牙を剥く正に姑息で卑怯な特性があり、従って憑依された者も同じ様な性格と特性を持って居るので、引き寄せたのである。
正に、類は友を呼ぶの見本の様な現象であると言わざるを得ない。

そしてこれが進めば、もっと酷い霊を呼び寄せる事に繋がるのである。
いわゆる霊性の低下が、原因である。
人間性の低下は霊性の低下であり、霊性が低下した者が教育者に成る現実を皆さんはどう考えますか?
政治家や教育者その他、手本に成らなくてはいけない者達の不祥事が続く昨今、何故そうなるのか正に霊性の低下が及ぼす現実である。
霊格の高低は、職業や地位名声では測れません。
また年齢でも、判断出来無いのが霊格である。
ではどうすれば、霊格を向上させる事が出来るのか?
其れには、精神と肉体の學びが不可欠である。
何故、精神と肉体の學びが必要なのか?
例えば頭で解って居るだけでは本当の痛みは理解出来ず、ただの知識に過ぎないからである。
自分の痛みを知らないから、人の痛みを知る事が無い。
即ち、傲慢の種である。

そして精神の學びは、人間性を高める上で不可欠である。
精神が幼稚であるから、馬鹿な行動が取れるのである。
従って精神と肉体の調和が取れた状態を進める事で、霊格は向上し更なる向上に向けて學びを進められるのである。
心と体のバランスを無視した状態では、真っ直ぐに歩む事も儘ならない事にいち早く氣づき學ぶ事である。
密教1760 密教僧の経験談【色情霊】_e0392772_19075523.jpeg
南無大日大聖不動明王尊
蓮華合掌
金剛山赤不動明王院
院主 永作優三輝
ご相談、御祈祷、授与品等のご案内
ご相談、御祈祷、授与品等につきましては、以下をご覧ください。
お申込みフォームも以下にございます。

≪以下は下記からもお申込みいだだけます
赤不動明王院ホームページのご案内
当院のホームページが完成しました。
こちらも是非ご覧ください。
・赤不動明王院ホームページはこちら

赤不動明王院無料会員サイト公開しました
当院の密教学舎の一つである無料会員サイトを公開しました。
より學びを深めたい方はご登録下さい。
・赤不動明王院無料会員サイトはこちら

≪霊的真理の學び(姉妹ブログ)を公開中
姉妹ブログの霊的真理の學びを公開中
より學びを深めたい方はご登録下さい。



# by kongousan-akafudo | 2021-06-11 06:00 | ◎赤不動明王院通信